2018年1回新潟7日目

開催一覧
2018/07/22 (日)
福島 中京 函館
2018/07/21 (土)
福島 中京 函館
2018/07/15 (日)
福島 中京 函館
2018/07/14 (土)
福島 中京 函館
2018/07/08 (日)
福島 中京 函館
2018/07/07 (土)
福島 中京 函館
2018/07/01 (日)
福島 中京 函館
2018/06/30 (土)
福島 中京 函館
2018/06/24 (日)
東京 阪神 函館
2018/06/23 (土)
東京 阪神 函館
2018/06/17 (日)
東京 阪神 函館
2018/06/16 (土)
東京 阪神 函館
2018/06/10 (日)
東京 阪神
2018/06/09 (土)
東京 阪神
2018/06/03 (日)
東京 阪神
2018/06/02 (土)
東京 阪神
2018/05/27 (日)
東京 京都
2018/05/26 (土)
東京 京都
2018/05/20 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/19 (土)
東京 京都 新潟
2018/05/13 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/12 (土)
東京 京都 新潟
2018/05/06 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/05 (土)
東京 京都 新潟
2018/04/29 (日)
東京 京都 新潟
2018/04/28 (土)
東京 京都 新潟
2018/04/22 (日)
東京 京都 福島
2018/04/21 (土)
東京 京都 福島
2018/04/15 (日)
中山 阪神 福島
2018/04/14 (土)
中山 阪神 福島
2018/04/08 (日)
中山 阪神 福島
2018/04/07 (土)
中山 阪神 福島
2018/04/01 (日)
中山 阪神
2018/03/31 (土)
中山 阪神
2018/03/25 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/24 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/18 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/17 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/11 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/10 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/04 (日)
中山 阪神 小倉
2018/03/03 (土)
中山 阪神 小倉
2018/02/25 (日)
中山 阪神 小倉
2018/02/24 (土)
中山 阪神 小倉
2018/02/18 (日)
東京 京都 小倉
2018/02/17 (土)
東京 京都 小倉
2018/02/13 (火)
小倉
2018/02/12 (月)
東京
2018/02/11 (日)
東京 京都
2018/02/10 (土)
京都 小倉
2018/02/04 (日)
東京 京都
2018/02/03 (土)
東京 京都
2018/01/28 (日)
東京 京都 中京
2018/01/27 (土)
東京 京都 中京
2018/01/21 (日)
中山 京都 中京
2018/01/20 (土)
中山 京都 中京
2018/01/14 (日)
中山 京都 中京
2018/01/13 (土)
中山 京都 中京
2018/01/08 (月)
中山 京都
2018/01/07 (日)
中山 京都
2018/01/06 (土)
中山 京都
  馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がプラス1秒9からプラス2秒4への変動、日曜がプラス1秒0。直線1000m対象の数値は土曜がプラス1秒1、日曜がプラス0秒4だった。さかのぼって8日間の芝の馬場差を確認しておくと、6日目前半まではマイナスの数値だったが、その後プラスに転じ、先週は一気に時計が掛かった。
 TOPIXでも挙がっていたように、先週は雨の影響が残って土曜朝の時点で馬場発表は不良だった。かなり時計の掛かるコンディションで、馬場差はプラス1秒9でスタートして、さらに午後も雨が降って一層時計が掛かって行った。日曜は土曜と比較すれば、馬場は乾いて行ったが、開催最終日で馬場は傷んでいて、終日時計は掛かっていた。ただ、馬場が荒れていたと言っても、差し有利という程ではなく、連対馬の脚質に偏りはなかった。勝負所で全体に外へ出されるため、馬群の外を回る差し馬はコースロスがかなりあった。
 先週の馬場差1800m対象の数値は土曜がマイナス0秒3からマイナス0秒7への変動、日曜がマイナス0秒8からマイナス0秒5への変動。1200m対象の数値は土曜がマイナス0秒8からマイナス1秒1への変動、日曜がマイナス1秒0からマイナス0秒8への変動だった。さかのぼって8日間の馬場差を確認しておくと、1800mは前半2週がプラスゾーンに対し、後半2週はマイナスゾーンだった。一方1200mは全てマイナスの数値だった。
 雨の影響が残って、ダートは時計の出やすいレベルだった。1800m・1200mともに土曜は後のレースの方が時計は出やすく、日曜は午前の方が時計が出やすいコンディションだった。ただ、土日とも1日の中で、劇的に変化した訳ではなくて、1800mについては高速馬場と言うほどのレベルではなかった。あと、連対馬については土曜は目立った偏りはなかったが、日曜の5鞍は全てで逃げ・先行のいずれかが連対した。全体に前めに位置していた馬が優勢だった。


  タイム分析
 2018/05/19 (土)  芝=+1.9 → +2.4 / 直線=+1.1  Bコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
5R T2000 ファイアプルーフ    牡3 未勝利 2:04.5 +2.8 --- +0.9 +1.9 E D 8.40
6R T1000 カクカクシカジーカ    牝3 未勝利 0:57.3 +1.4 --- +0.3 +1.1 D D 8.43
10R T1800 ヴォウジラール    牡3 早苗賞500 1:50.6 +3.9 -0.8 +1.1 +2.0 SL D 5.67
11R T1200 ドウディ    牡4 大日岳特1000 1:09.9 +1.3 --- -0.1 +1.4 C C 8.17
12R T2400 フォーラウェイ    牡5 荒川峡特500 2:31.2 +4.7 --- +1.8 +2.9 E C 4.88
 2018/05/19 (土)  ダ=-0.3 → -0.7 / 1200m=-0.8 → -1.1
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
2R D1800 スマートヴォルフ    牡3 未勝利・若 1:54.5 +0.5 --- +0.8 -0.3 D D 9.20
3R D1200 クイーンズテソーロ    牝3 未勝利 1:11.8 -0.9 --- -0.1 -0.8 C C 6.78
7R D1200 タンゴ    牝4 500万下・牝 1:11.3 -0.6 --- +0.3 -0.9 D D 7.33
8R D1800 キクノフェリックス    牡4 500万下 1:52.3 -0.5 --- +0.2 -0.7 C D 5.50
9R D1200 カガヤクミナノユメ    セ4 500万下 1:10.6 -1.3 --- -0.2 -1.1 C C 7.14

新潟5R 3歳未勝利 タイムE
 基準より0秒9遅い勝ちタイムだった。
新潟9R 4歳上500万下 注目
 土曜は元々時計の出やすいコンディションだった上に、後半はさらに雨の影響で時計が出やすくなったので、速い時計だった事は特に強調する事ではない。ただ、脚抜きの良い馬場ではあったにしても、外からカレンコマンドールが逃げて、前半600m33秒9という緩みのないペースで逃げた。その後2番手グループにいた6枠2頭のうち、アミーキティアが一旦先頭に立って、そこにカガヤクミナノユメが迫ってきて交わして1着になった。2着アミーキティアからクビ差でフィールドステイが3着だった。
1着 カガヤクミナノユメ 
 カガヤクミナノユメはダート1400mを中心に戦って来て、前走が距離短縮で初めての1200mで4着で、そして今回良化を示した。3走前に中京の稍重で2着に入った実績があって、脚抜きの良い馬場で緩みのないペースになった事も味方したんだろうが、次開催から再びこの馬500万下に出走できる。引き続き上位候補になる。
2着 アミーキティア 
 2番人気のアミーキティアが2着だった。前めにつけて、一旦は先頭に立つ競馬で粘っていた。そもそも堅実ですし、牝馬限定に出走ならさらに注目。
3着 フィールドステイ 
 そして1番人気のフィールドステイが3着だった。前回・今回と、新潟ダート1200mで内枠からスタートしたが、今回の方が加速するのにやや手間取った分、外から先に行かれた。そのため、直線で外へ出してからスパートする事になって、3着に敗れた。要するに序盤の位置取りの差と、後半のコース取りの差で着順を落とした格好。力上位と言う程ではないものの、500万では安定した存在。
新潟10R 早苗賞 タイムSL
 前半・中盤が遅く、補正しきれずスローの扱いとする。
新潟12R 荒川峡特別 タイムE
 基準より1秒8遅い勝ちタイムだった。

  馬券Summary
マル混レースの外国産馬
 マル混とは混合レースのこと。わかりやすく言えば、外国産馬が出走できるレースの事。以前はこのマル混のレースが結構多かったが、今はマル混が多い特別戦はともかく、平場に限れば、一頃と比べるとかなり数が減っている。先週は3場で障害戦を含めて合計21鞍しかなかった。ただ、そんな状況下で実は外国産馬が結構活躍した。
マル混レースの外国産馬
数字で示すとこの通り。1着5回・2着1回・3着5回・着外9回で、出走馬の半数以上が実は馬券に絡んでいる。先ほど取り上げた東京日曜6Rでは、1着から3着まで外国産馬が独占した。なぜそんなに活躍できたのか、考えたが、その理由はよくわからない。が、あえて探るとしたら、レース数が少ない分、使うレースを固定しやすくて、厩舎もそこに向けてピンポイントの仕上げができるという利点はあると思う。いずれにしろ、今週も平場のマル混のレースにおける外国産馬には注目してほしいと思う。
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai
since 2001.06.26