2011年1回阪神3日目

開催一覧
2011/12/25 (日)
中山 阪神 小倉
2011/12/24 (土)
中山 阪神 小倉
2011/12/18 (日)
中山 阪神 小倉
2011/12/17 (土)
中山 阪神 小倉
2011/12/11 (日)
中山 阪神 小倉
2011/12/10 (土)
中山 阪神 小倉
2011/12/04 (日)
中山 阪神 小倉
2011/12/03 (土)
中山 阪神 小倉
2011/11/27 (日)
東京 京都 小倉
2011/11/26 (土)
東京 京都 小倉
2011/11/20 (日)
東京 京都 新潟
2011/11/19 (土)
東京 京都 新潟
2011/11/13 (日)
東京 京都 新潟
2011/11/12 (土)
東京 京都 新潟
2011/11/06 (日)
東京 京都 新潟
2011/11/05 (土)
東京 京都 新潟
2011/10/30 (日)
東京 京都 新潟
2011/10/29 (土)
東京 京都 新潟
2011/10/23 (日)
東京 京都 新潟
2011/10/22 (土)
東京 京都 新潟
2011/10/16 (日)
東京 京都 新潟
2011/10/15 (土)
東京 京都 新潟
2011/10/10 (月)
東京
2011/10/09 (日)
東京 京都
2011/10/08 (土)
東京 京都
2011/10/02 (日)
中山 阪神 札幌
2011/10/01 (土)
中山 阪神 札幌
2011/09/25 (日)
中山 阪神 札幌
2011/09/24 (土)
中山 阪神 札幌
2011/09/19 (月)
阪神 札幌
2011/09/18 (日)
中山 阪神
2011/09/17 (土)
中山 札幌
2011/09/11 (日)
中山 阪神 札幌
2011/09/10 (土)
中山 阪神 札幌
2011/09/04 (日)
新潟 小倉 札幌
2011/09/03 (土)
新潟 小倉 札幌
2011/08/28 (日)
新潟 小倉 札幌
2011/08/27 (土)
新潟 小倉 札幌
2011/08/21 (日)
新潟 小倉 札幌
2011/08/20 (土)
新潟 小倉 札幌
2011/08/14 (日)
新潟 小倉 札幌
2011/08/13 (土)
新潟 小倉 札幌
2011/08/07 (日)
新潟 小倉 函館
2011/08/06 (土)
新潟 小倉 函館
2011/07/31 (日)
新潟 小倉 函館
2011/07/30 (土)
新潟 小倉 函館
2011/07/24 (日)
新潟 京都 函館
2011/07/23 (土)
新潟 京都 函館
2011/07/17 (日)
新潟 京都 函館
2011/07/16 (土)
新潟 京都 函館
2011/07/10 (日)
中山 京都 函館
2011/07/09 (土)
中山 京都 函館
2011/07/03 (日)
中山 京都 函館
2011/07/02 (土)
中山 京都 函館
2011/06/26 (日)
中山 阪神 函館
2011/06/25 (土)
中山 阪神 函館
2011/06/19 (日)
中山 阪神 函館
2011/06/18 (土)
中山 阪神 函館
2011/06/12 (日)
東京 阪神 新潟
2011/06/11 (土)
東京 阪神 新潟
2011/06/05 (日)
東京 阪神 新潟
2011/06/04 (土)
東京 阪神 新潟
2011/05/29 (日)
東京 京都 新潟
2011/05/28 (土)
東京 京都 新潟
2011/05/22 (日)
東京 京都 新潟
2011/05/21 (土)
東京 京都 新潟
2011/05/15 (日)
東京 京都 新潟
2011/05/14 (土)
東京 京都 新潟
2011/05/08 (日)
東京 京都 新潟
2011/05/07 (土)
東京 京都 新潟
2011/05/01 (日)
東京 京都 新潟
2011/04/30 (土)
東京 京都 新潟
2011/04/24 (日)
東京 京都 新潟
2011/04/23 (土)
東京 京都 新潟
2011/04/17 (日)
阪神 小倉
2011/04/16 (土)
阪神 小倉
2011/04/10 (日)
阪神 小倉
2011/04/09 (土)
阪神 小倉
2011/04/03 (日)
阪神 小倉
2011/04/02 (土)
阪神 小倉
2011/03/27 (日)
阪神 小倉
2011/03/26 (土)
阪神 小倉
2011/03/21 (月)
阪神
2011/03/20 (日)
阪神 小倉
2011/03/19 (土)
阪神 小倉
2011/03/06 (日)
中山 阪神 小倉
2011/03/05 (土)
中山 阪神 小倉
2011/02/27 (日)
中山 阪神 小倉
2011/02/26 (土)
中山 阪神 小倉
2011/02/20 (日)
東京 京都
2011/02/19 (土)
東京 京都
2011/02/14 (月)
小倉
2011/02/13 (日)
東京 京都 小倉
2011/02/12 (土)
東京 京都 小倉
2011/02/06 (日)
東京 京都 小倉
2011/02/05 (土)
東京 京都 小倉
2011/01/30 (日)
東京 京都 小倉
2011/01/29 (土)
東京 京都 小倉
2011/01/23 (日)
中山 京都 小倉
2011/01/22 (土)
中山 京都 小倉
2011/01/16 (日)
中山 京都
2011/01/15 (土)
中山 京都
2011/01/10 (月)
中山 京都
2011/01/09 (日)
中山 京都
2011/01/08 (土)
中山 京都
2011/01/05 (水)
中山 京都
  馬場コメント
先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土日ともマイナス0秒3だった。開幕週のマイナス0秒6から先週はやや時計が掛かって、水準レベルに近づいた。週前半に雨が降ったので、その影響が残ったんじゃないかなと思われる。
傾向はあまり変わっていなくて、結局逃げ・差し混在という脚質傾向自体は大きくは変わっていない。
先週の馬場差1800m対象の数値は土曜日がプラス0秒9、日曜日がプラス0秒5だった。開幕週に続き、先週土曜も時計が掛かっていた。日曜日にしてもプラスの馬場差ではあるが、それまでの3日間よりは時計が出やすくなった。
土日の差の明確な理由が思いつかないが、とりあえず日曜に時計が出やすくなっていたのは確かなので、今後時計の比較をする際には覚えておく必要がある。脚質的には開幕週よりも先行馬が幅を効かせていた。とは言っても日曜12Rの様に道中15番手・16番手の馬がワンツーを決めたレースもあったので、何が何でも先行有利とは言い切れず、ペースが速くなると差しが届く馬場だと見て良いと思う。


  タイム分析
 2011/03/05 (土)  芝=-0.3  Aコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
3R T2000 マルカプレジオ    牡3 未勝利 2:04.4 +2.0 --- +1.2 --- SL C
9R T2200 トウカイオーロラ    牡4 淡路特別1000 2:13.6 +0.1 --- +0.1 --- C C
10R T1600 ブリッツェン    牡5 武庫川H1600 1:35.0 +1.6 --- +1.0 --- SL D
11R T1600 レーヴディソール    牝3 チューリG3 1:34.5 +0.1 --- ±0 --- C D
 2011/03/05 (土)  ダ=+0.9
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R D1200 アンクレット    牝3 未勝利・牝 1:15.2 +1.9 --- +1.3 --- E E
2R D1800 ヴイブラッド    牡3 未勝利 1:56.1 +1.4 --- ±0 --- C C
5R D1800 スラストライン    牡3 新馬 1:56.7 +1.7 --- +0.8 --- D C
6R D1800 デスペラード    牡3 500万下 1:54.9 +1.1 --- +0.2 --- C D
7R D1200 リッカコウユウ    牝5 500万下 1:13.2 +0.9 --- +0.3 --- D D
8R D1800 ダイヤモンドムーン    牝4 500万下・牝 1:56.3 +3.2 --- +2.0 --- E D
12R D1200 ベネラ    牝4 1000万下 1:11.7 ±0 --- -0.6 --- B D
阪神1R 3歳未勝利・牝 タイムE
基準より1秒3遅い勝ちタイムだった。
阪神3R 3歳未勝利 タイムSL
前半・中盤が遅く、補正しきれずスローの扱いとする。
阪神8R 4歳上500万下・牝 タイムE
基準より2秒0遅い勝ちタイムだった。
阪神10R 武庫川S タイムSL
前半・中盤が遅く、補正しきれずスローの扱いとする。
阪神11R チューリップ賞 
タガノラヴキセキが今回は先手を取った。先手を取ったが、非常にやっぱり外回りの1600mらしいスローペースの流れで、淡々と進んだ。直線半ばでライステラスが一旦抜け出すが、もう抜け出した瞬間に外にレーヴディソールが来ていた。最後は手綱を抑える余裕がありましたし、逆に2着以下は大混戦になった。
1着 レーヴディソール 
前回の時でも、こんなに馬って良くなるもんなのかみたいな事を言ったと思う。これホント夏にデビューした時は凄く脚捌きが硬くて、これで大丈夫かなと思わせる馬だったが、休んで出てきてからのフットワークの軽さと言うのは全く夏とは違っていて、今回も非常に返し馬の段階から良い雰囲気で走っていましたし、4角で射程圏に取り付く競馬と言うのは、やっぱり3冠とか狙う上ではそういう形の競馬ができないとなかなか厳しいと思うので、そういう意味では今回凄くそつのない立ち回りができて、楽な手応えで抜け出したと言うのは、評価して良いと思いますし、2着以下の馬と何が違うんでしょうね。脚の回転が前に進んでいく距離がやっぱり普通の馬とは違う。その普通のオープン馬と超一流の馬との差というのがちょっと知りたいが、それぐらい馬自身力をつけてますし、このまま順調に行けば相当な活躍が期待できるんじゃないかなと思う。
==福永祐一騎手==
イメージ通りのレースができたけど、これほど楽に勝てるとは思っていなかった。1戦毎に馬もスタートも良くなって来ているし、今のところ注文をつけるところは何もない。とにかく桜花賞まで無事に行って欲しいと思う。
2着 ライステラス 
前回同様正攻法の競馬で、やっぱりレーヴディソールに勝つには早めに抜け出すしかないなというのは、事前にわかっていたと。その理想通りの競馬をしたが、相手が悪かったとしか言いようがないですし、こういうタイプの馬走っても走ってもあまり人気にならないので、結局本番でライステラスを買うんなら、もっと未知の魅力がある馬を買おうという流れになってくると思う。そんな中で地味に好走するタイプの馬というのは次も結構狙えるんじゃないかなという感じがする。
3着 メデタシ 
これは上手く立ち回った。内ラチ沿いをそつなく立ち回っての3着なので、3着以下が大接戦だっただけにこの結果は大きいと思いますし、浜中騎手の好騎乗が光ったなという感じ。
阪神12R 4歳上1000万下 タイムB
基準より0秒6速い勝ちタイムだった。1番枠から先手を取ったベネラが直線に入っても先頭をキープしている。好位に居た1番人気フィールドシャインが2番手に上がって来るが、ベネラに並ぶところまでは行かない。その後タカノキングが追い上げて、フィールドシャインとの差を詰めて行くが、こちらも交わすことはできなかった。
1着 ベネラ 
最内枠でしかも好発を決めた事で、熊沢騎手が躊躇せずハナを奪いに行った。結果この作戦が正解だった。後続に陰も踏ませませんでしたから、非常に強い競馬だった。ただ、この馬強さとモロさが同居するタイプ。中途半端に控えると結果を出せない面もあって、時計が速いからと言って、昇級してもすぐには飛びつきにくいなという印象。
2着 フィールドシャイン 番組注目馬
ベネラを追いかけた馬が軒並み失速した。結果道中11番手以降の馬が3着から5着に突っ込んで来る中で、前に居た馬の中では唯一踏ん張っている。ですから、今回の走りは負けはしたが、評価に値しますし次走信頼度は高いと思う。注目馬。

  馬券Summary
注目馬、昇級上位候補馬、多し
注目馬・注目馬以外の勝ち馬で次走上位候補とできる馬以外でもブラックアテナ・サトノパイレーツ・カラフルデイズ・ナミダガキラリ・エーシンイオマンテ・アドマイヤカーリン・サクラアルディードらも有力なので、馬名だけでも覚えておくように。
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai