2018年2回福島4日目

開催一覧
2018/07/22 (日)
福島 中京 函館
2018/07/21 (土)
福島 中京 函館
2018/07/15 (日)
福島 中京 函館
2018/07/14 (土)
福島 中京 函館
2018/07/08 (日)
福島 中京 函館
2018/07/07 (土)
福島 中京 函館
2018/07/01 (日)
福島 中京 函館
2018/06/30 (土)
福島 中京 函館
2018/06/24 (日)
東京 阪神 函館
2018/06/23 (土)
東京 阪神 函館
2018/06/17 (日)
東京 阪神 函館
2018/06/16 (土)
東京 阪神 函館
2018/06/10 (日)
東京 阪神
2018/06/09 (土)
東京 阪神
2018/06/03 (日)
東京 阪神
2018/06/02 (土)
東京 阪神
2018/05/27 (日)
東京 京都
2018/05/26 (土)
東京 京都
2018/05/20 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/19 (土)
東京 京都 新潟
2018/05/13 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/12 (土)
東京 京都 新潟
2018/05/06 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/05 (土)
東京 京都 新潟
2018/04/29 (日)
東京 京都 新潟
2018/04/28 (土)
東京 京都 新潟
2018/04/22 (日)
東京 京都 福島
2018/04/21 (土)
東京 京都 福島
2018/04/15 (日)
中山 阪神 福島
2018/04/14 (土)
中山 阪神 福島
2018/04/08 (日)
中山 阪神 福島
2018/04/07 (土)
中山 阪神 福島
2018/04/01 (日)
中山 阪神
2018/03/31 (土)
中山 阪神
2018/03/25 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/24 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/18 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/17 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/11 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/10 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/04 (日)
中山 阪神 小倉
2018/03/03 (土)
中山 阪神 小倉
2018/02/25 (日)
中山 阪神 小倉
2018/02/24 (土)
中山 阪神 小倉
2018/02/18 (日)
東京 京都 小倉
2018/02/17 (土)
東京 京都 小倉
2018/02/13 (火)
小倉
2018/02/12 (月)
東京
2018/02/11 (日)
東京 京都
2018/02/10 (土)
京都 小倉
2018/02/04 (日)
東京 京都
2018/02/03 (土)
東京 京都
2018/01/28 (日)
東京 京都 中京
2018/01/27 (土)
東京 京都 中京
2018/01/21 (日)
中山 京都 中京
2018/01/20 (土)
中山 京都 中京
2018/01/14 (日)
中山 京都 中京
2018/01/13 (土)
中山 京都 中京
2018/01/08 (月)
中山 京都
2018/01/07 (日)
中山 京都
2018/01/06 (土)
中山 京都
  馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がプラス1秒2、日曜はプラス0秒8からプラス0秒5への変動だった。ここまで4日間の馬場差を確認しておくと、開幕週がマイナス1秒台だったのに対し、先週は土日ともにプラスゾーンだった。
 雨の影響を受けて土曜はプラス1秒台で時計の掛かるコンディションだった。土曜と比べれば、日曜は乾いてさらに後半の方が水準に近づいたが、それでも時計は掛かっていた。連対馬の位置取りには、目立った偏りはない。なお、今週からの後半2週はBコースが使用される。
 先週の馬場差1700m対象の数値は土曜がマイナス1秒1からマイナス1秒5への変動、日曜がマイナス1秒3からマイナス1秒0への変動だった。ここまで4日間の馬場差を確認しておくと、全てマイナスの数値だが、先週はマイナス1秒台でマイナス方向に動いて行った。
 開幕週が良馬場だったのに対し、先週は重・稍重だった。雨の影響が強くて時計が出やすくなった。この内土曜は前半の雨で、後半の方がさらに速い時計の出る馬場。逆に日曜は後半、水準方向に動いた。ただ、土日ともに大きく動いた訳ではなく、基本的には速い時計の出る馬場だったと言えるだろう。連対馬については、前めに位置していた馬がやや優勢ではあったが、ペースが速い場合は差しも届いていた。


  タイム分析
 2018/07/08 (日)  芝=+0.8 → +0.5  Aコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
2R T1200 エンパイアシュアー    牡2 未勝利 1:10.7 +0.5 --- ±0 +0.5 C D --
4R T2000 ブリリアントリリー    牝3 未勝利 2:02.2 +0.6 -0.2 -0.3 +0.7 C D --
5R T1800 クリスタルバローズ    牡2 新馬 1:53.2 +3.4 -1.0 +1.8 +0.6 SL D --
6R T1200 スティルネス    牝2 新馬・牝 1:11.0 +0.6 --- +0.2 +0.4 C D --
8R T1800 トーホウアイレス    牝4 500万下 1:48.9 +1.0 --- +0.5 +0.5 D C (10.00)
9R T1200 ツヅク    牝4 彦星賞500 1:09.5 +0.3 --- -0.1 +0.4 C C --
11R T2000 メドウラーク    牡7 七夕賞HG3 2:00.8 +2.3 --- +1.8 +0.5 E D --
 2018/07/08 (日)  ダ=-1.3 → -1.0
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
1R D1150 ニシノコトダマ    牡2 未勝利 1:09.0 -0.8 --- +0.1 -0.9 C D --
3R D1150 シェーナ    牝3 未勝利 1:08.6 -0.6 --- +0.3 -0.9 D C (14.00)
7R D1700 グログラン    牝3 未勝利 1:48.1 +1.0 --- +2.1 -1.1 E D --
10R D1700 ワイルドカード    牡4 天の川賞1000 1:44.0 -1.2 --- -0.2 -1.0 C C --
12R D1700 フクサンローズ    牝4 織姫賞500 1:44.7 -1.3 --- -0.3 -1.0 C D (12.00)

福島5R 2歳新馬 タイムSL
 前半・中盤が遅く、補正しきれずスローの扱いとする。
福島7R 3歳未勝利 タイムE
 基準より2秒1遅い勝ちタイムだった。
福島10R 天の川賞 注目
1着 ワイルドカード 勝ち馬注目
 単勝1.8倍の断然人気ワイルドカードが逃げ切った。最内枠で好スタートから先手を取ったが、2コーナーでは外から2頭来ても引かずに逃げの手に出た。直線に入ると、このように離す一方。残り250mでは鞍上が後ろを振り返るとあと200mを過ぎてからは、持ったままだった。2着に9馬身差だったが、ちゃんと追っていたらタイムランクBとなって、かなりの大差がついたのではないだろうか。これで6戦4勝と、これまでは間隔を空けないと使えなかったが、今回初めて中2週で使って、順調ならどのぐらい強いかアピールした。前走の負けは順調さを欠いた上に、相手もシヴァージでしたから、ちょっと強すぎた。1600万下でも3着した事がありますし、上のクラス食らい負けする事はないだろう。いずれダートの重賞戦線を賑わす馬だと思う。
2着 テルペリオン 
 2着以下は離され過ぎたが、2着テルペリオンは降級して結果を出した。このクラスなら次走勝ち負けではないだろうか。
3着 ゴールドブラッド 
 3着ゴールドブラッドもこのクラスでは上位。
福島11R 七夕賞 タイムE
 今年は福島競馬場開設100週年記念競走として行われた。タイムランクはE・メンバーランクはDだった。マイネルミラノが先手を取って4コーナー。前半から速いペースでマイネルミラノが引っ張って、1000m通過58秒2。良馬場だが、時計の掛かる馬場で、これはちょっと速すぎたと言えるかもしれない。3コーナーから各馬が仕掛けて前にいた馬は苦しくなってしまった。直線は2番手からワンブレスアウェイが先頭に立ったが、インからパワーポケットが抜け出して、外からメドウラークとマイネルサージュが差して来る。これで1・2着。
 基準より1秒8遅い勝ちタイムだった。
1着 メドウラーク 
 なんと11番人気のメドウラークが勝って重賞初制覇。ブービー人気で約3年ぶりの勝利。アンドロメダSでは上がり最速で3着しているように、時計の掛かる馬場は上手いんだと思うが、それにしても近走の内容今ひとつで、ちょっと狙いづらかった。単勝万馬券。
2着 マイネルサージュ 
 2着に4番人気マイネルサージュ、3着は最低人気パワーポケットだった。マイネルサージュはこういう馬場は上手い。前走初めてオープン特別を勝って、今回は2ヶ月半ぶりで2着。ペースが速かったのもこの馬向きだったと言えるだろう。
3着 パワーポケット 
 2着に4番人気マイネルサージュ、3着は最低人気パワーポケットだった。パワーポケットはちょっとダートにしか勝ち鞍がなくて、3年前の11月に勝って以来馬券に絡んだことがない馬。これを芝で買った方は、やっぱりかなりちょっと馬券が上手いんじゃないかと思う。
4着 サーブルオール 
 1番人気サーブルオールはまだ底を見せていなくて1番人気だったが、こういう馬場は初めてでハンデも55キロ止まりと、条件はちょっと厳しかったかもしれない。
6着 レイホーロマンス 
 レイホーロマンス、2番人気6着だが、絶好調だった冬場からはやや落ちている感じ。こんな馬場も得意じゃないんだと思うが、ここ3走のパフォーマンがちょっと以前より物足りない感じがした。
福島12R 織姫賞 注目
 完全タイム差がマイナス0秒3で、あと0秒1速ければBランク。先週行われたダートのレースでは最も優秀なタイムだった。
1着 フクサンローズ 
 1着はフクサンローズ。後方待機から向正面で徐々に進出。2着パイルーチェと一緒に追い上げる展開になったのも良く、最後はパイルーチェを競り落とした。降級2戦目の勝利で、このクラスでは上と言えるが、1000万下では結果を残せていない。上のクラスで勝ち負けするまでには、少し時間が掛かるかもしれない。
2着 パイルーチェ 
 2着パイルーチェも降級2戦目。この馬は牝馬限定戦なら1000万下でも結果を残している。少なくとも次走牝馬限定の500万下なら勝ち上がれそう。
3着 マリームーン 番組注目馬
レースは2頭が雁行状態で、ハイラップを踏んで逃げた。100m通過からの600mが34秒4ですから、ちょっといくら何でも速すぎた。展開的には離れた3番手のマリームーンに良い流れだったが、結果的にはこの馬の位置でも速すぎた模様。3コーナー過ぎには早くも先頭に立たされてしまい、後続が追い上げて来る展開。良く粘ったが3着とマリームーンには距離がやや長すぎたのかもしれない。次走1400m以下ならさらに狙ってみたい。

  馬券Summary
2歳未勝利戦・芝短距離の研究
 これからクラスが多くなるのが2歳未勝利戦だが、中でも夏馬に多い芝1200m以下のレースに絞って、夏場の2歳未勝利戦で狙える条件を考えてみた。昨年のデータから導いた条件がこちら。
2歳未勝利戦・芝短距離の研究
データは昨年6月から8月の2歳未勝利戦だが、まず前走4コーナー先頭。これが9勝2着3回3着2回。単勝回収率110%。
それから2番目、3強種牡馬だが、ヨハネスブルグが実は最多の4勝だが、回収率が低い。出走回数が多くて。2勝していて回収率も高いのがキンシャサノキセキ・ダイワメジャー・ワークフォース。
それから3番目が前走5着。実は前走2着が最も成績が良いのは当然だが、回収率が低い。前走2着の次に連対率が良いのが前走5着馬で、連対率37.9%。単勝回収率164%。これは狙いたいですね。
それから4番目が中2週か3週。中2週は単勝回収率106%、中3週は複勝回収率が136%と最も高くなっている。是非狙ってみてください。
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai
since 2001.06.26