2011年1回阪神1日目

開催一覧
2011/12/25 (日)
中山 阪神 小倉
2011/12/24 (土)
中山 阪神 小倉
2011/12/18 (日)
中山 阪神 小倉
2011/12/17 (土)
中山 阪神 小倉
2011/12/11 (日)
中山 阪神 小倉
2011/12/10 (土)
中山 阪神 小倉
2011/12/04 (日)
中山 阪神 小倉
2011/12/03 (土)
中山 阪神 小倉
2011/11/27 (日)
東京 京都 小倉
2011/11/26 (土)
東京 京都 小倉
2011/11/20 (日)
東京 京都 新潟
2011/11/19 (土)
東京 京都 新潟
2011/11/13 (日)
東京 京都 新潟
2011/11/12 (土)
東京 京都 新潟
2011/11/06 (日)
東京 京都 新潟
2011/11/05 (土)
東京 京都 新潟
2011/10/30 (日)
東京 京都 新潟
2011/10/29 (土)
東京 京都 新潟
2011/10/23 (日)
東京 京都 新潟
2011/10/22 (土)
東京 京都 新潟
2011/10/16 (日)
東京 京都 新潟
2011/10/15 (土)
東京 京都 新潟
2011/10/10 (月)
東京
2011/10/09 (日)
東京 京都
2011/10/08 (土)
東京 京都
2011/10/02 (日)
中山 阪神 札幌
2011/10/01 (土)
中山 阪神 札幌
2011/09/25 (日)
中山 阪神 札幌
2011/09/24 (土)
中山 阪神 札幌
2011/09/19 (月)
阪神 札幌
2011/09/18 (日)
中山 阪神
2011/09/17 (土)
中山 札幌
2011/09/11 (日)
中山 阪神 札幌
2011/09/10 (土)
中山 阪神 札幌
2011/09/04 (日)
新潟 小倉 札幌
2011/09/03 (土)
新潟 小倉 札幌
2011/08/28 (日)
新潟 小倉 札幌
2011/08/27 (土)
新潟 小倉 札幌
2011/08/21 (日)
新潟 小倉 札幌
2011/08/20 (土)
新潟 小倉 札幌
2011/08/14 (日)
新潟 小倉 札幌
2011/08/13 (土)
新潟 小倉 札幌
2011/08/07 (日)
新潟 小倉 函館
2011/08/06 (土)
新潟 小倉 函館
2011/07/31 (日)
新潟 小倉 函館
2011/07/30 (土)
新潟 小倉 函館
2011/07/24 (日)
新潟 京都 函館
2011/07/23 (土)
新潟 京都 函館
2011/07/17 (日)
新潟 京都 函館
2011/07/16 (土)
新潟 京都 函館
2011/07/10 (日)
中山 京都 函館
2011/07/09 (土)
中山 京都 函館
2011/07/03 (日)
中山 京都 函館
2011/07/02 (土)
中山 京都 函館
2011/06/26 (日)
中山 阪神 函館
2011/06/25 (土)
中山 阪神 函館
2011/06/19 (日)
中山 阪神 函館
2011/06/18 (土)
中山 阪神 函館
2011/06/12 (日)
東京 阪神 新潟
2011/06/11 (土)
東京 阪神 新潟
2011/06/05 (日)
東京 阪神 新潟
2011/06/04 (土)
東京 阪神 新潟
2011/05/29 (日)
東京 京都 新潟
2011/05/28 (土)
東京 京都 新潟
2011/05/22 (日)
東京 京都 新潟
2011/05/21 (土)
東京 京都 新潟
2011/05/15 (日)
東京 京都 新潟
2011/05/14 (土)
東京 京都 新潟
2011/05/08 (日)
東京 京都 新潟
2011/05/07 (土)
東京 京都 新潟
2011/05/01 (日)
東京 京都 新潟
2011/04/30 (土)
東京 京都 新潟
2011/04/24 (日)
東京 京都 新潟
2011/04/23 (土)
東京 京都 新潟
2011/04/17 (日)
阪神 小倉
2011/04/16 (土)
阪神 小倉
2011/04/10 (日)
阪神 小倉
2011/04/09 (土)
阪神 小倉
2011/04/03 (日)
阪神 小倉
2011/04/02 (土)
阪神 小倉
2011/03/27 (日)
阪神 小倉
2011/03/26 (土)
阪神 小倉
2011/03/21 (月)
阪神
2011/03/20 (日)
阪神 小倉
2011/03/19 (土)
阪神 小倉
2011/03/06 (日)
中山 阪神 小倉
2011/03/05 (土)
中山 阪神 小倉
2011/02/27 (日)
中山 阪神 小倉
2011/02/26 (土)
中山 阪神 小倉
2011/02/20 (日)
東京 京都
2011/02/19 (土)
東京 京都
2011/02/14 (月)
小倉
2011/02/13 (日)
東京 京都 小倉
2011/02/12 (土)
東京 京都 小倉
2011/02/06 (日)
東京 京都 小倉
2011/02/05 (土)
東京 京都 小倉
2011/01/30 (日)
東京 京都 小倉
2011/01/29 (土)
東京 京都 小倉
2011/01/23 (日)
中山 京都 小倉
2011/01/22 (土)
中山 京都 小倉
2011/01/16 (日)
中山 京都
2011/01/15 (土)
中山 京都
2011/01/10 (月)
中山 京都
2011/01/09 (日)
中山 京都
2011/01/08 (土)
中山 京都
2011/01/05 (水)
中山 京都
  馬場コメント
先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土日共にマイナス0秒6だった。
開幕週という事もあって、まずまず時計の出やすいコンディションだったが、同じAコース良馬場で行われた前回の阪神開催、すなわち去年の12月の開催の開幕週は土曜がマイナス1秒0で日曜がマイナス1秒2だった。それを思うと極端に時計が速いわけではない。脚質的には逃げ・差し混在で目立った傾向はなかった。ただ、前にも話した通り、阪神の芝は開幕週だからと言って先行有利ではないのが、大きな特徴。それは今回もそうだった。開幕週イコール先行有利という認識はもう捨てた方が良いと思う。なおこの開催は全てAコースが使用される。
先週の馬場差1800m対象の数値は土日ともにプラス1秒0だった。
パサパサで時計の掛かるコンディション。前回の阪神開催が良馬場の場合、マイナス0秒3からプラス0秒1の間で推移していた事を思うと、極端に時計が掛かっている。一言で言えば力の要る馬場ということになる。ただ脚質的には特に目立った傾向はなくて、ペースが速くなった際にはきっちりと差し馬も届いていた。


  タイム分析
 2011/02/26 (土)  芝=-0.6  Aコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
6R T2000 パッションダンス    牡3 新馬 2:04.3 +1.6 --- +1.5 --- SL C
7R T1200 アポロフィオリーナ    牝3 500万下 1:09.7 +0.2 --- +0.6 --- D E
9R T1600 マックスドリーム    牡4 千里山H1000 1:34.7 +0.7 --- +0.5 --- D D
10R T2400 ブラストダッシュ    牡6 御堂筋S1600 2:25.4 -0.3 --- +0.4 --- D C
11R T1600 ノーザンリバー    牡3 アーリンG3 1:34.2 -0.2 --- +0.3 --- D D
 2011/02/26 (土)  ダ=+1.0
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R D1200 ヤマニンラレーヌ    牝3 未勝利・牝 1:14.0 +0.7 --- ±0 --- C D
2R D1800 ドリームボルケーノ    牡3 未勝利 1:56.3 +1.6 --- +0.6 --- D C
3R D1400 エーシンバサラ    牡3 未勝利 1:27.2 +1.0 --- +0.2 --- C C
5R D1200 サトノティアラ    牝3 新馬 1:14.4 +0.9 --- +0.2 --- C D
8R D1400 スズカイルマン    牡4 500万下 1:25.8 +0.9 --- +0.1 --- C D
12R D1800 キョウジ    牡4 1000万下 1:53.8 +1.5 --- +0.5 --- D D
阪神6R 3歳新馬 タイムSL
道中のラップが遅かった分、時計は平凡だが勝ち馬の強さは目立ったので取り上げておく。
前半・中盤が遅く、補正しきれずスローの扱いとする。
1着 パッションダンス 
アドマイヤキッスの下にあたる良血馬。体は少し余裕残しだったが、レースでは一旦マクられる感じになりながらも、そこから盛り返して勝った。センスの良さが光った。昇級しても通用のレベルだと思いますし、ちなみにこの馬も先ほどのハブルバブルと同じディープインパクト産駒になる。
阪神9R 千里山特別 注目
勝ったマックスドリームを取り上げる。
1着 マックスドリーム 
これで500万・1000万連勝になった。以前は脚質的に取りこぼしが多かったが、前走は向正面で一気に上がっていく形で勝って、今回は本来の末脚を活かす形で勝ったという事で、違うパターンで2連勝してきたというのは、ただの連勝以上に意味が大きいと思う。もともと宮調教師が素質を高く評価してて、日曜小倉、この馬が勝った後お会いした時も「3連勝ひょっとしたらできるんちゃうかなと」心強いお言葉も聞こえたので、個人的にも次走もハンデ戦出走なら3連勝の可能性もかなり高いと思う。
阪神11R アーリントンC 
テイエムオオタカが今回も先手を取った。このレースもペースが遅かった。800mが47秒3で上がりが46秒9という事で、前半の方が遅いラップになった。開幕週で内も良かったという事で、最後の最後までテイエムオオタカとキョウエイバサラがしぶとく粘ったが、ノーザンリバーが中団から最後は力強く伸びて抜け出してゴールインという競馬になった。
1着 ノーザンリバー 
芝でも良い競馬をしていた馬なので、決してダート馬ではないという評価を持っていたが、開幕週のパンパンの芝で抜け出したというのは高く評価して良いと思いますし、距離的にも1600mで幅広くこなしてきているという事で、あんまり距離が伸びて良いタイプではないと思うが、一瞬の追った時の反応の良さとかはやはりある程度短い距離ならやれると思いますし、今後もマイル前後で活躍していくタイプの馬じゃないかなと思う。
==武豊騎手==
体は減っていたけど、以前に乗せてもらった時よりしっかりしていたし、仕上がりは良かったと思う。ゲート入りは嫌がっていたけど、出るのは早かったし、センスが良くて乗りやすい馬。ダートで連勝して芝でも勝てたから今後の選択肢が広がりました。
4着 ラトルスネーク 
前は凄く折り合いに難があった馬だが、今折り合いはつく様になっている。ただ、内々で我慢させて直線で前が壁になって追い出すのを待たされた。気性面とかそういう折り合い面に関しては成長しているが、やはりちょっと運がないなと言うか、この馬もなかなか路線に乗り切れないなというのが印象。
5着 スマートロビン 
これはもうちょっと距離があった方が良いんじゃないかなと思う。マイルでは忙しくて、やっぱり反応がスッと反応できるタイプの馬じゃないので、勝ったノーザンリバーがスッと反応できるタイプの馬ですから、その差が1着・5着という着順に出てるんじゃないかなと思いますし、1800m・2000mぐらいの距離で狙ってみたい1頭だなと思う。
7着 ノーブルジュエリー 
これはスタートが悪くてちょっと寄られて、結局後ろから外を回す競馬になって、今までそういう競馬全く経験した事ない訳ですからね。デムーロ騎手、先週は結構後ろから外を回す競馬がヴィクトワールピサを筆頭に多かった。ヴィクトワールピサ級の馬ならそれでも勝てるが、やっぱりここではキャリアの浅い馬達なので、そこまでで勝ちきるまでのまだ力は無かったと思うが、前に行ければしぶとい馬ですし、ホント見た目とか雰囲気とか結構一流馬の雰囲気を持っている馬なので、これで終わるタイプではないと思う。

  馬券Summary
時計のかかる馬場
後ほど
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai