2011年1回函館2日目

開催一覧
2011/12/25 (日)
中山 阪神 小倉
2011/12/24 (土)
中山 阪神 小倉
2011/12/18 (日)
中山 阪神 小倉
2011/12/17 (土)
中山 阪神 小倉
2011/12/11 (日)
中山 阪神 小倉
2011/12/10 (土)
中山 阪神 小倉
2011/12/04 (日)
中山 阪神 小倉
2011/12/03 (土)
中山 阪神 小倉
2011/11/27 (日)
東京 京都 小倉
2011/11/26 (土)
東京 京都 小倉
2011/11/20 (日)
東京 京都 新潟
2011/11/19 (土)
東京 京都 新潟
2011/11/13 (日)
東京 京都 新潟
2011/11/12 (土)
東京 京都 新潟
2011/11/06 (日)
東京 京都 新潟
2011/11/05 (土)
東京 京都 新潟
2011/10/30 (日)
東京 京都 新潟
2011/10/29 (土)
東京 京都 新潟
2011/10/23 (日)
東京 京都 新潟
2011/10/22 (土)
東京 京都 新潟
2011/10/16 (日)
東京 京都 新潟
2011/10/15 (土)
東京 京都 新潟
2011/10/10 (月)
東京
2011/10/09 (日)
東京 京都
2011/10/08 (土)
東京 京都
2011/10/02 (日)
中山 阪神 札幌
2011/10/01 (土)
中山 阪神 札幌
2011/09/25 (日)
中山 阪神 札幌
2011/09/24 (土)
中山 阪神 札幌
2011/09/19 (月)
阪神 札幌
2011/09/18 (日)
中山 阪神
2011/09/17 (土)
中山 札幌
2011/09/11 (日)
中山 阪神 札幌
2011/09/10 (土)
中山 阪神 札幌
2011/09/04 (日)
新潟 小倉 札幌
2011/09/03 (土)
新潟 小倉 札幌
2011/08/28 (日)
新潟 小倉 札幌
2011/08/27 (土)
新潟 小倉 札幌
2011/08/21 (日)
新潟 小倉 札幌
2011/08/20 (土)
新潟 小倉 札幌
2011/08/14 (日)
新潟 小倉 札幌
2011/08/13 (土)
新潟 小倉 札幌
2011/08/07 (日)
新潟 小倉 函館
2011/08/06 (土)
新潟 小倉 函館
2011/07/31 (日)
新潟 小倉 函館
2011/07/30 (土)
新潟 小倉 函館
2011/07/24 (日)
新潟 京都 函館
2011/07/23 (土)
新潟 京都 函館
2011/07/17 (日)
新潟 京都 函館
2011/07/16 (土)
新潟 京都 函館
2011/07/10 (日)
中山 京都 函館
2011/07/09 (土)
中山 京都 函館
2011/07/03 (日)
中山 京都 函館
2011/07/02 (土)
中山 京都 函館
2011/06/26 (日)
中山 阪神 函館
2011/06/25 (土)
中山 阪神 函館
2011/06/19 (日)
中山 阪神 函館
2011/06/18 (土)
中山 阪神 函館
2011/06/12 (日)
東京 阪神 新潟
2011/06/11 (土)
東京 阪神 新潟
2011/06/05 (日)
東京 阪神 新潟
2011/06/04 (土)
東京 阪神 新潟
2011/05/29 (日)
東京 京都 新潟
2011/05/28 (土)
東京 京都 新潟
2011/05/22 (日)
東京 京都 新潟
2011/05/21 (土)
東京 京都 新潟
2011/05/15 (日)
東京 京都 新潟
2011/05/14 (土)
東京 京都 新潟
2011/05/08 (日)
東京 京都 新潟
2011/05/07 (土)
東京 京都 新潟
2011/05/01 (日)
東京 京都 新潟
2011/04/30 (土)
東京 京都 新潟
2011/04/24 (日)
東京 京都 新潟
2011/04/23 (土)
東京 京都 新潟
2011/04/17 (日)
阪神 小倉
2011/04/16 (土)
阪神 小倉
2011/04/10 (日)
阪神 小倉
2011/04/09 (土)
阪神 小倉
2011/04/03 (日)
阪神 小倉
2011/04/02 (土)
阪神 小倉
2011/03/27 (日)
阪神 小倉
2011/03/26 (土)
阪神 小倉
2011/03/21 (月)
阪神
2011/03/20 (日)
阪神 小倉
2011/03/19 (土)
阪神 小倉
2011/03/06 (日)
中山 阪神 小倉
2011/03/05 (土)
中山 阪神 小倉
2011/02/27 (日)
中山 阪神 小倉
2011/02/26 (土)
中山 阪神 小倉
2011/02/20 (日)
東京 京都
2011/02/19 (土)
東京 京都
2011/02/14 (月)
小倉
2011/02/13 (日)
東京 京都 小倉
2011/02/12 (土)
東京 京都 小倉
2011/02/06 (日)
東京 京都 小倉
2011/02/05 (土)
東京 京都 小倉
2011/01/30 (日)
東京 京都 小倉
2011/01/29 (土)
東京 京都 小倉
2011/01/23 (日)
中山 京都 小倉
2011/01/22 (土)
中山 京都 小倉
2011/01/16 (日)
中山 京都
2011/01/15 (土)
中山 京都
2011/01/10 (月)
中山 京都
2011/01/09 (日)
中山 京都
2011/01/08 (土)
中山 京都
2011/01/05 (水)
中山 京都
  馬場コメント
先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土日ともにマイナス1秒6だった。昨年8月以来で流石に速い時計が出ていた。
絶好のコンディションで開幕を迎えて土日ともマイナス1秒6。かなりの高速馬場だった。ちなみに昨年の開幕週は雨の影響が少しあったとは言え、マイナス0秒8。その後も昨年の1回函館ではマイナス1秒を超える高速馬場にはなっていなかった。開幕週の函館らしく、前残りの傾向だったが、日曜8Rの様にペース次第では差し・差しという決着もあった。不公平感の無い馬場。2回開催の1週目までこのままAコースが使用される。
先週の馬場差1700m対象の数値は土日ともにマイナス0秒4だった。
土日とも良馬場だが、マイナス0秒4と少し速めの時計が出る状態。っと言っても特徴の無い平均的な馬場状態だったと思う。函館ダートの普通の馬場、なので前有利であって、勝ち馬は全て4コーナー3番手以内だった。


  タイム分析
 2011/06/19 (日)  芝=-1.6  Aコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
4R T2000 ヒットザターゲット    牡3 未勝利 2:01.2 -2.2 --- -0.6 --- B C
5R T1200 コスモメガトロン    牡2 新馬 1:09.7 -1.7 --- -0.7 --- A C
8R T1200 ビスカヤ    牝5 500万下 1:09.3 -0.7 --- +0.3 --- D D
10R T2000 アキノカウンター    牡5 湯川特別500 2:01.7 -0.5 --- +0.3 --- C C
11R T1800 ホッカイカンティ    牡6 五稜郭SH 1:47.8 +0.6 --- +1.3 --- SL D
12R T1200 テイエムオオタカ    牡3 道新スポ1000 1:08.0 -1.6 --- -0.6 --- B B
 2011/06/19 (日)  ダ=-0.4
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R D1700 ネオザスティング    牝3 未勝利・牝 1:48.3 +0.4 --- +0.8 --- D E
2R D1000 ニシノショータイム    牡3 未勝利 1:00.1 +0.1 --- +0.3 --- D D
3R D1700 スズカホープ    セ3 未勝利 1:47.6 -0.3 --- +0.1 --- C D
6R D1700 フラアンジェリコ    牡3 未勝利 1:47.3 -0.6 --- -0.2 --- C D
7R D1000 タピルージュ    牝5 500万下 0:59.8 +0.5 --- +0.7 --- E D
9R D1700 オースミレジスタ    牡4 500万下 1:45.5 -1.1 --- -0.7 --- B C
函館4R 3歳未勝利 タイムB
基準より0秒6速い勝ちタイムだった。前半競り合っていた先行馬は既に失速。控えていたヒットザターゲットが早めに押し上げて、4コーナーでは先頭に立って行った。その後ヤマニンアベイユも続くが、ヒットザターゲットがリードを保って1着。2馬身半差で2着がヤマニンアベイユ、後続は離され、大外を追い込んで来たレオパルドゥスが3着に入った。
函館の芝2000mというのはスタートから最初の1コーナーまで約475m程あり、従って前半のラップが速くなるのは不思議ではないが、それでも3歳未勝利戦で600m通過34秒0というのは速い。単に速いだけではなく、激しいと言うよりは壮絶な先行争いが繰り広げられていた。その後は徐々にラップが落ちて行ったが、ペースが落ちついた向正面でヒットザターゲットとヤマニンアベイユが一気に上がって行ったので、先行勢はひとたまりも無かった。そして結果だが、ヒットザターゲットとヤマニンアベイユが1着・2着。この2頭は自身のペースを守った結果、向正面で一気に上がっていったというだけだった。安藤勝己・武豊両騎手の流石というペース読みだったと思う。
1着 ヒットザターゲット 
言うまでも無く、鞍上の頭脳が光ったというだけでなく、ヒットザターゲットは長く良い脚を使っている。良い脚が一瞬だったラティールの仔とは思えないが、今回力をかなり出し切った一戦だと思うので、上積みという点で今の500万で即通用となると疑問がある。
2着 ヤマニンアベイユ 
中山のタイム分析でも触れたが、前走の新潟戦でキツイペースの先行ながら3着だった馬。スパッと切れる脚は無いので、コーナー2回のコースだと切れ負けするが、コーナー4回の2000mで平均した脚を使う競馬だと、好走できる。次走も函館の2000mなら有力。
函館5R 2歳新馬 タイムA
基準より0秒7速い勝ちタイムだった。1枠から逃げていたパチャママにコスモメガトロンが並んで行く。そしてコスモメガトロンが抜け出して1着。3馬身半離され、パチャママが2着。その後ゼロスを内からヴァップが交わして3着入線となっている。
1着 コスモメガトロン 番組注目馬
サクラバクシンオー産駒だが、サクラバクシンオー産駒というのは一般的に筋肉が硬い馬が多くて、そのため距離が保たないという場合が多いが、このコスモメガトロンは歩いている時からトモがプリプリとしていて、筋肉の柔軟性を感じる。筋肉だけでなく、フットワーク自体もしなやかで、良い意味でバクシンオーっぽくない。少なくとも1600mまでは問題ないと思う。この先新馬戦でどんな馬が出現するかわからないので、ちょっと怖さもあるが、ラベンダー賞や函館2歳Sでもかなり有力だと思うので、注目馬とする。
ちなみに昨年函館1200mの新馬戦をタイムランクAやBで勝った馬は居なかった。そして一昨年は札幌での代替開催だったが、芝1200mの新馬戦をタイムランクAで勝ったステラリードが函館2歳Sを1着。そしてその函館2歳S2着は、芝1200mの新馬戦をタイムランクBで勝ったキョウエイアシュラだった。注目馬。
2着 パチャママ 
2着は0秒6差、タイム面で高評価できるという程ではない。
函館7R 3歳上500万下 タイムE
基準より0秒7遅い勝ちタイムだった。
函館9R 3歳上500万下 タイムB
基準より0秒7速い勝ちタイムだった。先手を取ったオースミレジスタが直線に入って、後続との差を広げて行き1着。2番手に居たホローポイントは伸びを欠き、変わってキンショーダンデーが上がって来た。その後外へ出されたメタギャラクシーがアドマイヤプレミアに競り勝ち、3着となった。
1着 オースミレジスタ 
ハイペースで逃げて、そのまま圧勝だった。最後は流す余裕もあり、なおかつ着いて行った他の先行馬が失速して、差し馬がごちゃごちゃの2着争いを演じるという非常に強い勝ちっぷりだったと思う。滞在競馬が合うことと、少々ハイペースでも息切れは強いという事が伝わる勝ちっぷりだったが、要するに注文がつくタイプ。という事で、昇級するといろいろ課題はある。昨年札幌ダート1700mの500万を1秒差で圧勝して、次走の1000万でも2番人気となったが、競りかけられて3コーナーでは交わされ、その後激しきバテて3秒2差の大惨敗だった。
5着 ホローポイント 
2着以下では着きバテとなった5着のホローポイントに注目。デビューから2連勝した当時からあまり成長していないのは確かだが、普通の組み合わせで普通のペースで先行できれば、今回の様な結果にはならないと思う。たぶん、また次走も1番人気だと思うが、この5着で少しでも人気が下がると妙味が出てくると思う。
函館11R 五稜郭S タイムSL
前半・中盤が遅く、補正しきれずにスローの扱いとする。
函館12R 道新スポーツ杯 タイムB
基準より0秒6速い勝ちタイムだった。テイエムオオタカが直線に入ってもリードを保っている。2番手を進んでいたティムガッドが一杯となって、内からはマッキーコバルト、外からはクレバーサンデー・ミオリチャンが上がって来る。しかしテイエムオオタカが後続を寄せ付けず、そのまま逃げ切った。
1200mで完全タイム差マイナス0秒6と言うのは、あと0秒1速ければタイムランクAという好タイム。
1着 テイエムオオタカ 
昇級しても通用すると言うよりも、既に重賞3着が3回ある馬ですから、1000万に出走できる事自体が反則に近かった馬。函館スプリントSにもし出走できれば面白い存在。
2着 マッキーコバルト 
昨年の秋喉に問題が発生して、連続シンガリ負けだったが、喉の手術をして復活した。ただし、勝ち馬から0秒6差とタイム面で高く評価できる訳ではありませんし、先ほど阪神のパルラメンターレに関して述べた様に、喉の手術明けに好走しての2戦目というのはちょっと危険な面もある。

  馬券Summary
降級馬買うならダート1700m
後ほど
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai