2011年1回京都3日目

開催一覧
2011/12/25 (日)
中山 阪神 小倉
2011/12/24 (土)
中山 阪神 小倉
2011/12/18 (日)
中山 阪神 小倉
2011/12/17 (土)
中山 阪神 小倉
2011/12/11 (日)
中山 阪神 小倉
2011/12/10 (土)
中山 阪神 小倉
2011/12/04 (日)
中山 阪神 小倉
2011/12/03 (土)
中山 阪神 小倉
2011/11/27 (日)
東京 京都 小倉
2011/11/26 (土)
東京 京都 小倉
2011/11/20 (日)
東京 京都 新潟
2011/11/19 (土)
東京 京都 新潟
2011/11/13 (日)
東京 京都 新潟
2011/11/12 (土)
東京 京都 新潟
2011/11/06 (日)
東京 京都 新潟
2011/11/05 (土)
東京 京都 新潟
2011/10/30 (日)
東京 京都 新潟
2011/10/29 (土)
東京 京都 新潟
2011/10/23 (日)
東京 京都 新潟
2011/10/22 (土)
東京 京都 新潟
2011/10/16 (日)
東京 京都 新潟
2011/10/15 (土)
東京 京都 新潟
2011/10/10 (月)
東京
2011/10/09 (日)
東京 京都
2011/10/08 (土)
東京 京都
2011/10/02 (日)
中山 阪神 札幌
2011/10/01 (土)
中山 阪神 札幌
2011/09/25 (日)
中山 阪神 札幌
2011/09/24 (土)
中山 阪神 札幌
2011/09/19 (月)
阪神 札幌
2011/09/18 (日)
中山 阪神
2011/09/17 (土)
中山 札幌
2011/09/11 (日)
中山 阪神 札幌
2011/09/10 (土)
中山 阪神 札幌
2011/09/04 (日)
新潟 小倉 札幌
2011/09/03 (土)
新潟 小倉 札幌
2011/08/28 (日)
新潟 小倉 札幌
2011/08/27 (土)
新潟 小倉 札幌
2011/08/21 (日)
新潟 小倉 札幌
2011/08/20 (土)
新潟 小倉 札幌
2011/08/14 (日)
新潟 小倉 札幌
2011/08/13 (土)
新潟 小倉 札幌
2011/08/07 (日)
新潟 小倉 函館
2011/08/06 (土)
新潟 小倉 函館
2011/07/31 (日)
新潟 小倉 函館
2011/07/30 (土)
新潟 小倉 函館
2011/07/24 (日)
新潟 京都 函館
2011/07/23 (土)
新潟 京都 函館
2011/07/17 (日)
新潟 京都 函館
2011/07/16 (土)
新潟 京都 函館
2011/07/10 (日)
中山 京都 函館
2011/07/09 (土)
中山 京都 函館
2011/07/03 (日)
中山 京都 函館
2011/07/02 (土)
中山 京都 函館
2011/06/26 (日)
中山 阪神 函館
2011/06/25 (土)
中山 阪神 函館
2011/06/19 (日)
中山 阪神 函館
2011/06/18 (土)
中山 阪神 函館
2011/06/12 (日)
東京 阪神 新潟
2011/06/11 (土)
東京 阪神 新潟
2011/06/05 (日)
東京 阪神 新潟
2011/06/04 (土)
東京 阪神 新潟
2011/05/29 (日)
東京 京都 新潟
2011/05/28 (土)
東京 京都 新潟
2011/05/22 (日)
東京 京都 新潟
2011/05/21 (土)
東京 京都 新潟
2011/05/15 (日)
東京 京都 新潟
2011/05/14 (土)
東京 京都 新潟
2011/05/08 (日)
東京 京都 新潟
2011/05/07 (土)
東京 京都 新潟
2011/05/01 (日)
東京 京都 新潟
2011/04/30 (土)
東京 京都 新潟
2011/04/24 (日)
東京 京都 新潟
2011/04/23 (土)
東京 京都 新潟
2011/04/17 (日)
阪神 小倉
2011/04/16 (土)
阪神 小倉
2011/04/10 (日)
阪神 小倉
2011/04/09 (土)
阪神 小倉
2011/04/03 (日)
阪神 小倉
2011/04/02 (土)
阪神 小倉
2011/03/27 (日)
阪神 小倉
2011/03/26 (土)
阪神 小倉
2011/03/21 (月)
阪神
2011/03/20 (日)
阪神 小倉
2011/03/19 (土)
阪神 小倉
2011/03/06 (日)
中山 阪神 小倉
2011/03/05 (土)
中山 阪神 小倉
2011/02/27 (日)
中山 阪神 小倉
2011/02/26 (土)
中山 阪神 小倉
2011/02/20 (日)
東京 京都
2011/02/19 (土)
東京 京都
2011/02/14 (月)
小倉
2011/02/13 (日)
東京 京都 小倉
2011/02/12 (土)
東京 京都 小倉
2011/02/06 (日)
東京 京都 小倉
2011/02/05 (土)
東京 京都 小倉
2011/01/30 (日)
東京 京都 小倉
2011/01/29 (土)
東京 京都 小倉
2011/01/23 (日)
中山 京都 小倉
2011/01/22 (土)
中山 京都 小倉
2011/01/16 (日)
中山 京都
2011/01/15 (土)
中山 京都
2011/01/10 (月)
中山 京都
2011/01/09 (日)
中山 京都
2011/01/08 (土)
中山 京都
2011/01/05 (水)
中山 京都
  馬場コメント
ここまで芝の馬場差2000m対象の数値は初日・2日目がマイナス0秒3、3日目がマイナス0秒2、4日目がプラス0秒2だった。
昔の話だが、昨年の秋5回京都が全てAコースで続く6回京都は前半2週がBコース、後半2週がCコースだった。そして今開催はAコースですから、内側の芝がまるまる1開催の間保護されていたことになる。それでも馬場差は昨年最後の開催、つまり6回京都8日目と同じで仮柵を外したから高速馬場になったという訳ではないが、特に初日は徹底的に内が有利で前残りが目立った。2日目・3日目・4日目と日が経つにつれて徐々に外からの差しもそこそこ届くようになったが、全体としては4日間とも内を通る馬が有利だった。馬場差は2日目から3日目にかけて少しプラス方向に動いて、4日目はその馬場差はそのものがプラス領域に入った。レースが行われるにつれて、プラス方向に動いたという事だが、4日目にプラス領域にまで入ったのは風の影響もある。この後も1回京都はAコース使用。徐々に外差しにシフトして行く可能性も少しだが、ある。また4日目は風の影響もあったので、今週は雨の影響などがなければ馬場差がマイナス方向に動くかもしれない。
先週の馬場差1800m対象の数値は初日がマイナス0秒2、2日目がプラスマイナスゼロ、3日目がプラス0秒2、4日目がプラス0秒8だった。開催が進むほどに時計は掛かって行き、特に4日目はそれまでの3日間よりも掛かってきた。
初日から3日目まではほぼ水準レベルの馬場差だが、雨が降らずどんどん砂が乾いて行ったので、それに連れて少しずつプラス方向に動いたということ。そして4日目は大きくプラス方向に動いたが、馬場の乾燥が著しく進んだことに加えて、風の影響もあった。下級条件ではおおむね前残り。全体の時計が掛かったり、上級条件でペースが速くなったりすると差し馬が台頭するという、いつもの普段通りの京都ダートの傾向だった。


  タイム分析
 2011/01/09 (日)  芝=-0.2  Aコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
5R T2000 エーシンミズーリ    牡3 未勝利 2:01.3 -0.9 --- -0.7 --- B B --
6R T1600 ウアジェト    牝3 新馬 1:35.6 -0.2 --- ±0 --- C D --
9R T2000 エーシンジーライン    牡6 寿S1600 2:00.3 +1.2 --- +0.8 --- D C --
11R T1600 レッドデイヴィス    セ3 シンザンG3 1:34.0 -0.5 --- -0.3 --- B C --
12R T1200 キヲウエタオトコ    牡6 1000万下 1:08.5 -0.2 --- -0.1 --- C C --
 2011/01/09 (日)  ダ=+0.2
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
1R D1800 クローバーリーフ    牝3 未勝利・牝 1:55.5 +1.2 --- ±0 --- C C --
2R D1200 ダイシンワイルド    牡3 未勝利 1:14.4 +1.4 --- +1.3 --- E D --
3R D1800 メイショウヘイハチ    牡3 未勝利 1:56.1 +1.8 --- +1.6 --- E C --
4R D1200 メイショウマシュウ    牡3 新馬 1:13.8 +0.6 --- +0.5 --- D D --
7R D1200 エーシンスポール    牝4 500万下・牝 1:12.8 +0.9 --- +0.8 --- E C --
8R D1400 インペリアルマーチ    牡4 500万下 1:24.9 +0.4 --- +0.2 --- C C --
10R D1800 タガノジンガロ    牡4 五条坂特1000 1:51.7 -0.1 --- -0.3 --- C D --

京都1R 3歳未勝利・牝 注目
勝ったクローバーリーフについて。
1着 クローバーリーフ 
完全タイム差はプラスマイナスゼロだが、楽に先行して最後は流す楽勝だった。今回が7戦目にして初ダートが、兄ポイマンドレースはダートで4勝、兄グリッターウイングはダートで2勝、さらに母のレースウィングはダートで5勝でさらに母の弟にあたるアドマイヤシャトルとかトーセンアレスがいる非常に、なんと言うかダート一族。ダートならさらなる出世が見込めそう。3歳500万には牝馬限定のダート1800mというのは当分組まれていないが、牡馬相手の昇級戦でも組み合わせ次第では上位可能と見た。
京都2R 3歳未勝利 タイムE
基準より1秒3遅い勝ちタイムだった。
京都3R 3歳未勝利 タイムE
基準より1秒6遅い勝ちタイムだった。
京都5R 3歳未勝利 タイムB
基準より0秒7速い勝ちタイムだった。先頭のカネトシグレース・スーサングレートに4コーナーでエーシンミズーリが並んで行った。そして直線ではエーシンミズーリが抜け出して行き、1着。その後一旦前が詰まったサクラプリエールが伸び、2番手で粘っていたスーサングレートとの差を詰め、ハナ差で交わして2着となった。
このレース1000m通過が59秒9と遅くはなかったが、その後に12秒9-12秒7とペースが落ちて、ラスト600mは12秒2-11秒8-11秒8だった。
1着 エーシンミズーリ 
スーサングレートが上手い逃げを打ったが、好位からねじ伏せる様にエーシンミズーリが抜け出した。これまで新馬・未勝利戦で接戦した相手が500万でもそこそこ好走しているので、こちらも500万で上位可能だと思う。
2着 サクラプリエール 
外を通っては行けない馬場で上手く内から抜けて来てのもの。
3着 スーサングレート 
途中で息を入れる上手い逃げ。ちょっと強調はできない。
京都7R 4歳上500万下・牝 タイムE
基準より0秒8遅い勝ちタイムだった。
京都11R シンザン記念 タイムB
シゲルソウサイが先手を取ったが、抑えきれない感じでシャイニーホークが並んで行った。前の2頭が後続はを離していたが、前半800m47秒2、後半800m46秒8ですから、3番手以下は超スロー。離れた3番手からレッドデイヴィスが一気に差を詰めると、先頭に立ちオルフェーヴルなど差し馬も差を詰めて来るが、最後はちょっと流すぐらいの余裕を見せての1着だった。
基準より0秒3速い勝ちタイムだった。フェアリーSと同じ事が言えて、マイル戦で速い時計の出る決着だから、素直に上位馬は能力が高いとは言えるが、何しろ馬場の内側が有利だったという点はちょっと強く意識しておきたい。
1着 レッドデイヴィス 
馬っ気がキツかったという事で、デビュー前にすでに去勢されていた馬。その気性も災いしたという感じで、前走1位入線の降着だったが、レース経験を積む毎に徐々にまともになってきたという印象。セン馬なので春のG1には出走できないが、この後も重賞で注意。
==浜中俊騎手==
調教をつけて癖もなくて乗りやすいのは掴んでいた。レースに関しては任せるという指示でしたから、好位でスムーズに運ぶことだけを心がけた。幸いスタートが良くて良い位置で運べた。直線では抜け出すと、物見をしてフワフワしていたくらいまだ余裕があった様に、本当に強いレース内容だった。
2着 オルフェーヴル 
デビュー戦で派手に内にささったりして、その後も難しい面を見せていたが、今回坂路の追い切りでラチ沿いを走っていた訳じゃないのに、真っ直ぐ走っていた。それでもレースでは出遅れて、直線に入るまでは内を通っていたが、この馬場で外から差を詰めたのですから、価値はあると思う。1着馬も同じだが、気性難のあった馬が経験を積んで常識にかかってきた。
3着 マルセリーナ 
内有利の馬場で、内枠からずっと内を回っていた。上手くいったというレースではあるが、キャリア1戦の牝馬が牡馬相手の重賞で好走したのですから、高く評価できる。
4着 アドマイヤサガス 
朝日杯FSで受けた大きな不利の精神的な後遺症とか、外枠が不利な馬場状態だったとか、思いつく敗因はあるが、今回は上位3頭には力負けという内容だった。
5着 ドナウブルー 
朝日杯FSで受けた大きな不利の精神的な後遺症とか、外枠が不利な馬場状態だったとか、思いつく敗因はあるが、今回は上位3頭には力負けという内容だった。
==福永祐一騎手==
前半行きたがるところを見せていたけど、それでも落ち着いて良いポジションで運べていた。ただ、仕掛けた時の反応が今までほどではなかった。その辺りが力んでいた影響かも。今日はキャリアの差もあったかもしれないが、間違いなく素質のある馬です。

  馬券Summary
芝は内有利
外を通った馬
1/8(土)京都11R新春S:4着・ボーダレスワールド、5着・セイウンワキタツ
1/10(月)京都11R淀短距離S:4着コパノオーシャンズ
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai