2018年1回東京5日目

開催一覧
2018/04/22 (日)
東京 京都 福島
2018/04/21 (土)
東京 京都 福島
2018/04/15 (日)
中山 阪神 福島
2018/04/14 (土)
中山 阪神 福島
2018/04/08 (日)
中山 阪神 福島
2018/04/07 (土)
中山 阪神 福島
2018/04/01 (日)
中山 阪神
2018/03/31 (土)
中山 阪神
2018/03/25 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/24 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/18 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/17 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/11 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/10 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/04 (日)
中山 阪神 小倉
2018/03/03 (土)
中山 阪神 小倉
2018/02/25 (日)
中山 阪神 小倉
2018/02/24 (土)
中山 阪神 小倉
2018/02/18 (日)
東京 京都 小倉
2018/02/17 (土)
東京 京都 小倉
2018/02/13 (火)
小倉
2018/02/12 (月)
東京
2018/02/11 (日)
東京 京都
2018/02/10 (土)
京都 小倉
2018/02/04 (日)
東京 京都
2018/02/03 (土)
東京 京都
2018/01/28 (日)
東京 京都 中京
2018/01/27 (土)
東京 京都 中京
2018/01/21 (日)
中山 京都 中京
2018/01/20 (土)
中山 京都 中京
2018/01/14 (日)
中山 京都 中京
2018/01/13 (土)
中山 京都 中京
2018/01/08 (月)
中山 京都
2018/01/07 (日)
中山 京都
2018/01/06 (土)
中山 京都
  馬場コメント
 変則的な開催となり、東京は日曜・月曜で行われた。芝の馬場差2000m対象の数値は日曜・月曜ともにマイナス0秒4だった。まずはさかのぼって6日間の馬場差を確認しておくと、前半2週は水準レベルで推移していたが、先週は初めてマイナスゾーンに入った。
 繰り返すが東京は日曜・月曜の開催だった。
 東京については雨の影響ほとんど無く、前半2週よりも時計が出やすくなった。ただし、高速馬場という程のレベルではなかった。脚質については、中団に位置した馬の上位進出が目立った。日・月の11鞍のうち9鞍で中団の馬が連対していた。
 先週の馬場差1600m対象の数値は日曜がプラス0秒4、月曜がプラス0秒5だった。さかのぼって6日間の馬場差を確認しておくと、前半2週はマイナス1秒0かその前後で推移していたが、先週は一転してプラスの数値になった。
 前半2週は不良か重馬場で速めの時計が出るレベルだったが、先週は乾いた良馬場でプラスの数値になった。連対馬については日曜は前めにつけた馬の粘りが目立ったものの、トータルでは大きな偏りは無かった。


  タイム分析
 2018/02/11 (日)  芝=-0.4  Dコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
4R T1600 ゴージャスランチ    牝3 未勝利 1:35.8 -0.1 --- +0.2 -0.3 C C
5R T1400 イサチルルンルン    牝3 500万下 1:22.5 ±0 --- +0.3 -0.3 D C
7R T1800 ジュンヴァリアス    牡4 500万下 1:47.1 -0.6 --- -0.2 -0.4 C D
9R T1800 ミリッサ    牝4 初音S1600 1:47.3 +1.0 -0.7 +0.7 -0.4 D D
11R T1800 オウケンムーン    牡3 共同通信G3 1:47.4 ±0 -0.5 -0.1 -0.4 C C
12R T1600 ランガディア    牡4 1000万下 1:34.1 -0.1 -0.7 -0.5 -0.3 B C
 2018/02/11 (日)  ダ=+0.4
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R D1400 ウインメディウム    牝3 未勝利・牝 1:27.4 +1.2 --- +0.8 +0.4 E C
2R D1300 コスモビスティー    牡3 未勝利 1:20.3 +0.8 --- +0.5 +0.3 D D
3R D1600 ヴェスティード    牡3 新馬 1:40.0 +0.2 --- -0.2 +0.4 C D
6R D2100 エンパイアカラー    セ4 500万下 2:14.5 +2.3 --- +1.8 +0.5 E C
8R D2100 ラテールプロミーズ    牡5 1000万下 2:12.4 +1.1 --- +0.6 +0.5 D C
10R D1400 レッドゲルニカ    牡5 バレンタ 1:23.5 +0.5 --- +0.1 +0.4 C D
東京1R 3歳未勝利・牝 タイムE
 基準より0秒8遅い勝ちタイムだった。
東京6R 4歳上500万下 タイムE
 基準より1秒8遅い勝ちタイムだった。
東京10R バレンタインS 注目
 タイムランクCだが、1400m得意な馬たちが集結して興味深いレースになった。
1着 レッドゲルニカ 
 勝ったレッドゲルニカだが、これで東京1400mは3勝2着1回3着1回、4着以下は1回だけと。着外1回は3ヶ月半ぶりのテレビ静岡賞だけで、このコースは本当によく走る。2番手進んで直線までベストマッチョとの一騎討ちになったが、残り200mで競り落とすと最後はインから伸びて来たルグランフリソンも抑えた。今後は距離やコースとの戦いと言えるだろう。1400mだけじゃなくて1200mから1600mはこなしますし、東京以外でも中山ダート1200mには実績がある。しかし重賞となると勝ち負けできるかどうか、この辺が問題になるだろう。
2着 ルグランフリソン 
 2着ルグランフリソン・3着サトノファンタシーは漁夫の利を得た格好。
3着 サトノファンタシー 
 2着ルグランフリソン・3着サトノファンタシーは漁夫の利を得た格好。
4着 ベストマッチョ 解説推奨
 次走の狙いはやはり4着ベストマッチョだろう。勝ち馬との競り合いに敗れただけで、強さは明らかに2番目だったんじゃないだろうか。セン馬になってから安定していますし、今回レッドゲルニカより負担重量1キロ重かったのも、堪えた。次走は巻き返すと思う。
 勝ち馬よりも1キロ重いのも堪えたと思うが、勝ち馬はちょっと強過ぎて、ここで(直線で)競り負けてしまった。それでまぁ、最後厳しくなって4着という事で、同斤量だったら勝ち切るまであったんじゃないかなと思うが、セン馬になってからかなり安定していますし、次走は巻き返し濃厚ではないかと見て、次走推奨馬にしたいと思う。
東京11R 共同通信杯 重賞
 タイムランク・メンバーランクともにCだった。コスモイグナーツが先頭で直線に入った。前半はまずまずのペースだが、中間緩んで上がりの競馬になった。クイーンCとは完全に逆と言うか、瞬発力のない馬では厳しいレースという事になった。最後はオウケンムーンがかなり強い競馬を見せた。これでこの瞬発力が出せたというのは非常に大きいと思う。
1着 オウケンムーン 
 ここ2戦オウケンムーンは新潟・中山で比較的前につけて押し切るレースだったが、今回は上がり33秒台が要求される瞬発力勝負で、対応して勝ちきった。これに価値があると思う。道中インを回って直線も内めを通って伸びて来た。北村騎手の好騎乗も目立ったと思う。
2着 サトノソルタス 
 2着サトノソルタスはキャリア1戦1勝で2着。枠に恵まれた面はあるが、インでじっとしていて直線はオウケンムーンと同じコースを通って伸びて来た。かなりの将来性を感じさせた1戦だと思う。
3着 エイムアンドエンド 
 3着エイムアンドエンドは前に行った馬では1頭だけ残って3着。これはよく頑張ったと言えるんじゃないだろうか。
4着 ゴーフォザサミット 
 4着ゴーフォザサミットだが、スタートで寄られてちょっと行き脚がつかなかった。最内の後方を回って直線もインから上がり最速33秒2を使って惜しくも4着。今回は少し運がなかったレースだった。
7着 グレイル 
 人気の馬は揃って馬券の圏外。1番人気グレイルが7着・2番人気ステイフーリッシュが10着だった。この2頭だが、2頭とも直線で外を回らされてしまった。先週の府中だが、あのコースは全く伸びなかった。今回はちょっと参考外のような気がする。次走以降巻き返す可能性があるのではないだろうか。
10着 ステイフーリッシュ 
 人気の馬は揃って馬券の圏外。1番人気グレイルが7着・2番人気ステイフーリッシュが10着だった。この2頭だが、2頭とも直線で外を回らされてしまった。先週の府中だが、あのコースは全く伸びなかった。今回はちょっと参考外のような気がする。次走以降巻き返す可能性があるのではないだろうか。
東京12R 4歳上1000万下 タイムB
 このレースの勝ちタイムは古馬1000万下の基準タイムより0秒1速く、1600m対象の馬場差がマイナス0秒3になる事を踏まえると -0.1-(-0.3)=+0.2 となる。ただし、ペース補正が0秒7入るため、 +0.2-0.7=-0.5 で基準より0秒5速い勝ちタイムとなった。ランガディアがおよそ10ヶ月ぶりの実戦を制した。
 3着以下は少し離されてしまった。次走狙うとすれば休み明けが響いたと思われる11着サバイバルポケットではないだろうか。
1着 ランガディア 勝ち馬注目
 スタートでちょっと遅れたが、スルスルとインから進出したと。この日の馬場状態考えると、これが好判断だったように思う。直線では前狭くなったが、強引に割って最後はムーア騎手の豪快なアクションに応えてインから伸びた。2度の長期休養を挟んでこれで4戦3勝。今回は骨折開けで、体重は18キロ増だったが、成長分もあっただろう。出来はよく映った。血統的にも兄弟が全て活躍しており、1000万下ならいつでも勝てる馬ではあったが、いきなりココを勝ったのは大きい。後は脚元さえ大丈夫なら、早いうちにオープンまでは行けるんじゃないだろうか。
2着 アオイシンゴ 
 アオイシンゴは今回が昇級戦。6番人気と人気はなかったが、秋の東京から調子を上げてきていて、前走は得意ではないと思われる中山で勝ち上がっていた。府中ならばこのクラスでも通用する器だという事だろう。

  馬券Summary
東京ダート1600m以上の検証
 「まりなるトリオトライフェクタ」で1回東京ダート1600m以上は前走から中9週以上の休み明けを狙った方が良いよというアドバイスをさせてもらったが、この条件、実際に良く好走している。去年が良かったので、これを挙げたが今年も本当に良い。初日から4日目まで、新馬戦・未勝利戦を除く東京ダートマイル以上は7鞍行われたが、そのうち5鞍で「前走から中9週以上の馬」が勝って、2着3回3着3回。単勝回収率146%、複勝回収率は84%だった。その内容も4日目のダート2100m金蹄Sを8番人気クラシックメタルが1着。3日目12Rの1600mでは5番人気トレンドラインが勝って、7番人気ディアコンチェルトが2着、3番人気ジェイケイライアンが3着。2日目6Rの2100mは5番人気キングリオ、7番人気グランドバローズで決まるなど、穴馬券がかなり出ている。他、人気ではあったが初日8Rを勝ったネイビーブルーも休み明けだった。
今挙げた中の多くは、昨年秋の東京以来だった。東京ダート1600mや2100mというのは、やっぱり適性があるかないかが大きいと思われる。合わない中山を年末年始で使って疲れた馬よりも、東京を求めて休んでいた馬の方が好走する確率は高いのかなと。これは今後も覚えておいた方が良いのかと思う。今週もだが、次回以降の東京でも使えるセオリーではないかと思っている。是非使って下さい。
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai