2018年3回中山5日目

開催一覧
2018/06/24 (日)
東京 阪神 函館
2018/06/23 (土)
東京 阪神 函館
2018/06/17 (日)
東京 阪神 函館
2018/06/16 (土)
東京 阪神 函館
2018/06/10 (日)
東京 阪神
2018/06/09 (土)
東京 阪神
2018/06/03 (日)
東京 阪神
2018/06/02 (土)
東京 阪神
2018/05/27 (日)
東京 京都
2018/05/26 (土)
東京 京都
2018/05/20 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/19 (土)
東京 京都 新潟
2018/05/13 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/12 (土)
東京 京都 新潟
2018/05/06 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/05 (土)
東京 京都 新潟
2018/04/29 (日)
東京 京都 新潟
2018/04/28 (土)
東京 京都 新潟
2018/04/22 (日)
東京 京都 福島
2018/04/21 (土)
東京 京都 福島
2018/04/15 (日)
中山 阪神 福島
2018/04/14 (土)
中山 阪神 福島
2018/04/08 (日)
中山 阪神 福島
2018/04/07 (土)
中山 阪神 福島
2018/04/01 (日)
中山 阪神
2018/03/31 (土)
中山 阪神
2018/03/25 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/24 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/18 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/17 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/11 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/10 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/04 (日)
中山 阪神 小倉
2018/03/03 (土)
中山 阪神 小倉
2018/02/25 (日)
中山 阪神 小倉
2018/02/24 (土)
中山 阪神 小倉
2018/02/18 (日)
東京 京都 小倉
2018/02/17 (土)
東京 京都 小倉
2018/02/13 (火)
小倉
2018/02/12 (月)
東京
2018/02/11 (日)
東京 京都
2018/02/10 (土)
京都 小倉
2018/02/04 (日)
東京 京都
2018/02/03 (土)
東京 京都
2018/01/28 (日)
東京 京都 中京
2018/01/27 (土)
東京 京都 中京
2018/01/21 (日)
中山 京都 中京
2018/01/20 (土)
中山 京都 中京
2018/01/14 (日)
中山 京都 中京
2018/01/13 (土)
中山 京都 中京
2018/01/08 (月)
中山 京都
2018/01/07 (日)
中山 京都
2018/01/06 (土)
中山 京都
  馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がマイナス0秒7、日曜がマイナス0秒8だった。まずはさかのぼって、8日間の馬場差を確認しておくと、この開催1週目までは水準レベルで推移していたが、2週目からは時計が出やすくなった。ただ、先週は先々週と比べて、水準方向に動いた。
 金曜夕方から雨が降ったが、2ミリ程度に収まった。ただ、土曜の表面は多少しっとりしていて、日曜も朝露が降りた関係から、土曜・日曜ともにパンパンの良馬場までは行かない。そのために、Bコース替わりで高速化した先々週よりも時計が掛かり、内が若干荒れてきたせいもある。また、ダートほどではないが、芝も風の影響を受けていた。距離やペースによっては、内の逃げ・先行馬も残ってはいたが、中から外を回った差し馬が全体的には優勢だった。皐月賞の行われる最終週もBコース。時計はマイナス1秒台の方向に戻るかもしれないが、外差しの傾向は進行するように思う。
 先週の馬場差1800m対象の数値は土曜がプラス0秒7、日曜がプラス0秒5。1200m対象の数値は土曜がプラス0秒3からプラス0秒5への変動、日曜がプラス0秒1だった。さかのぼって8日間の馬場差を確認すると、週によって時計の出方は異なり、マイナスの数値はこの開催1週目だけだった。
 雨の影響から速くなる事も考えられたが、中は乾いていて、馬場コンディション自体は先々週と同じ。ただ、土曜は朝から向正面で強い向かい風が吹いていて、昼前から強さを増して行った。特に前半が強い向かい風となる1200mは1Rと3R以降で時計の出方が異なり、変動。中・長距離も影響があり、時計が掛かっていた。日曜日は風も収まって、表面も乾燥して先々週の良馬場時とほぼ同じ数値に戻っている。


  タイム分析
 2018/04/07 (土)  芝=-0.7  Bコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
5R T2000 モンテグロッソ    牡3 未勝利 2:02.4 -0.5 -0.4 -0.2 -0.7 C D 8.43
9R T1800 アッフィラート    牝5 野島崎特1000 1:47.3 -0.6 --- ±0 -0.6 C D 8.57
10R T2200 コルコバード    牝5 湾岸S1600 2:12.1 -1.1 --- -0.3 -0.8 C C 9.29
11R T1600 カツジ    牡3 ニュージG2 1:34.2 -0.3 --- +0.3 -0.6 C C 7.55
 2018/04/07 (土)  ダ=+0.7 / 1200m=+0.3 → +0.5
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
1R D1200 ルーチェソラーレ    牝3 未勝利・牝 1:13.3 +0.4 --- +0.1 +0.3 C D 9.92
2R D1800 カガスター    牡3 未勝利 1:56.9 +1.2 --- +0.5 +0.7 D D 8.17
3R D1200 ラプターゲイル    牝3 未勝利 1:13.7 +0.8 --- +0.3 +0.5 D D 7.46
4R D1800 シーホース    牝3 未勝利・牝 1:56.3 +0.6 --- -0.1 +0.7 C D 8.50
6R D1800 フラベリフォーム    牡3 未勝利 1:57.8 +2.1 -0.7 +0.7 +0.7 D D 8.78
7R D1200 リードザウインド    牝3 500万下 1:13.0 +0.8 --- +0.3 +0.5 D D 8.33
8R D2400 スターフラッシュ    牡4 500万下 2:38.0 +2.1 --- +1.2 +0.9 E D 8.38
12R D1200 ライバーバード    牡4 500万下 1:12.9 +1.0 --- +0.5 +0.5 D C 8.17

中山5R 3歳未勝利 注目
1着 モンテグロッソ 
 1着モンテグロッソ、前走2着は自身Dランクだった。同じ中山2000mで時計を0秒8短縮して、同時にランクも引き上げた。4コーナー外から直線は1頭だけ違う脚性で、レースを使う度に決め手に鋭さを増している。極端なスローにならなければ、脚は上でも通用すると思う。
2着 ゴールドパッキャオ 
 2着のゴールドパッキャオ、前走に続いて内田博幸騎手が騎乗した。前走で感触を掴んだと見て、内田騎手得意のマクりを決めて最後までしぶとかった。オルフェーヴルの牡馬、これからさらに良くなる可能性がある。
3着 キルロード 
 2走前に2000mで2着。前走10着は厳しい展開の2200mが長かったと思う。今回は2着馬にマクられて、2000mでも厳しい形になってしまった。ただ、ロードカナロア産駒、母もサクラバクシンオー産駒の短距離馬という事で、距離的には1600mから1800mのタイプに思える。距離を短縮すれば、すぐに勝てると思う。
中山8R 4歳上500万下 タイムE
 基準より1秒2遅い勝ちタイムだった。
中山10R 湾岸S 注目
 タイムランクCとは言え、完全タイム差はマイナス0秒3。あと一歩でBランクだった。
1着 コルコバード 
 1着のコルコバード、東京2400mの500万・1000万に続いて3連勝。今回はこれまで勝ち鞍のない中山だったが、鞍上が内枠を巧みに活かして、また流れも味方して直線で鮮やかに差し切った。2着に0秒2差。これは完勝ですし、早熟タイプの多いステイゴールドの牝馬にしては5歳で12戦と、無理使いしていないだけ確実に成長している。牡馬相手のオープン特別でもハンデ戦辺りなら勝ち負けになる、そんな気がする。もちろんコースは東京がベター。
2着 ケンホファヴァルト 
 ケンホファヴァルトが逃げ粘って2着だった。2着ケンホファヴァルト、道中11秒台のラップが5回もあり、この馬の逃げがタイプランクをあと一歩でBというところまで引き上げた。展開一つのムラ駆けタイプだったが、これまでになく強い競馬で、戸崎騎手が隠れていたギアを引き出した、そんな気がする。次も信頼できるとは言えないが、常に人気が無いタイプなので、目を離せない。
3着 マウントゴールド 
 3着のマウントゴールド、好位を立ち回って一旦溜めてから2着馬の内を強襲。味な競馬が出来ていた。それでも切れないのはネックだが、能力は現級上位。今回は馬体が減少して、細く見えたので、回復してくれば競馬場問わずに上位を狙える。
4着 リッチーリッチー 
 4着リッチーリッチー、ダイヤモンドS4着を使って転厩2戦目だった。出遅れて最高方。向正面から動いて、残り800mの地点で3番手まで上がった。ラップ的に仕掛け早の感じもあったが、それでいてゴール前は盛り返していた。元根はオープン級だと思う。復調は間違いないので、パフォーマプロミスを負かした事のある東京の長距離で狙い撃ちしたい1頭。
中山11R ニュージーランドT 重賞
 タイムランク・メンバーランクともにCだった。カシアスが先手を取って4コーナーに入った。そのカシアスが先頭。前後半の800mはともに47秒1。この流れで差し・追い込み勢が上位を占めた。外有利の馬場傾向もあるが、それ以上に前に行った組がやや脆弱で、後ろの組の脚力が上回った結果。そう思う。外からカツジが一気に他馬を抜き去る。中からケイアイノーテックが2番手、その内からしぶとく伸びて来たのがデルタバローズ、大外をゴールドギアが4着だった。
1着 カツジ 
 カツジが今回は控える競馬で外から差し切った。ディープインパクト産駒は馬体が太いと苦しくて掛かる。前走きさらぎ賞5着の敗因は馬体増。絞るための調教と長距離輸送も手伝って、前走から12キロ絞れた事で、本来の切れ味が発揮できた。NHKマイルCでも素質は上位と思うが、これ以上時計が速くなると疑問もある。逆にスローになると、折り合い面など課題も残る。
2着 ケイアイノーテック 
 1番人気ケイアイノーテック2着だった。こちらの12キロ減は輸送減りだと思う。ただ、ディープインパクト産駒は増加するよりは減少した方が結果が出ている。中団外めから外枠の不利を最低限に抑えて、上手く乗られていた。最後は決め手の差だと思うが、本番に向けての勝ち馬との比較では時計面への対応や折り合いなどの面で少しこちらの方が上の気もしている。
3着 デルタバローズ 
 NHKマイルCへの優先権を争った3着争い、こちらは内のデルタバローズが外のゴールドギアにハナ差で先着だった。3着デルタバローズ、内枠を活かして中団の少し前、直線は最内ではなくて、馬場の良いギリギリの箇所を選択して抜けて来た。好騎乗だと思う。この3着で京成杯13着は距離が敗因とハッキリした。ただ、GIとなるとまだ底力で劣る気もするが、道悪の際は巧者ですから、印を回したいと思う。
4着 ゴールドギア 
 4着のゴールドギア、最高方から1つ前の勝ち馬に促されるように、大外に出して伸びて来た。距離ロスを考えれば、中身は上々だった。新馬勝ち後は、脚を余すケースが多かったが、このメンバーでここまでやれたのは収穫。東京の自己条件では、かなり有力だと思う。

  馬券Summary
ディープインパクトよりハービンジャー
 先々週日曜のGI大阪杯は1番人気スワーヴリチャードが完勝。一方人気を分けた2番人気アルアインは3着、3番人気サトノダイヤモンドは7着だった。こらら2頭はディープインパクト産駒のクラシックホース。アルアインは皐月賞とほぼ同じポジションを競馬をしながら、皐月賞ほど弾けず。また、サトノダイヤモンドは内枠が仇になった面はあっても、直線の伸びも一息だった。
ディープインパクトよりハービンジャー
ディープインパクト産駒で牡馬のクラシックホースは他にディープブリランテ、キズナ、ディーマジェスティ、マカヒキがいるが、これらも故障や早期引退を考慮するとしても4歳以降にGIを勝っていない。ディープインパクト産駒の牡馬は、3歳春に成長する傾向がある。だからこそクラシックに強いが、同時にこの時期に激走してしまうと、古馬になってからの成長力に欠ける、そんな気がしている。大阪杯でアルアインを交わして2着に上がったのはペルシアンナイト。これはハービンジャーの産駒だった。さらに先々週土曜日のダービー郷CTは、
ディープインパクトよりハービンジャー
1番人気のディープインパクト産駒グレーターロンドンが5着に敗れて、ハービンジャー産駒のヒーズインラブが差し切り勝ち。もう1頭のハービンジャー産駒テオドールも4着に入っていた。グレーターロンドンについて触れれば、昨年秋の天皇賞9着以前と以降とでは落差が大きくて、成長力不足を感じてしまう。古馬になって陰りの出たディープインパクト産駒なら、ハービンジャー産駒を積極的に狙っていくべきではないだろうか。5歳にして1600万・GIIIを連勝のヒーズインラブ、同じく5歳にして1000万・1600万下の美浦Sを連勝して、オープン入りを決めたサーブルオールなど、本質的に奥手のタイプが多いが、今年の3歳にはブラストワンピースという大物が出現した。ダービーの段階でもディープインパクト産駒にストップをかける可能性がある。
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai