2011年1回阪神5日目

開催一覧
2011/12/25 (日)
中山 阪神 小倉
2011/12/24 (土)
中山 阪神 小倉
2011/12/18 (日)
中山 阪神 小倉
2011/12/17 (土)
中山 阪神 小倉
2011/12/11 (日)
中山 阪神 小倉
2011/12/10 (土)
中山 阪神 小倉
2011/12/04 (日)
中山 阪神 小倉
2011/12/03 (土)
中山 阪神 小倉
2011/11/27 (日)
東京 京都 小倉
2011/11/26 (土)
東京 京都 小倉
2011/11/20 (日)
東京 京都 新潟
2011/11/19 (土)
東京 京都 新潟
2011/11/13 (日)
東京 京都 新潟
2011/11/12 (土)
東京 京都 新潟
2011/11/06 (日)
東京 京都 新潟
2011/11/05 (土)
東京 京都 新潟
2011/10/30 (日)
東京 京都 新潟
2011/10/29 (土)
東京 京都 新潟
2011/10/23 (日)
東京 京都 新潟
2011/10/22 (土)
東京 京都 新潟
2011/10/16 (日)
東京 京都 新潟
2011/10/15 (土)
東京 京都 新潟
2011/10/10 (月)
東京
2011/10/09 (日)
東京 京都
2011/10/08 (土)
東京 京都
2011/10/02 (日)
中山 阪神 札幌
2011/10/01 (土)
中山 阪神 札幌
2011/09/25 (日)
中山 阪神 札幌
2011/09/24 (土)
中山 阪神 札幌
2011/09/19 (月)
阪神 札幌
2011/09/18 (日)
中山 阪神
2011/09/17 (土)
中山 札幌
2011/09/11 (日)
中山 阪神 札幌
2011/09/10 (土)
中山 阪神 札幌
2011/09/04 (日)
新潟 小倉 札幌
2011/09/03 (土)
新潟 小倉 札幌
2011/08/28 (日)
新潟 小倉 札幌
2011/08/27 (土)
新潟 小倉 札幌
2011/08/21 (日)
新潟 小倉 札幌
2011/08/20 (土)
新潟 小倉 札幌
2011/08/14 (日)
新潟 小倉 札幌
2011/08/13 (土)
新潟 小倉 札幌
2011/08/07 (日)
新潟 小倉 函館
2011/08/06 (土)
新潟 小倉 函館
2011/07/31 (日)
新潟 小倉 函館
2011/07/30 (土)
新潟 小倉 函館
2011/07/24 (日)
新潟 京都 函館
2011/07/23 (土)
新潟 京都 函館
2011/07/17 (日)
新潟 京都 函館
2011/07/16 (土)
新潟 京都 函館
2011/07/10 (日)
中山 京都 函館
2011/07/09 (土)
中山 京都 函館
2011/07/03 (日)
中山 京都 函館
2011/07/02 (土)
中山 京都 函館
2011/06/26 (日)
中山 阪神 函館
2011/06/25 (土)
中山 阪神 函館
2011/06/19 (日)
中山 阪神 函館
2011/06/18 (土)
中山 阪神 函館
2011/06/12 (日)
東京 阪神 新潟
2011/06/11 (土)
東京 阪神 新潟
2011/06/05 (日)
東京 阪神 新潟
2011/06/04 (土)
東京 阪神 新潟
2011/05/29 (日)
東京 京都 新潟
2011/05/28 (土)
東京 京都 新潟
2011/05/22 (日)
東京 京都 新潟
2011/05/21 (土)
東京 京都 新潟
2011/05/15 (日)
東京 京都 新潟
2011/05/14 (土)
東京 京都 新潟
2011/05/08 (日)
東京 京都 新潟
2011/05/07 (土)
東京 京都 新潟
2011/05/01 (日)
東京 京都 新潟
2011/04/30 (土)
東京 京都 新潟
2011/04/24 (日)
東京 京都 新潟
2011/04/23 (土)
東京 京都 新潟
2011/04/17 (日)
阪神 小倉
2011/04/16 (土)
阪神 小倉
2011/04/10 (日)
阪神 小倉
2011/04/09 (土)
阪神 小倉
2011/04/03 (日)
阪神 小倉
2011/04/02 (土)
阪神 小倉
2011/03/27 (日)
阪神 小倉
2011/03/26 (土)
阪神 小倉
2011/03/21 (月)
阪神
2011/03/20 (日)
阪神 小倉
2011/03/19 (土)
阪神 小倉
2011/03/06 (日)
中山 阪神 小倉
2011/03/05 (土)
中山 阪神 小倉
2011/02/27 (日)
中山 阪神 小倉
2011/02/26 (土)
中山 阪神 小倉
2011/02/20 (日)
東京 京都
2011/02/19 (土)
東京 京都
2011/02/14 (月)
小倉
2011/02/13 (日)
東京 京都 小倉
2011/02/12 (土)
東京 京都 小倉
2011/02/06 (日)
東京 京都 小倉
2011/02/05 (土)
東京 京都 小倉
2011/01/30 (日)
東京 京都 小倉
2011/01/29 (土)
東京 京都 小倉
2011/01/23 (日)
中山 京都 小倉
2011/01/22 (土)
中山 京都 小倉
2011/01/16 (日)
中山 京都
2011/01/15 (土)
中山 京都
2011/01/10 (月)
中山 京都
2011/01/09 (日)
中山 京都
2011/01/08 (土)
中山 京都
2011/01/05 (水)
中山 京都
  馬場コメント
芝の馬場差2000m対象の数値は、土曜日曜がマイナス0秒7、月曜がプラス0秒9だった。開催3週目が取りやめとなり、先週は開催4週目だった。そして5日目のレースが月曜に代替として開催された。という事で、土曜が7日目・日曜が8日目・月曜が代替5日目となる。まずはここまで7日間の馬場差を振り返っておくと、2週目は1週目よりもやや時計が掛かり、水準レベルに近づいた。先週の土曜・日曜は速い時計の出るコンディションとなったが、月曜は雨の影響で時計が掛かった。
【土日】前半2週と同じAコースで行われたが、1週間競馬が無かったことで、幾分芝コンディションが回復した様で、時計の出方は速くなった。脚質的には差し馬が届く様になっていたのが、印象的。とは言っても、一気の追い込みで間に合うかと言えば、そこまで極端ではなくて基本的には先行馬が有利。ペースが速くなった時のみ差し馬も台頭していた。
【月】月曜は雨だった。今度は逆に一気に時計が掛かった。ただ、馬場差としては終日同じ。連対馬の脚質は後半ほど差しが届いていた。土曜・日曜の方でも触れたが、基本的には先行有利の馬場だと思う。
先週の馬場差1800m対象の数値は土曜がプラス0秒4、日曜がプラス0秒4からプラス0秒2へと変動、月曜がマイナス1秒8だった。まずここまで7日間の馬場差を振り返っておくと、3日目までは時計の掛かるコンディション。その後水準に近づいて行き、代替5日目の月曜日は一転してマイナスの馬場差となった。
【土日】土日総じて見ればやや時計の掛かるコンディションだった。ただ、日曜終盤、雨が降って12R時は若干水準に近づいた。脚質的には徐々に差しが届く様になった芝とは違って、圧倒的に先行馬が有利だった。
【月】降り続ける雨の影響を受けて、脚抜きが良くなって時計の出方が一気に速くなった。ただ、馬場差は終日同じ数字。土曜・日曜の方で圧倒的に先行有利と言ったが、雨が降った月曜になってもその状況は変わらずだった。実質差し馬同士で決着したのは、10RのポラリスSぐらいだった。


  タイム分析
 2011/03/21 (月)  芝=+0.9  Aコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
3R T1400 ダイヤモンドアスク    牝3 未勝利 1:23.1 +0.1 --- -0.5 --- B C --
5R T1800 アイヴィーリーグ    牡3 新馬 1:50.4 +1.5 --- -0.1 --- C C --
6R T1600 ウェザーサイド    牡5 500万下 1:36.2 +1.6 --- +0.9 --- E C --
9R T1400 スプリングサンダー    牝4 うずしお1600 1:21.9 +0.9 --- +0.3 --- D B --
11R T1400 フレンチカクタス    牝3 フィリーG2 1:22.3 +0.5 --- -0.1 --- C D --
 2011/03/21 (月)  ダ=-1.8
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
1R D1400 ホクセツダンス    牝3 未勝利・牝 1:25.3 -0.9 --- +0.5 --- D C --
2R D1200 ロイヤルサルート    牡3 未勝利 1:11.7 -1.6 --- -0.4 --- B B --
4R D1400 キクノキアラ    牝3 新馬 1:26.3 -0.1 --- +1.3 --- E D --
7R D1200 テイクアベット    牡3 500万下 1:10.6 -2.0 --- -0.8 --- A D --
10R D1400 ダイショウジェット    牡8 ポラリスH 1:22.1 -0.7 --- +0.7 --- D C --
12R D1200 チャンピオンラブ    牡5 1000万下 1:09.9 -1.8 --- -0.6 --- B B --

阪神2R 3歳未勝利 タイムB
基準より0秒4速い勝ちタイムだった。全体にバラけたスタートの中、ロイヤルサルートが好スタートから先手を取って行った。直線に入っても先頭をキープ。2番手はフェイクグローリー、その後カネトシファイター、グランドジョラス・ジャベリンらが続くが、ロイヤルサルートはリードを広げての逃げ切り。2着にはジャベリンが上がって、3着がフェイクグローリーだった。
1着 ロイヤルサルート 
ゲートが開いた瞬間に半馬身ぐらい出ていた。結局そのままハナを奪って押し切った。課題とされた口向きの悪さも見せなかったですし、素直なレース運びができたのは収穫だった。昇級しても1200m戦なら通用の域。
阪神3R 3歳未勝利 タイムB
基準より0秒5速い勝ちタイムだった。直線に入って逃げるキャリーウェーブにフロムマンハッタン・サクラブライトが並びかける。フロムマンハッタンがしぶとく伸び、一旦は先頭に立った。しかし外から追い込んだダイヤモンドアスクがゴール前で抜け出して1着。そしてフロムマンハッタンが2着。内を伸びて来たサンキストビーチが3着となった。
1着 ダイヤモンドアスク 
前走直線で不利があって5着に敗れていた馬。今回は好発を決めたが、スッと後方に下げて直線に向くとしぶとく伸びて1着だった。レースぶりを見ているともう少し距離があった方が良さそうな雰囲気。
2着 フロムマンハッタン 
初出走にも関わらず、一旦は先頭に立つ場面がありましたから、次走も有力だと思う。
阪神4R 3歳新馬 タイムE
基準より1秒3遅い勝ちタイムだった。
阪神6R 4歳上500万下 タイムE
基準より0秒9遅い勝ちタイムだった。
阪神7R 3歳500万下 タイムA
基準より0秒8速い勝ちタイムだった。テイクアベットが先手を取って直線に入って行った。2番手はトーセントレジャー、その後キンショーユウジャの外にアルゴリズム・モルフェメイトが並んで来るが、テイクアベットは大きく差を広げて逃げ切った。2着もトーセントレジャーが粘り、3着は大外のモルフェメイトがアルゴリズムにクビ差で先着だった。
ダッシュを効かせたテイクアベットが離して逃げて、トーセントレジャーが2番手追走。結果そのままの隊列で決着した。後方追走の馬には辛い競馬となった。いずれにしろこのレースは時計を額面通りに受け取るのは危険かなという感じはする。
1着 テイクアベット 
躊躇なくハナに行ったことが最大の勝因。振り返れば未勝利戦もタイムランクBで勝っている馬。元々素質はあったが、今回は馬場と展開を最大限に活かしきった印象が強くて、昇級して同じ競馬ができるかとなるとちょっと疑問。
2着 トーセントレジャー 
馬場展開に助けられた印象。こちらも時計が速いからと言って、鵜呑みにはできない。
4着 アルゴリズム 
番組注目馬だったが、4着だった。脚抜きが良すぎる馬場と1200mの速い流れと、さらに外に回される展開が堪えた印象で、次走1400m出走なら巻き返しは十分あると思う。
阪神11R フィリーズR 
直線に入ってフォーエバーマークが先頭を伺う。割とテンから争いが激しかった。その分ラストは前へ行った馬たちが失速する形になって、フレンチカクタスが伸びてくるが、さらにその外からスピードリッパーも伸びてきて、エーシンハーバーも外から伸びて来るという事で、最後は差し馬同士の上位争いになった。
1着 フレンチカクタス 
やっぱりピタリと折り合いをついて、道中から自分のリズムで運べてましたからね。一瞬フワッとしかかったという事だが、そこでも動じることなく、もう一回伸びた。距離が伸びて良いタイプだとは思わないが、1600mまでならこなせると思いますし、1頭強い馬が桜花賞には居るが、2着争いなら圏内の1頭かなという感じはする。
==北村宏司騎手==
返し馬に向かう前からずっと雰囲気が良かったし、落ち着いた状態でスタートを決めた。スムーズに流れに乗れたし、直線で手前が変わってからは良い感じ。先頭に立ちかけて、少しフワッとしたけど、最後までよく頑張ってくれた。このまま本番まで順調に行ってくれれば楽しみです。
2着 スピードリッパー 
休み明けの一戦でしたからね、まだ体つきも数字以上に緩い感じがしたが、それでもラストは良い脚を使いましたし、伸びしろという部分ではこの馬が一番大きいかなと思う。
3着 エーシンハーバー 
この番組でも取り上げた事のある馬だが、やっぱりレースセンスが良い。柔軟性があってどんな位置からでも競馬ができる、流れに応じた競馬ができて今回が後方から差す形ができた。混戦になれば強いタイプだと思いますし、こういう馬が権利を取ってきたというのは少し怖いと思う。
4着 ドナウブルー 
これはジョッキーによると2度ほど外に弾かれたという事で、枠順が外めだった事もあるが、終始外外回らされて、落ち着きはあったのでやはりその不利が今回は痛かったかなと思う。
阪神12R 4歳上1000万下 タイムB
基準より0秒6速い勝ちタイムだった。アヤナルベルスが今回も逃げて、2番手にチャンピオンラブ。直線での攻防。逃げ粘っているアヤナルベルスにチャンピオンラブが並んで行き、抜け出して先頭に立って1着。その後3番手ベストバウト、その後内からルナロッソが追い上げて来るが、アヤナルベルスが粘って2着を確保した。
1着 チャンピオンラブ 
ポン使いが効くタイプだが、右回りならレースぶりがスムーズ。今回全く危なげなかった。右回りの1200mという条件付きだが、昇級しても力は通用。
2着 アヤナルベルス 番組注目馬
3ヶ月半ぶりの実戦で、しかも勝ち馬に早めに並びかけられる展開だった。それを考えるとよく粘っていると思いますし、次走も勝ち負け。注目馬。

  馬券Summary
穴は関東馬
後ほど
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai