2018年3回東京5日目

開催一覧
2018/07/22 (日)
福島 中京 函館
2018/07/21 (土)
福島 中京 函館
2018/07/15 (日)
福島 中京 函館
2018/07/14 (土)
福島 中京 函館
2018/07/08 (日)
福島 中京 函館
2018/07/07 (土)
福島 中京 函館
2018/07/01 (日)
福島 中京 函館
2018/06/30 (土)
福島 中京 函館
2018/06/24 (日)
東京 阪神 函館
2018/06/23 (土)
東京 阪神 函館
2018/06/17 (日)
東京 阪神 函館
2018/06/16 (土)
東京 阪神 函館
2018/06/10 (日)
東京 阪神
2018/06/09 (土)
東京 阪神
2018/06/03 (日)
東京 阪神
2018/06/02 (土)
東京 阪神
2018/05/27 (日)
東京 京都
2018/05/26 (土)
東京 京都
2018/05/20 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/19 (土)
東京 京都 新潟
2018/05/13 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/12 (土)
東京 京都 新潟
2018/05/06 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/05 (土)
東京 京都 新潟
2018/04/29 (日)
東京 京都 新潟
2018/04/28 (土)
東京 京都 新潟
2018/04/22 (日)
東京 京都 福島
2018/04/21 (土)
東京 京都 福島
2018/04/15 (日)
中山 阪神 福島
2018/04/14 (土)
中山 阪神 福島
2018/04/08 (日)
中山 阪神 福島
2018/04/07 (土)
中山 阪神 福島
2018/04/01 (日)
中山 阪神
2018/03/31 (土)
中山 阪神
2018/03/25 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/24 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/18 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/17 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/11 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/10 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/04 (日)
中山 阪神 小倉
2018/03/03 (土)
中山 阪神 小倉
2018/02/25 (日)
中山 阪神 小倉
2018/02/24 (土)
中山 阪神 小倉
2018/02/18 (日)
東京 京都 小倉
2018/02/17 (土)
東京 京都 小倉
2018/02/13 (火)
小倉
2018/02/12 (月)
東京
2018/02/11 (日)
東京 京都
2018/02/10 (土)
京都 小倉
2018/02/04 (日)
東京 京都
2018/02/03 (土)
東京 京都
2018/01/28 (日)
東京 京都 中京
2018/01/27 (土)
東京 京都 中京
2018/01/21 (日)
中山 京都 中京
2018/01/20 (土)
中山 京都 中京
2018/01/14 (日)
中山 京都 中京
2018/01/13 (土)
中山 京都 中京
2018/01/08 (月)
中山 京都
2018/01/07 (日)
中山 京都
2018/01/06 (土)
中山 京都
  馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がプラスマイナスゼロからマイナス0秒3への変動、日曜はマイナス1秒0だった。まずさかのぼって8日間の馬場差を確認すると、マイナス2秒台・マイナス1秒台の開催日が多く、速い時計の出るコンディションだったが、4日目・5日目は雨の影響で変動となり、特に5日目の先週土曜は終日水準レベルの馬場差だった。
 先週はDコース使用になった訳だが、金曜から土曜にかけての雨で、土曜は重馬場でスタート。9R以降は稍重になったが、他の開催日と比べて時計は掛かっていた。日曜は土曜と比べて馬場は乾いて、マイナス1秒台になったが、開催1週目のような高速馬場ではなかった。なお、日曜日は稍重でスタートして、5Rから良馬場になったが、馬場差は1日を通した数値。芝の馬場傾向、Dコース使用1週目だったが、土曜1Rから馬場の内側を避けて通る進路取りがこれから始まった。馬場の中ほどから外が伸びる傾向が強まった。2着の逃げ残りはあったが、逃げ切りが1頭もなかった点は興味深い。
 先週の馬場差1600m対象の数値は土曜がマイナス2秒1、日曜がマイナス1秒8だった。さかのぼって8日間の馬場差を確認しておくと、この開催3日目までは水準に近いレベルで推移していたが、4日目以降雨の影響を受け、先週は一気に高速化した。
 雨の影響を受けて、しかも水が浮くのではなく脚抜きの良い高速馬場だった。土曜と比較すれば日曜は乾いたが、それでもかなり速い時計の出る馬場だった。高速決着とは言え、先行馬に有利だった訳ではなく、脚質不問の地力勝負が多かった。逃げ残りはあったものの、逃げ切りは日曜7Rの勝ち馬だけ。逃げ馬にはちょっと受難の週だったかもしれない。


  タイム分析
 2018/06/16 (土)  芝=±0 → -0.3  Dコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
1R T1400 サワサワ    牝2 未勝利 1:24.0 +0.4 --- +0.4 ±0 D D 7.82
6R T1800 ダノンポピー    牝3 未勝利 1:48.4 -0.3 --- -0.2 -0.1 C D 4.40
9R T1600 クインズサン    牡5 八丈島特500 1:35.4 +0.6 -0.8 ±0 -0.2 C C 7.71
10R T1400 アンブロジオ    牡3 相模湖特1000 1:21.5 -0.2 -0.1 -0.1 -0.2 C B 5.50
11R T2000 クラウンディバイダ    牡5 ジューン1600 2:02.9 +3.5 -1.1 +2.7 -0.3 SL D 6.25
 2018/06/16 (土)  ダ=-2.1
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
2R D1600 ミュゼット    牝3 未勝利・牝 1:37.0 -2.2 --- -0.1 -2.1 C D 7.14
3R D1400 オレノマニラ    牡3 未勝利 1:24.5 -1.5 --- +0.3 -1.8 D D 7.38
5R D1400 ラインカリーナ    牝2 新馬 1:25.3 -1.6 -0.4 -0.2 -1.8 C D 8.88
7R D2100 スターライトブルー    牡4 500万下 2:10.1 -2.1 -0.5 +0.2 -2.8 C C 6.33
8R D1400 スズカアーチスト    牝3 500万下・牝 1:23.7 -1.2 --- +0.6 -1.8 D D 6.88
12R D1600 ディアシューター    牡4 500万下 1:35.5 -2.5 --- -0.4 -2.1 B C 7.50

東京11R ジューンS タイムSL
 前半・中盤が遅く、補正しきれずスローの扱いとする。
2着 ルックトゥワイス 通信簿
 1番人気2着だった。超スローペースの競馬ですから、この馬自身よく伸びているが、前の馬も止まらなかったという事で、力負けではない。次走も引き続き勝ち負け。次はもう勝たないとダメだろう。
東京12R 3歳上500万下 タイムB
 基準より0秒4速い勝ちタイムだった。ディアシューターが差し切った。
1着 ディアシューター 
 ディアシューターはレースの上がり600mを推定1秒4も上回る末脚で追い込みを決めて突き抜けた。今までのレースが何だったのかなと思うほど強烈で、これは重馬場への適性の高さを見せたと同時に、大野騎手の決め打ちがハマったと見ている。
2着 キングオブアームズ 
 2着のキングオブアームズは、前走3着は内へ入れてちょっと小細工をしすぎたきらいがあったが、今回は早めに外へ持ち出して良いリズムで走らせて、木幡育也騎手も連続騎乗で考えて乗っていた。この2着は仕方ない。
3着 オールウェイズゼア 
 3着のオールウェイズゼアは降級馬。新潟の500万下勝ちが不良馬場で、こちらもこうした馬場への適性の高さを示した。器用さがありますから、この後は夏のローカル場所でチャンスがあるだろう。
4着 リンガスネオ 
 4着のリンガスネオはゲート縛りの荒療治の効果があって、課題のスタートはクリアした。手応えは十分だったが、ちょっと急流に巻き込まれたのか、もう一押しに欠けた。
5着 トミケンボハテル 
 5着のトミケンボハテル、前後半800mの差が1秒9のハイペース。これを逃げて5着ですから、この中身の濃さを評価すれば次走ローカル場所、ダート1700mで狙える。
8着 コーラルプリンセス 
 一方降級戦で初めてのダート戦となった2番人気のコーラルプリンセスは8着だった。4コーナーで不利があったので、この1戦だけではダート適性は判断しかねるが、血統的にはこなせる下地はある。

  馬券Summary
宝塚記念のセオリー
 今年春の天皇賞はシュヴァルグランが2着。これがハーツクライ産駒は5年連続で2着で、過去10年で[0-5-3-13]という成績になった。勝ち鞍はないが、非常に高い適性を示している。このように、あるレースに特に高い適性を示すという種牡馬はいて、それは時台に応じて変わってくる。例えば、一時期のダイヤモンドS、ダンスインザダーク産駒が活躍した。さて、今週行われる宝塚記念、それもこの傾向が見られる。
宝塚記念のセオリー
 ステイゴールド産駒が5勝で、同産駒の活躍は誰しも気づくが、出走頭数は少ないものの、グラスワンダー産駒、それからスペシャルウィーク産駒が頑張っている点は見逃せない。実はグラスワンダー・スペシャルウィーク・ステイゴールドは1999年の宝塚記念の1着?3着馬で、宝塚記念で走った馬の産駒は宝塚記念でも走るのではないかという仮説を立てた。グラスワンダーは2011年の勝ち馬アーネストリーの父だが、昨年2着のゴールドアクターの祖父、つまりスクリーンヒーローの父でもある。意外と苦戦しているのがディープインパクト産駒で、ディープインパクトは宝塚記念を勝っているが、その年は京都で行われた。また、ハーツクライ産駒も振るわない。梅雨あるいは夏競馬の時期に、阪神の芝2200mに高い適性を示す種牡馬を探すという事、これは宝塚記念を検討する上で、血統面からのアプローチになると考える。という事で、結論、ステイゴールド産駒を狙いましょうでは、ちょっと陳腐になってしまうので、今後宝塚記念を席巻しそうな候補としてルーラーシップ産駒を挙げておく。ルーラーシップ自身は2012年オルフェーヴルの2着している。
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai
since 2001.06.26