2011年3回中山1日目

開催一覧
2011/12/25 (日)
中山 阪神 小倉
2011/12/24 (土)
中山 阪神 小倉
2011/12/18 (日)
中山 阪神 小倉
2011/12/17 (土)
中山 阪神 小倉
2011/12/11 (日)
中山 阪神 小倉
2011/12/10 (土)
中山 阪神 小倉
2011/12/04 (日)
中山 阪神 小倉
2011/12/03 (土)
中山 阪神 小倉
2011/11/27 (日)
東京 京都 小倉
2011/11/26 (土)
東京 京都 小倉
2011/11/20 (日)
東京 京都 新潟
2011/11/19 (土)
東京 京都 新潟
2011/11/13 (日)
東京 京都 新潟
2011/11/12 (土)
東京 京都 新潟
2011/11/06 (日)
東京 京都 新潟
2011/11/05 (土)
東京 京都 新潟
2011/10/30 (日)
東京 京都 新潟
2011/10/29 (土)
東京 京都 新潟
2011/10/23 (日)
東京 京都 新潟
2011/10/22 (土)
東京 京都 新潟
2011/10/16 (日)
東京 京都 新潟
2011/10/15 (土)
東京 京都 新潟
2011/10/10 (月)
東京
2011/10/09 (日)
東京 京都
2011/10/08 (土)
東京 京都
2011/10/02 (日)
中山 阪神 札幌
2011/10/01 (土)
中山 阪神 札幌
2011/09/25 (日)
中山 阪神 札幌
2011/09/24 (土)
中山 阪神 札幌
2011/09/19 (月)
阪神 札幌
2011/09/18 (日)
中山 阪神
2011/09/17 (土)
中山 札幌
2011/09/11 (日)
中山 阪神 札幌
2011/09/10 (土)
中山 阪神 札幌
2011/09/04 (日)
新潟 小倉 札幌
2011/09/03 (土)
新潟 小倉 札幌
2011/08/28 (日)
新潟 小倉 札幌
2011/08/27 (土)
新潟 小倉 札幌
2011/08/21 (日)
新潟 小倉 札幌
2011/08/20 (土)
新潟 小倉 札幌
2011/08/14 (日)
新潟 小倉 札幌
2011/08/13 (土)
新潟 小倉 札幌
2011/08/07 (日)
新潟 小倉 函館
2011/08/06 (土)
新潟 小倉 函館
2011/07/31 (日)
新潟 小倉 函館
2011/07/30 (土)
新潟 小倉 函館
2011/07/24 (日)
新潟 京都 函館
2011/07/23 (土)
新潟 京都 函館
2011/07/17 (日)
新潟 京都 函館
2011/07/16 (土)
新潟 京都 函館
2011/07/10 (日)
中山 京都 函館
2011/07/09 (土)
中山 京都 函館
2011/07/03 (日)
中山 京都 函館
2011/07/02 (土)
中山 京都 函館
2011/06/26 (日)
中山 阪神 函館
2011/06/25 (土)
中山 阪神 函館
2011/06/19 (日)
中山 阪神 函館
2011/06/18 (土)
中山 阪神 函館
2011/06/12 (日)
東京 阪神 新潟
2011/06/11 (土)
東京 阪神 新潟
2011/06/05 (日)
東京 阪神 新潟
2011/06/04 (土)
東京 阪神 新潟
2011/05/29 (日)
東京 京都 新潟
2011/05/28 (土)
東京 京都 新潟
2011/05/22 (日)
東京 京都 新潟
2011/05/21 (土)
東京 京都 新潟
2011/05/15 (日)
東京 京都 新潟
2011/05/14 (土)
東京 京都 新潟
2011/05/08 (日)
東京 京都 新潟
2011/05/07 (土)
東京 京都 新潟
2011/05/01 (日)
東京 京都 新潟
2011/04/30 (土)
東京 京都 新潟
2011/04/24 (日)
東京 京都 新潟
2011/04/23 (土)
東京 京都 新潟
2011/04/17 (日)
阪神 小倉
2011/04/16 (土)
阪神 小倉
2011/04/10 (日)
阪神 小倉
2011/04/09 (土)
阪神 小倉
2011/04/03 (日)
阪神 小倉
2011/04/02 (土)
阪神 小倉
2011/03/27 (日)
阪神 小倉
2011/03/26 (土)
阪神 小倉
2011/03/21 (月)
阪神
2011/03/20 (日)
阪神 小倉
2011/03/19 (土)
阪神 小倉
2011/03/06 (日)
中山 阪神 小倉
2011/03/05 (土)
中山 阪神 小倉
2011/02/27 (日)
中山 阪神 小倉
2011/02/26 (土)
中山 阪神 小倉
2011/02/20 (日)
東京 京都
2011/02/19 (土)
東京 京都
2011/02/14 (月)
小倉
2011/02/13 (日)
東京 京都 小倉
2011/02/12 (土)
東京 京都 小倉
2011/02/06 (日)
東京 京都 小倉
2011/02/05 (土)
東京 京都 小倉
2011/01/30 (日)
東京 京都 小倉
2011/01/29 (土)
東京 京都 小倉
2011/01/23 (日)
中山 京都 小倉
2011/01/22 (土)
中山 京都 小倉
2011/01/16 (日)
中山 京都
2011/01/15 (土)
中山 京都
2011/01/10 (月)
中山 京都
2011/01/09 (日)
中山 京都
2011/01/08 (土)
中山 京都
2011/01/05 (水)
中山 京都
  馬場コメント
先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土日ともにマイナス1秒2だった。
木曜の夜から金曜にかけて雨が降り、その影響が残って土曜は稍重。ただ、結果的に3ヶ月開催が無かったので、芝はビッシリ生えそろっていて、稍重でもマイナス1秒2と速い時計が出るコンディションだった。パンパンの良馬場ならかなりの高速馬場になると推測できるが、そういう馬場でも別に内を通った馬ばかりが好走していたという訳ではなかった。そして土曜の夕方にも短時間だったが、強めの雨が降って日曜日も稍重。馬場差も土曜と同じだった。この開催は全てCコースで行われる。
先週の馬場差1800m対象の数値は土曜がマイナス2秒8からマイナス1秒5へと変動、日曜がマイナス1秒9からマイナス1秒2へと変動。1200m対象の数値は土曜がマイナス1秒4、日曜がマイナス1秒2からマイナス0秒8へど変動した。
こちらも木曜夜から金曜にかけての雨が降って、その影響で速い時計の出やすい馬場だった。なお、土曜1Rは不良馬場、2Rから重馬場となり、その後は徐々に乾いて行った。従って馬場差は変動で、2Rと11Rでは同じ重馬場でも1秒3も違うので、時計比較の際は注意したい。土曜のダート1200mは変動になっていないが、レースが行われたのが1Rと3Rだけだったため。もし午後にダート1200mが行われていれば、こちらも変動になったはず。そして土曜の夕方にも短時間ですが、強めの雨が降って、日曜日も重馬場。こちらも徐々に乾いて行って、馬場差は変動だが土曜に比べれば変動の幅は小さかった。1200mで差しが決まったのは、前半が後半より3秒以上速かった日曜日の2Rだけだった。全体としてはかなり前残りの傾向だった。


  タイム分析
 2011/06/18 (土)  芝=-1.2  Cコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
5R T1200 スマイルゲート    牝2 新馬 1:10.3 -0.2 --- +0.2 --- C D
6R T1600 ランブイエ    牝3 未勝利 1:34.7 -1.2 --- -0.2 --- C C
8R T2200 マイネルネオハート    牡4 佐倉特別500 2:13.9 -0.8 --- -0.1 --- C D
9R T1200 フィールマイハート    牝4 500万下 1:08.4 -0.8 --- -0.1 --- C D
10R T1200 スプラッシュエンド    牡5 袖ケ浦H1000 1:08.2 -0.6 --- +0.1 --- C C
12R T1800 フェデラリスト    牡4 500万下 1:48.8 +0.2 --- +0.5 --- D C
 2011/06/18 (土)  ダ=-2.8 → -1.5 / 1200m=-1.4
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R D1200 ニシノラメール    牝3 未勝利・牝 1:11.6 -1.1 --- +0.3 --- D E
2R D1800 クリームソーダ    牡3 未勝利 1:52.6 -3.0 --- -0.2 --- C E
3R D1200 トリニティチャーチ    牡3 未勝利 1:11.2 -1.5 --- -0.1 --- C D
7R D1800 アポカリプス    牡4 500万下 1:51.4 -2.6 --- -0.4 --- B C
11R D1800 エイシンダッシュ    牡5 総武S1600 1:51.1 -1.3 --- +0.2 --- C C
中山1R 3歳未勝利 注目
4着だったロックドクトリンについて。
4着 ロックドクトリン 
まず、大きく出遅れた。そして後方から徐々に差を詰めて行って、直線で内を狙うが進路が無く、その後無理矢理外に出している感じでやっと外に出してから追える様になって、まともに追えたのはたぶん100mくらいちょっとくらいだと思う。という事で上がり推定36秒3という数字以上に最後の伸び脚は目立った。これが初出走だっただけに注目に値する。タイムランクD・メンバーランクEという一戦ですから、次走どこに出ても好勝負とは言えないが、恐らく次走も牝馬限定戦だろう。ならば好勝負可能だと思う。
中山5R 2歳新馬 注目
まずペースについてだが、前後半のラップが35秒4、34秒9だった。スタートから4コーナーまでが下り坂で直線に急な登り坂がある中山の芝1200mは、前半が後半より1秒速いというのがやっと普通のペース。そういうコースですから、0秒5とは言え、前半の方が遅いというのはスローの部類で、従ってペース補正が入っている。短距離の新馬戦は展開云々に関係なく、前残りになるのが普通だが、それでもかなり前有利の流れだった。
4着 マイネルモーヴ 
アオり気味のスタートでダッシュがつかず、後方に置かれたが400m通過付近から行き脚がつくと、一気に進出してしまって、4コーナーでは外から先頭に並んでいた。所謂4コーナーがゴールの競馬というヤツをしてしまって、例えば福島の様な平坦に近いコースだったらこれでも押し切れる場合もあるが、最後に急坂がある中山でこれをやってしまうと厳しい。案の定残り200m辺りから、頭を上げて伸びを欠いてしまったが、スムーズならと言うか、普通の競馬ができれば次走勝ち負け可能だと思う。
5着 デカントラップ 
こちらはゲートは五分に出たが、後方からの競馬になった。そして直線だけで追い込んで目立つ伸び脚だった。さらに目一杯追っていたわけでも無く、脚を余していると思う。新潟の外回りで面白いと思う。
中山6R 3歳未勝利 注目
1番人気になりながら8着だったオークヴィルについて。
8着 オークヴィル 番組注目馬
内枠から楽なペースで先行しての惨敗だが、4コーナーで左側、つまり外側行きたがっていて、回りにくそうだった。実はこの馬左側だけチークピーシーズをつけているが、その事からわかる様に左に行きたがる馬。従って右回りは苦手という事。中山での新馬戦も左だけチークピーシーズをつけて、4コーナーでこの馬よりも外に馬が居なかったので、まぁ今回よりもマシだったが、あまりスムーズなコーナリングではなかった。左回りなら走る事は成績が示す通りなので、左回りの新潟で巻き返し期待。注目馬。左回りならという条件付き。
中山7R 3歳上500万下 タイムB
基準より0秒4速い勝ちタイムだった。降級のアポカリプスが先手を取って直線に入る。2番手のトーセンヤッテキタは一杯。その外からアサクサマリンバが押し上げて来たが、アポカリプスが2馬身半差をつけて逃げ切った。3番手争いは接戦。併せて伸びた2頭の内、外のジールドリルが内のトーワボンジョルノにハナ差競り勝ってのゴールイン。
1着 アポカリプス 
一見すると実況で流れた通り、まんまと逃げ切ったという風に見えるレースだが、実は先手を取るまでにかなり脚を使っていましたし、道中の流れも遅くはなくて、所謂恵まれた逃げ切りではない。1000万では東京1600mや阪神2000mで凡走続きだったが、先行力が活きるコース、すなわちコーナー4回の1800mとか1700mで先行できれば1000万でも上位可能だと思う。
2着 アサクサマリンバ 
0秒4差ですから、自身の完全タイム差はプラスマイナスゼロ。従って次走、メンバー次第で好勝負という評価となるが、基本的に人気になりやすい馬なので、期待値はあまり高くないと思う。
中山8R 佐倉特別 
2着 ラストノート 
かなり相手にも恵まれていて、勝たなければならないというレースだったが、4コーナーで引っ張り気味の手応えで回って来ながら、前の馬を捕まえられないという非常に悲しい・物足りない競馬だった。堅実と言えば、堅実ですし、中山がベストという馬でもないので、夏の内に500万は勝てると思う。
中山12R 3歳上500万下 注目
勝ったフェデラリストについて。
1着 フェデラリスト 
絶好位から内を抜けて来たというレース内容で、ペース補正マイナス0秒8という超スローだっただけにロスのない競馬が出来たことが最大の勝因ではあるが、追ったのはラスト200m辺りからで、しかも最後は流す余裕があった。1000万に昇級してもいずれは通用しそうな好素材。船橋と園田で連勝して中央再転入だが、芝の新馬戦でも当時4着だったが、上がりは最速だった。

  馬券Summary
『新馬のマイネル』は昔話?
後ほど
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai