2011年1回中山4日目

開催一覧
2011/12/25 (日)
中山 阪神 小倉
2011/12/24 (土)
中山 阪神 小倉
2011/12/18 (日)
中山 阪神 小倉
2011/12/17 (土)
中山 阪神 小倉
2011/12/11 (日)
中山 阪神 小倉
2011/12/10 (土)
中山 阪神 小倉
2011/12/04 (日)
中山 阪神 小倉
2011/12/03 (土)
中山 阪神 小倉
2011/11/27 (日)
東京 京都 小倉
2011/11/26 (土)
東京 京都 小倉
2011/11/20 (日)
東京 京都 新潟
2011/11/19 (土)
東京 京都 新潟
2011/11/13 (日)
東京 京都 新潟
2011/11/12 (土)
東京 京都 新潟
2011/11/06 (日)
東京 京都 新潟
2011/11/05 (土)
東京 京都 新潟
2011/10/30 (日)
東京 京都 新潟
2011/10/29 (土)
東京 京都 新潟
2011/10/23 (日)
東京 京都 新潟
2011/10/22 (土)
東京 京都 新潟
2011/10/16 (日)
東京 京都 新潟
2011/10/15 (土)
東京 京都 新潟
2011/10/10 (月)
東京
2011/10/09 (日)
東京 京都
2011/10/08 (土)
東京 京都
2011/10/02 (日)
中山 阪神 札幌
2011/10/01 (土)
中山 阪神 札幌
2011/09/25 (日)
中山 阪神 札幌
2011/09/24 (土)
中山 阪神 札幌
2011/09/19 (月)
阪神 札幌
2011/09/18 (日)
中山 阪神
2011/09/17 (土)
中山 札幌
2011/09/11 (日)
中山 阪神 札幌
2011/09/10 (土)
中山 阪神 札幌
2011/09/04 (日)
新潟 小倉 札幌
2011/09/03 (土)
新潟 小倉 札幌
2011/08/28 (日)
新潟 小倉 札幌
2011/08/27 (土)
新潟 小倉 札幌
2011/08/21 (日)
新潟 小倉 札幌
2011/08/20 (土)
新潟 小倉 札幌
2011/08/14 (日)
新潟 小倉 札幌
2011/08/13 (土)
新潟 小倉 札幌
2011/08/07 (日)
新潟 小倉 函館
2011/08/06 (土)
新潟 小倉 函館
2011/07/31 (日)
新潟 小倉 函館
2011/07/30 (土)
新潟 小倉 函館
2011/07/24 (日)
新潟 京都 函館
2011/07/23 (土)
新潟 京都 函館
2011/07/17 (日)
新潟 京都 函館
2011/07/16 (土)
新潟 京都 函館
2011/07/10 (日)
中山 京都 函館
2011/07/09 (土)
中山 京都 函館
2011/07/03 (日)
中山 京都 函館
2011/07/02 (土)
中山 京都 函館
2011/06/26 (日)
中山 阪神 函館
2011/06/25 (土)
中山 阪神 函館
2011/06/19 (日)
中山 阪神 函館
2011/06/18 (土)
中山 阪神 函館
2011/06/12 (日)
東京 阪神 新潟
2011/06/11 (土)
東京 阪神 新潟
2011/06/05 (日)
東京 阪神 新潟
2011/06/04 (土)
東京 阪神 新潟
2011/05/29 (日)
東京 京都 新潟
2011/05/28 (土)
東京 京都 新潟
2011/05/22 (日)
東京 京都 新潟
2011/05/21 (土)
東京 京都 新潟
2011/05/15 (日)
東京 京都 新潟
2011/05/14 (土)
東京 京都 新潟
2011/05/08 (日)
東京 京都 新潟
2011/05/07 (土)
東京 京都 新潟
2011/05/01 (日)
東京 京都 新潟
2011/04/30 (土)
東京 京都 新潟
2011/04/24 (日)
東京 京都 新潟
2011/04/23 (土)
東京 京都 新潟
2011/04/17 (日)
阪神 小倉
2011/04/16 (土)
阪神 小倉
2011/04/10 (日)
阪神 小倉
2011/04/09 (土)
阪神 小倉
2011/04/03 (日)
阪神 小倉
2011/04/02 (土)
阪神 小倉
2011/03/27 (日)
阪神 小倉
2011/03/26 (土)
阪神 小倉
2011/03/21 (月)
阪神
2011/03/20 (日)
阪神 小倉
2011/03/19 (土)
阪神 小倉
2011/03/06 (日)
中山 阪神 小倉
2011/03/05 (土)
中山 阪神 小倉
2011/02/27 (日)
中山 阪神 小倉
2011/02/26 (土)
中山 阪神 小倉
2011/02/20 (日)
東京 京都
2011/02/19 (土)
東京 京都
2011/02/14 (月)
小倉
2011/02/13 (日)
東京 京都 小倉
2011/02/12 (土)
東京 京都 小倉
2011/02/06 (日)
東京 京都 小倉
2011/02/05 (土)
東京 京都 小倉
2011/01/30 (日)
東京 京都 小倉
2011/01/29 (土)
東京 京都 小倉
2011/01/23 (日)
中山 京都 小倉
2011/01/22 (土)
中山 京都 小倉
2011/01/16 (日)
中山 京都
2011/01/15 (土)
中山 京都
2011/01/10 (月)
中山 京都
2011/01/09 (日)
中山 京都
2011/01/08 (土)
中山 京都
2011/01/05 (水)
中山 京都
  馬場コメント
ここまでの芝の馬場差2000m対象の数値は、初日から3日目まではマイナス0秒8、4日目がマイナス0秒7だった。実質的には連続開催ですので、昨年暮れの5回開催5日目から8日間の馬場差を振り返っておくと、冬場ながら速い時計が出やすいコンディションが続いている。
昨年暮れの開催は全てAコースで、年が明けて開催が替わってCコースが使用された。昨年暮れの段階で馬場が荒れていた訳ではないので、Cコースに移った事で劇的に時計の出方が変わったという事ではないが、それでも昨年最終週よりもマイナス方向に動いた。スローが多かった事もあるが、昨年暮れの開催と同様に外を回った差し馬は届きにくかった。この開催は全てCコースを使用する。
先週の馬場差1800m対象の数値は初日がプラス0秒2、2日目がプラス0秒1、3日目がマイナス0秒1、4日目がプラス1秒2。1200m対象の数値は初日・2日目がプラスマイナスゼロ、3日目がマイナス0秒1、4日目がプラス0秒3だった。まずはここまで8日間の馬場差を振り返っておく。1800mは暮れの6日目、そしてこの開催4日目で時計が掛かっている。特に4日目はかなり掛かっていた。他の日は水準前後だが、それでも開催日によってやや時計の出方は違う。1200mは暮れの開催5日目はまずまず時計の出やすいコンディションだったが、その後水準前後で推移している。1800mほどではないが、1200mでも4日目は掛かっていた。
中間に雨の影響などはなくて、ほぼ水準の馬場でスタートした。そして4日目の1800mが極端に大きなプラスの馬場差になった件だが、まず強い北風が吹いていて、その風の影響で含水率が一気に下がって、乾燥が進んだ。さらに中山、北風だと最後の直線が向かい風になるが、直線で向かい風だったのは、芝もダートも1200mもみんな一緒だが、ダートの方が向かい風であおられるとよりバテ方がすごくなるという事で、馬場差が大きくなってしまった。そしてダートの1200mの方だが、こちらは、最後の直線は1回しか通らない。逆に1800mは最初スタート直後と最後の直線と2回通るので、向かい風の影響が大きいという事で、こういう数字になった。そして1200mも1800mほどではないが、初日から3日目までよりは4日目の時計が掛かっていた。
4日目だけが他と傾向が違うという訳ではないが、特に4日目は前残りが目立った。それもしかも前が止まっているが、後ろも伸びてこない状況で、上がりが掛かっているが前残りというレースが多かった。


  タイム分析
 2011/01/10 (月)  芝=-0.7  Cコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
5R T2200 インプレザリオ    牡3 未勝利 2:16.9 +0.4 --- +1.2 --- E D
10R T2000 ヒシセンチュリー    牡5 頌春賞1000 2:00.7 -0.2 --- +0.5 --- D C
11R T1600 ダンスファンタジア    牝3 フェアリG3 1:33.7 -1.3 --- -0.7 --- B C
12R T1600 サトノエクスプレス    牡5 500万下 1:34.5 -0.5 --- +0.1 --- C C
 2011/01/10 (月)  ダ=+1.2 / 1200m=+0.3
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R D1200 ダッシャーワン    牡3 未勝利 1:13.7 +0.7 --- +0.4 --- D E
2R D1800 シャイニングカラー    牡3 未勝利 1:57.1 +1.4 --- +0.2 --- C C
3R D1200 トウショウノーヴァ    牡3 未勝利 1:13.6 +0.6 --- +0.3 --- D D
4R D1200 カナエチャン    牝3 新馬・牝 1:14.6 +1.4 --- +1.1 --- E C
6R D1800 ヒラボクマジック    牡3 新馬 1:59.4 +3.4 --- +1.7 --- SL C
7R D1800 ウインマリアベール    牝4 500万下・牝 1:57.0 +3.0 --- +1.8 --- E D
8R D1200 ベストバウト    牡4 500万下 1:11.3 -0.6 --- -0.9 --- A E
9R D2400 グルーオン    セ6 成田特別1000 2:38.2 +3.2 --- +0.8 --- D D

中山4R 3歳新馬・牝 タイムE
基準より1秒1遅い勝ちタイムだった。
中山5R 3歳未勝利 タイムE
基準より1秒2遅い勝ちタイムだった。
中山6R 3歳新馬 タイムSL
前半・中盤がかなり遅く、補正しきれずにスローの扱いとする。
中山7R 4歳上500万下・牝 タイムE
基準より1秒8遅い勝ちタイムだった。
中山8R 4歳上500万下 タイムA
基準より0秒9速い勝ちタイムだった。最内枠からダッシュしたベストバウトが軽快に逃げ、直線に入ってもリードを保っている。2番手ケイアイアミーリアは差を詰めて行くことは出来ず、ベストバウトが7馬身差をつけて逃げ切った。そして2着にケイアイアミーリア。好位勢は伸びを欠き、変わってコスモイルダーナが追い上げて来たが、3着までだった。
ただし、タイムランクはAだがメンバーランクはEだった。メンバーランクEという組み合わせでこの時計で走られると、2着は7馬身千切れてしまうのは仕方のないこと。
1着 ベストバウト 
二の脚を効かせて先頭に立つとそのまま逃げ切った。600m通過33秒4と速かったが無理している訳ではなくスピードが違ったというレースだった。こんなに強い馬が何で500万をなかなか勝てなかったのかと思ってしまったが、小倉の2戦に関しては現地滞在の競馬でちょっと太めだったんだと思う。今回は10キロ絞れていた。この日よりも速い時計が出る状態だった2日目の1000万初春賞より0秒3速いわけですから、昇級しても好勝負可能。
2着 ケイアイアミーリア 
タイムランクはAだがメンバーランクはEだった。メンバーランクEという組み合わせでこの時計で走られると、2着は7馬身千切れてしまうのは仕方のないこと。そういう訳で2着の1秒1離されたケイアイアミーリアのタイムは高い評価ができるものではないが、ハイペースで逃げ切った勝ち馬を追いかけたために失速したという面はある。次走、例えば牝馬限定戦なら好勝負可能。
中山11R フェアリーS タイムB
先行馬が競り合ってペースが速くなった。最初2頭が飛ばしてハイペース。さらにイングリッドが引っかかって3コーナーで先頭。この競馬ではちょっとイングリッドは粘れない。アドマイヤセプターが先頭に立ちかけたが、外のスピードリッパーの方が手応えは良く、さらにその外のダンスファンタジアが追い出すと勢いは違った。2着争い接戦だったが、スピードリッパーが制した。
基準より0秒7速い勝ちタイムだった。時計面で言うと、ペースが速くてなおかつ全体の時計も速いという1600mでこういう競馬になると、だいたい各馬の能力がストレートに結果に表れるので、このレースの上位馬は能力が高いと素直に評価して良いと思う。
1着 ダンスファンタジア 
今回は内枠を引けたという事もあって、折り合った。となればデビューからの2連勝が示した能力を発揮して好タイムでの快勝だった。こうなって見ると阪神JFの凡走は何かの間違いでしたというレベルだと思う。
==A.クラスト騎手==
ビデオや稽古を見て研究し、繊細な馬だと感じていた。ただ、レースへ行ったらリラックスして走っていたし、これならと思った。道中は楽に運べたし、直線に入ってからスピードアップしてくれた。距離自体は問題ないと思うし、折り合い面も大丈夫でしたね。今日の様な競馬ができればこれからも期待が膨らみますね。
2着 スピードリッパー 
中山1600mでズーッと外を回っての好走。人気はなかったが、これはフロックではなさそう。
3着 アドマイヤセプター 
内枠で前に壁を作れれば…というところだったが、途中で壁ができなくなってしまって、そこから掛かり気味だった。また、初の長距離輸送で体重が10キロ減っていたのも堪えたかもしれない。
14着 イングリッド 
キャリア1戦で3ヶ月ぶり。中山1600mの外枠で引っかかっては惨敗も仕方ない。見直しが必要。

  馬券Summary
格上挑戦とその後
後ほど
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai