2011年2回小倉1日目

開催一覧
2011/12/25 (日)
中山 阪神 小倉
2011/12/24 (土)
中山 阪神 小倉
2011/12/18 (日)
中山 阪神 小倉
2011/12/17 (土)
中山 阪神 小倉
2011/12/11 (日)
中山 阪神 小倉
2011/12/10 (土)
中山 阪神 小倉
2011/12/04 (日)
中山 阪神 小倉
2011/12/03 (土)
中山 阪神 小倉
2011/11/27 (日)
東京 京都 小倉
2011/11/26 (土)
東京 京都 小倉
2011/11/20 (日)
東京 京都 新潟
2011/11/19 (土)
東京 京都 新潟
2011/11/13 (日)
東京 京都 新潟
2011/11/12 (土)
東京 京都 新潟
2011/11/06 (日)
東京 京都 新潟
2011/11/05 (土)
東京 京都 新潟
2011/10/30 (日)
東京 京都 新潟
2011/10/29 (土)
東京 京都 新潟
2011/10/23 (日)
東京 京都 新潟
2011/10/22 (土)
東京 京都 新潟
2011/10/16 (日)
東京 京都 新潟
2011/10/15 (土)
東京 京都 新潟
2011/10/10 (月)
東京
2011/10/09 (日)
東京 京都
2011/10/08 (土)
東京 京都
2011/10/02 (日)
中山 阪神 札幌
2011/10/01 (土)
中山 阪神 札幌
2011/09/25 (日)
中山 阪神 札幌
2011/09/24 (土)
中山 阪神 札幌
2011/09/19 (月)
阪神 札幌
2011/09/18 (日)
中山 阪神
2011/09/17 (土)
中山 札幌
2011/09/11 (日)
中山 阪神 札幌
2011/09/10 (土)
中山 阪神 札幌
2011/09/04 (日)
新潟 小倉 札幌
2011/09/03 (土)
新潟 小倉 札幌
2011/08/28 (日)
新潟 小倉 札幌
2011/08/27 (土)
新潟 小倉 札幌
2011/08/21 (日)
新潟 小倉 札幌
2011/08/20 (土)
新潟 小倉 札幌
2011/08/14 (日)
新潟 小倉 札幌
2011/08/13 (土)
新潟 小倉 札幌
2011/08/07 (日)
新潟 小倉 函館
2011/08/06 (土)
新潟 小倉 函館
2011/07/31 (日)
新潟 小倉 函館
2011/07/30 (土)
新潟 小倉 函館
2011/07/24 (日)
新潟 京都 函館
2011/07/23 (土)
新潟 京都 函館
2011/07/17 (日)
新潟 京都 函館
2011/07/16 (土)
新潟 京都 函館
2011/07/10 (日)
中山 京都 函館
2011/07/09 (土)
中山 京都 函館
2011/07/03 (日)
中山 京都 函館
2011/07/02 (土)
中山 京都 函館
2011/06/26 (日)
中山 阪神 函館
2011/06/25 (土)
中山 阪神 函館
2011/06/19 (日)
中山 阪神 函館
2011/06/18 (土)
中山 阪神 函館
2011/06/12 (日)
東京 阪神 新潟
2011/06/11 (土)
東京 阪神 新潟
2011/06/05 (日)
東京 阪神 新潟
2011/06/04 (土)
東京 阪神 新潟
2011/05/29 (日)
東京 京都 新潟
2011/05/28 (土)
東京 京都 新潟
2011/05/22 (日)
東京 京都 新潟
2011/05/21 (土)
東京 京都 新潟
2011/05/15 (日)
東京 京都 新潟
2011/05/14 (土)
東京 京都 新潟
2011/05/08 (日)
東京 京都 新潟
2011/05/07 (土)
東京 京都 新潟
2011/05/01 (日)
東京 京都 新潟
2011/04/30 (土)
東京 京都 新潟
2011/04/24 (日)
東京 京都 新潟
2011/04/23 (土)
東京 京都 新潟
2011/04/17 (日)
阪神 小倉
2011/04/16 (土)
阪神 小倉
2011/04/10 (日)
阪神 小倉
2011/04/09 (土)
阪神 小倉
2011/04/03 (日)
阪神 小倉
2011/04/02 (土)
阪神 小倉
2011/03/27 (日)
阪神 小倉
2011/03/26 (土)
阪神 小倉
2011/03/21 (月)
阪神
2011/03/20 (日)
阪神 小倉
2011/03/19 (土)
阪神 小倉
2011/03/06 (日)
中山 阪神 小倉
2011/03/05 (土)
中山 阪神 小倉
2011/02/27 (日)
中山 阪神 小倉
2011/02/26 (土)
中山 阪神 小倉
2011/02/20 (日)
東京 京都
2011/02/19 (土)
東京 京都
2011/02/14 (月)
小倉
2011/02/13 (日)
東京 京都 小倉
2011/02/12 (土)
東京 京都 小倉
2011/02/06 (日)
東京 京都 小倉
2011/02/05 (土)
東京 京都 小倉
2011/01/30 (日)
東京 京都 小倉
2011/01/29 (土)
東京 京都 小倉
2011/01/23 (日)
中山 京都 小倉
2011/01/22 (土)
中山 京都 小倉
2011/01/16 (日)
中山 京都
2011/01/15 (土)
中山 京都
2011/01/10 (月)
中山 京都
2011/01/09 (日)
中山 京都
2011/01/08 (土)
中山 京都
2011/01/05 (水)
中山 京都
  馬場コメント
先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜日がマイナス0秒5、日曜日がマイナス0秒4からプラスマイナスゼロへと変動だった。1回開催から中1週と間隔が詰まっていたので、まずは1回開催を含め、さかのぼって9日間の芝の馬場差を振り返っておく。7日目は雪で中止、続行競馬となり、9日間での開催だった。その最終週は雪や雨の影響で時計が掛かったが、3週目までは大きな変化はなかった。そして先週が2回開催開幕週だった。
1週空いただけでえらい違い。土曜だけを見れば、前開催初日に近いコンディションだった。間隔が詰まっているとは言え、やっぱり1週使用されなかったのが大きい。さらに先週からコース設定が替わって、Cコースになっている事も影響していると思われる。
日曜は終盤に雨が降った。ですから、雨の影響を受け始めた11Rはマイナス0秒3で、12Rの時には降雨も激しくなりましたから、プラスマイナスゼロだと思う。脚質的には前開催後半に届き始めた外差しが届かなくなっているのが、印象的だった。圧倒的に内を通った馬が、有利だった。
先週の馬場差1700m対象の数値は土曜日がプラス1秒0、日曜日がプラス1秒2だった。こちらもまずは1回開催の馬場差を振り返っておくと、6日目までは時計の掛かるコンディションで、特に4日目は掛かっていたが、最終週は雪や雨の影響で速い時計が出やすくなった。ただ、先週はプラス1秒台ですので、1回開催3週目のレベルに戻ったことになる。
数名のジョッキーに聞くと力の要る馬場と言っていましたし、実際上がり3ハロンが40秒掛かるレースが多かったですから、脚質的には小回りらしい先行有利ではなくて、ペースが速くなると差し馬も間に合っていた。脚質による有利不利は無い馬場だと考えて良いと思う。


  タイム分析
 2011/02/26 (土)  芝=-0.5  Cコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
4R T1200 ビッグスマイル    牝3 未勝利 1:08.7 -0.7 --- -0.4 --- B C
5R T1800 ヤマニンアーマー    牡3 未勝利 1:48.3 -0.2 --- +0.3 --- C D
9R T2000 トップゾーン    牡5 500万下 1:59.5 -0.4 --- +0.1 --- C D
11R T2000 エスピナアスール    牝4 太宰府特1000 2:01.2 +2.0 --- +1.9 --- SL C
12R T1200 ショウナンスマイル    牡4 甘木特別500 1:08.4 -0.1 --- +0.2 --- C C
 2011/02/26 (土)  ダ=+1.0
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R D1700 ノッティングボーイ    牡3 未勝利 1:49.3 +2.2 --- +1.2 --- E D
2R D1000 ロトドレッサー    牝3 未勝利・牝 0:59.6 +0.2 --- -0.4 --- B C
3R D1700 ファイヤー    牡3 未勝利 1:49.3 +2.2 --- +1.2 --- E E
6R D1700 テーオールネサンス    牝4 500万下・牝 1:46.5 +1.1 --- +0.1 --- C D
7R D1000 シゲルシゲザネ    牡4 500万下 0:59.3 +0.8 --- +0.2 --- C D
8R D1700 イノセントリーサム    牡4 500万下 1:46.5 +1.1 --- +0.1 --- C C
10R D1700 スマートリブレ    牡3 沈丁花賞500 1:48.7 +2.5 --- +1.5 --- E E
小倉1R 3歳未勝利 タイムE
基準より1秒2遅い勝ちタイムだった。
小倉2R 3歳未勝利 タイムB
基準より0秒4速い勝ちタイムだった。ロトドレッサーが先手を取って軽快に飛ばして行く。2番手はアキノランランだったが、それを内からエーシンパナギアが交わして行った。ただ、ロトドレッサーはリードを保って1着。4馬身差でエーシンパナギア、3着アキノランランはさらに離されていた。
1着 ロトドレッサー 
骨折明けの1戦だったが、レースに行くとスッと逃げて上がりもメンバー最速ですから、スピードの違いで他馬を圧倒した。今後1000mの3歳500万戦がないので、強くは推しづらいが、1200mでもひょっとしたらと思わせる勝ちっぷりの良さだった。
小倉3R 3歳未勝利 タイムE
基準より1秒2遅い勝ちタイムだった。
小倉4R 3歳未勝利 タイムB
基準より0秒4速い勝ちタイムだった。最内枠からクリノトルネードが先手を取って、直線に入って行った。その後内からはケイエスアーチャンが上がってくるが、外から伸びたビッグスマイルが内の2頭を交わして先頭に立っていく。ケイエスアーチャンもクリノトルネードを交わすが、ビッグスマイルが2馬身差をつけていた。
レースのラスト400mが12秒0-11秒8とゴールに向けて加速している。ですから、勝ち時計だけでなく数字の中身も優秀だという事になる。
1着 ビッグスマイル 
小柄な牝馬なので、中2週での小倉再輸送を懸念する向きもあったが、当日の馬体重はプラス2キロで上手く調整できていた。レースでは先ほど言った様に、内を通った馬が有利な状況の中から外から差しきった訳ですから、未勝利クラスなら力が上だったという事。ただ、レースぶりを見ていると距離は1400mぐらいあった方が競馬しやすそうなイメージ。いずれにせよ、昇級しても注意が必要な馬。
小倉9R 4歳上500万下 注目
勝ったトップゾーンを取り上げる。
1着 トップゾーン 
これは今まで試行錯誤しつつ、脚質をいろいろ試しながら競馬続けていたが、今回の内容を見る限り、中距離で逃げる形が一番良い。そういうことにしよう。ですから、タイムランクCだが、レースのラスト600mは11秒7-11秒7-11秒6で全くラップが落ちていない。昇級しても自身の競馬に持ち込めば楽しみですし、人気がないなら馬券を買ってみたいと思う。
小倉10R 沈丁花賞 タイムE
基準より1秒5遅い勝ちタイムだった。
小倉11R 太宰府特別 タイムSL
前半・中盤が遅く、補正しきれずにスローの扱いとする。

  馬券Summary
持ってる
後ほど
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai