2011年2回小倉9日目

開催一覧
2011/12/25 (日)
中山 阪神 小倉
2011/12/24 (土)
中山 阪神 小倉
2011/12/18 (日)
中山 阪神 小倉
2011/12/17 (土)
中山 阪神 小倉
2011/12/11 (日)
中山 阪神 小倉
2011/12/10 (土)
中山 阪神 小倉
2011/12/04 (日)
中山 阪神 小倉
2011/12/03 (土)
中山 阪神 小倉
2011/11/27 (日)
東京 京都 小倉
2011/11/26 (土)
東京 京都 小倉
2011/11/20 (日)
東京 京都 新潟
2011/11/19 (土)
東京 京都 新潟
2011/11/13 (日)
東京 京都 新潟
2011/11/12 (土)
東京 京都 新潟
2011/11/06 (日)
東京 京都 新潟
2011/11/05 (土)
東京 京都 新潟
2011/10/30 (日)
東京 京都 新潟
2011/10/29 (土)
東京 京都 新潟
2011/10/23 (日)
東京 京都 新潟
2011/10/22 (土)
東京 京都 新潟
2011/10/16 (日)
東京 京都 新潟
2011/10/15 (土)
東京 京都 新潟
2011/10/10 (月)
東京
2011/10/09 (日)
東京 京都
2011/10/08 (土)
東京 京都
2011/10/02 (日)
中山 阪神 札幌
2011/10/01 (土)
中山 阪神 札幌
2011/09/25 (日)
中山 阪神 札幌
2011/09/24 (土)
中山 阪神 札幌
2011/09/19 (月)
阪神 札幌
2011/09/18 (日)
中山 阪神
2011/09/17 (土)
中山 札幌
2011/09/11 (日)
中山 阪神 札幌
2011/09/10 (土)
中山 阪神 札幌
2011/09/04 (日)
新潟 小倉 札幌
2011/09/03 (土)
新潟 小倉 札幌
2011/08/28 (日)
新潟 小倉 札幌
2011/08/27 (土)
新潟 小倉 札幌
2011/08/21 (日)
新潟 小倉 札幌
2011/08/20 (土)
新潟 小倉 札幌
2011/08/14 (日)
新潟 小倉 札幌
2011/08/13 (土)
新潟 小倉 札幌
2011/08/07 (日)
新潟 小倉 函館
2011/08/06 (土)
新潟 小倉 函館
2011/07/31 (日)
新潟 小倉 函館
2011/07/30 (土)
新潟 小倉 函館
2011/07/24 (日)
新潟 京都 函館
2011/07/23 (土)
新潟 京都 函館
2011/07/17 (日)
新潟 京都 函館
2011/07/16 (土)
新潟 京都 函館
2011/07/10 (日)
中山 京都 函館
2011/07/09 (土)
中山 京都 函館
2011/07/03 (日)
中山 京都 函館
2011/07/02 (土)
中山 京都 函館
2011/06/26 (日)
中山 阪神 函館
2011/06/25 (土)
中山 阪神 函館
2011/06/19 (日)
中山 阪神 函館
2011/06/18 (土)
中山 阪神 函館
2011/06/12 (日)
東京 阪神 新潟
2011/06/11 (土)
東京 阪神 新潟
2011/06/05 (日)
東京 阪神 新潟
2011/06/04 (土)
東京 阪神 新潟
2011/05/29 (日)
東京 京都 新潟
2011/05/28 (土)
東京 京都 新潟
2011/05/22 (日)
東京 京都 新潟
2011/05/21 (土)
東京 京都 新潟
2011/05/15 (日)
東京 京都 新潟
2011/05/14 (土)
東京 京都 新潟
2011/05/08 (日)
東京 京都 新潟
2011/05/07 (土)
東京 京都 新潟
2011/05/01 (日)
東京 京都 新潟
2011/04/30 (土)
東京 京都 新潟
2011/04/24 (日)
東京 京都 新潟
2011/04/23 (土)
東京 京都 新潟
2011/04/17 (日)
阪神 小倉
2011/04/16 (土)
阪神 小倉
2011/04/10 (日)
阪神 小倉
2011/04/09 (土)
阪神 小倉
2011/04/03 (日)
阪神 小倉
2011/04/02 (土)
阪神 小倉
2011/03/27 (日)
阪神 小倉
2011/03/26 (土)
阪神 小倉
2011/03/21 (月)
阪神
2011/03/20 (日)
阪神 小倉
2011/03/19 (土)
阪神 小倉
2011/03/06 (日)
中山 阪神 小倉
2011/03/05 (土)
中山 阪神 小倉
2011/02/27 (日)
中山 阪神 小倉
2011/02/26 (土)
中山 阪神 小倉
2011/02/20 (日)
東京 京都
2011/02/19 (土)
東京 京都
2011/02/14 (月)
小倉
2011/02/13 (日)
東京 京都 小倉
2011/02/12 (土)
東京 京都 小倉
2011/02/06 (日)
東京 京都 小倉
2011/02/05 (土)
東京 京都 小倉
2011/01/30 (日)
東京 京都 小倉
2011/01/29 (土)
東京 京都 小倉
2011/01/23 (日)
中山 京都 小倉
2011/01/22 (土)
中山 京都 小倉
2011/01/16 (日)
中山 京都
2011/01/15 (土)
中山 京都
2011/01/10 (月)
中山 京都
2011/01/09 (日)
中山 京都
2011/01/08 (土)
中山 京都
2011/01/05 (水)
中山 京都
  馬場コメント
中山開催が取りやめとなった影響により、2回小倉は開催を延長し、トータル6週の開催となっている。先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がマイナス0秒6、日曜がマイナス0秒5だった。まずはここまで8日間の芝の馬場差を振り返っておくと、雨の影響を受けた日が多く、1日の中でも時計の出方が異なる日が目につく。ただ、この開催7日目そして先週はまずまず時計の出やすいコンディションだった。なお、4/16・17つまり来週末も引き続き小倉で3回小倉初日・2日目として開催される。
Cコースの5週目とあって、直線を初めとして内側の傷みは見た目にも顕著だが、土曜の馬場差マイナス0秒6はこの開催の良馬場発表でも最も速かった3週間前の7日目と同じだった。この中間の降雨量がゼロミリ。さらにローラーによる整備が行われた事も要因だろう。日曜は使用が進んで、土曜よりも時計が掛かっていたが、それでも水準よりも速い。よって、開催が進行しても外伸びとはならず、内側の馬の健闘が随所に見られた。今週以降も引き続いてCコース使用となる。
先週の馬場差1700m対象の数値は土日ともにプラス1秒0だった。まずはここまで8日間の馬場差を振り返っておくと、ダートも雨の影響で1日の中でも時計の出方が、異なる日が多くなっている。ただ、この開催7日目そして先週は乾いた馬場で、プラスの馬場差。特に先週は掛かっていた。
こちらも雨の影響を受けなかった事を影響して、標準よりも大きく時計を要していた。そんな中1700mはハイペースのレースが多く、マクりや直線一気など前半後方に位置した馬の台頭が目立っていた。


  タイム分析
 2011/04/02 (土)  芝=-0.6  Cコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
4R T1200 マイネルメガロス    牡3 未勝利 1:08.7 -0.7 --- -0.3 --- B D
6R T2000 ライトレール    牝3 未勝利 2:00.0 -1.5 --- -0.9 --- A C
10R T1200 ビットスターダム    牡3 芝桜賞500 1:08.5 -0.3 --- +0.1 --- C D
12R T2000 レディパレード    牝4 日田特別500 2:00.3 +0.4 --- +0.5 --- D C
 2011/04/02 (土)  ダ=+1.0
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R D1700 ケイト    牝3 未勝利・牝 1:50.1 +3.0 --- +2.0 --- E D
2R D1000 ペプチドサファイア    牝3 未勝利 1:00.2 +0.8 --- +0.2 --- C D
3R D1700 アドマイヤサイモン    牡3 未勝利 1:48.9 +1.8 --- +0.8 --- D E
5R D1000 ウエスタンレビュー    牝3 未勝利 0:59.7 +0.3 --- -0.3 --- B E
7R D1000 エーシンビッグシー    牡5 500万下 0:59.6 +1.1 --- +0.5 --- D D
8R D1700 アマゾネスバイオ    牝6 500万下・牝 1:47.5 +2.1 --- +1.1 --- E E
9R D1700 ジールドリル    牡4 500万下 1:47.3 +1.9 --- +0.6 --- D D
11R D1700 ジョーメテオ    牡5 由布院特1000 1:47.0 +2.4 --- +1.4 --- E D
小倉1R 3歳未勝利・牝 タイムE
基準より2秒0遅い勝ちタイムだった。
小倉4R 3歳未勝利 タイムB
基準より0秒3速い勝ちタイムだった。大外からネオザミスティックがダッシュして先手を取って行った。2番手を進んでいたダズリングスマイルは手応えに余裕はなく、その外からマイネルメガロスが上がって行く。そしてマイネルメガロスが抜け出して1着。ネオザミスティックは交わされながらも、後続にはやや差をつけて2番手だった。
1着 マイネルメガロス 
腹痛明けだったが、関係なかった。そのマイネルメガロスは前走勝ち馬と同タイムの3着。良馬場発表でも雨の影響から内が荒れた状態の中、内めの枠から勝ちに行って、8枠の2頭に外伸びに乗じて差されていた。今回は馬場状況が好転して押し切ったが、ブリンカー効果がパフォーマンスを上げた要因だと思う。芝短距離は堅実なタイプだが、昇級するとメンバー次第だと思う。
小倉5R 3歳未勝利 タイムB
基準より0秒3速い勝ちタイムだった。イダテンハルが先手を取ってウエスタンレビュー・シゲルヒラシャインが続き、その外カシマホクトが居た。直線に入ってもこれら前の馬の争いで、ウエスタンレビューがイダテンハルを交わして抜け出す。さらにシゲルヒラシャインもイダテンハルを交わし、2番手に上がるが、ウエスタンレビューを交わすことはできずにゴールだった。
1着 ウエスタンレビュー 
3戦して全て2桁着順だったが、この中間美浦の坂路コースで好時計が出ていた。馬体も絞れて状態が一変した様。ただ、昇級すると1200mに使う可能性が高くて、即通用とまでは言えない。
小倉6R 3歳未勝利 タイムA
基準より0秒9速い勝ちタイムだった。ライトレールが外枠から逃げて、メイショウテッサイ・トーセンリョウマが続いた。直線に入ってもライトレールがリードを保っていた。2番手争いはトーセンリョウマがメイショウテッサイを交わし、一旦は2番手に上がるが、その外をゴールデングローブが伸び、内の2頭を交わし、さらにライトレールに迫ったが、ハナ差で及ばなかった。
1着 ライトレール 
2戦して11着・9着の後の3戦目。放牧明けで休養前よりも動きが良くなっていた。ハーツクライの牝馬で素質が高かったんだと思う。ただ、恐がりの気性で、外枠からハナを切れた事も勝因。上に行くと自分の競馬に持ち込めるかが、焦点になる。
2着 ゴールデングローブ 
ゴール前の脚は際立っていましたし、番組注目馬の候補ではあるが阪神を使って中1週で小倉へ輸送。馬体が12キロ減少していた。これ以上減ると危険なので、見送りたい。
3着 トーセンリョウマ 
ライトレールを追走して少し甘くなった。休養明けで上積みに期待できるが、芝中距離は成績の良い馬がまだまだ手ぐすねを引いていて、どこへ出走しても安心できる存在とまでは至っていないと思う。
4着 メイショウテッサイ 
ライトレールを追走して少し甘くなった。休養明けで上積みに期待できるが、芝中距離は成績の良い馬がまだまだ手ぐすねを引いていて、どこへ出走しても安心できる存在とまでは至っていないと思う。
小倉8R 4歳上500万下・牝 タイムE
基準より1秒1遅い勝ちタイムだった。
6着 スナークヒロイン 
1番人気で6着だったが、逃げたトレノローザにびっしりと競り込まれて、レースの前半900m通過55秒6のハイペース。今回は展開に泣かされた。前2走の内容から牝馬限定戦ならスピード上位だけに、次走同型馬不在なら巻き返してくるだろうと思う。
小倉10R 芝桜賞 注目
時計の速い土曜の芝で、レースの前半600m33秒9はスローに近い。こうなると内の馬が有利になってくるのは明白で、上がりも34秒6と速いことから、外を回って差すのは余計難しくなって来る。実際1着ビットスターダム、3着ビューディバラードは最内。4着ウルトラファインにしても内めだった。
2着 マイネルロガール 番組注目馬
そんな中勝負所から1番外を回らされて、直線はメイショウツガルと接触して張り出される様に外へ振られたのが2着のマイネルロガール。コース取りを考慮するなら、強い競馬をしている。元々オープンで4着・5着・4着があり、500万下では力が上。次は何とかなりそう。注目馬。
小倉11R 湯布院特別 タイムE
基準より1秒4遅い勝ちタイムだった。

  馬券Summary
田辺騎手が5勝
後ほど
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai