2011年3回東京5日目

開催一覧
2011/12/25 (日)
中山 阪神 小倉
2011/12/24 (土)
中山 阪神 小倉
2011/12/18 (日)
中山 阪神 小倉
2011/12/17 (土)
中山 阪神 小倉
2011/12/11 (日)
中山 阪神 小倉
2011/12/10 (土)
中山 阪神 小倉
2011/12/04 (日)
中山 阪神 小倉
2011/12/03 (土)
中山 阪神 小倉
2011/11/27 (日)
東京 京都 小倉
2011/11/26 (土)
東京 京都 小倉
2011/11/20 (日)
東京 京都 新潟
2011/11/19 (土)
東京 京都 新潟
2011/11/13 (日)
東京 京都 新潟
2011/11/12 (土)
東京 京都 新潟
2011/11/06 (日)
東京 京都 新潟
2011/11/05 (土)
東京 京都 新潟
2011/10/30 (日)
東京 京都 新潟
2011/10/29 (土)
東京 京都 新潟
2011/10/23 (日)
東京 京都 新潟
2011/10/22 (土)
東京 京都 新潟
2011/10/16 (日)
東京 京都 新潟
2011/10/15 (土)
東京 京都 新潟
2011/10/10 (月)
東京
2011/10/09 (日)
東京 京都
2011/10/08 (土)
東京 京都
2011/10/02 (日)
中山 阪神 札幌
2011/10/01 (土)
中山 阪神 札幌
2011/09/25 (日)
中山 阪神 札幌
2011/09/24 (土)
中山 阪神 札幌
2011/09/19 (月)
阪神 札幌
2011/09/18 (日)
中山 阪神
2011/09/17 (土)
中山 札幌
2011/09/11 (日)
中山 阪神 札幌
2011/09/10 (土)
中山 阪神 札幌
2011/09/04 (日)
新潟 小倉 札幌
2011/09/03 (土)
新潟 小倉 札幌
2011/08/28 (日)
新潟 小倉 札幌
2011/08/27 (土)
新潟 小倉 札幌
2011/08/21 (日)
新潟 小倉 札幌
2011/08/20 (土)
新潟 小倉 札幌
2011/08/14 (日)
新潟 小倉 札幌
2011/08/13 (土)
新潟 小倉 札幌
2011/08/07 (日)
新潟 小倉 函館
2011/08/06 (土)
新潟 小倉 函館
2011/07/31 (日)
新潟 小倉 函館
2011/07/30 (土)
新潟 小倉 函館
2011/07/24 (日)
新潟 京都 函館
2011/07/23 (土)
新潟 京都 函館
2011/07/17 (日)
新潟 京都 函館
2011/07/16 (土)
新潟 京都 函館
2011/07/10 (日)
中山 京都 函館
2011/07/09 (土)
中山 京都 函館
2011/07/03 (日)
中山 京都 函館
2011/07/02 (土)
中山 京都 函館
2011/06/26 (日)
中山 阪神 函館
2011/06/25 (土)
中山 阪神 函館
2011/06/19 (日)
中山 阪神 函館
2011/06/18 (土)
中山 阪神 函館
2011/06/12 (日)
東京 阪神 新潟
2011/06/11 (土)
東京 阪神 新潟
2011/06/05 (日)
東京 阪神 新潟
2011/06/04 (土)
東京 阪神 新潟
2011/05/29 (日)
東京 京都 新潟
2011/05/28 (土)
東京 京都 新潟
2011/05/22 (日)
東京 京都 新潟
2011/05/21 (土)
東京 京都 新潟
2011/05/15 (日)
東京 京都 新潟
2011/05/14 (土)
東京 京都 新潟
2011/05/08 (日)
東京 京都 新潟
2011/05/07 (土)
東京 京都 新潟
2011/05/01 (日)
東京 京都 新潟
2011/04/30 (土)
東京 京都 新潟
2011/04/24 (日)
東京 京都 新潟
2011/04/23 (土)
東京 京都 新潟
2011/04/17 (日)
阪神 小倉
2011/04/16 (土)
阪神 小倉
2011/04/10 (日)
阪神 小倉
2011/04/09 (土)
阪神 小倉
2011/04/03 (日)
阪神 小倉
2011/04/02 (土)
阪神 小倉
2011/03/27 (日)
阪神 小倉
2011/03/26 (土)
阪神 小倉
2011/03/21 (月)
阪神
2011/03/20 (日)
阪神 小倉
2011/03/19 (土)
阪神 小倉
2011/03/06 (日)
中山 阪神 小倉
2011/03/05 (土)
中山 阪神 小倉
2011/02/27 (日)
中山 阪神 小倉
2011/02/26 (土)
中山 阪神 小倉
2011/02/20 (日)
東京 京都
2011/02/19 (土)
東京 京都
2011/02/14 (月)
小倉
2011/02/13 (日)
東京 京都 小倉
2011/02/12 (土)
東京 京都 小倉
2011/02/06 (日)
東京 京都 小倉
2011/02/05 (土)
東京 京都 小倉
2011/01/30 (日)
東京 京都 小倉
2011/01/29 (土)
東京 京都 小倉
2011/01/23 (日)
中山 京都 小倉
2011/01/22 (土)
中山 京都 小倉
2011/01/16 (日)
中山 京都
2011/01/15 (土)
中山 京都
2011/01/10 (月)
中山 京都
2011/01/09 (日)
中山 京都
2011/01/08 (土)
中山 京都
2011/01/05 (水)
中山 京都
  馬場コメント
先週の芝の馬場差2000n対象の数値は土曜がマイナス0秒8、日曜がマイナス0秒9だった。まずはここまで8日間の馬場差を振り返っておくと、総じて速い時計の出やすいコンディションだが、この開催2週目は雨の影響で時計が掛かった。特にダービー当日はかなり時計の掛かるレベルだった。
土曜は少しだけ雨の影響が残っていたので、土日で比べれば日曜の方が時計が出やすくなっている。とは言え、大きな違いはなくて土日とも時計の出やすいコンディションだった。脚質的には好位から差して来る馬の活躍が目立った。いずれにせよ、内を通った馬が有利だった。外差しが届くのはペースが速くなった時のみと言って良い程の感じだった。
先週の馬場差1600m対象の数値は土曜がマイナス0秒7、日曜がマイナス0秒5だった。まずはここまで8日間の馬場差を振り返っておくと、前の開催4週目この開催1週目はプラスの馬場差だったが、2週目は雨の影響を受けた。
ダービー週はもうダートも特殊なコンディションで、言わば例外として、それまでと先週とを比較すると先週の方が時計が出やすくなっている。
土日比べて土曜の方が時計が出やすかったのは、雨の影響が残っていたため。脚質的には先行馬が有利で、差し馬が来るのは所謂差し馬向きの流れになった時のみだった。


  タイム分析
 2011/06/04 (土)  芝=-0.8  Cコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
5R T1800 マリアヴェロニカ    牝3 未勝利 1:48.6 -0.3 --- ±0 --- C C --
6R T1600 リヴァーレ    牝3 500万下・牝 1:34.7 -0.4 --- +0.2 --- C C --
8R T2400 ドリームモモタロウ    牡4 500万下 2:26.1 -0.8 --- +0.2 --- C D --
9R T1600 チャームポット    牝5 江の島特1000 1:33.6 -0.6 --- ±0 --- C D --
10R T1600 ランリョウオー    牡4 湘南S1600 1:33.6 ±0 --- ±0 --- C B --
 2011/06/04 (土)  ダ=-0.7
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
1R D1400 ココロバ    牝3 未勝利・牝 1:26.5 +0.3 --- +0.9 --- E D --
2R D1600 ハタノゼフィロス    牡3 未勝利 1:38.6 -0.9 --- -0.2 --- C D --
3R D1300 ザストロンシチー    牡3 未勝利 1:19.1 -0.5 --- +0.1 --- C C --
7R D1600 サトノピースピース    牡3 500万下 1:38.0 -0.6 --- +0.1 --- C C --
11R D1600 アイアムアクトレス    牝3 ユニコーG3 1:36.2 -1.3 --- -0.6 --- B B --
12R D1600 ロードイノセント    牡5 1000万下 1:37.2 ±0 --- +0.7 --- D C --

東京1R 3歳未勝利・牝 タイムE
基準より0秒9遅い勝ちタイムだった。
東京7R 3歳500万下 
3着 マルブツビアン 
ジョッキーの談話にある通り、蹄鉄を打ち変えるトラブルがスタートの出遅れ、さらにはレース中の落鉄を招いていますし、よく追い込んでいる。ですから、ツキがない3着だった。東京ベストの脚質ではあるが、素質は高いですし、古馬相手でも楽しみ。
東京10R 湘南S 注目
勝ったランリョウオーを取り上げる。
1着 ランリョウオー 
この番組でも再三取り上げて来た馬なので、ご存じかと思うが今回はインで我慢させる競馬で、直線はなかなか前が開かなかったが、最後は何とか開いたスペースをこじ開ける様に伸びて来た。正攻法の競馬で結果を出したのは地力強化の証明ですし、南半球産で今が丁度成長期だろう。次開催はクラスが下がるので、再び1600万下に出られますし、引き続き勝ち負けになる。
東京11R ユニコーンS タイムB
初めてのダートとなったアドマイヤサガスが内枠から先手を取った。こちらは前半600mが34秒3で、後半が37秒2という事なので、やっぱりダートの1600m戦らしくそこそこ速いラップで流れた。アイアムアクトレスが好位追走から抜け出す形だったのに対して、ボレアスとグレープブランデーが外からジワジワと追い上げるという様な形で、実質この3頭の競馬になってアイアムアクトレスがしぶとく粘り切った。
基準より0秒6速い勝ちタイムだった。メンバーランク・タイムランク共にBですから、上位3頭の走りは目立った。特に1・2着馬は強い。2頭を比較すると、マイルまでならアイアムアクトレスが強くて、1700mになると小回りの分、よりこう前で捌けるアイアムアクトレスの方がやや有利で、逆に1800m以上だとグレープブランデーが上かなと見ている。
1着 アイアムアクトレス 
1400mダートで3戦3勝で、今回1600mになって牡馬のかなり強い相手と当たってどうかと思われたが、全く問題無かった。ホントこうセンスの良い馬ですし、ある程度の位置につけて突き放す時の脚も結構速いですから、結局そのリードを最後まで保ったという事なので、距離が1800m以上とかになってくると、若干厳しいかなという感じはするが、今後も1400m・1600mなら安定して走れると思う。このレース自体牝馬があまり活躍していなかったレースなので、この走りは非常に立派だと思う。
==秋山真一郎騎手==
いつもよりテンションが上がっていたので、スタートだけ集中させた。上手く出てくれたので良かったです。道中は上手く好位につけられたので、このまま行けば良いなと思っていた。直線でエーシンブランに並ばれた時も手応えはあったし、後続が迫って来ても抜かされないと思った。まだ若い馬ですし、これからも無事に行ってくれれば良いですね。期待しています。
2着 グレープブランデー 
やっぱりセンスの差と言うか、マイル特有の速い流れで良い位置につけてという意味では、アイアムアクトレスに最も適性があって、グレープブランデーは長く良い脚を使っているが、本質的に1600mよりかはもうちょっと長い距離の方が競馬しやすそうなイメージ。それと言うのもトビが大きくて、非常にダイナミックな走りをする馬なので、1800m以上の距離があればもう少し結果も違っていたのかなと思う。
3着 ボレアス 
後方から早めに上がって行って、最後グレープブランデーには交わされたが、この馬の競馬はした。前に所謂捕まえに行くような形で負けた訳ですから、実質3着には負けたが、内容的には濃かったと思う。競走中に鼻出血を発症していた。

  馬券Summary
届きそうで届かない
後ほど
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai