2011年3回東京6日目

開催一覧
2011/12/25 (日)
中山 阪神 小倉
2011/12/24 (土)
中山 阪神 小倉
2011/12/18 (日)
中山 阪神 小倉
2011/12/17 (土)
中山 阪神 小倉
2011/12/11 (日)
中山 阪神 小倉
2011/12/10 (土)
中山 阪神 小倉
2011/12/04 (日)
中山 阪神 小倉
2011/12/03 (土)
中山 阪神 小倉
2011/11/27 (日)
東京 京都 小倉
2011/11/26 (土)
東京 京都 小倉
2011/11/20 (日)
東京 京都 新潟
2011/11/19 (土)
東京 京都 新潟
2011/11/13 (日)
東京 京都 新潟
2011/11/12 (土)
東京 京都 新潟
2011/11/06 (日)
東京 京都 新潟
2011/11/05 (土)
東京 京都 新潟
2011/10/30 (日)
東京 京都 新潟
2011/10/29 (土)
東京 京都 新潟
2011/10/23 (日)
東京 京都 新潟
2011/10/22 (土)
東京 京都 新潟
2011/10/16 (日)
東京 京都 新潟
2011/10/15 (土)
東京 京都 新潟
2011/10/10 (月)
東京
2011/10/09 (日)
東京 京都
2011/10/08 (土)
東京 京都
2011/10/02 (日)
中山 阪神 札幌
2011/10/01 (土)
中山 阪神 札幌
2011/09/25 (日)
中山 阪神 札幌
2011/09/24 (土)
中山 阪神 札幌
2011/09/19 (月)
阪神 札幌
2011/09/18 (日)
中山 阪神
2011/09/17 (土)
中山 札幌
2011/09/11 (日)
中山 阪神 札幌
2011/09/10 (土)
中山 阪神 札幌
2011/09/04 (日)
新潟 小倉 札幌
2011/09/03 (土)
新潟 小倉 札幌
2011/08/28 (日)
新潟 小倉 札幌
2011/08/27 (土)
新潟 小倉 札幌
2011/08/21 (日)
新潟 小倉 札幌
2011/08/20 (土)
新潟 小倉 札幌
2011/08/14 (日)
新潟 小倉 札幌
2011/08/13 (土)
新潟 小倉 札幌
2011/08/07 (日)
新潟 小倉 函館
2011/08/06 (土)
新潟 小倉 函館
2011/07/31 (日)
新潟 小倉 函館
2011/07/30 (土)
新潟 小倉 函館
2011/07/24 (日)
新潟 京都 函館
2011/07/23 (土)
新潟 京都 函館
2011/07/17 (日)
新潟 京都 函館
2011/07/16 (土)
新潟 京都 函館
2011/07/10 (日)
中山 京都 函館
2011/07/09 (土)
中山 京都 函館
2011/07/03 (日)
中山 京都 函館
2011/07/02 (土)
中山 京都 函館
2011/06/26 (日)
中山 阪神 函館
2011/06/25 (土)
中山 阪神 函館
2011/06/19 (日)
中山 阪神 函館
2011/06/18 (土)
中山 阪神 函館
2011/06/12 (日)
東京 阪神 新潟
2011/06/11 (土)
東京 阪神 新潟
2011/06/05 (日)
東京 阪神 新潟
2011/06/04 (土)
東京 阪神 新潟
2011/05/29 (日)
東京 京都 新潟
2011/05/28 (土)
東京 京都 新潟
2011/05/22 (日)
東京 京都 新潟
2011/05/21 (土)
東京 京都 新潟
2011/05/15 (日)
東京 京都 新潟
2011/05/14 (土)
東京 京都 新潟
2011/05/08 (日)
東京 京都 新潟
2011/05/07 (土)
東京 京都 新潟
2011/05/01 (日)
東京 京都 新潟
2011/04/30 (土)
東京 京都 新潟
2011/04/24 (日)
東京 京都 新潟
2011/04/23 (土)
東京 京都 新潟
2011/04/17 (日)
阪神 小倉
2011/04/16 (土)
阪神 小倉
2011/04/10 (日)
阪神 小倉
2011/04/09 (土)
阪神 小倉
2011/04/03 (日)
阪神 小倉
2011/04/02 (土)
阪神 小倉
2011/03/27 (日)
阪神 小倉
2011/03/26 (土)
阪神 小倉
2011/03/21 (月)
阪神
2011/03/20 (日)
阪神 小倉
2011/03/19 (土)
阪神 小倉
2011/03/06 (日)
中山 阪神 小倉
2011/03/05 (土)
中山 阪神 小倉
2011/02/27 (日)
中山 阪神 小倉
2011/02/26 (土)
中山 阪神 小倉
2011/02/20 (日)
東京 京都
2011/02/19 (土)
東京 京都
2011/02/14 (月)
小倉
2011/02/13 (日)
東京 京都 小倉
2011/02/12 (土)
東京 京都 小倉
2011/02/06 (日)
東京 京都 小倉
2011/02/05 (土)
東京 京都 小倉
2011/01/30 (日)
東京 京都 小倉
2011/01/29 (土)
東京 京都 小倉
2011/01/23 (日)
中山 京都 小倉
2011/01/22 (土)
中山 京都 小倉
2011/01/16 (日)
中山 京都
2011/01/15 (土)
中山 京都
2011/01/10 (月)
中山 京都
2011/01/09 (日)
中山 京都
2011/01/08 (土)
中山 京都
2011/01/05 (水)
中山 京都
  馬場コメント
先週の芝の馬場差2000n対象の数値は土曜がマイナス0秒8、日曜がマイナス0秒9だった。まずはここまで8日間の馬場差を振り返っておくと、総じて速い時計の出やすいコンディションだが、この開催2週目は雨の影響で時計が掛かった。特にダービー当日はかなり時計の掛かるレベルだった。
土曜は少しだけ雨の影響が残っていたので、土日で比べれば日曜の方が時計が出やすくなっている。とは言え、大きな違いはなくて土日とも時計の出やすいコンディションだった。脚質的には好位から差して来る馬の活躍が目立った。いずれにせよ、内を通った馬が有利だった。外差しが届くのはペースが速くなった時のみと言って良い程の感じだった。
先週の馬場差1600m対象の数値は土曜がマイナス0秒7、日曜がマイナス0秒5だった。まずはここまで8日間の馬場差を振り返っておくと、前の開催4週目この開催1週目はプラスの馬場差だったが、2週目は雨の影響を受けた。
ダービー週はもうダートも特殊なコンディションで、言わば例外として、それまでと先週とを比較すると先週の方が時計が出やすくなっている。
土日比べて土曜の方が時計が出やすかったのは、雨の影響が残っていたため。脚質的には先行馬が有利で、差し馬が来るのは所謂差し馬向きの流れになった時のみだった。


  タイム分析
 2011/06/05 (日)  芝=-0.9  Cコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
3R T1600 サニーヘイロー    牝3 未勝利 1:34.3 -1.5 --- -0.8 --- A C
4R T2500 バンダムラディウス    牡3 未勝利 2:35.3 +0.2 --- +0.7 --- D E
5R T1400 エポワス    牡3 500万下 1:22.2 -0.2 --- +0.4 --- D D
7R T1600 マヤノマヤ    牝5 500万下 1:33.8 -1.0 --- -0.3 --- B C
9R T1800 インプレザリオ    牡3 ロベリア500 1:47.5 -0.6 --- -0.4 --- B C
10R T1800 ショウナンアクロス    牡6 ホンコH1000 1:47.3 +0.3 --- +0.6 --- D D
11R T1600 リアルインパクト    牡3 安田記念G1 1:32.0 -0.8 --- -0.1 --- C C
 2011/06/05 (日)  ダ=-0.5
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R D1600 ビレッジスマイル    牝3 未勝利・牝 1:39.0 -0.5 --- ±0 --- C E
2R D1400 ウインイマジン    牡3 未勝利 1:26.6 +0.4 --- +0.8 --- E E
6R D1600 モエレジンダイコ    牡6 500万下 1:37.8 -0.2 --- +0.3 --- D C
8R D1300 ダンシングマオ    牝4 1000万下 1:18.3 +0.4 --- +0.8 --- E C
12R D1600 ロンギングスター    牡4 ひかりH1600 1:36.1 -0.3 --- +0.2 --- C C
東京2R 3歳未勝利 タイムE
基準より0秒8遅い勝ちタイムだった。
東京3R 3歳未勝利 タイムA
基準より0秒8速い勝ちタイムだった。ウォールストリートとフロムマンハッタンが叩き合っているところ、その間を突いてサニーヘイロー、外からはルージュと5枠の2頭が上がって来る。3頭の叩き合いとなり、真ん中のフロムマンハッタンがやや遅れた。結果内のサニーヘイローが競り勝って1着、外のルージュがハナ差で2着となった。
前走タイムランクBのレースでそこで勝ち馬と0秒2から0秒4差の競馬をしていた馬たちですから、3頭ともレベルは高かった。とは言え、今回急にタイムランクがAですから、この辺りは少々驚いた。
ちなみに、このレースも内を通った馬が上位を独占した。
1着 サニーヘイロー 
入れ込みのキツい馬だが、今回馬具を工夫した事で、いつもより落ち着きがあった。レースでも好位のインをソツなく立ち回って、直線に向くと3頭の競り合いを制した。あくまで当日の落ち着き次第だが、昇級しても印は打つべき馬。
2着 ルージュ 番組注目馬
デビューから3戦とも出遅れていたが、今回は発馬を決めてロスなく捌いた。勝ち馬とはハナ差ですし、次走も引き続き勝ち負け。注目馬。2頭が同じレースに出走して来た場合はルージュの方が上の評価。
3着 フロムマンハッタン 番組注目馬
上位2頭より前の位置取りでの競馬だった。その分他の馬に目標にされた印象もありますし、いずれにしよ先行力は安定しているので、未勝利卒業は時間の問題。注目馬。
東京7R 4歳上500万下 タイムB
基準より0秒3速い勝ちタイムだった。逃げたマヤノマヤが直線に入ってもリードを保っている。中団に居たレッドクロスが2番手に上がって来たが、マヤノマヤは並ばせずに逃げ切った。むしろその外からシンボリカージナルが追い込み、ゴール前でレッドクロスを交わして2着に上がっての入線だった。
1着 マヤノマヤ 
久々だったが、体はスッキリと仕上がっていた。レースでは躊躇する事なく、ハナへ行って淀みのないラップで逃げて、そのまま押し切った。逃げられさえすれば強い馬で、単純に時計だけならば昇級しても通用のレベル。次走人気が無い様なら狙ってみても面白そう。
2着 シンボリカージナル 
これは展開がハマった印象。
3着 レッドクロス 
シンボリカージナルは展開がハマった印象だが、それなら1年ぶりだった競馬にも関わらず、先行策から3着したレッドクロスの方が上の評価。
東京8R 4歳上1000万下 タイムE
基準より0秒8遅い勝ちタイムだった。
東京9R ロベリア賞 タイムB
基準より0秒4速い勝ちタイムだった。最内から逃げたコスモヴェントが、直線半ばまで粘っていたが、インプレザリオとランパスインベガスが併せて伸びて来る。この2頭が叩き合いながら、後続との差を広げ、ゴールでは内のインプレザリオがハナ差で先着。3番手争いではコスモロビンがコスモヴェントを交わして先着していた。
このレース、芝のレースの中では珍しく、ペースが速くないのに差しが決まったレース。
1着 インプレザリオ 
道中は後方待機して、直線に向くと一瞬前が開かずに追い出しを待たされる場面はあったが、開いてからは力強く伸びた。ソラを使う面があるだけに、最後まで併せ馬になった事も良かった様に思う。相手なりに走るタイプなので、昇級古馬相手でもそこそこはやれそう。上がりは33秒台ですから、内めを回ったとは言え、展開が向いていないのに好走している点は価値があると思う。
2着 ランパスインベガス 
最後競り負けたが、折り合い面に進境見せていますし、次走も圏内。上がりは33秒台ですから、内めを回ったとは言え、展開が向いていないのに好走している点は価値があると思う。
東京11R 安田記念 
予想通りシルポートが先手を取った。ペース自体はそこそこ33秒9ですから速かったが、4コーナー回るときは割と馬群が密集していた。回ってから内・外広がる様な形になっての追い比べだった。ですから、非常に不利を受けたと言うか、前が詰まった馬が多い中にあって、比較的スムーズに捌いて来た2頭がリアルインパクト・ストロングリターンが抜け出して、外からスマイルジャックという結果になった。
1着 リアルインパクト 
やっぱり単純に4キロ差だけでは語れないものがある。この馬自身見過ごされがちだが、確かにレースそのものも上手く捌いたが、気性面の成長が大きいと思う。以前はパドックでもちょっとチャカついて、なかなか自分のテンションのままレースに挑めなかったが、最近は非常に落ち着きがありますし、その辺りがレースに行ってのソツの無さに繋がったと思う。結果的に2着・3着に差し馬が来てますから、正攻法の競馬で3番手から抜け出した事は評価して良いと思う。このリアルインパクトの好走をきっかけに、来年以降安田記念に参戦してくる3歳馬がひょっとしたら増えてくるんじゃないかなと、短距離なら十分通用すると思う。これから安田記念というレース自体が面白くなる可能性も出てきたなと思う。
==戸崎圭太騎手==
もう3歳馬で4キロ軽いという事で、その辺を頭に入れて思い切ったレースをしようと思っていた。調教の姿とかもテレビで見せてもらっていて、凄く良い感じの絶好調な感じが伺えたので、僕が邪魔しないように乗って来ようと思った。今日はスタートも上手く出てくれたので、思い切って前の方につけて、斤量を活かそうという乗り方をした。手応えは抜群で、これはやれるかなと思ったが、最後になって後ろから馬の足音が聞こえたが、手応えも良かったので辛抱してくれるなと、一生懸命追った。中央競馬に乗せてもらって、いろいろ経験させてもらって、本当にこういうG1レースで勝てたという事は本当に嬉しく思いますし、皆様のおかげだと思っていますので、またこれからも頑張りますので、応援よろしくお願いします。
2着 ストロングリターン 
ストロングリターン自体は、ホント上手く捌いて来た。内々をスムーズに抜け出して来ましたし、石橋脩騎手も最高の騎乗をしての2着ですから、馬自身はホント折り合いがつく様になって、こちらも精神面での成長が著しいので、今後もこのぐらいの距離なら安定して走ってくると思う。
3着 スマイルジャック 
これはやっぱり勝負所から凄く上手く捌いて来たが、しかも外からよく伸びたが、結論から言えばやっぱりスタートがあまり良くなくて、ポジションが想像していたよりも後ろになった事が最後の最後で響いた感じ。リアルインパクトが前で捌いて、ストロングリターンが内を通って伸びて来たことを考えれば、やっぱり外を回った分・後ろから行った分というロスはあると思う。負けたが、上位2頭と力差は無いなというのが印象。
6着 アパパネ 
人気にはなっていたが、やっぱりこの馬はピークの時期が短いのかなという感じがする。去年の秋もトライアル使って、秋華賞で3冠を達成してエリザベス女王杯の時には出来が落ちていたので、今回も同じような課程を歩んで、結果ここで負けたという事なので、やはり目に見えない疲れがあったものと思われる。ただ、レースを選んで使って行けば今後も非常に安定した走りを見せるタイプの馬なので、状態さえ良ければ牡馬相手のマイル戦線でも十分闘える馬だと思う。
==蛯名正義騎手==
あのポジションでも最後は弾けてくれるから大丈夫と思っていたんだけど、弾けず最後はフラフラしてしまった。苦しかったんだろうね。牡馬相手と言うより、ブエナビスタ相手にヴィクトリアマイルを目標に仕上げた後の中2週が厳しかったんじゃないかな。ここを目標にしていれば、また違ったはずだよ。それでも最後は歩くのがやっとという感じだったし、死力を尽くして頑張ってくれたよ。
10着 ダノンヨーヨー 
これが思いの外惨敗だったが、やっぱり出遅れたが基本的に響いているのかなという感じがする。最後も決して伸びてない訳ではなくて、スマイルジャックが33秒7でこちら34秒0ですから、そんなに伸びてない訳ではないので、やっぱり17番手追走ではかなり厳しかったと思う。末脚不発に終わった。
東京12R ひかり賞 注目
上位2頭の走りは目立ったので、取り上げておく。
1着 ロンギングスター 
体質が強化された事で、中1週でも使えるぐらいになった。まだキャリアは10戦ですし、伸びしろがある事に加えて、次開催から降級するので再び1600万下のレースに出走が可能。引き続き上位争い。
2着 スタッドジェルラン 
前走1年ぶりの実戦でメンバーランクBのレースで勝利した馬。準OPでも好走歴のある馬だけに、今回の走りも当然の結果。この馬も次走上位争いになる。

  馬券Summary
届きそうで届かない
後ほど
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai