2011年2回京都7日目

開催一覧
2011/12/25 (日)
中山 阪神 小倉
2011/12/24 (土)
中山 阪神 小倉
2011/12/18 (日)
中山 阪神 小倉
2011/12/17 (土)
中山 阪神 小倉
2011/12/11 (日)
中山 阪神 小倉
2011/12/10 (土)
中山 阪神 小倉
2011/12/04 (日)
中山 阪神 小倉
2011/12/03 (土)
中山 阪神 小倉
2011/11/27 (日)
東京 京都 小倉
2011/11/26 (土)
東京 京都 小倉
2011/11/20 (日)
東京 京都 新潟
2011/11/19 (土)
東京 京都 新潟
2011/11/13 (日)
東京 京都 新潟
2011/11/12 (土)
東京 京都 新潟
2011/11/06 (日)
東京 京都 新潟
2011/11/05 (土)
東京 京都 新潟
2011/10/30 (日)
東京 京都 新潟
2011/10/29 (土)
東京 京都 新潟
2011/10/23 (日)
東京 京都 新潟
2011/10/22 (土)
東京 京都 新潟
2011/10/16 (日)
東京 京都 新潟
2011/10/15 (土)
東京 京都 新潟
2011/10/10 (月)
東京
2011/10/09 (日)
東京 京都
2011/10/08 (土)
東京 京都
2011/10/02 (日)
中山 阪神 札幌
2011/10/01 (土)
中山 阪神 札幌
2011/09/25 (日)
中山 阪神 札幌
2011/09/24 (土)
中山 阪神 札幌
2011/09/19 (月)
阪神 札幌
2011/09/18 (日)
中山 阪神
2011/09/17 (土)
中山 札幌
2011/09/11 (日)
中山 阪神 札幌
2011/09/10 (土)
中山 阪神 札幌
2011/09/04 (日)
新潟 小倉 札幌
2011/09/03 (土)
新潟 小倉 札幌
2011/08/28 (日)
新潟 小倉 札幌
2011/08/27 (土)
新潟 小倉 札幌
2011/08/21 (日)
新潟 小倉 札幌
2011/08/20 (土)
新潟 小倉 札幌
2011/08/14 (日)
新潟 小倉 札幌
2011/08/13 (土)
新潟 小倉 札幌
2011/08/07 (日)
新潟 小倉 函館
2011/08/06 (土)
新潟 小倉 函館
2011/07/31 (日)
新潟 小倉 函館
2011/07/30 (土)
新潟 小倉 函館
2011/07/24 (日)
新潟 京都 函館
2011/07/23 (土)
新潟 京都 函館
2011/07/17 (日)
新潟 京都 函館
2011/07/16 (土)
新潟 京都 函館
2011/07/10 (日)
中山 京都 函館
2011/07/09 (土)
中山 京都 函館
2011/07/03 (日)
中山 京都 函館
2011/07/02 (土)
中山 京都 函館
2011/06/26 (日)
中山 阪神 函館
2011/06/25 (土)
中山 阪神 函館
2011/06/19 (日)
中山 阪神 函館
2011/06/18 (土)
中山 阪神 函館
2011/06/12 (日)
東京 阪神 新潟
2011/06/11 (土)
東京 阪神 新潟
2011/06/05 (日)
東京 阪神 新潟
2011/06/04 (土)
東京 阪神 新潟
2011/05/29 (日)
東京 京都 新潟
2011/05/28 (土)
東京 京都 新潟
2011/05/22 (日)
東京 京都 新潟
2011/05/21 (土)
東京 京都 新潟
2011/05/15 (日)
東京 京都 新潟
2011/05/14 (土)
東京 京都 新潟
2011/05/08 (日)
東京 京都 新潟
2011/05/07 (土)
東京 京都 新潟
2011/05/01 (日)
東京 京都 新潟
2011/04/30 (土)
東京 京都 新潟
2011/04/24 (日)
東京 京都 新潟
2011/04/23 (土)
東京 京都 新潟
2011/04/17 (日)
阪神 小倉
2011/04/16 (土)
阪神 小倉
2011/04/10 (日)
阪神 小倉
2011/04/09 (土)
阪神 小倉
2011/04/03 (日)
阪神 小倉
2011/04/02 (土)
阪神 小倉
2011/03/27 (日)
阪神 小倉
2011/03/26 (土)
阪神 小倉
2011/03/21 (月)
阪神
2011/03/20 (日)
阪神 小倉
2011/03/19 (土)
阪神 小倉
2011/03/06 (日)
中山 阪神 小倉
2011/03/05 (土)
中山 阪神 小倉
2011/02/27 (日)
中山 阪神 小倉
2011/02/26 (土)
中山 阪神 小倉
2011/02/20 (日)
東京 京都
2011/02/19 (土)
東京 京都
2011/02/14 (月)
小倉
2011/02/13 (日)
東京 京都 小倉
2011/02/12 (土)
東京 京都 小倉
2011/02/06 (日)
東京 京都 小倉
2011/02/05 (土)
東京 京都 小倉
2011/01/30 (日)
東京 京都 小倉
2011/01/29 (土)
東京 京都 小倉
2011/01/23 (日)
中山 京都 小倉
2011/01/22 (土)
中山 京都 小倉
2011/01/16 (日)
中山 京都
2011/01/15 (土)
中山 京都
2011/01/10 (月)
中山 京都
2011/01/09 (日)
中山 京都
2011/01/08 (土)
中山 京都
2011/01/05 (水)
中山 京都
  馬場コメント
先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土日共にプラス1秒1だった。まずはここまで8日間の馬場差を振り返っておく。連続開催の後半ながら前半2週はコースが替わったこともあり、水準レベルだったが、後半2週は雨・雪の影響を受け、時計が掛かって行った。
木曜・金曜にまとまった雨が降り、使用頻度・プラス水分によって土日とも時計を要した。なお、土曜は途中から馬場発表が変更されたものの、馬場差は1日を通したもの。
先週の馬場差1800m対象の数値は土曜がマイナス0秒5、日曜がプラス0秒1だった。まずはここまで8日間の馬場差を振り返っておくと、3週目まではプラスの馬場差が続き、時計が掛かっていたが、7日目つまり先週土曜はマイナスの馬場差。そして日曜は再びプラスの馬場差だった。
土曜日は前開催初日、つまり今年最初の開催日だった1/5以来のマイナスの馬場差で、8週間で最も速い時計の出やすいコンディションとなっていた。マイナス0秒5と言うことは、高速馬場と言える程のレベルではないが、前の週の日曜日と比較すれば、1秒5速くなっている訳ですからこの冬ではかなり時計が出やすかったと言える。日曜日は土曜と比べれば、時計が掛かっているが、それでも3週目までと比べれば、時計は出やすいレベルだった。
土曜日は1枠・2枠は全く連対しなくて日曜日は1枠が12Rで初めて連対した。京都のダートでは珍しい現象かと思う。ただ振り返ればこの1回開催・2回開催ダートで1枠の勝率って意外と低かった。


  タイム分析
 2011/02/19 (土)  芝=+1.1  Bコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
5R T1600 アストロロジー    牡3 未勝利 1:37.0 +1.5 --- +0.6 --- D B --
9R T1600 アルティシムス    牡3 こぶし賞500 1:35.1 +0.3 --- -0.6 --- B B --
11R T1200 カレンチャン    牝4 山城S1600 1:09.2 +0.9 --- +0.2 --- C D --
12R T1400 クレバーサンデー    牡4 1000万下 1:23.7 +2.4 --- +1.6 --- E D --
 2011/02/19 (土)  ダ=-0.5
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
1R D1800 シーライフ    牝3 未勝利・牝 1:55.0 +0.7 --- +1.2 --- E D --
2R D1200 ニシオドリーム    牡3 未勝利 1:12.0 -1.0 --- -0.7 --- A D --
3R D1800 サウンドバスター    牡3 未勝利 1:56.2 +1.9 --- +1.5 --- SL E --
4R D1800 マリブスター    牡3 新馬 1:56.0 +1.4 --- +0.7 --- D C --
6R D1400 アイアムアクトレス    牝3 500万下・牝 1:23.9 -1.2 --- -0.8 --- A C --
7R D1200 ピサノプリヴェ    牝5 500万下 1:11.5 -0.4 --- -0.1 --- C D --
8R D1900 ジーワンボーイ    牡4 500万下 2:00.2 +1.0 --- +1.5 --- E E --
10R D1800 ディアビリーヴ    牡4 大津特別1000 1:52.0 +0.2 --- +0.7 --- D D --

京都1R 3歳未勝利・牝 タイムE
基準より1秒2遅い勝ちタイムだった。
京都2R 3歳未勝利 タイムA
基準より0秒7速い勝ちタイムだった。1番人気ラディアーレがダッシュして先手を取ったが、ニシオドリームがマークして行った。手応えで勝るニシオドリームが直線で抜け出し、差を広げて1着。ラディアーレは失速し、ジャベリン・シゲルカイチョウの2番手争いとなり、シゲルカイチョウが先着。ただ、ニシオドリームには5馬身の差をつけられた。
1着 ニシオドリーム 
馬体が絞れて本調子になった事で、目一杯勝ちに行く競馬ができた。それにしても前半600m34秒4は超のつくハイペース。馬場差を考慮してもこの2回京都開催の未勝利ダートの1200m・1400m戦では断トツの数字。これをやや口向きを矯正しながら、楽に2番手追走ですから、恐れ入った。もう少し融通性が見たいなという気持ちがあって、注目馬とはしないが、昇級後も注意。
京都3R 3歳未勝利 タイムSL
前半・中盤が遅く、補正しきれずにスローの扱いとする。
京都5R 3歳未勝利 注目
連闘のアストロロジーは1番人気に支持され、好位の内から抜け出しての順当勝ちだった。むしろここで強調したいのは4着のスマートリバティー。
4着 スマートリバティー 番組注目馬
ここ2走から200m短縮して1600mとちょっと短いかなと見ていたが、距離の適・不適以前の問題だった。と言うのも、道中折り合いに課題はあるとは言え、かなり手応えは持っていたが、直線は前と外と包まれたまま来た。ラスト200mを切るまでは追い出しが遅れてしまった。確かに折り合いというところに苦労するタイプではあるが、この脚力を見ると未勝利卒業は確実視できる。次走の巻き返しに期待している。注目馬。
京都6R 3歳500万下・牝 タイムA
基準より0秒8速い勝ちタイムだった。先行争いを制して、ハナに立ったアイアムアクトレスが直線でも先頭をキープしている。好位に居たカラフルデイズだが、ただ1頭迫っていく。アイアムアクトレスがそれでも逃げ切った。ただ、カラフルデイズも3着グランスには7馬身の差をつけていた。
1着 アイアムアクトレス 
かなりのハイペースを刻んで後続の骨を断った形。ゴール前は迫られたが、前走の未勝利勝ちに比べれば、遙かに厳しい競馬を自分自身に課した計算になりますから、内容としては文句なし。この後適鞍を探すのは難しそうだが、ホームグラウンドはココと覚えておくと良いだろう。
2着 カラフルデイズ 番組注目馬
堂々のAランクで走破した。メリハリの効いた競馬ができますし、次走はまず負けないだろう。アルーリングボイスやディオスクロイ、それからこぶし賞を勝ったアルティシムスと同じ牝系になる。注目馬。
京都8R 4歳上500万下 タイムSL
基準より1秒5遅い勝ちタイムだった。
京都9R こぶし賞 タイムB
基準より0秒6速い勝ちタイムだった。逃げているハーバーコマンドの外、マイネルロガール・アドマイヤセプターが並んで来る。そしてアドマイヤセプターが抜け出しかけるが、そこからもう一伸びがない。その外をアルティシムスが伸びて来る。内のカルドブレッサ、大外ダコールに抜かせる事無く、アルティシムスが1着となった。
1着 アルティシムス 
重馬場のデビュー戦1着と休養前の前走、0秒1差5着共に完全タイム差マイナス、この前話したKTMというやつをを記録していた。ですから、どうだ道悪でもKTM馬券が炸裂したぞとまでは言わないが、他の有力馬、例えばアドマイヤセプターのG3フェアリーS3着など、オープンでのKTM馬が居る中で結果を出した訳ですから、前にも言った通り、クラスそれから距離や馬場などの競走条件をかみ砕いた上で、KTMにもふるいをかければ、高配当への的中が近づく。
アルティシムスの道悪適性というのは、その硬めの前さばきだが、それ故にかき込みが強いというフットワークからも見て取れる。血統的には1200m・1400m専門に近いが、今回は内回りの1600m故に対応できた印象。昇級後もコース形態によりけりという判断で行きたい。
2着 カルドブレッサ 
外へ出しきれず、進路変更を余儀なくされる競馬だった。そのおかげと言うべきか、なかなかの俊敏性というのも今回見ることが出来た。このクラスはすぐに卒業と見ている。
3着 ダコール 
まだ人気先行が続く可能性がある。馬場が悪いにせよ、今回も一伸びしかできなかった。これで4戦中3戦がKTMだが、このレース内容を見るとちょっと単勝では買いづらいと思っている。
5着 マイネルロガール 
馬場差を考慮しても、クラス水準より0秒8ほど速いペースだっただけに、先行した5着マイネルロガールと6着アドマイヤセプターにも一定の評価。ここまでが完全タイム差マイナスとなる。
6着 アドマイヤセプター 
馬場差を考慮しても、クラス水準より0秒8ほど速いペースだっただけに、先行した5着マイネルロガールと6着アドマイヤセプターにも一定の評価。ここまでが完全タイム差マイナスとなる。
京都12R 4歳上1000万下 タイムE
基準より1秒6遅い勝ちタイムだった。

  馬券Summary
超ハイペース経験のその後
後ほど
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai