2011年3回京都5日目

開催一覧
2011/12/25 (日)
中山 阪神 小倉
2011/12/24 (土)
中山 阪神 小倉
2011/12/18 (日)
中山 阪神 小倉
2011/12/17 (土)
中山 阪神 小倉
2011/12/11 (日)
中山 阪神 小倉
2011/12/10 (土)
中山 阪神 小倉
2011/12/04 (日)
中山 阪神 小倉
2011/12/03 (土)
中山 阪神 小倉
2011/11/27 (日)
東京 京都 小倉
2011/11/26 (土)
東京 京都 小倉
2011/11/20 (日)
東京 京都 新潟
2011/11/19 (土)
東京 京都 新潟
2011/11/13 (日)
東京 京都 新潟
2011/11/12 (土)
東京 京都 新潟
2011/11/06 (日)
東京 京都 新潟
2011/11/05 (土)
東京 京都 新潟
2011/10/30 (日)
東京 京都 新潟
2011/10/29 (土)
東京 京都 新潟
2011/10/23 (日)
東京 京都 新潟
2011/10/22 (土)
東京 京都 新潟
2011/10/16 (日)
東京 京都 新潟
2011/10/15 (土)
東京 京都 新潟
2011/10/10 (月)
東京
2011/10/09 (日)
東京 京都
2011/10/08 (土)
東京 京都
2011/10/02 (日)
中山 阪神 札幌
2011/10/01 (土)
中山 阪神 札幌
2011/09/25 (日)
中山 阪神 札幌
2011/09/24 (土)
中山 阪神 札幌
2011/09/19 (月)
阪神 札幌
2011/09/18 (日)
中山 阪神
2011/09/17 (土)
中山 札幌
2011/09/11 (日)
中山 阪神 札幌
2011/09/10 (土)
中山 阪神 札幌
2011/09/04 (日)
新潟 小倉 札幌
2011/09/03 (土)
新潟 小倉 札幌
2011/08/28 (日)
新潟 小倉 札幌
2011/08/27 (土)
新潟 小倉 札幌
2011/08/21 (日)
新潟 小倉 札幌
2011/08/20 (土)
新潟 小倉 札幌
2011/08/14 (日)
新潟 小倉 札幌
2011/08/13 (土)
新潟 小倉 札幌
2011/08/07 (日)
新潟 小倉 函館
2011/08/06 (土)
新潟 小倉 函館
2011/07/31 (日)
新潟 小倉 函館
2011/07/30 (土)
新潟 小倉 函館
2011/07/24 (日)
新潟 京都 函館
2011/07/23 (土)
新潟 京都 函館
2011/07/17 (日)
新潟 京都 函館
2011/07/16 (土)
新潟 京都 函館
2011/07/10 (日)
中山 京都 函館
2011/07/09 (土)
中山 京都 函館
2011/07/03 (日)
中山 京都 函館
2011/07/02 (土)
中山 京都 函館
2011/06/26 (日)
中山 阪神 函館
2011/06/25 (土)
中山 阪神 函館
2011/06/19 (日)
中山 阪神 函館
2011/06/18 (土)
中山 阪神 函館
2011/06/12 (日)
東京 阪神 新潟
2011/06/11 (土)
東京 阪神 新潟
2011/06/05 (日)
東京 阪神 新潟
2011/06/04 (土)
東京 阪神 新潟
2011/05/29 (日)
東京 京都 新潟
2011/05/28 (土)
東京 京都 新潟
2011/05/22 (日)
東京 京都 新潟
2011/05/21 (土)
東京 京都 新潟
2011/05/15 (日)
東京 京都 新潟
2011/05/14 (土)
東京 京都 新潟
2011/05/08 (日)
東京 京都 新潟
2011/05/07 (土)
東京 京都 新潟
2011/05/01 (日)
東京 京都 新潟
2011/04/30 (土)
東京 京都 新潟
2011/04/24 (日)
東京 京都 新潟
2011/04/23 (土)
東京 京都 新潟
2011/04/17 (日)
阪神 小倉
2011/04/16 (土)
阪神 小倉
2011/04/10 (日)
阪神 小倉
2011/04/09 (土)
阪神 小倉
2011/04/03 (日)
阪神 小倉
2011/04/02 (土)
阪神 小倉
2011/03/27 (日)
阪神 小倉
2011/03/26 (土)
阪神 小倉
2011/03/21 (月)
阪神
2011/03/20 (日)
阪神 小倉
2011/03/19 (土)
阪神 小倉
2011/03/06 (日)
中山 阪神 小倉
2011/03/05 (土)
中山 阪神 小倉
2011/02/27 (日)
中山 阪神 小倉
2011/02/26 (土)
中山 阪神 小倉
2011/02/20 (日)
東京 京都
2011/02/19 (土)
東京 京都
2011/02/14 (月)
小倉
2011/02/13 (日)
東京 京都 小倉
2011/02/12 (土)
東京 京都 小倉
2011/02/06 (日)
東京 京都 小倉
2011/02/05 (土)
東京 京都 小倉
2011/01/30 (日)
東京 京都 小倉
2011/01/29 (土)
東京 京都 小倉
2011/01/23 (日)
中山 京都 小倉
2011/01/22 (土)
中山 京都 小倉
2011/01/16 (日)
中山 京都
2011/01/15 (土)
中山 京都
2011/01/10 (月)
中山 京都
2011/01/09 (日)
中山 京都
2011/01/08 (土)
中山 京都
2011/01/05 (水)
中山 京都
  馬場コメント
先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がマイナス1秒1、日曜がマイナス1秒0からマイナス0秒6、再びマイナス1秒0へという変動だった。3回京都前半4日間は雨の影響で時計が掛かる日が多かったが、先週は速い時計の出やすいコンディションだった。
土曜はCコースに替わって最初の日、さらに前半2週の様な雨の強い影響は無く、速い時計の出やすいコンディションとなった。日曜は午後の最初のレース、つまり5Rの直前に激しく雨が降り出し、その5Rだけは雨の影響で時計が掛かったので、変動となっている。言い換えると日曜は5R以外2000m換算の馬場差はマイナス1秒0となるという事。連対馬の脚質について、特に目についたのは土曜。前めに位置して内を立ち回った馬、セパレートコースに例えるなら、第1コースから第3コースを通った馬でないとちょっと厳しかった。3回京都は6週の開催で、最終週までこのままCコースが使用される。
先週の馬場差1800m対象の数値は土曜がマイナス0秒8、日曜がマイナス0秒2からマイナス0秒4、再びマイナス0秒2へという変動だった。ここまで6日間の馬場差を振り返っておくと、雨の影響により全てマイナスの馬場差となっている。
日曜は芝の5R時に雨が降り、ダートでは6Rについてはその影響が残っていたと判断している。従って6Rを除く日曜の馬場差は1800mに換算した数値はマイナス0秒2という事になる。ただ、それでも土日で比較した場合土曜の方が時計が出やすかった事も覚えておいていただきたい。


  タイム分析
 2011/05/07 (土)  芝=-1.1  Cコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
4R T2400 イグアス    牡3 未勝利 2:28.7 +0.2 --- +0.4 --- D C --
5R T1800 フレールジャック    牡3 未勝利 1:46.8 -1.8 --- -1.3 --- A C --
7R T1600 タイキパーシヴァル    牡3 500万下 1:33.2 -1.4 --- -0.5 --- B C --
8R T2000 ヤマニンシャスール    牡4 500万下 1:59.9 -0.7 --- -0.1 --- C D --
11R T2200 クレスコグランド    牡3 京都新聞G2 2:13.5 +0.1 --- +0.4 --- D D --
12R T1600 デコルテ    牝4 1000万下・牝 1:33.8 -0.1 --- +0.5 --- D D --
 2011/05/07 (土)  ダ=-0.8
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
1R D1800 ウイントゥルーラヴ    牝3 未勝利・牝 1:55.0 +0.9 --- +1.4 --- E E --
2R D1200 アテーナーズブレス    牝3 未勝利 1:11.8 -1.0 --- -0.5 --- B D --
3R D1800 キングブラーボ    牡3 未勝利 1:54.3 +0.2 --- +1.0 --- E D --
6R D1800 グランス    牝3 500万下 1:53.0 -0.2 --- +0.6 --- D D --
9R D1400 メイショウヤワラ    牝6 御池特別1000 1:23.2 -0.6 --- ±0 --- C C --
10R D1400 ドスライス    牡5 高瀬川H1600 1:22.4 -0.7 --- -0.1 --- C C --

京都1R 3歳未勝利・牝 タイムE
基準より1秒4遅い勝ちタイムだった。
京都2R 3歳未勝利 タイムB
基準より0秒5速い勝ちタイムだった。メイショウクロガネが逃げて、2番手にワンダーエレメント、その後アテーナーズブレスが続いて直線へと入って行った。ワンダーエレメントがメイショウクロガネを捕らえきれずに居るところ、外から勢いを増して伸びてきたのがアテーナーズブレス。先行2頭を交わして、抜け出して1着。メイショウクロガネが粘って2着。1番人気ワンダーエレメントはやや離された3着だった。
1着 アテーナーズブレス 
スッと好位につけ、先行馬をマークしながら直線では手応え通りにあっさり抜け出した。芝でのデビュー戦を使って、2戦目。ダート替わりで正に一変して来た。なかなかセンスの良さそうな馬ですし、昇級後もそれなりのマークが必要。
京都3R 3歳未勝利 タイムE
基準より1秒0遅い勝ちタイムだった。
京都5R 3歳未勝利 タイムA
基準より1秒3速い勝ちタイムだった。ブルースビスティーが先手を取って直線に入っても粘っている。その後3頭が並んでの叩き合いから、最内のショウナンカミングが単独2番手に一旦は上がるが、外に出されたフレールジャックが内の馬を交わし、さらにブルースビスティーも交わして抜け出して1着。そしてブルースビスティー、ショウナンカミングと続いた。
1着 フレールジャック 
初出走ながらも力を出せる仕上がりだった。スタートはあまり良くなかったものの、中団には位置して、直線で外に出されてのスパート、上がり600m推定タイムが33秒6。2番目に速かったデットシーピサが34秒4ですから、いかにこの馬の末脚が際立っていたかがわかる。さらに土曜の芝は、先ほども言った様に、前めに位置して内を回る馬の上位進出が目立った中、この馬は中団から、そしてハッキリ外から差しきった点に価値がある。ハルーワソングの子供という事ですから、同じ友道厩舎に居て主に短距離で勝ち星を挙げたハルーワスウィートの半弟という事になる。タイプが違うのはやはりフレールジャックの場合、父ディープインパクトだからという事だろう。
2着 ブルースビスティー 番組注目馬
2ヶ月ほど間隔を空けての出走だった。今回から装着したブリンカーの効果もあったのか、一転して逃げる競馬となった。中盤でペースを緩めたとは言え、直線も踏ん張っている。今回は勝ち馬が強かったのであり、次走も上位候補。注目馬。
京都7R 3歳500万下 タイムB
基準より0秒5速い勝ちタイムだった。タイキパーシヴァルが今回も先手を取ってマヤノクレド・ゼフィランサスと続く。その後続いたエーティーランボーや内のラフアウェイは伸びきれない。ゼフィランサスだけが逃げ粘るタイキパーシヴァルに迫って行ったが、交わすことはできずタイキパーシヴァルが逃げ切り。ハナ差でゼフィランサスが2着となった。
1着 タイキパーシヴァル 
前走タイムランク・メンバーランク共にBでの3着だった。先着馬がアストロロジー・ダコールですから、今回逃げ切り下地はあったという事。同じ1600mでも外回りよりも内回りの方がスピードを活かせそう。
2着 ゼフィランサス 
直線で包まれた前回とは違って、スムーズな競馬で力を出した。3着トップシャインには2馬身半差をつけており、自己条件なら上位。
4着 エーティーランボー 
前走の芝1400mの方が合っている様な気がする。距離短縮で見直したい。
5着 ラフアウェイ 
前走の芝1400mの方が合っている様な気がする。距離短縮で見直したい。
京都11R 京都新聞杯 
逃げていたサンビームがややリードを広げて直線。超のつくスローペース。タイムランクにもそれなりのペース補正値が入っている。道中の動きが少なく、3番手を進んだユニバーサルバンクは露骨に目標にされる展開だったが、それでも早めのスパート。ジワジワ前を交わし、上手く押し切れそうな体制だったが、外から2頭が併せ馬で伸びて来て、わずかに捕まったところがゴール。
1着 クレスコグランド 
内枠を活かした武豊騎手のそつのない騎乗がモノを言ったが、走って当然の血統背景がありますし、全てが長距離仕様に整っているのはある意味魅力。長く良い脚を使えて、勝負強い馬でもある。ダービーでも大負けしないのがこの手のタイプかもしれない。
==武豊騎手==
届けと祈るばかりだったけど、本当によく交わしてくれた。折り合ってすごくスムーズなレースができたし、とても乗りやすい馬だと感じた。まだ素質だけで走っている様なところもあるから、これからまだまだ良くなってくれると思う。
2着 ユニバーサルバンク 
坂の下りから一気のペースアップというラップの推移を踏まえると、一番強い競馬をしている。
3着 サウンドバスター 
前走のフリージア賞で見せたラストの12秒1-11秒7という上昇ラップは大変見応えがあった。今回は内々を走れたが、非常に先々が楽しみな持久力の持ち主。
10着 レッドデイヴィス 
これは故障していたという事ですから、全くの参考外だろう。

  馬券Summary
コンディション一変
後ほど
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai