2011年3回京都6日目

開催一覧
2011/12/25 (日)
中山 阪神 小倉
2011/12/24 (土)
中山 阪神 小倉
2011/12/18 (日)
中山 阪神 小倉
2011/12/17 (土)
中山 阪神 小倉
2011/12/11 (日)
中山 阪神 小倉
2011/12/10 (土)
中山 阪神 小倉
2011/12/04 (日)
中山 阪神 小倉
2011/12/03 (土)
中山 阪神 小倉
2011/11/27 (日)
東京 京都 小倉
2011/11/26 (土)
東京 京都 小倉
2011/11/20 (日)
東京 京都 新潟
2011/11/19 (土)
東京 京都 新潟
2011/11/13 (日)
東京 京都 新潟
2011/11/12 (土)
東京 京都 新潟
2011/11/06 (日)
東京 京都 新潟
2011/11/05 (土)
東京 京都 新潟
2011/10/30 (日)
東京 京都 新潟
2011/10/29 (土)
東京 京都 新潟
2011/10/23 (日)
東京 京都 新潟
2011/10/22 (土)
東京 京都 新潟
2011/10/16 (日)
東京 京都 新潟
2011/10/15 (土)
東京 京都 新潟
2011/10/10 (月)
東京
2011/10/09 (日)
東京 京都
2011/10/08 (土)
東京 京都
2011/10/02 (日)
中山 阪神 札幌
2011/10/01 (土)
中山 阪神 札幌
2011/09/25 (日)
中山 阪神 札幌
2011/09/24 (土)
中山 阪神 札幌
2011/09/19 (月)
阪神 札幌
2011/09/18 (日)
中山 阪神
2011/09/17 (土)
中山 札幌
2011/09/11 (日)
中山 阪神 札幌
2011/09/10 (土)
中山 阪神 札幌
2011/09/04 (日)
新潟 小倉 札幌
2011/09/03 (土)
新潟 小倉 札幌
2011/08/28 (日)
新潟 小倉 札幌
2011/08/27 (土)
新潟 小倉 札幌
2011/08/21 (日)
新潟 小倉 札幌
2011/08/20 (土)
新潟 小倉 札幌
2011/08/14 (日)
新潟 小倉 札幌
2011/08/13 (土)
新潟 小倉 札幌
2011/08/07 (日)
新潟 小倉 函館
2011/08/06 (土)
新潟 小倉 函館
2011/07/31 (日)
新潟 小倉 函館
2011/07/30 (土)
新潟 小倉 函館
2011/07/24 (日)
新潟 京都 函館
2011/07/23 (土)
新潟 京都 函館
2011/07/17 (日)
新潟 京都 函館
2011/07/16 (土)
新潟 京都 函館
2011/07/10 (日)
中山 京都 函館
2011/07/09 (土)
中山 京都 函館
2011/07/03 (日)
中山 京都 函館
2011/07/02 (土)
中山 京都 函館
2011/06/26 (日)
中山 阪神 函館
2011/06/25 (土)
中山 阪神 函館
2011/06/19 (日)
中山 阪神 函館
2011/06/18 (土)
中山 阪神 函館
2011/06/12 (日)
東京 阪神 新潟
2011/06/11 (土)
東京 阪神 新潟
2011/06/05 (日)
東京 阪神 新潟
2011/06/04 (土)
東京 阪神 新潟
2011/05/29 (日)
東京 京都 新潟
2011/05/28 (土)
東京 京都 新潟
2011/05/22 (日)
東京 京都 新潟
2011/05/21 (土)
東京 京都 新潟
2011/05/15 (日)
東京 京都 新潟
2011/05/14 (土)
東京 京都 新潟
2011/05/08 (日)
東京 京都 新潟
2011/05/07 (土)
東京 京都 新潟
2011/05/01 (日)
東京 京都 新潟
2011/04/30 (土)
東京 京都 新潟
2011/04/24 (日)
東京 京都 新潟
2011/04/23 (土)
東京 京都 新潟
2011/04/17 (日)
阪神 小倉
2011/04/16 (土)
阪神 小倉
2011/04/10 (日)
阪神 小倉
2011/04/09 (土)
阪神 小倉
2011/04/03 (日)
阪神 小倉
2011/04/02 (土)
阪神 小倉
2011/03/27 (日)
阪神 小倉
2011/03/26 (土)
阪神 小倉
2011/03/21 (月)
阪神
2011/03/20 (日)
阪神 小倉
2011/03/19 (土)
阪神 小倉
2011/03/06 (日)
中山 阪神 小倉
2011/03/05 (土)
中山 阪神 小倉
2011/02/27 (日)
中山 阪神 小倉
2011/02/26 (土)
中山 阪神 小倉
2011/02/20 (日)
東京 京都
2011/02/19 (土)
東京 京都
2011/02/14 (月)
小倉
2011/02/13 (日)
東京 京都 小倉
2011/02/12 (土)
東京 京都 小倉
2011/02/06 (日)
東京 京都 小倉
2011/02/05 (土)
東京 京都 小倉
2011/01/30 (日)
東京 京都 小倉
2011/01/29 (土)
東京 京都 小倉
2011/01/23 (日)
中山 京都 小倉
2011/01/22 (土)
中山 京都 小倉
2011/01/16 (日)
中山 京都
2011/01/15 (土)
中山 京都
2011/01/10 (月)
中山 京都
2011/01/09 (日)
中山 京都
2011/01/08 (土)
中山 京都
2011/01/05 (水)
中山 京都
  馬場コメント
先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がマイナス1秒1、日曜がマイナス1秒0からマイナス0秒6、再びマイナス1秒0へという変動だった。3回京都前半4日間は雨の影響で時計が掛かる日が多かったが、先週は速い時計の出やすいコンディションだった。
土曜はCコースに替わって最初の日、さらに前半2週の様な雨の強い影響は無く、速い時計の出やすいコンディションとなった。日曜は午後の最初のレース、つまり5Rの直前に激しく雨が降り出し、その5Rだけは雨の影響で時計が掛かったので、変動となっている。言い換えると日曜は5R以外2000m換算の馬場差はマイナス1秒0となるという事。連対馬の脚質について、特に目についたのは土曜。前めに位置して内を立ち回った馬、セパレートコースに例えるなら、第1コースから第3コースを通った馬でないとちょっと厳しかった。3回京都は6週の開催で、最終週までこのままCコースが使用される。
先週の馬場差1800m対象の数値は土曜がマイナス0秒8、日曜がマイナス0秒2からマイナス0秒4、再びマイナス0秒2へという変動だった。ここまで6日間の馬場差を振り返っておくと、雨の影響により全てマイナスの馬場差となっている。
日曜は芝の5R時に雨が降り、ダートでは6Rについてはその影響が残っていたと判断している。従って6Rを除く日曜の馬場差は1800mに換算した数値はマイナス0秒2という事になる。ただ、それでも土日で比較した場合土曜の方が時計が出やすかった事も覚えておいていただきたい。


  タイム分析
 2011/05/08 (日)  芝=-1.0 → -0.6  Cコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
3R T1600 エアワンピース    牝3 未勝利・牝 1:36.4 +1.1 --- +1.9 --- E D
5R T1400 ペルレンケッテ    牝3 未勝利 1:21.7 -0.8 --- -0.4 --- B D
9R T1800 グルヴェイグ    牝3 矢車賞500 1:48.7 +0.9 --- +0.7 --- D C
10R T2400 バアゼルリバー    牡5 白川特別1000 2:24.3 -1.8 --- -1.4 --- A C
11R T1800 ネオヴァンドーム    牡4 都大路S 1:44.8 -0.5 --- +0.4 --- D E
 2011/05/08 (日)  ダ=-0.2 → -0.4
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R D1800 ボストンリョウマ    牡3 未勝利 1:56.9 +2.8 --- +1.7 --- SL D
2R D1400 ケンタッキーロード    牡3 未勝利 1:26.2 +0.5 --- +0.7 --- D D
6R D1400 アマノレインジャー    牡3 500万下 1:24.4 -0.5 --- -0.2 --- C D
7R D1900 ユニヴァースガイ    牡5 500万下 1:59.9 +0.7 --- +0.9 --- E D
8R D1200 プリサイストップ    牡4 500万下 1:12.1 +0.2 --- +0.3 --- D D
12R D1900 エイシンダッシュ    牡5 1000万下 1:58.3 -0.1 --- -0.7 --- B D

京都1R 3歳未勝利 タイムSL
前半・中盤が遅く、補正しきれずスローの扱いとする。
京都3R 3歳未勝利・牝 タイムE
基準より1秒9遅い勝ちタイムだった。
京都5R 3歳未勝利 タイムB
基準より0秒4速い勝ちタイムだった。逃げるヤマニンボンプアンにダノンフェアリーが並んで行くものの、抜け出す勢いはない。その外からペルレンケッテが押し上げ、内の2頭を交わして抜け出し1着。その後外へ出されたアグネスクローバー、後続からマールートも外へ出されつつ追い込み、これら2頭がダノンフェアリーを交わして2着・3着となった。
1着 ペルレンケッテ 
直前に激しい雨となったが、レースぶりに影響は見られず、内の先行馬を余裕を保ってマークし、抜け出して来た。前走にしてもAランクの勝ち時計に0秒4差で3着以下を5馬身以上離していたのですから、未勝利クラスでは地力上位だったという事。順当勝ち。
2着 アグネスクローバー 
やや間隔を空けたことで状態が良くなっていた。好位の内めをロスなく運んで、直線でもう一伸びしている。1400mも合っているのだろう。
3着 マールート 
今回がデビュー戦だった。スタートは良くなかったが、内めを追い上げて直線で外へ持ち出されて追い込んで来た。2走目の慣れがあれば、次走は連対圏だと思う。
京都6R 3歳500万下 
1着 アマノレインジャー 
ギンザアキレスのマクりにしてやられたかなぁという場面もあったが、最後は差し返しての順当勝ち。3番手からレースができたのも収穫だったと思う。
京都7R 4歳上500万下 タイムE
基準より0秒9遅い勝ちタイムだった。
京都10R 白川特別 タイムA
基準より1秒4速い勝ちタイムだった。マツリダガッツとカノンコードが道中競り合う場面もあり、速めにペースアップして勝負所となる。そして直線入り口ではカノンコードが単独先頭だったが、その内を突いてマナクーラが抜け出して行く。そのまま押し切るかと思いきや、大外をバアゼルリバーが追い込んで、ゴール前マナクーラを交わしていた。その後3着が外を追い恩田スズカゲイルだった。
1着 バアゼルリバー 
休み明け2走目の前走が好内容で、期待を抱かせる走りだった。前が競り合うペースの中、今回はじっくり構えての追走。そして好調時に見せる、キレのある末脚で差しきった。青葉賞で2番人気に推された馬ですから、復活とも言えるが、松田博資厩舎は重賞で活躍する馬が多い中で、この様に条件クラスでこんなに強い競馬をできる馬が居るというのも、厩舎の底力と言えそう。
2着 マナクーラ 
普通なら勝っている競馬だと思う。今回は勝ち馬が1枚上だった。引き続き上位候補。
京都12R 4歳上1000万下 タイムB
基準より0秒7速い勝ちタイムだった。4コーナー逃げていたクリストフォルスにエイシンダッシュが並びかけて行った。直線ではエイシンダッシュが手応え十分に抜け出し、差を広げて行く。その後ドリームマジシャンもクリストフォルスを交わし、2番手に上がったが、エイシンダッシュはラスト抑えられる余裕を見せて4馬身差の勝利。2着がドリームマジシャン、さらに2馬身半離れてヴィーヴァギブソンだった。
1着 エイシンダッシュ 
スローで逃げるクリストフォルスをガッチリとマーク。4コーナーでは抜群の手応えで並びかけ、楽に抜け出すと最後は流す形で2着以下を突き放す楽勝。ダート1900mで推定上がり35秒8で走られては、後続は手も足も出ない。以前と違って先行力を身につけ、そして着実にパワーアップしている印象。昇級しても目が離せない1頭。

  馬券Summary
コンディション一変
後ほど
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai