2018年1回新潟3日目

開催一覧
2018/05/27 (日)
東京 京都
2018/05/26 (土)
東京 京都
2018/05/20 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/19 (土)
東京 京都 新潟
2018/05/13 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/12 (土)
東京 京都 新潟
2018/05/06 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/05 (土)
東京 京都 新潟
2018/04/29 (日)
東京 京都 新潟
2018/04/28 (土)
東京 京都 新潟
2018/04/22 (日)
東京 京都 福島
2018/04/21 (土)
東京 京都 福島
2018/04/15 (日)
中山 阪神 福島
2018/04/14 (土)
中山 阪神 福島
2018/04/08 (日)
中山 阪神 福島
2018/04/07 (土)
中山 阪神 福島
2018/04/01 (日)
中山 阪神
2018/03/31 (土)
中山 阪神
2018/03/25 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/24 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/18 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/17 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/11 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/10 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/04 (日)
中山 阪神 小倉
2018/03/03 (土)
中山 阪神 小倉
2018/02/25 (日)
中山 阪神 小倉
2018/02/24 (土)
中山 阪神 小倉
2018/02/18 (日)
東京 京都 小倉
2018/02/17 (土)
東京 京都 小倉
2018/02/13 (火)
小倉
2018/02/12 (月)
東京
2018/02/11 (日)
東京 京都
2018/02/10 (土)
京都 小倉
2018/02/04 (日)
東京 京都
2018/02/03 (土)
東京 京都
2018/01/28 (日)
東京 京都 中京
2018/01/27 (土)
東京 京都 中京
2018/01/21 (日)
中山 京都 中京
2018/01/20 (土)
中山 京都 中京
2018/01/14 (日)
中山 京都 中京
2018/01/13 (土)
中山 京都 中京
2018/01/08 (月)
中山 京都
2018/01/07 (日)
中山 京都
2018/01/06 (土)
中山 京都
  馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がマイナス0秒3、日曜がマイナス0秒5。直線1000m対象の数値は土曜がプラス0秒8、日曜がプラス0秒1だった。ここまで4日間の芝の馬場差を確認しておくと、全てマイナスの数値だが、先週は開幕週と比較すると水準寄りになった。
 新潟は木曜から土曜にかけて雨が降って、土曜は稍重でスタートした。ですから雨の影響が残って開幕週よりも時計が掛かっていた。日曜は乾いて土曜よりは時計が出やすくなった。なお、土曜は途中で良馬場に変更されたが、馬場差は1日を通した数値。直線1000mについては、土曜は風の影響で時計が掛かっていた。あと、連対馬についてだが、こちらも外を回った差し馬が優勢だった。
 先週の馬場差1800m対象の数値は土日ともにプラス0秒4。1200m対象の数値は土曜がマイナス0秒7、日曜がマイナス0秒4だった。ここまで4日間の馬場差を確認しておくと、1800mは全てプラスの数値であるのに対し、1200mは全てマイナスで特に3日目、先週土曜は時計が出やすくなった。
 土曜は重馬場でスタートしたように、脚抜きの良いコンディションで1200mは時計出やすくなったが、1800mについては風の影響を受けて開幕週よりも少し時計が出やすくなったという程度だった。なお、その土曜は途中で稍重に馬場発表が変更されたが、数値は1日を通してのモノ。あと連対馬については、目立った偏りは特になくて、言い換えれば差しも届いていた。


  タイム分析
 2018/05/05 (土)  芝=-0.3 / 直線=+0.8  Bコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
5R T1400 リビングマイライフ    牝3 未勝利 1:22.4 ±0 --- +0.2 -0.2 C D
6R T2000 ルックスマート    牡3 未勝利 2:03.8 +2.1 --- +2.4 -0.3 E D
9R T2000 アドマイヤアロー    牝4 500万下・牝 1:59.6 -0.4 --- -0.1 -0.3 C D
11R T1000 ダイメイプリンセス    牝5 駿風S1600 0:56.3 +1.8 --- +1.0 +0.8 E D
12R T1800 サトノルーラー    牡4 二王子特500 1:47.6 +1.1 -0.6 +0.8 -0.3 D D
 2018/05/05 (土)  ダ=+0.4 / 1200m=-0.7
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
2R D1800 クインズオライリー    牝3 未勝利・牝 1:56.4 +2.4 --- +2.0 +0.4 E D
3R D1200 ツウカイパイロ    牡3 未勝利 1:11.8 -0.9 --- -0.2 -0.7 C D
7R D1200 ジオラマ    牡5 500万下・若 1:11.4 -0.5 --- +0.2 -0.7 C D
8R D1800 サウンドスタジオ    牡5 500万下 1:54.2 +1.4 --- +1.0 +0.4 E D
10R D1800 マイネルアンファン    牡3 わらび賞500 1:54.0 +0.9 --- +0.5 +0.4 D D

新潟2R 3歳未勝利・牝 タイムE
 基準より2秒0遅い勝ちタイムだった。
新潟3R 3歳未勝利 注目
1着 ツウカイパイロ 
 1着のツウカイパイロはこれまでとは違って、前めにつけて直線の追い比べから抜け出した。正直なところ、前もってこの一変は予想できなかったが、結果的には前へ行った事と、新潟が合っていた事が勝因だと思う。
2着 クインズカトレア 
 2着クインズカトレアは勝ち馬に2馬身半差をつけられたが、外枠からこちらも積極策を取った事が一変した要因。また、距離短縮も良い方に出たと思う。
3着 セトノシャトル 
 同様に3着セトノシャトルも距離短縮で前進した。
9着 センスオブワンダー 
 逆に1番人気で9着だったセンスオブワンダーはスタートが遅かった上に、追走に一杯になってしまった。こちらはもう少し距離があった方が末脚は活かせそう。
新潟6R 3歳未勝利 タイムE
 基準より2秒4遅い勝ちタイムだった。
新潟8R 4歳上500万下 タイムE
 基準より1秒0遅い勝ちタイムだった。
新潟9R 4歳上500万下・牝 注目
1着 アドマイヤアロー 
 1着アドマイヤアロー、こちらは前回およそ10ヶ月ぶりで9着だったが、勝ち馬からそんなに負けていなかった。大敗した訳ではなかったというところで、今回は休み明け2走目、減少騎手器用できっちり変わってきたという事になる。日経新春杯と日経賞を勝ったアドマイヤデウスの半妹で、この後も注意が必要。
2着 リリックドラマ 
 ただ、このレースで取り上げた主な理由は、前半1000mが58秒3だったため。新潟外周りと言うと、スローで流れて直線勝負というイメージがあるが、向正面の長い直線で前の馬がスピードに乗ってしまうと、緩みのないペースになる事も珍しくはない。ただ、59秒を切ると、流石に逃げ馬は直線で踏ん張る事が厳しい。それを考えれば、逃げて勝ち馬に半馬身差だった、2着リリックドラマはよく粘ったと見るべきだろう。
新潟11R 駿風S タイムE
 基準より1秒0遅い勝ちタイムだった。

  馬券Summary
好調厩舎、勢い持続
 これは藤原英昭厩舎の事。何と5月6日終了時点で33勝をマークしている。これは現時点で昨年1年間の全国リーディングの18位に該当する成績。ホント驚異的な数値だと思う。ちなみに、昨年の同じ週、5月7日終了時点での勝ち星は15勝だった。出走回数は昨年が106戦で、今年が109戦なので、ほとんど同じでそんな中今年は昨年の倍以上のペースで勝っている訳なのですから、ホント凄いの一語。
好調厩舎、勢い持続
ちなみに、今年の33勝中、関西圏の本場に当たる阪神・京都での勝ち星より、それ以外の開催場での勝ち星が多いのが大きな特徴。関東圏の東京・中山、そしてローカルの中京・小倉を合わせると何と20勝もマークしている。実際先週も東京で3勝を挙げていた。昨年の同時期も実は全15勝中10勝が京都・阪神以外だったので、傾向としてはほぼ同じ。そして特徴としては左回りの底力勝負になりやすい、広いコースで強い。ですから、東京で8勝、中京で7勝勝ち星の半数近くをマークしている。今年の藤原厩舎を見ていると、ホント勝てる番組があるとピンポイントで使いに行って、きっちり結果を残しているというパターンなので、中でも東京とか中京では滅法強いですから、厩舎自体の管理馬のレベルが高いので、人気になりますから、馬券的な妙味はあまりないとは思うが、東京開催はしばらく続きますから、東京で使って来るようならより信頼度は高まると見て良いと思う。
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai