2011年4回阪神1日目

開催一覧
2011/12/25 (日)
中山 阪神 小倉
2011/12/24 (土)
中山 阪神 小倉
2011/12/18 (日)
中山 阪神 小倉
2011/12/17 (土)
中山 阪神 小倉
2011/12/11 (日)
中山 阪神 小倉
2011/12/10 (土)
中山 阪神 小倉
2011/12/04 (日)
中山 阪神 小倉
2011/12/03 (土)
中山 阪神 小倉
2011/11/27 (日)
東京 京都 小倉
2011/11/26 (土)
東京 京都 小倉
2011/11/20 (日)
東京 京都 新潟
2011/11/19 (土)
東京 京都 新潟
2011/11/13 (日)
東京 京都 新潟
2011/11/12 (土)
東京 京都 新潟
2011/11/06 (日)
東京 京都 新潟
2011/11/05 (土)
東京 京都 新潟
2011/10/30 (日)
東京 京都 新潟
2011/10/29 (土)
東京 京都 新潟
2011/10/23 (日)
東京 京都 新潟
2011/10/22 (土)
東京 京都 新潟
2011/10/16 (日)
東京 京都 新潟
2011/10/15 (土)
東京 京都 新潟
2011/10/10 (月)
東京
2011/10/09 (日)
東京 京都
2011/10/08 (土)
東京 京都
2011/10/02 (日)
中山 阪神 札幌
2011/10/01 (土)
中山 阪神 札幌
2011/09/25 (日)
中山 阪神 札幌
2011/09/24 (土)
中山 阪神 札幌
2011/09/19 (月)
阪神 札幌
2011/09/18 (日)
中山 阪神
2011/09/17 (土)
中山 札幌
2011/09/11 (日)
中山 阪神 札幌
2011/09/10 (土)
中山 阪神 札幌
2011/09/04 (日)
新潟 小倉 札幌
2011/09/03 (土)
新潟 小倉 札幌
2011/08/28 (日)
新潟 小倉 札幌
2011/08/27 (土)
新潟 小倉 札幌
2011/08/21 (日)
新潟 小倉 札幌
2011/08/20 (土)
新潟 小倉 札幌
2011/08/14 (日)
新潟 小倉 札幌
2011/08/13 (土)
新潟 小倉 札幌
2011/08/07 (日)
新潟 小倉 函館
2011/08/06 (土)
新潟 小倉 函館
2011/07/31 (日)
新潟 小倉 函館
2011/07/30 (土)
新潟 小倉 函館
2011/07/24 (日)
新潟 京都 函館
2011/07/23 (土)
新潟 京都 函館
2011/07/17 (日)
新潟 京都 函館
2011/07/16 (土)
新潟 京都 函館
2011/07/10 (日)
中山 京都 函館
2011/07/09 (土)
中山 京都 函館
2011/07/03 (日)
中山 京都 函館
2011/07/02 (土)
中山 京都 函館
2011/06/26 (日)
中山 阪神 函館
2011/06/25 (土)
中山 阪神 函館
2011/06/19 (日)
中山 阪神 函館
2011/06/18 (土)
中山 阪神 函館
2011/06/12 (日)
東京 阪神 新潟
2011/06/11 (土)
東京 阪神 新潟
2011/06/05 (日)
東京 阪神 新潟
2011/06/04 (土)
東京 阪神 新潟
2011/05/29 (日)
東京 京都 新潟
2011/05/28 (土)
東京 京都 新潟
2011/05/22 (日)
東京 京都 新潟
2011/05/21 (土)
東京 京都 新潟
2011/05/15 (日)
東京 京都 新潟
2011/05/14 (土)
東京 京都 新潟
2011/05/08 (日)
東京 京都 新潟
2011/05/07 (土)
東京 京都 新潟
2011/05/01 (日)
東京 京都 新潟
2011/04/30 (土)
東京 京都 新潟
2011/04/24 (日)
東京 京都 新潟
2011/04/23 (土)
東京 京都 新潟
2011/04/17 (日)
阪神 小倉
2011/04/16 (土)
阪神 小倉
2011/04/10 (日)
阪神 小倉
2011/04/09 (土)
阪神 小倉
2011/04/03 (日)
阪神 小倉
2011/04/02 (土)
阪神 小倉
2011/03/27 (日)
阪神 小倉
2011/03/26 (土)
阪神 小倉
2011/03/21 (月)
阪神
2011/03/20 (日)
阪神 小倉
2011/03/19 (土)
阪神 小倉
2011/03/06 (日)
中山 阪神 小倉
2011/03/05 (土)
中山 阪神 小倉
2011/02/27 (日)
中山 阪神 小倉
2011/02/26 (土)
中山 阪神 小倉
2011/02/20 (日)
東京 京都
2011/02/19 (土)
東京 京都
2011/02/14 (月)
小倉
2011/02/13 (日)
東京 京都 小倉
2011/02/12 (土)
東京 京都 小倉
2011/02/06 (日)
東京 京都 小倉
2011/02/05 (土)
東京 京都 小倉
2011/01/30 (日)
東京 京都 小倉
2011/01/29 (土)
東京 京都 小倉
2011/01/23 (日)
中山 京都 小倉
2011/01/22 (土)
中山 京都 小倉
2011/01/16 (日)
中山 京都
2011/01/15 (土)
中山 京都
2011/01/10 (月)
中山 京都
2011/01/09 (日)
中山 京都
2011/01/08 (土)
中山 京都
2011/01/05 (水)
中山 京都
  馬場コメント
先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がマイナス1秒3、日曜がマイナス1秒0だった。2週の開催だった3回阪神から続いて4回開催が行われている。4回阪神も2週の開催で、今週が最終週。先週と同じくBコースが使用される。そして来週からは4回京都が4週の開催で施工される。3回開催を合わせてここまで6日間の馬場差を振り返っておくと、雨の影響を受ける日はあっても、ほとんどはマイナス1秒台。
木曜から金曜にかけて雨が降っていたが、金曜正午の時点で良馬場だった。そのまま土曜は良馬場だった。稍重だった先々週の土曜の前半でさえ、マイナス1秒0という芝で、先週はBコースに替わった事もあり、土曜はマイナス1秒3、依然として速い時計が出るコンディションだった。土曜の夕方から夜中にかけて雨が降って、稍重スタートとなった日曜日でもマイナス1秒0。少々の雨ではビクともしないという芝で、4週目となる今週も良馬場ならマイナス1秒を超える高速馬場となるはず。
先週の馬場差1800m対象の数値は土曜がマイナス2秒1、日曜がマイナス2秒2だった。ここまで6日間の馬場差を振り返っておくと、1週目にしてもまずまず時計は出やすかったが、3日目以降は雨の影響で脚抜きが良く、全て馬場差はマイナス2秒台。
木曜から金曜にかけて雨が降って、金曜の正午の時点で重馬場で、土曜はそのまま重馬場だった。さらに土曜の夕方から夜中にかけて雨が降ったため、日曜日も重馬場。土日ともほぼ同じレベル。先々週ほどではないが、かなりの高速馬場だった。ただし、先々週の様な特殊な馬場状態という程ではなく、単純に速い時計が出る状態で、なんでもかんでも前残りという訳ではなかった。


  タイム分析
 2011/06/18 (土)  芝=-1.3  Bコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
5R T1200 コスモルーシー    牝2 新馬 1:09.6 -1.0 --- -0.2 --- C C
7R T2000 サンライズマルス    牡3 未勝利 2:01.2 -0.9 --- -0.5 --- B B
8R T1400 アスタータイクーン    セ4 500万下 1:21.3 -0.7 --- +0.2 --- C C
10R T1800 ミッキードリーム    牡4 三宮特別1000 1:47.0 +0.4 --- +0.5 --- D B
11R T1600 エアラフォン    牡4 ストーH1600 1:33.2 -0.2 --- +0.6 --- D B
 2011/06/18 (土)  ダ=-2.1
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R D1800 レッドレジーナ    牝3 未勝利・牝 1:53.4 -1.1 --- +1.0 --- E E
2R D1200 ワンダーゴヴェルノ    牡3 未勝利 1:11.8 -1.3 --- +0.1 --- C D
3R D1800 タッチドヘヴンリー    牡3 未勝利 1:52.6 -1.9 --- +0.2 --- C D
6R D1400 トラバント    牡3 未勝利 1:24.2 -1.8 --- -0.2 --- C D
9R D1800 パルラメンターレ    牡4 城崎特別500 1:50.5 -2.6 --- -0.5 --- B B
12R D1400 シルバーキセキ    牝4 500万下・牝 1:23.9 -1.0 --- +0.6 --- D C
阪神1R 3歳未勝利・牝 タイムE
基準より1秒0遅い勝ちタイムだった。
阪神7R 3歳未勝利 タイムB
基準より0秒5速い勝ちタイムだった。サンライズマルスが先手を取って直線。その後内のサクラアルディート、その外アドマイヤネアルコが叩き合っていたが、サンライズマルスは並ばせる事無く逃げ切り。そして内のサクラアルディートが単独2番手に上がって、アドマイヤネアルコはラスト離されての3着だった。
まずラップの話だが、800m通過が48秒3、その後12秒7-13秒0-12秒7で、ここの600mが計38秒4だった。かなり緩んだという事。そしてラスト600mが34秒5。所謂中緩みのラップで、しかもラップが緩んだ地点で後続の押し上げも無かった。単純に前半が遅いという流れ以上に、先行勢が息を入れやすく、前残りになりやすいという競馬だった。ペース補正がマイナス0秒9で、完全タイム差マイナス0秒5という競馬でもあり、逃げ切ったサンライズマルス、さらに先行して2着・3着のサクラアルディート・アドマイヤネアルコは恵まれたと言わざるを得ないと思う。
ならば、差し不発だった組から注目馬を挙げたいところだが、ピンと来る馬は居なかった。
3着 アドマイヤネアルコ 
特に最後に失速して3着のアドマイヤネアルコだが、次走人気ならかなり危険だと思う。
阪神9R 城崎特別 タイムB
基準より0秒5速い勝ちタイムだった。パルラメンターレが先手を取って、その後マキハタビリケン・スペシャルロード・ブルロックと続く。一旦はパルラメンターレに並びかけたマキハタビリケンが突き放され、やや一杯。その内からスペシャルロード、外からはブルロックが上がって来るが、パルラメンターレは並ばせずに逃げ切って1着。2着は内のスペシャルロードが入っている。
まずラップだが、1000m通過が62秒0で後半の1000mが60秒8ですから、スローペースで前に行った4頭が1着から4着までを占めた。
1着 パルラメンターレ 
逃げ切ったパルラメンターレにも恵まれた面はあるが、ペース補正なしで完全タイム差マイナス0秒5。地力で後半をまとめてタイムランクBまで持ち込んだというラップで、しかもまだ余力もありましたから、パルラメンターレ復活!として良いと思う。何が復活かと言うと、この馬はデビューから4戦2着・1着・2着・1着で勝った2戦はタイムランクBとA。負けた2戦もタイムランクBとAで小差。しかも負けた相手がソリタリーキングとバーディバーディという非常に隙のない戦歴だった。その後喉に問題が発生して、2回凡走して今回は喉の手術明け。手術が上手くいって復活したという事。元の能力からすれば1000万も通過点だと思うが、喉の手術明け初戦は良くても間隔を詰めて2戦目だとちょっと悪化するという場合も無くは無いので、全面的に信頼とまでは行かないと思う。
2着 スペシャルロード 
2月に阪神1800mで500万を勝った時以来の岩田騎手騎乗で、近2走とは違ってその500万勝ちの時と同じ先行策だった。ただ、内の3番手で脚を溜めて最内を抜けてきたという、上手くいった2着ですから、注目馬とするほどではないと判断した。

  馬券Summary
少頭数こそ紛れがある
後ほど
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai