2018年2回京都4日目

開催一覧
2018/04/22 (日)
東京 京都 福島
2018/04/21 (土)
東京 京都 福島
2018/04/15 (日)
中山 阪神 福島
2018/04/14 (土)
中山 阪神 福島
2018/04/08 (日)
中山 阪神 福島
2018/04/07 (土)
中山 阪神 福島
2018/04/01 (日)
中山 阪神
2018/03/31 (土)
中山 阪神
2018/03/25 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/24 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/18 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/17 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/11 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/10 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/04 (日)
中山 阪神 小倉
2018/03/03 (土)
中山 阪神 小倉
2018/02/25 (日)
中山 阪神 小倉
2018/02/24 (土)
中山 阪神 小倉
2018/02/18 (日)
東京 京都 小倉
2018/02/17 (土)
東京 京都 小倉
2018/02/13 (火)
小倉
2018/02/12 (月)
東京
2018/02/11 (日)
東京 京都
2018/02/10 (土)
京都 小倉
2018/02/04 (日)
東京 京都
2018/02/03 (土)
東京 京都
2018/01/28 (日)
東京 京都 中京
2018/01/27 (土)
東京 京都 中京
2018/01/21 (日)
中山 京都 中京
2018/01/20 (土)
中山 京都 中京
2018/01/14 (日)
中山 京都 中京
2018/01/13 (土)
中山 京都 中京
2018/01/08 (月)
中山 京都
2018/01/07 (日)
中山 京都
2018/01/06 (土)
中山 京都
  馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土日ともにプラス1秒0だった。さかのぼって8日間の馬場差を確認しておくと、全てプラスの数値で特に前の開催6日目以降は時計の掛かるコンディション。
 良馬場発表ではあったが、連続開催後半で雪の影響が残って時計の掛かる馬場になった。9鞍中7鞍で逃げ・先行馬が連対。ほとんどのレースでペース補正が入っており、このような結果になったのはペースの影響もあるが、馬場が荒れているとは言え、差し有利ではない。
 先週の馬場差1800m対象の数値は土日ともにプラス0秒7だった。さかのぼって8日間の馬場差を確認しておくと、全てプラスの数値。
 先週については、凍結防止剤は散布されていないが、先々週までと同じく時計の掛かる馬場だった。ともかくここ4週、1日を通じて良馬場だった日は1回もないが、脚抜きの良い馬場ではない。上位馬の脚質については、土曜は目立った偏りはないが、日曜は逃げ・先行馬が目立ち、6鞍中5鞍で連対している。京都ダートという事を踏まえても前に位置した馬が目立った。


  タイム分析
 2018/02/04 (日)  芝=+1.0  Bコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
5R T2000 ウスベニノキミ    牝3 未勝利 2:03.2 +1.1 -0.8 -0.7 +1.0 B D
7R T2400 テーオーフォルテ    牡4 500万下 2:29.1 +2.3 -0.9 +0.2 +1.2 C D
9R T1200 ウインソワレ    牝6 山城SH1600 1:09.4 +1.1 -0.2 +0.3 +0.6 D D
11R T1800 サトノフェイバー    牡3 きさらぎG3 1:48.8 +1.6 -0.3 +0.4 +0.9 D D
12R T1200 コロラトゥーレ    牝4 1000万下 1:10.5 +1.8 -0.3 +0.9 +0.6 SL D
 2018/02/04 (日)  ダ=+0.7
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R D1800 サンライズセナ    牡3 未勝利 1:56.8 +2.5 -1.0 +0.8 +0.7 D D
2R D1200 コパノキッキング    セ3 未勝利 1:12.9 -0.1 --- -0.6 +0.5 B D
3R D1800 カリブメーカー    牝3 新馬 1:55.9 +1.3 --- +0.6 +0.7 D D
6R D1200 ロマンチスト    牡5 500万下 1:12.6 +0.7 -0.4 -0.2 +0.5 C D
8R D1800 ディープオーパス    牡5 1000万下 1:52.6 +0.8 --- +0.1 +0.7 C D
10R D1400 エポック    牡5 河原町S1600 1:25.5 +2.4 --- +1.9 +0.5 E C
京都2R 3歳未勝利 タイムB
 基準より0秒6速い勝ちタイムだった。コパノキッキングが経験馬を相手に強い勝ちっぷりだった。
1着 コパノキッキング 勝ち馬注目
 初出走のコパノキッキングだが、鮮やかな逃げ切り。同馬調教で目立ったタイムはなくて、初出走でありながら新馬でなく未勝利戦に出て来た。それから馬体重も460キロ台で目立つ馬体ではないからか、単勝34倍の10番人気だった。しかし、デビュー前にアメリカ三冠の登録を行っていましたし、アメリカのトレーニングセールで、昨年3月には上がり200m10秒0の好タイムで走って購入されている。いささか人気がなさすぎたとは言えるかもしれない。
 好スタートからあっさり先手を奪うと、ほとんど馬なりで平均ペースを踏んで逃げた。直線は軽く気合いをつけて、最後の100mは流す余裕で8馬身差。ここでは次元の違う能力を見せてしまった。今回1200mでしたし、問題は今後距離を伸ばしてどうか。また、逃げられずに揉まれた時はどうかなど、克服すべきポイントは多いと言える。しかし、これだけのレースを見せたのですから、今後に期待は膨らむ。ケンタッキーダービーの出走権を得るためには、中1週でヒヤシンスSに出て勝たなければならない。1勝馬がどのくらいの確率で出られるかなど、問題は山積み。しかし、かなりの難関であるケンタッキーダービーのために、無理はせずにまず国内で実績を積むという選択肢もあるだろう。いずれにせよ、今後に注目したい馬。
 ※自己条件という事で。
京都5R 3歳未勝利 タイムB
 基準より0秒7速い勝ちタイムだった。ウスベニノキミが初めての2000mで1着。
 3着以下は4馬身離されており、狙いは立たない。
1着 ウスベニノキミ 
 ウスベニノキミは6番手を追走し、3コーナーから外を回って徐々に進出。直線では外から先頭に並びかけてアロハリリーとの叩き合いになって、ゴール直前競り落として勝った。上のクラスですぐに通用するかは微妙だが、母のソリッドプラチナムはマーメイドSの勝ち馬で、切れもあった馬ですし、いずれ勝てるのではないだろうか。
2着 アロハリリー 番組注目馬
 次走の狙いはただ、2着のアロハリリーの方だろう。新馬戦クビ差2着の後、今回は半馬身差2着。スローの2番手から身長にレースをして、外から出し抜けを食らわされた格好になったのが、痛かった。曾祖母がウインドインハーヘアに当たる、ディープインパクトの一族。クイーンCを勝ったアドマイヤミヤビとは従姉妹になる。次走は九分通り勝てるだろう。
京都6R 4歳上500万下 注目
 ダート1200mにも関わらず、ペース補正が0秒4入っている。6番人気ロマンチストが前半600m36秒7と楽に逃げて、後半35秒9ではちょっと後続はどうしようもなかった。1番人気アユツリオヤジにはもう少し前を突いて欲しかったが、騎手も前の馬は交わせる、相手は後ろの馬と考えていたんではないだろうか。結果的には楽をしていた分、ロマンチストが止まらず逆に2番手のアユツリオヤジが苦しくなってしまって4着と。短距離のダートでは、よくある事ではある。多少ペースは厳しくてもダートでは早め早めに追った方が結果良い場合が多い。スローにしたところで、凄い瞬発力は使えない馬が多いという事もある。
1着 ロマンチスト 
 このレースを勝ったロマンチストは次走人気なら危険だろう。上のクラスではしばらく厳しい戦いではないだろうか。
京都8R 4歳上1000万下 
14着 ダノンロッソ 通信簿
 1番人気14着だった。差のないメンバーなのに鞍上がデムーロ騎手で2.1倍の1番人気。内心よしよしと思っていたが、後方を付いて回っただけのブービー賞。読みとしては上手く行ったが、ここまで負けると状態面を疑わざるを得ない。
京都10R 河原町S タイムE
 基準より1秒9遅い勝ちタイムだった。
京都11R きさらぎ賞 重賞
 タイムランク・メンバーランクともにDだった。大方の予想通りサトノフェイバーが先手を取って行く。1000m1分1秒3。ペース補正マイナス0秒3がつくスローだった。過去10年で8頭しか出ていない1戦1勝馬が今年だけで4頭も出走。それだけで実績馬がいない低レベルの一戦であったと言えると思うが、結果も完全な前残りになった。あんまり今年のクラシック戦線に影響のあるレースとは言えないんじゃないかなぁという気がする。
1着 サトノフェイバー 解説危険
 逃げたのが正解だった。ペースも遅かったし、マイペースで走る事ができた。二の足を出しましたから、重賞勝ちは素直に評価したいが、今回に関しては後方にいた馬たちが本来の力を発揮できなかった事に助けられた印象もある。
 これはもう先ほども言ったが、典型的なスローペースの逃げ切り。メンバーランクDでタイムランクもDでした。今回はちょっと恵まれたと言えるんじゃないだろうか。無傷の連勝というのは必ず人気になりますので、次走は実力以上に人気になりそうなだけに、この馬を挙げておきたいと思う。
2着 グローリーヴェイズ 
 ハナ差2着がグローリーヴェイズ。2着グローリーヴェイズは馬体も増えて充実して来た印象。スタートで立ち後れたが、向正面でペースを見てスルスルと前へ行くミルコ・デムーロ騎手の好騎乗があった。ただ、前で楽していた勝ち馬にちょっとわずかに最後は届かなかった。惜しい競馬。
3着 ラセット 
 2馬身半差で3着がラセットだった。3着ラセット。これはインにこだわって後方いいた馬では唯一伸びて来た。しかし前の2頭からこれだけ離されると、今後はちょっと厳しいと言えるんじゃないだろうか。
5着 カツジ 
 3番人気のカツジが5着。5着カツジは14キロ増は成長分を考えても少し重かった。直線半ばまでは見せ場もあったが、最後は完全に止まってしまった。
9着 ダノンマジェスティ 
 1番人気のダノンマジェスティが9着に終わった。1番人気9着のダノンマジェスティだが、スタートから外枠で引っかかってしまった。仕方なく行かせた感じで3コーナーで外の4番手まで押し上げた。しかし4コーナーで大きく膨れてしまって、直線も外へもたれるような感じで、思うような脚は使えなかった。
京都12R 4歳上1000万下 タイムSL
 前半ないし中盤が遅く、補正しきれずスローの扱いとする。
 触れておきたい。芝1200mで前半600mが36秒0。後半600mが34秒5と、京都の芝1200mは前半が登り坂になる事もあるが、補正しきれずペースSLとなった。終わってみれば2から4番手にいた3頭が1着から3着を独占。
1着 コロラトゥーレ 
 勝ったコロラトゥーレと岩田騎手は完璧なレースだった。スローで逃げるウィズアットレースを追わず、あえてやや離れた形で2番手追走。こうなると追走する馬たちも、コロラトゥーレをちょっと交わしづらい格好になった。直線に入ってから逃げ馬に並びかけて、上がり600m34秒1の脚を使うともう後方の馬ではどうしようもなかった。
2着 クリーンファンキー 
 クリーンファンキーはコロラトゥーレマークから流れ込むのが精一杯というレースになってしまった。
3着 デザートストーム 
 1番人気デザートストームはスローペースを見越していつもより早めに仕掛けたが、それでもコロラトゥーレを交わすまでには行かず3着。

  馬券Summary
4回中京・1回中京の狙い馬
 例年差し馬が活躍する中京芝。中京芝で先行した馬を次走狙おうという試みをこの番組でもいつもやらせていただいている。毎年ある程度の成果を上げている。今回も何か何とかできないかという事で、昨年暮れの4回中京、今年の1回中京、連続開催でしたので前走中京芝で前へ行った馬について計算してみた。これらの開催の芝のレースについて、いろいろと検索・計算した結果、
4回中京・1回中京の狙い馬
4コーナー5番手以内、そして9着以内だった馬が次も芝のレースを使ってきた時という条件が最も良い結果を残せた。先々週までのデータで言うと、74回出走して1着12回・2着8回・3着10回。勝率は16.2%、連対率は27%、3着内率は40.5%だった。なおかつ単勝回収率が137%・複勝回収率114%ですから、買い続ければ儲かるという事。なので、ここを狙いたい。実はここに先週のデータは入っていないが、先週のグローリーヴェイズがきさらぎ賞で2着するなど、この条件で14頭出走して、7頭が3着以内だった。3着内率は先週に関して言うと、50%だった。この中にはゆりかもめ賞で6番人気2着だったドレーク。箱根特別で9番人気3着だったトータルソッカーも含まれる。穴馬も結構いた。従って今年はこの条件を高らかにここに宣言したい。特に今週からは、小倉が始まりますから、小倉でこの条件に当てはま馬が大暴れするんじゃないかと信じて狙い撃ちしたい。
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai