2011年1回新潟4日目

開催一覧
2011/12/25 (日)
中山 阪神 小倉
2011/12/24 (土)
中山 阪神 小倉
2011/12/18 (日)
中山 阪神 小倉
2011/12/17 (土)
中山 阪神 小倉
2011/12/11 (日)
中山 阪神 小倉
2011/12/10 (土)
中山 阪神 小倉
2011/12/04 (日)
中山 阪神 小倉
2011/12/03 (土)
中山 阪神 小倉
2011/11/27 (日)
東京 京都 小倉
2011/11/26 (土)
東京 京都 小倉
2011/11/20 (日)
東京 京都 新潟
2011/11/19 (土)
東京 京都 新潟
2011/11/13 (日)
東京 京都 新潟
2011/11/12 (土)
東京 京都 新潟
2011/11/06 (日)
東京 京都 新潟
2011/11/05 (土)
東京 京都 新潟
2011/10/30 (日)
東京 京都 新潟
2011/10/29 (土)
東京 京都 新潟
2011/10/23 (日)
東京 京都 新潟
2011/10/22 (土)
東京 京都 新潟
2011/10/16 (日)
東京 京都 新潟
2011/10/15 (土)
東京 京都 新潟
2011/10/10 (月)
東京
2011/10/09 (日)
東京 京都
2011/10/08 (土)
東京 京都
2011/10/02 (日)
中山 阪神 札幌
2011/10/01 (土)
中山 阪神 札幌
2011/09/25 (日)
中山 阪神 札幌
2011/09/24 (土)
中山 阪神 札幌
2011/09/19 (月)
阪神 札幌
2011/09/18 (日)
中山 阪神
2011/09/17 (土)
中山 札幌
2011/09/11 (日)
中山 阪神 札幌
2011/09/10 (土)
中山 阪神 札幌
2011/09/04 (日)
新潟 小倉 札幌
2011/09/03 (土)
新潟 小倉 札幌
2011/08/28 (日)
新潟 小倉 札幌
2011/08/27 (土)
新潟 小倉 札幌
2011/08/21 (日)
新潟 小倉 札幌
2011/08/20 (土)
新潟 小倉 札幌
2011/08/14 (日)
新潟 小倉 札幌
2011/08/13 (土)
新潟 小倉 札幌
2011/08/07 (日)
新潟 小倉 函館
2011/08/06 (土)
新潟 小倉 函館
2011/07/31 (日)
新潟 小倉 函館
2011/07/30 (土)
新潟 小倉 函館
2011/07/24 (日)
新潟 京都 函館
2011/07/23 (土)
新潟 京都 函館
2011/07/17 (日)
新潟 京都 函館
2011/07/16 (土)
新潟 京都 函館
2011/07/10 (日)
中山 京都 函館
2011/07/09 (土)
中山 京都 函館
2011/07/03 (日)
中山 京都 函館
2011/07/02 (土)
中山 京都 函館
2011/06/26 (日)
中山 阪神 函館
2011/06/25 (土)
中山 阪神 函館
2011/06/19 (日)
中山 阪神 函館
2011/06/18 (土)
中山 阪神 函館
2011/06/12 (日)
東京 阪神 新潟
2011/06/11 (土)
東京 阪神 新潟
2011/06/05 (日)
東京 阪神 新潟
2011/06/04 (土)
東京 阪神 新潟
2011/05/29 (日)
東京 京都 新潟
2011/05/28 (土)
東京 京都 新潟
2011/05/22 (日)
東京 京都 新潟
2011/05/21 (土)
東京 京都 新潟
2011/05/15 (日)
東京 京都 新潟
2011/05/14 (土)
東京 京都 新潟
2011/05/08 (日)
東京 京都 新潟
2011/05/07 (土)
東京 京都 新潟
2011/05/01 (日)
東京 京都 新潟
2011/04/30 (土)
東京 京都 新潟
2011/04/24 (日)
東京 京都 新潟
2011/04/23 (土)
東京 京都 新潟
2011/04/17 (日)
阪神 小倉
2011/04/16 (土)
阪神 小倉
2011/04/10 (日)
阪神 小倉
2011/04/09 (土)
阪神 小倉
2011/04/03 (日)
阪神 小倉
2011/04/02 (土)
阪神 小倉
2011/03/27 (日)
阪神 小倉
2011/03/26 (土)
阪神 小倉
2011/03/21 (月)
阪神
2011/03/20 (日)
阪神 小倉
2011/03/19 (土)
阪神 小倉
2011/03/06 (日)
中山 阪神 小倉
2011/03/05 (土)
中山 阪神 小倉
2011/02/27 (日)
中山 阪神 小倉
2011/02/26 (土)
中山 阪神 小倉
2011/02/20 (日)
東京 京都
2011/02/19 (土)
東京 京都
2011/02/14 (月)
小倉
2011/02/13 (日)
東京 京都 小倉
2011/02/12 (土)
東京 京都 小倉
2011/02/06 (日)
東京 京都 小倉
2011/02/05 (土)
東京 京都 小倉
2011/01/30 (日)
東京 京都 小倉
2011/01/29 (土)
東京 京都 小倉
2011/01/23 (日)
中山 京都 小倉
2011/01/22 (土)
中山 京都 小倉
2011/01/16 (日)
中山 京都
2011/01/15 (土)
中山 京都
2011/01/10 (月)
中山 京都
2011/01/09 (日)
中山 京都
2011/01/08 (土)
中山 京都
2011/01/05 (水)
中山 京都
  馬場コメント
先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土日共にプラス0秒2。直線1000m対象の数値は土曜がプラス0秒4、日曜がプラス0秒3だった。まずここまで4日間は雨の影響を受けて、マイナスの馬場差になった日はない。ただ、東京や京都ほどに推移に大きな動きもない。
開幕週の土曜に雨が降り、その後週半ばも毎日の様に雨量を計測して、木曜に再びまとまった雨だった。さらに土曜にも雨という事で常に水分を含んでいたのが先週の新潟。馬場差は水準に近いが、土曜についてはメインの11R時にはそれまでより時計が掛かっていた。ただ、この11Rは直線1000m。直線1000mの馬場差はそもそも別に表示しているので、土曜の1000mを除く馬場差は終日同じという事になる。特に未勝利戦での逃げ・先行馬の活躍は目につく所だった。内回りの短距離戦でもまだ経済コースを回って来た方が、有利に見えた。1回新潟は5週の開催で、最終週までBコースが使用される。
先週の馬場差1800m対象の数値は土曜がプラス0秒4からマイナス0秒4へと変動、日曜がマイナス0秒3だった。ダートも雨の影響を受けている。良馬場で行われた日はない。ただ、脚抜きが良く、かなり時計が出やすくなったのは2日目だけ。
芝と同様パンと乾くことなく2週目を迎えたダートだが、土曜7Rまではプラスの馬場差。土曜の午後に降った雨の影響から、土曜の9Rそして12Rと段階的に時計は出やすくなり、日曜も若干戻す程度の馬場差だった。特にマイナスゾーンに入ってからの1200m戦では経済コースを突いてくる馬の方が、馬券に絡みやすかった印象。


  タイム分析
 2011/05/01 (日)  芝=+0.2 / 直線=+0.3  Bコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
2R T1200 フェイスフルラバー    牝3 未勝利 1:09.7 ±0 --- -0.1 --- C C
4R T2000 ダノンマックイン    牡3 未勝利 2:03.0 +0.9 --- +0.7 --- D D
6R T2400 ロイヤルダリア    牡5 500万下 2:26.9 +0.4 --- +0.2 --- C D
7R T1800 スズカスパーク    牡6 500万下 1:47.1 +0.6 --- -0.4 --- B C
9R T1600 ラジャポネーズ    牝4 500万下 1:35.3 +1.4 --- +0.6 --- D D
10R T1000 ビューティバラード    牝3 はやぶさ500 0:56.2 +0.8 --- +0.5 --- D C
11R T1600 リディル    牡4 谷川岳S 1:32.8 +0.7 --- +0.5 --- D D
 2011/05/01 (日)  ダ=-0.3
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R D1800 ホワイトアルバム    牝3 未勝利・牝 1:55.6 +1.3 --- +1.6 --- E D
3R D1800 ハリケーン    牡3 未勝利 1:55.1 +0.8 --- +0.5 --- D D
5R D1200 オーパルス    牡3 未勝利・若 1:12.2 -0.6 --- -0.4 --- B E
8R D1200 マストバイアイテム    牝4 500万下・牝 1:10.8 -1.1 --- -0.9 --- A C
12R D1800 スタッドジェルラン    牡5 白馬岳特1000 1:51.7 -0.3 --- ±0 --- C B
新潟1R 3歳未勝利・牝 タイムE
基準より1秒6遅い勝ちタイムだった。
新潟5R 3歳未勝利 タイムB
基準より0秒4速い勝ちタイムだった。1番枠からオーパルスが先手を取って直線でもリードを保っている。ここからもう一伸びし、結果3馬身差をつけての余裕の逃げ切り。その後外のラブギムレーが一旦は単独2番手に上がるが、内のマルカファントムも接近。ラブギムレーを交わし、やや差を広げての2着となった。
1着 オーパルス 
4ヶ月休養明けのプラス12キロだったが、ほど良い丸みの好仕上がりだった。回復分というやつ。ゲートが開く前にクラウチングスタートの様な姿勢に切り替えて、正にロケットスタート。これで勝負ありだった。きっちり平均ペースを刻み、直線はキョロキョロしながら後続を突き放してしまった。いかにも平坦コース向き。今回は相手関係も楽だったが、昇級しても常に展開面からもマークは必要だと思う。
新潟7R 4歳上500万下 タイムB
基準より0秒4速い勝ちタイムだった。逃げていたゴールドサクセスの内・外から後続が接近して来る。特に外からスズカスパークが内の馬を交わして抜け出して行く。さらに外からショウナンアルディ、馬群を割ってロードラテアートが追い上げて来たが、先に抜け出したスズカスパークが抜かせずに1着。その後ショウナンアルディ・ロードラテアートと続いた。
1着 スズカスパーク 
道悪を不安視されていた馬だが、外外をスムーズに走れて、持続力をフルに発揮した。原級勝ちの実力を示した。これで3勝全てが左回りでもある。鞍上が語るとおり、今回は仕掛けのタイミングはピッタリで、他の馬の脚色が鈍るまで耐えた様な勝利だった。昇級後もしぶとさが活きる展開なら出番がありそう。
5着 シルヴァーノ 番組注目馬
ここで注目したいのは5着シルヴァーノ。スタートには少々難がある様だが、それでも弾けそうな手応えで直線に向いて来た。ただ、直線では終始前が窮屈で完全に脚を余した0秒4差。3代母がダイナカールという事で、最近で言えばルーラーシップの同族という名門に属するが、デビュー当時から注目されていた馬でもある。今回のメンバーそしてこの時計であわやと思わせた訳ですから、迷わず次走は狙い。注目馬。
新潟8R 4歳上500万下 タイムA
基準より0秒9速い勝ちタイムだった。逃げていたエスジーナミを交わしてエリモエポナ、その外マストバイアイテムが上がって来る。勢いのあるのはマストバイアイテムで、抜け出し差を広げて行き1着。内めを立ち回っていたトーホウブエナスが外へと出され、エリモエポナを交わし2番手に上がって入線した。
1着 マストバイアイテム 
2月に復帰してから4戦中3戦でメンバー最速の上がりをマークしている。常に出遅れるロスを背負って競馬をする訳だが、今回は若干スローの流れだった分開き直って外へ出したらスイスイ追い上げも効いて鮮やかに抜け出してくれた。まだペースが上がった時の対応というのはどうかと思うが、昇級しても牝馬同士なら中心勢力として扱える。
2着 トーホウブエナス 
2着トーホウブエナス・3着エリモエポナまでが完全タイム差マイナス。どちらも多少の展開利で割り引きたいが、これらも牝馬同士なら力上位。
3着 エリモエポナ 
2着トーホウブエナス・3着エリモエポナまでが完全タイム差マイナス。どちらも多少の展開利で割り引きたいが、これらも牝馬同士なら力上位。
新潟10R はやぶさ賞 タイムE
基準より0秒7遅い勝ちタイムだった。

  馬券Summary
先週のダート1200m
後ほど
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai