2011年2回東京4日目

開催一覧
2011/12/25 (日)
中山 阪神 小倉
2011/12/24 (土)
中山 阪神 小倉
2011/12/18 (日)
中山 阪神 小倉
2011/12/17 (土)
中山 阪神 小倉
2011/12/11 (日)
中山 阪神 小倉
2011/12/10 (土)
中山 阪神 小倉
2011/12/04 (日)
中山 阪神 小倉
2011/12/03 (土)
中山 阪神 小倉
2011/11/27 (日)
東京 京都 小倉
2011/11/26 (土)
東京 京都 小倉
2011/11/20 (日)
東京 京都 新潟
2011/11/19 (土)
東京 京都 新潟
2011/11/13 (日)
東京 京都 新潟
2011/11/12 (土)
東京 京都 新潟
2011/11/06 (日)
東京 京都 新潟
2011/11/05 (土)
東京 京都 新潟
2011/10/30 (日)
東京 京都 新潟
2011/10/29 (土)
東京 京都 新潟
2011/10/23 (日)
東京 京都 新潟
2011/10/22 (土)
東京 京都 新潟
2011/10/16 (日)
東京 京都 新潟
2011/10/15 (土)
東京 京都 新潟
2011/10/10 (月)
東京
2011/10/09 (日)
東京 京都
2011/10/08 (土)
東京 京都
2011/10/02 (日)
中山 阪神 札幌
2011/10/01 (土)
中山 阪神 札幌
2011/09/25 (日)
中山 阪神 札幌
2011/09/24 (土)
中山 阪神 札幌
2011/09/19 (月)
阪神 札幌
2011/09/18 (日)
中山 阪神
2011/09/17 (土)
中山 札幌
2011/09/11 (日)
中山 阪神 札幌
2011/09/10 (土)
中山 阪神 札幌
2011/09/04 (日)
新潟 小倉 札幌
2011/09/03 (土)
新潟 小倉 札幌
2011/08/28 (日)
新潟 小倉 札幌
2011/08/27 (土)
新潟 小倉 札幌
2011/08/21 (日)
新潟 小倉 札幌
2011/08/20 (土)
新潟 小倉 札幌
2011/08/14 (日)
新潟 小倉 札幌
2011/08/13 (土)
新潟 小倉 札幌
2011/08/07 (日)
新潟 小倉 函館
2011/08/06 (土)
新潟 小倉 函館
2011/07/31 (日)
新潟 小倉 函館
2011/07/30 (土)
新潟 小倉 函館
2011/07/24 (日)
新潟 京都 函館
2011/07/23 (土)
新潟 京都 函館
2011/07/17 (日)
新潟 京都 函館
2011/07/16 (土)
新潟 京都 函館
2011/07/10 (日)
中山 京都 函館
2011/07/09 (土)
中山 京都 函館
2011/07/03 (日)
中山 京都 函館
2011/07/02 (土)
中山 京都 函館
2011/06/26 (日)
中山 阪神 函館
2011/06/25 (土)
中山 阪神 函館
2011/06/19 (日)
中山 阪神 函館
2011/06/18 (土)
中山 阪神 函館
2011/06/12 (日)
東京 阪神 新潟
2011/06/11 (土)
東京 阪神 新潟
2011/06/05 (日)
東京 阪神 新潟
2011/06/04 (土)
東京 阪神 新潟
2011/05/29 (日)
東京 京都 新潟
2011/05/28 (土)
東京 京都 新潟
2011/05/22 (日)
東京 京都 新潟
2011/05/21 (土)
東京 京都 新潟
2011/05/15 (日)
東京 京都 新潟
2011/05/14 (土)
東京 京都 新潟
2011/05/08 (日)
東京 京都 新潟
2011/05/07 (土)
東京 京都 新潟
2011/05/01 (日)
東京 京都 新潟
2011/04/30 (土)
東京 京都 新潟
2011/04/24 (日)
東京 京都 新潟
2011/04/23 (土)
東京 京都 新潟
2011/04/17 (日)
阪神 小倉
2011/04/16 (土)
阪神 小倉
2011/04/10 (日)
阪神 小倉
2011/04/09 (土)
阪神 小倉
2011/04/03 (日)
阪神 小倉
2011/04/02 (土)
阪神 小倉
2011/03/27 (日)
阪神 小倉
2011/03/26 (土)
阪神 小倉
2011/03/21 (月)
阪神
2011/03/20 (日)
阪神 小倉
2011/03/19 (土)
阪神 小倉
2011/03/06 (日)
中山 阪神 小倉
2011/03/05 (土)
中山 阪神 小倉
2011/02/27 (日)
中山 阪神 小倉
2011/02/26 (土)
中山 阪神 小倉
2011/02/20 (日)
東京 京都
2011/02/19 (土)
東京 京都
2011/02/14 (月)
小倉
2011/02/13 (日)
東京 京都 小倉
2011/02/12 (土)
東京 京都 小倉
2011/02/06 (日)
東京 京都 小倉
2011/02/05 (土)
東京 京都 小倉
2011/01/30 (日)
東京 京都 小倉
2011/01/29 (土)
東京 京都 小倉
2011/01/23 (日)
中山 京都 小倉
2011/01/22 (土)
中山 京都 小倉
2011/01/16 (日)
中山 京都
2011/01/15 (土)
中山 京都
2011/01/10 (月)
中山 京都
2011/01/09 (日)
中山 京都
2011/01/08 (土)
中山 京都
2011/01/05 (水)
中山 京都
  馬場コメント
先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がマイナス0秒8、日曜がマイナス0秒6だった。1週目特に初日は雨の影響で時計が掛かっていたが、先週はマイナスゾーンの馬場差だった。
1週目の様に雨の強い影響を受けなかった。金曜日発表のJRA馬場情報では、先週は火曜と水曜に芝刈りを行ったとありました。発表の草丈も開幕週より短くなっており、風の影響を受けたとは言え、時計の出やすいレベルだった。また、4コーナーでハッキリ外を回ってきても届くと言うコンディション、さらに土曜は5鞍中4鞍、日曜は5鞍中3鞍でペース補正が入っており、そのイメージ通りの瞬発力勝負が多数だった。諸々の要因が重なり、後方待機馬が切れ味を発揮して、占有率を上げていた。今週もう1週Aコースが使用され、その後Bコースに変わる。
先週の馬場差1600m対象の数値は土曜がプラス0秒8、日曜がプラス0秒9だった。1週目は雨の影響を受け、時間帯によって時計の出方が異なったが、先週は時計の掛かるコンディションだった。
今週も強い風だった。芝以上に影響の度合いが、大きいのがダート戦ということになるが、不定期な超突風にも悩まされつつ開催が行われた。土曜の朝一、つまり朝に散水されてそこそこの時間帯であっても、モワッと砂煙が上がる状況で、週中の微量な雨というのは残っていなかった。開幕週に比べて逃げ・先行勢の活躍は顕著だが、特に土曜は能力差の問題も少なくなかったと見ている。


  タイム分析
 2011/05/01 (日)  芝=-0.6  Aコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
3R T1400 レッドストラーダ    牡3 未勝利 1:23.6 +0.5 --- +0.6 --- D E
5R T1600 コスモヴェント    牡3 未勝利 1:36.0 +0.2 --- +0.7 --- D D
8R T1400 ウエスタンディオ    牡4 500万下 1:21.7 -0.5 --- -0.1 --- C D
9R T2000 レインフォーレスト    牡5 府中SH1600 1:59.6 +0.2 --- +0.5 --- D D
11R T1800 アカンサス    牝3 スイート 1:48.0 +0.7 --- +0.5 --- D E
 2011/05/01 (日)  ダ=+0.9
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R D1400 サクラメアリ    牝3 未勝利 1:28.1 +1.9 --- +1.1 --- E E
2R D1600 カンタベリーダダ    牡3 未勝利 1:39.9 +0.4 --- -0.5 --- B D
6R D1600 パクサ    牡3 500万下 1:38.9 +0.3 --- -0.6 --- B D
7R D2100 ニシノヴァンクール    牡4 500万下 2:16.3 +4.1 --- +2.9 --- E E
10R D1400 ブライトアイザック    牡5 アハルテ 1:23.9 +1.1 --- +0.3 --- D D
12R D1400 ジャズピアノ    牡4 1000万下 1:25.7 +1.5 --- +0.7 --- D C
東京1R 3歳未勝利 タイムE
基準より1秒1遅い勝ちタイムだった。
東京2R 3歳未勝利 タイムB
基準より0秒5速い勝ちタイムだった。1番枠から先手を取ったカンタベリーダダが直線でも先頭をキープ。その後コスモアイボリー・ホワイトアッシュと続いているが、カンタベリーダダが突き放し、差を広げていき1着。2番手・3番手も変わらず、5馬身差の2着にコスモアイボリー。さらに3馬身半離れて3着ホワイトアッシュと続いた。
1着 カンタベリーダダ 
東京のダート1600mは芝発走ですから、レース選択が当たったと言うべきか、二の脚でスッと先手を取ることができた。後は若干緩いペースに持ち込んで、調教代わりの様な大楽勝。2着以下もだいたい位置取りなりの入線になっていますから、流れ的には楽に勝ちすぎた印象は否めないが、次走は体調アップは必至でしょうし、楽しみは十分。
東京3R 3歳未勝利 注目
全体のメンバーランクとしてはEランクが妥当で、超のつくスローペースとなりペース補正が入ってもタイムランクはD止まりだった。しかし初出走ながら、1番人気に推され、2着に入ったルージュクールの走りは素晴らしかった。
2着 ルージュクール 番組注目馬
4コーナー15番手から馬群を捌きつつ上がり600m推定が唯一の33秒台。デビュー戦という事でスタートこそ1馬身ボコッと出遅れたが、駆けっぷりからするとむしろ先行脚質のイメージが持てますし、この前脚が着地する時に注目すると蹄1個分・2個分ぐらい前に粘って降りる感じ。今の未勝利レベルなら特別扱いしても良いぐらいの素質馬に巡り会えたと強調しておく。父のRedoute's Choiceの産駒にはあーガレットS勝ちのクリアンサスとか、古馬1000万の常連ランリョウオーとまずまず少数精鋭の布陣になってきている。注目馬。
東京6R 3歳500万下 タイムB
基準より0秒6速い勝ちタイムだった。直線に入り、逃げていたサワヤカユウタに後続が接近して行く。アルデュール、その外にパクサと3頭が並んでいたが、叩き合いつつアルデュールとパクサが出てサワヤカユウタはやや遅れる。そしてパクサがアルデュールを競り落として1着。半馬身後にアルデュール。サワヤカユウタも大きくは離されず、3着となった。
1着 パクサ 
これまで3戦していずれもメンバー最速かタイとなる上がりを使っている馬。軽く出遅れたが、平均早めのペースを余裕綽々に追走した。まだハミ受けに課題があるだけ、追われてからは渋いが着差以上に完勝と見ている。所謂実戦タイプという馬ですから、昇級後も相手なりでかつ妙味を見いだせるはず。
2着 アルデュール 
休み明けとしては上々の内容だった。距離的に選択肢の幅が広がったと思う。次走も手頃なメンバーならチャンス。
東京7R 4歳上500万下 タイムE
基準より2秒9遅い勝ちタイムだった。

  馬券Summary
選手権距離の血
後ほど
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai