2018年2回函館1日目

開催一覧
2018/07/22 (日)
福島 中京 函館
2018/07/21 (土)
福島 中京 函館
2018/07/15 (日)
福島 中京 函館
2018/07/14 (土)
福島 中京 函館
2018/07/08 (日)
福島 中京 函館
2018/07/07 (土)
福島 中京 函館
2018/07/01 (日)
福島 中京 函館
2018/06/30 (土)
福島 中京 函館
2018/06/24 (日)
東京 阪神 函館
2018/06/23 (土)
東京 阪神 函館
2018/06/17 (日)
東京 阪神 函館
2018/06/16 (土)
東京 阪神 函館
2018/06/10 (日)
東京 阪神
2018/06/09 (土)
東京 阪神
2018/06/03 (日)
東京 阪神
2018/06/02 (土)
東京 阪神
2018/05/27 (日)
東京 京都
2018/05/26 (土)
東京 京都
2018/05/20 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/19 (土)
東京 京都 新潟
2018/05/13 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/12 (土)
東京 京都 新潟
2018/05/06 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/05 (土)
東京 京都 新潟
2018/04/29 (日)
東京 京都 新潟
2018/04/28 (土)
東京 京都 新潟
2018/04/22 (日)
東京 京都 福島
2018/04/21 (土)
東京 京都 福島
2018/04/15 (日)
中山 阪神 福島
2018/04/14 (土)
中山 阪神 福島
2018/04/08 (日)
中山 阪神 福島
2018/04/07 (土)
中山 阪神 福島
2018/04/01 (日)
中山 阪神
2018/03/31 (土)
中山 阪神
2018/03/25 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/24 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/18 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/17 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/11 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/10 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/04 (日)
中山 阪神 小倉
2018/03/03 (土)
中山 阪神 小倉
2018/02/25 (日)
中山 阪神 小倉
2018/02/24 (土)
中山 阪神 小倉
2018/02/18 (日)
東京 京都 小倉
2018/02/17 (土)
東京 京都 小倉
2018/02/13 (火)
小倉
2018/02/12 (月)
東京
2018/02/11 (日)
東京 京都
2018/02/10 (土)
京都 小倉
2018/02/04 (日)
東京 京都
2018/02/03 (土)
東京 京都
2018/01/28 (日)
東京 京都 中京
2018/01/27 (土)
東京 京都 中京
2018/01/21 (日)
中山 京都 中京
2018/01/20 (土)
中山 京都 中京
2018/01/14 (日)
中山 京都 中京
2018/01/13 (土)
中山 京都 中京
2018/01/08 (月)
中山 京都
2018/01/07 (日)
中山 京都
2018/01/06 (土)
中山 京都
  馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がプラス0秒5からプラス1秒6への変動、日曜がプラス1秒2だった。連続開催ですので、さかのぼって6日間の芝の馬場差を確認しておくと、前の開催5日目まではマイナス1秒台だった。そして6日目以降は全てプラスの数値となっている。
 雨の影響を受けた馬場だった上、土曜は後半雨が降り続いて時計の掛かる馬場になって行った。日曜は土曜終盤と比較すれば、水準方向に戻したが、それでもプラス1秒台で時計の掛かるコンディションだった。連対馬については、土日トータルで見れば目立った偏りはなかったが、前へ行った馬と差し馬の組み合わせが6鞍もあった。なお、今週からの2週はBコースが使用される。
 先週の馬場差1700m対象の数値は土曜がマイナス0秒3からマイナス0秒8への変動、日曜がマイナス0秒6だった。さかのぼって6日間の馬場差を確認しておくと、前の開催4日目までは、水準に近いレベルだったが、5日目以降良馬場発表の日はなく、特に6日目は速い時計の出る馬場だった。
 土曜は後半雨が降り続いて時計の出やすいコンディションになって行った。日曜は土曜後半に近いレベルだが、やや水準方向に戻った。連対馬については、逃げ・先行馬が目立ち、10鞍中9鞍で逃げ・先行馬が連対していた。


  タイム分析
 2018/07/07 (土)  芝=+0.5 → +1.6  Aコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
1R T1200 ショウナンアリアナ    牝2 未勝利 1:11.2 +0.7 --- +0.4 +0.3 D D (7.50)
3R T1200 リノワールド    牝3 未勝利 1:10.2 +0.3 --- ±0 +0.3 C D 10.33
5R T1200 スズカカナロア    牡2 新馬 1:11.1 +0.4 --- ±0 +0.4 C D --
7R T1800 フラッグサルート    牝3 未勝利 1:50.1 +0.7 --- -0.2 +0.9 C C (6.00)
8R T1200 ブレッシングテレサ    牝5 500万下・牝 1:10.1 +0.7 --- ±0 +0.7 C D (6.00)
10R T1800 ゴールドギア    牡3 八雲特別500 1:50.7 +2.2 -0.5 +0.3 +1.4 C D (8.00)
11R T2000 マイスタイル    牡4 五稜郭S1600 2:01.5 +1.7 --- +0.1 +1.6 C C --
 2018/07/07 (土)  ダ=-0.3 → -0.8
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
2R D1700 キクノロージズ    牝3 未勝利・牝 1:49.2 +1.6 --- +1.9 -0.3 E D (7.00)
4R D1700 リアルモンテ    牡3 未勝利 1:47.8 +0.2 --- +0.5 -0.3 D D (4.00)
6R D1000 ヒストリコ    牝2 新馬 1:00.5 -0.1 --- +0.1 -0.2 C D 9.40
9R D1700 ツクバクロオー    牡3 500万下 1:45.8 -0.6 --- +0.1 -0.7 C C (7.00)
12R D1000 レイダー    牡4 噴火湾特1000 0:58.2 -0.4 --- +0.1 -0.5 C C --

函館2R 3歳未勝利・牝 タイムE
 基準より1秒9遅い勝ちタイムだった。
函館11R 五稜郭S 注目
 勝ったマイスタイルを取り上げる。2着以下は離されており、狙いは立たない。
1着 マイスタイル 
 前回の放送で勝ち馬で次走上位に食い込めそうな馬にしたマイスタイルが連闘で出走していて、断然の1番人気だったが、3馬身差で逃げ切った。ペースは緩やかで、普通はまぁ残り800mぐらいから速くなるが、このレースは残り400mまで速くならず、逃げ馬有利のペースだった。2番手以降が押しているのに、マイスタイルのペースに追いつくまでには行かなかったと。こうなると後続は何も出来ず、最後流してマイスタイルゴールイン。これで1000万下・1600万下を連闘で連勝した。来年から降級がなくなるので、こういうこの時期の風物詩のようなモノも一切なくなる。普通に考えれば、古馬はどんどん淘汰されて条件戦は3歳馬優勢になって行くはず。今から来年の6月について考えておくべきなのかもしれない。
 マイスタイルは今後も活躍するはず。直線の短いコースが向いているのはもうこれでハッキリしたが、ダービー4着馬・弥生賞2着馬ですから、直線の長いコースや坂のあるコースでもどうなのか?是非見極めたい。
函館12R 噴火湾特別 注目
1着 レイダー 勝ち馬注目
 勝ったレイダーだが、3歳7月に2戦目で未勝利を勝ったが、その後半年近い休養などを経て3月に500万下を卒業。5月に1000万下を勝って今回で3連勝となった。レースは逃げたライオンボスの外の2番手につけて、4コーナーで外からブレイヴバローズに先に行かれそうになったが、コーナーワークで巻き返して先頭。あとはそのまま押し切った。レイダーが2着につけた差は2馬身半。完勝だった。全く危なげない勝ち方で、当然上のクラスでも通用するはず。1700mでも勝っているが、短距離の方が持ち味が出やすいんじゃないだろうか。しかしダート1000mは1600万下のレースがないので、8/4新潟の越後Sなど1200m前後を狙って行く事になるだろう。このレースはハンデ戦で、ハンデが問題となるが、どこへ出ても勝ち負けになるのではないかと思う。
2着 タマモコーラス 
 なお2着タマモコーラス・3着ブレイヴバローズは勝ち馬に離されたが、相手次第で次走も狙えそう。
3着 ブレイヴバローズ 
 なお2着タマモコーラス・3着ブレイヴバローズは勝ち馬に離されたが、相手次第で次走も狙えそう。

  馬券Summary
2歳未勝利戦・芝短距離の研究
 これからクラスが多くなるのが2歳未勝利戦だが、中でも夏馬に多い芝1200m以下のレースに絞って、夏場の2歳未勝利戦で狙える条件を考えてみた。昨年のデータから導いた条件がこちら。
2歳未勝利戦・芝短距離の研究
データは昨年6月から8月の2歳未勝利戦だが、まず前走4コーナー先頭。これが9勝2着3回3着2回。単勝回収率110%。
それから2番目、3強種牡馬だが、ヨハネスブルグが実は最多の4勝だが、回収率が低い。出走回数が多くて。2勝していて回収率も高いのがキンシャサノキセキ・ダイワメジャー・ワークフォース。
それから3番目が前走5着。実は前走2着が最も成績が良いのは当然だが、回収率が低い。前走2着の次に連対率が良いのが前走5着馬で、連対率37.9%。単勝回収率164%。これは狙いたいですね。
それから4番目が中2週か3週。中2週は単勝回収率106%、中3週は複勝回収率が136%と最も高くなっている。是非狙ってみてください。
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai
since 2001.06.26