2018年1回新潟4日目

開催一覧
2018/07/22 (日)
福島 中京 函館
2018/07/21 (土)
福島 中京 函館
2018/07/15 (日)
福島 中京 函館
2018/07/14 (土)
福島 中京 函館
2018/07/08 (日)
福島 中京 函館
2018/07/07 (土)
福島 中京 函館
2018/07/01 (日)
福島 中京 函館
2018/06/30 (土)
福島 中京 函館
2018/06/24 (日)
東京 阪神 函館
2018/06/23 (土)
東京 阪神 函館
2018/06/17 (日)
東京 阪神 函館
2018/06/16 (土)
東京 阪神 函館
2018/06/10 (日)
東京 阪神
2018/06/09 (土)
東京 阪神
2018/06/03 (日)
東京 阪神
2018/06/02 (土)
東京 阪神
2018/05/27 (日)
東京 京都
2018/05/26 (土)
東京 京都
2018/05/20 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/19 (土)
東京 京都 新潟
2018/05/13 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/12 (土)
東京 京都 新潟
2018/05/06 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/05 (土)
東京 京都 新潟
2018/04/29 (日)
東京 京都 新潟
2018/04/28 (土)
東京 京都 新潟
2018/04/22 (日)
東京 京都 福島
2018/04/21 (土)
東京 京都 福島
2018/04/15 (日)
中山 阪神 福島
2018/04/14 (土)
中山 阪神 福島
2018/04/08 (日)
中山 阪神 福島
2018/04/07 (土)
中山 阪神 福島
2018/04/01 (日)
中山 阪神
2018/03/31 (土)
中山 阪神
2018/03/25 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/24 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/18 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/17 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/11 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/10 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/04 (日)
中山 阪神 小倉
2018/03/03 (土)
中山 阪神 小倉
2018/02/25 (日)
中山 阪神 小倉
2018/02/24 (土)
中山 阪神 小倉
2018/02/18 (日)
東京 京都 小倉
2018/02/17 (土)
東京 京都 小倉
2018/02/13 (火)
小倉
2018/02/12 (月)
東京
2018/02/11 (日)
東京 京都
2018/02/10 (土)
京都 小倉
2018/02/04 (日)
東京 京都
2018/02/03 (土)
東京 京都
2018/01/28 (日)
東京 京都 中京
2018/01/27 (土)
東京 京都 中京
2018/01/21 (日)
中山 京都 中京
2018/01/20 (土)
中山 京都 中京
2018/01/14 (日)
中山 京都 中京
2018/01/13 (土)
中山 京都 中京
2018/01/08 (月)
中山 京都
2018/01/07 (日)
中山 京都
2018/01/06 (土)
中山 京都
  馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がマイナス0秒3、日曜がマイナス0秒5。直線1000m対象の数値は土曜がプラス0秒8、日曜がプラス0秒1だった。ここまで4日間の芝の馬場差を確認しておくと、全てマイナスの数値だが、先週は開幕週と比較すると水準寄りになった。
 新潟は木曜から土曜にかけて雨が降って、土曜は稍重でスタートした。ですから雨の影響が残って開幕週よりも時計が掛かっていた。日曜は乾いて土曜よりは時計が出やすくなった。なお、土曜は途中で良馬場に変更されたが、馬場差は1日を通した数値。直線1000mについては、土曜は風の影響で時計が掛かっていた。あと、連対馬についてだが、こちらも外を回った差し馬が優勢だった。
 先週の馬場差1800m対象の数値は土日ともにプラス0秒4。1200m対象の数値は土曜がマイナス0秒7、日曜がマイナス0秒4だった。ここまで4日間の馬場差を確認しておくと、1800mは全てプラスの数値であるのに対し、1200mは全てマイナスで特に3日目、先週土曜は時計が出やすくなった。
 土曜は重馬場でスタートしたように、脚抜きの良いコンディションで1200mは時計出やすくなったが、1800mについては風の影響を受けて開幕週よりも少し時計が出やすくなったという程度だった。なお、その土曜は途中で稍重に馬場発表が変更されたが、数値は1日を通してのモノ。あと連対馬については、目立った偏りは特になくて、言い換えれば差しも届いていた。


  タイム分析
 2018/05/06 (日)  芝=-0.5 / 直線=+0.1  Bコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
5R T1800 ラヴファンシフル    牝3 未勝利・牝 1:47.4 -0.1 --- +0.4 -0.5 D D 9.42
6R T1000 サラドリーム    牝3 未勝利 0:56.1 +0.2 --- +0.1 +0.1 C C 7.10
8R T1200 ゲンキチハヤブサ    セ6 500万下 1:08.8 -0.2 --- +0.1 -0.3 C D 7.42
10R T1600 テイケイレーヴ    牝5 三条特別500 1:34.9 +1.0 -0.7 +0.7 -0.4 D D 8.20
11R T2000 スズカデヴィアス    牡7 新潟大賞HG3 2:00.0 +2.1 -1.1 +1.5 -0.5 SL D 5.92
 2018/05/06 (日)  ダ=+0.4 / 1200m=-0.4
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
1R D1800 レオステップアップ    牡3 未勝利 1:55.2 +1.2 --- +0.8 +0.4 D D 7.43
2R D1200 エースロッカー    牡3 未勝利 1:12.3 -0.4 --- ±0 -0.4 C C 9.36
3R D1800 カイトセブン    牡3 未勝利 1:54.8 +0.8 --- +0.4 +0.4 D C 8.00
7R D1800 アルスフェルト    牝5 500万下・牝 1:53.0 +0.2 --- -0.2 +0.4 C C 6.56
9R D1200 チリーシルバー    牝4 500万下 1:11.2 -0.7 --- -0.3 -0.4 B D 7.00
12R D1200 スーパーモリオン    牡4 八海山特1000 1:11.7 +0.4 --- +0.8 -0.4 E C 9.00

新潟2R 3歳未勝利 
3着 クイーンズテソーロ 通信簿
 1番人気3着だった。この馬大外枠が2回続いた後の最内枠で、もう出遅れがホント痛かった。外へ出して追い込んで来たが、勝ち馬に伸び負けしたのも、やはり前半のロスが全てだと思う。
新潟7R 4歳上500万下・牝 注目
1着 アルスフェルト 
 アルスフェルトが直線抜け出して3馬身半差をつけて完勝だった。この馬、ダートに転じてここまで全て4着以内と堅実。今回は初めての1800mだったが、むしろ脚を溜めて勝ちっぷりの良さは目立った。確かに上がりは掛かっているが、一杯の脚色ではなかったですし、タイムランクもこれまでよりレベルアップしている。この馬オルフェーヴルの近親で、デビュー時から注目されていた馬。次走もメンバー次第で注意しておきたいと思う。
新潟9R 4歳上500万下 タイムB
 基準より0秒3速い勝ちタイムだった。チリーシルバーが先行争いを制し、直線に入っても先頭にいる。一方2番手にいた1番人気のワンダーグロワールは一杯になり、離されて行く。変わってアルゴロオジエが単独で2番手に上がるが、チリーシルバーは並ばせずに逃げ切った。3着以下は2着アルゴロオジエから3馬身半以上離された。
1着 チリーシルバー 
 チリーシルバーは昨年1月のデビュー戦以来の勝利となった。チリーシルバー、前走初めてのダート1200m戦に出走して距離短縮となったが、ペースに戸惑うどころか、初めて積極策で臨んで勝ち馬と同タイムの4着だった。坂のある中山で粘っていましたし、今回は新潟に変わって、しかも内枠でしたから、スピードを活かしてハナを奪って1番人気のワンダーグロワールを競り落として逃げ切った。昇級即通用とは言えないが、この戦法は合っているように思う。
2着 アルゴロオジエ 
 そしてチリーシルバーになんとか食らいついていたのは、2着アルゴロオジエ。ただ、大敗から一変というケースは過去にもあって、アテにはしづらいタイプだと思う。
新潟11R 新潟大賞典 タイムSL
 タイムランクはスローのSL・メンバーランクはDだった。直線に入って、横に並んでの追い比べとなった。1000m通過が1分2秒3というラップですから、ペース補正を施してもちょっとスローはやむを得ないところ。上がりの一番遅い馬でも33秒5で上がっていますから、ホント直線も上がりの速い決着になった結果、前につけたステイインシアトルが外めでしぶとく粘るが、内の好位につけていたスズカデヴィアスがジワジワと脚を伸ばして、最後抜け出してゴールインという結果になった。
 前半・中盤が遅く、補正しきれずスローの扱いとする。
1着 スズカデヴィアス 
 スズカデヴィアスが7歳にして重賞初制覇。これはホント上手く乗った。内々ロスなく立ち回って、直線抜け出してコーナー2回の広いコースの方が合っていて、まだまだ馬も若いですし、これからどんどん活躍してくれると思う。
2着 ステイインシアトル 
 2着が休み明けのステイインシアトル、3着にナスノセイカン、下位人気の馬だった。ステイインシアトルは流れに乗って、最後までしぶとく粘った。敗れはしたが、約9ヶ月半ぶりの実戦でしたから、この内容は優秀だと思う。
3着 ナスノセイカン 
 2着が休み明けのステイインシアトル、3着にナスノセイカン、下位人気の馬だった。ナスノセイカンは勝ち馬の前で運んで、展開をかなり味方に付けた。前で競馬ができて、脚質に幅ができた事は収穫だったと思う。
4着 トリオンフ 
 4着が1番人気のトリオンフだった。手応え良かったが、追ってからはもう一つ伸びきれなかった。現状はコーナー2回の広いコースよりかは、コーナー4回小回りで早めスパートという形が合っていると思う。
6着 マイスタイル 
 マイスタイルは体重増で太くは見えなかったが、伸び負けした。ちょっとレース前からテンションが高かったですし、その影響があったのかもしれない。
8着 ハクサンルドルフ 
 8着ハクサンルドルフは私の本命馬だったが、直線で2回前が思いっきり詰まった。ここまで詰まってこの上がりだと勝負にならない。
11着 ステファノス 
 11着ステファノスだが、こちらは休み明けでしたし、実力はあるが今回展開も向かなかったという事だろう。
新潟12R 八海山特別 タイムE
 基準より0秒8遅い勝ちタイムだった。

  馬券Summary
好調厩舎、勢い持続
 これは藤原英昭厩舎の事。何と5月6日終了時点で33勝をマークしている。これは現時点で昨年1年間の全国リーディングの18位に該当する成績。ホント驚異的な数値だと思う。ちなみに、昨年の同じ週、5月7日終了時点での勝ち星は15勝だった。出走回数は昨年が106戦で、今年が109戦なので、ほとんど同じでそんな中今年は昨年の倍以上のペースで勝っている訳なのですから、ホント凄いの一語。
好調厩舎、勢い持続
ちなみに、今年の33勝中、関西圏の本場に当たる阪神・京都での勝ち星より、それ以外の開催場での勝ち星が多いのが大きな特徴。関東圏の東京・中山、そしてローカルの中京・小倉を合わせると何と20勝もマークしている。実際先週も東京で3勝を挙げていた。昨年の同時期も実は全15勝中10勝が京都・阪神以外だったので、傾向としてはほぼ同じ。そして特徴としては左回りの底力勝負になりやすい、広いコースで強い。ですから、東京で8勝、中京で7勝勝ち星の半数近くをマークしている。今年の藤原厩舎を見ていると、ホント勝てる番組があるとピンポイントで使いに行って、きっちり結果を残しているというパターンなので、中でも東京とか中京では滅法強いですから、厩舎自体の管理馬のレベルが高いので、人気になりますから、馬券的な妙味はあまりないとは思うが、東京開催はしばらく続きますから、東京で使って来るようならより信頼度は高まると見て良いと思う。
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai
since 2001.06.26