2018年2回福島2日目

開催一覧
2018/07/22 (日)
福島 中京 函館
2018/07/21 (土)
福島 中京 函館
2018/07/15 (日)
福島 中京 函館
2018/07/14 (土)
福島 中京 函館
2018/07/08 (日)
福島 中京 函館
2018/07/07 (土)
福島 中京 函館
2018/07/01 (日)
福島 中京 函館
2018/06/30 (土)
福島 中京 函館
2018/06/24 (日)
東京 阪神 函館
2018/06/23 (土)
東京 阪神 函館
2018/06/17 (日)
東京 阪神 函館
2018/06/16 (土)
東京 阪神 函館
2018/06/10 (日)
東京 阪神
2018/06/09 (土)
東京 阪神
2018/06/03 (日)
東京 阪神
2018/06/02 (土)
東京 阪神
2018/05/27 (日)
東京 京都
2018/05/26 (土)
東京 京都
2018/05/20 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/19 (土)
東京 京都 新潟
2018/05/13 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/12 (土)
東京 京都 新潟
2018/05/06 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/05 (土)
東京 京都 新潟
2018/04/29 (日)
東京 京都 新潟
2018/04/28 (土)
東京 京都 新潟
2018/04/22 (日)
東京 京都 福島
2018/04/21 (土)
東京 京都 福島
2018/04/15 (日)
中山 阪神 福島
2018/04/14 (土)
中山 阪神 福島
2018/04/08 (日)
中山 阪神 福島
2018/04/07 (土)
中山 阪神 福島
2018/04/01 (日)
中山 阪神
2018/03/31 (土)
中山 阪神
2018/03/25 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/24 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/18 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/17 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/11 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/10 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/04 (日)
中山 阪神 小倉
2018/03/03 (土)
中山 阪神 小倉
2018/02/25 (日)
中山 阪神 小倉
2018/02/24 (土)
中山 阪神 小倉
2018/02/18 (日)
東京 京都 小倉
2018/02/17 (土)
東京 京都 小倉
2018/02/13 (火)
小倉
2018/02/12 (月)
東京
2018/02/11 (日)
東京 京都
2018/02/10 (土)
京都 小倉
2018/02/04 (日)
東京 京都
2018/02/03 (土)
東京 京都
2018/01/28 (日)
東京 京都 中京
2018/01/27 (土)
東京 京都 中京
2018/01/21 (日)
中山 京都 中京
2018/01/20 (土)
中山 京都 中京
2018/01/14 (日)
中山 京都 中京
2018/01/13 (土)
中山 京都 中京
2018/01/08 (月)
中山 京都
2018/01/07 (日)
中山 京都
2018/01/06 (土)
中山 京都
  馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜はマイナス1秒6、日曜がマイナス1秒5だった。
 昨年のこの開催、開幕週と比較しても速い時計の出るコンディションだった。連対馬を見ると、開催初日である土曜は前めに位置して、内を立ち回った馬が優勢だったが、日曜は7鞍中5鞍で中団・後方の馬が絡んでおり、先行有利という事ではなかった。今週もう1週Aコースが使用されて、後半2週はBコースが使用される。
 先週の馬場差1700m対象の数値は土曜がマイナス0秒6、日曜がマイナス0秒5だった。
 乾いた良馬場ではあったが、マイナスの馬場差。高速馬場ではないが、速めの時計が出るコンディションだったと言えるだろう。連対馬については、前へ行って内を回った馬が優勢だった。


  タイム分析
 2018/07/01 (日)  芝=-1.5  Aコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
2R T1200 ブルーハワイアン    牝3 未勝利 1:08.9 -0.8 --- +0.1 -0.9 C E --
5R T1800 ミッキーブラック    牡2 新馬 1:50.1 +0.3 -0.6 +1.1 -1.4 SL C (9.50)
6R T1200 ガイセン    牡2 新馬 1:10.1 -0.3 --- +0.6 -0.9 D D 12.00
7R T1800 ソーラーフレア    牡3 未勝利 1:48.0 -0.7 --- +0.7 -1.4 D D 8.75
9R T2000 ミヤジユウダイ    牡4 南相馬特500 1:59.8 -0.8 -0.3 +0.4 -1.5 D D 6.00
10R T1200 トーホウハニー    牝6 さくらん1000 1:08.4 -0.4 --- +0.5 -0.9 D D --
11R T1800 メイショウテッコン    牡3 ラジオNIHG3 1:46.1 -0.8 --- +0.6 -1.4 D C --
 2018/07/01 (日)  ダ=-0.5
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
1R D1700 フジノシャイン    牝3 未勝利・牝 1:47.7 +0.6 --- +1.1 -0.5 E D --
3R D1700 タイセイカレッジ    牡3 未勝利 1:48.3 +1.2 --- +1.7 -0.5 E D --
8R D1700 フロリアヌス    牡3 500万下 1:46.2 +0.2 --- +0.7 -0.5 D E (14.00)
12R D1150 エンゲージリング    牝3 500万下 1:08.4 -0.1 --- +0.2 -0.3 C D --

福島1R 3歳未勝利・牝 タイムE
 基準より1秒1遅い勝ちタイムだった。
福島3R 3歳未勝利 タイムE
 基準より1秒7遅い勝ちタイムだった。
福島5R 2歳新馬 タイムSL
 前半・中盤が遅く補正しきれずスローの扱いとする。この日曜5Rの2歳新馬戦は前半1000m1分3秒0でスローだったが、そこから速くなった。競り合っていた前の2頭のうち、1番人気ロジャーズクライが抜け出したが、大外から併せ馬で上がって来た2頭が、上がり600m34秒台で1・2着した。
1着 ミッキーブラック 
 勝ったミッキーブラックだが、父ブラックタイド・母はアルゼンチンGIの勝ち馬。アルゼンチン牝系と言えば近年ではサトノダイヤモンドとかマカヒキなどを思い浮かべるが、この馬も順調に成長すれば面白そう。
2着 アトミックフォース 
 2着アトミックフォースと展開不利だった3着ロジャーズクライは、次走すぐにでも勝てそうでマークしておくべきだろう。
3着 ロジャーズクライ 
 2着アトミックフォースと展開不利だった3着ロジャーズクライは、次走すぐにでも勝てそうでマークしておくべきだろう。
福島11R ラジオNIKKEI賞 重賞
 タイムランクはD・メンバーランクはCだった。1番人気のフィエールマンは遅れた。先手を取ったのは同じ5枠キボウノダイチだった。前半600mが34秒2と速かったが、真ん中の600mが36秒8と緩んで、結局上がり勝負となった。レースの上がり600mは35秒1。キボウノダイチがよく粘ったが、3番手を追走していたメイショウテッコンが並びかけて、粘り込んだ勝った。大外からフィエールマンがもの凄い脚で突っ込んで来たが、もうわずかに及ばなかったというレースだった。
1着 メイショウテッコン 
 メイショウテッコンが今回は好位から抜け出して押し切った。メイショウテッコン、若葉S・京都新聞杯で6着・5着と春のクラシック出走は叶わなかったが、白百合Sで見事な逃げ切り。今回は逃げなくても我慢が効くところを見せた。距離はもう少し長くても大丈夫で、菊花賞が楽しみになって来たと言えるんじゃないだろうか。
2着 フィエールマン 
 その後大外から追い込んだフィエールマンが2着、3着にキボウノダイチが粘った。フィエールマンは課題のスタートだが、それほど遅くは無かった。ただ、じっくり後方からと。外外を回して直線は大外に出して、1頭だけ34秒台前半となる上がり34秒4をマークしたが、半馬身届かなかった。福島は向いていないと思われるので、秋楽しみになったと思う。
3着 キボウノダイチ 
 その後大外から追い込んだフィエールマンが2着、3着にキボウノダイチが粘った。キボウノダイチ、3着だった。上手く真ん中の600mで息を入れて3着に残した感じ。中距離の逃げで今後も活路が開けたと言えるんじゃないだろうか。
9着 グレンガリー 
 9着のグレンガリーだが、大外枠でダッシュがつかずに前走とは全く違うレースになったのが響いた。キャリアも浅いので、まだこれからの馬と言えるんじゃないだろうか。
10着 キューグレーダー 
 あと10着キューグレーダー、これ◎にしましたので結果論になるが、ややこの距離では長いという感じがした。4コーナーではもう脚が残っていなかった。
福島12R 3歳上500万下 注目
1着 エンゲージリング 
 勝ったエンゲージリングは逃げ切り。1番枠からスンナリ先手を取ると、4番人気だったが危なげなく押し切った。前走は中団から進んで5着と、持ち味を出せなかった感があり、やはりこの馬は前へ行ってこそだろう。上のクラスで即通用は難しいかもしれないが、スンナリ先手が取れるメンバーでは警戒しておきたい。
2着 ウサギノダンス 
 そして6番人気ウサギノダンスが2着。未勝利勝ちはタイムランクEであり、前走も10着と精彩を欠いたが、このクラス2戦目で結果を出した。左回りは1度も3着以内がなく、右回りの短距離、しかも福島のような平坦コースこそ持ち味が活きるタイプなのではないだろうか。

  馬券Summary
中京ダートの3歳未勝利戦で前走京都の馬を狙う
 この開催の中京ダートの3歳未勝利戦では、出走権が得られず阪神をパスしてきた馬、あと1回・2回の京都以来で立て直してきた馬が穴を出す傾向に実はある。昨年の実績では1着6回2着2回3着3回4着以下43回。勝った馬は全て4番人気以下で、3番人気以内は4頭出て2着1回のみ。3着までに入った11頭のうち、10頭までが4番人気以下で、回収率は結構大変な事になっていまして、単勝が620%・複勝が276%だった。なので、今回はちょっと以下のような条件を考えてみた。
中京ダートの3歳未勝利戦で前走京都の馬を狙う
まず1、4番人気以下である事。ちょっとコレが少しオカルトだが…。
2、以下のどれかに該当する事。前走または前々走で好走、初めてのダート、ダート2戦目か3戦目、前々走から前走で1着との着差を徐々に詰めている、以上4つ。
3番目前走からの間隔は次の順に有望。まず1回または2回京都以来、結構間隔を開けた馬。それから2番目が3回京都の前半、1から6日目以来。3番目が3回京都7から12日目以来。
まぁ、これ人気薄狙いなので、4週以内に1回当たれば十分プラスにできると思う。是非狙ってみてはいかがでしょうか。
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai
since 2001.06.26