2011年2回小倉7日目

開催一覧
2011/12/25 (日)
中山 阪神 小倉
2011/12/24 (土)
中山 阪神 小倉
2011/12/18 (日)
中山 阪神 小倉
2011/12/17 (土)
中山 阪神 小倉
2011/12/11 (日)
中山 阪神 小倉
2011/12/10 (土)
中山 阪神 小倉
2011/12/04 (日)
中山 阪神 小倉
2011/12/03 (土)
中山 阪神 小倉
2011/11/27 (日)
東京 京都 小倉
2011/11/26 (土)
東京 京都 小倉
2011/11/20 (日)
東京 京都 新潟
2011/11/19 (土)
東京 京都 新潟
2011/11/13 (日)
東京 京都 新潟
2011/11/12 (土)
東京 京都 新潟
2011/11/06 (日)
東京 京都 新潟
2011/11/05 (土)
東京 京都 新潟
2011/10/30 (日)
東京 京都 新潟
2011/10/29 (土)
東京 京都 新潟
2011/10/23 (日)
東京 京都 新潟
2011/10/22 (土)
東京 京都 新潟
2011/10/16 (日)
東京 京都 新潟
2011/10/15 (土)
東京 京都 新潟
2011/10/10 (月)
東京
2011/10/09 (日)
東京 京都
2011/10/08 (土)
東京 京都
2011/10/02 (日)
中山 阪神 札幌
2011/10/01 (土)
中山 阪神 札幌
2011/09/25 (日)
中山 阪神 札幌
2011/09/24 (土)
中山 阪神 札幌
2011/09/19 (月)
阪神 札幌
2011/09/18 (日)
中山 阪神
2011/09/17 (土)
中山 札幌
2011/09/11 (日)
中山 阪神 札幌
2011/09/10 (土)
中山 阪神 札幌
2011/09/04 (日)
新潟 小倉 札幌
2011/09/03 (土)
新潟 小倉 札幌
2011/08/28 (日)
新潟 小倉 札幌
2011/08/27 (土)
新潟 小倉 札幌
2011/08/21 (日)
新潟 小倉 札幌
2011/08/20 (土)
新潟 小倉 札幌
2011/08/14 (日)
新潟 小倉 札幌
2011/08/13 (土)
新潟 小倉 札幌
2011/08/07 (日)
新潟 小倉 函館
2011/08/06 (土)
新潟 小倉 函館
2011/07/31 (日)
新潟 小倉 函館
2011/07/30 (土)
新潟 小倉 函館
2011/07/24 (日)
新潟 京都 函館
2011/07/23 (土)
新潟 京都 函館
2011/07/17 (日)
新潟 京都 函館
2011/07/16 (土)
新潟 京都 函館
2011/07/10 (日)
中山 京都 函館
2011/07/09 (土)
中山 京都 函館
2011/07/03 (日)
中山 京都 函館
2011/07/02 (土)
中山 京都 函館
2011/06/26 (日)
中山 阪神 函館
2011/06/25 (土)
中山 阪神 函館
2011/06/19 (日)
中山 阪神 函館
2011/06/18 (土)
中山 阪神 函館
2011/06/12 (日)
東京 阪神 新潟
2011/06/11 (土)
東京 阪神 新潟
2011/06/05 (日)
東京 阪神 新潟
2011/06/04 (土)
東京 阪神 新潟
2011/05/29 (日)
東京 京都 新潟
2011/05/28 (土)
東京 京都 新潟
2011/05/22 (日)
東京 京都 新潟
2011/05/21 (土)
東京 京都 新潟
2011/05/15 (日)
東京 京都 新潟
2011/05/14 (土)
東京 京都 新潟
2011/05/08 (日)
東京 京都 新潟
2011/05/07 (土)
東京 京都 新潟
2011/05/01 (日)
東京 京都 新潟
2011/04/30 (土)
東京 京都 新潟
2011/04/24 (日)
東京 京都 新潟
2011/04/23 (土)
東京 京都 新潟
2011/04/17 (日)
阪神 小倉
2011/04/16 (土)
阪神 小倉
2011/04/10 (日)
阪神 小倉
2011/04/09 (土)
阪神 小倉
2011/04/03 (日)
阪神 小倉
2011/04/02 (土)
阪神 小倉
2011/03/27 (日)
阪神 小倉
2011/03/26 (土)
阪神 小倉
2011/03/21 (月)
阪神
2011/03/20 (日)
阪神 小倉
2011/03/19 (土)
阪神 小倉
2011/03/06 (日)
中山 阪神 小倉
2011/03/05 (土)
中山 阪神 小倉
2011/02/27 (日)
中山 阪神 小倉
2011/02/26 (土)
中山 阪神 小倉
2011/02/20 (日)
東京 京都
2011/02/19 (土)
東京 京都
2011/02/14 (月)
小倉
2011/02/13 (日)
東京 京都 小倉
2011/02/12 (土)
東京 京都 小倉
2011/02/06 (日)
東京 京都 小倉
2011/02/05 (土)
東京 京都 小倉
2011/01/30 (日)
東京 京都 小倉
2011/01/29 (土)
東京 京都 小倉
2011/01/23 (日)
中山 京都 小倉
2011/01/22 (土)
中山 京都 小倉
2011/01/16 (日)
中山 京都
2011/01/15 (土)
中山 京都
2011/01/10 (月)
中山 京都
2011/01/09 (日)
中山 京都
2011/01/08 (土)
中山 京都
2011/01/05 (水)
中山 京都
  馬場コメント
先週の芝の馬場差2000m対象の数値は、土曜日がマイナス0秒6、日曜日がマイナス0秒5からプラス1秒8へと変動した。まず芝の馬場差を振り返っておく。前開催最終週は続行競馬となったので、9日間を見ると雨や雪の影響を受けた日が多く、日によって時計の出方がかなり異なる。時計の比較をする場合、各開催日の馬場差をチェック。なお、取りやめとなった3週目の代替開催が今週行われる。
先々週開催が取りやめになった事で、一旦は馬場の悪化に歯止めが掛かったが、実際は土曜日は雨の影響を受けずに終日速い時計の出やすいレベルだった。しかしながら、日曜は降り続く雨の影響を多分に受けて馬場コンディションは徐々に悪化して行った。レースが進む毎に時計が掛かる様になって行った。
脚質的には馬場悪化以前の土曜は先行もしくは内を立ち回った馬が有利で、日曜も5Rまでは土曜と同様の傾向だったが、それ以降は各騎手が内を空けて走る様になって外差しも決まり始めた。と言うより、内を通った馬が不利な状況の馬場になったと解釈できる。基本的に良馬場でも馬場の内側はボコボコですし、一雨降ると一気に悪くなるという点は開催後半にありがちなパターン。
先週の馬場差1700m対象の数値は土曜日がプラス0秒4、日曜日がプラス0秒3からマイナス0秒3へと変動した。まずはここまで9日間の馬場差を振り返っておくと、雨や雪の影響によりダートも週によってあるいは開催日によって時計の出方が異なる。またこの開催1週目については、かなり時計が掛かっている。
まず土曜日はプラスの馬場差ではあったが、例えばこの開催1週目ほどに時計の掛かるコンディションではなかった。そして日曜日は雨の影響で、後のレースになればなるほど、やや脚抜きが良くなって行った。とは言え、高速馬場と言う程ではなかった。脚質的には先行タイプの馬の活躍が目立ったが、逆に各ジョッキーが前残りの傾向を意識しすぎて、ペースが速くなった時は差しが届いていた。後ほど取り上げる日曜12Rがその典型。


  タイム分析
 2011/03/19 (土)  芝=-0.6  Cコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
3R T1200 ホットサマーデイ    牝3 未勝利・牝 1:09.0 -0.4 --- ±0 --- C B
4R T2000 アンバーシェード    牡3 未勝利 2:01.4 -0.1 --- -0.2 --- C B
8R T1200 キタサンスズラン    牝4 500万下 1:08.0 -0.5 --- -0.1 --- C C
10R T1200 メモリアルイヤー    牝3 はなのき500 1:08.3 -0.5 --- -0.1 --- C D
11R T2600 ジャングルハヤテ    牡4 海の中H1000 2:39.1 ±0 --- -0.1 --- C B
12R T1800 マイネルナタリス    牡4 香椎特別500 1:46.5 -0.6 --- -0.1 --- C B
 2011/03/19 (土)  ダ=+0.4
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R D1000 キョウエイプラウド    牡3 未勝利 0:59.9 +0.5 --- +0.3 --- D C
2R D1700 トーセンレラ    牡3 未勝利 1:47.9 +0.8 --- +0.4 --- D B
5R D1700 オーパスクイーン    牝4 500万下・牝 1:47.5 +2.1 --- +1.7 --- E C
6R D1000 クレムリンエッグ    牡6 500万下 0:59.1 +0.6 --- +0.4 --- D C
7R D2400 エーシングレーソロ    牡6 500万下 2:34.5 +0.3 --- -0.3 --- C C
9R D1700 ゴーアップドラゴン    牡5 500万下 1:46.0 +0.6 --- +0.2 --- C B
小倉4R 3歳未勝利 注目
レースの序盤はラップはそこそこ速めに推移していったが、中盤にガクンとペースが落ちてもう一回上がりが速くなるという、小倉の未勝利戦にあまり無い様な緩急の効いた競馬だった。そんな流れに動じることなく、一気の差しで勝利したアンバーシェードのレースぶりは優秀だと思う。
1着 アンバーシェード 
パドックでは馬っぷりは良いが、まだ踏み込みとか浅くて成長途上といった雰囲気だった。その分他馬より加速がつくのに時間は掛かるが、エンジン掛かってから良い脚を使いますし、今回のレースぶりを見ていると小回りよりも広いコースの方が良いと思う。昇級しても広いコースでの出走なら印は打つべき馬だと思う。もちろん、小回り出走でも馬券圏内の1頭だと思う。
2着 デットシーピサ 
追い込んで2着した前走とは一転して、今回逃げて2着だった。自在性を身につけていますし、次走も有力。
小倉5R 4歳上500万下・牝 タイムE
基準より1秒7遅い勝ちタイムだった。
小倉10R はなのき賞 注目
勝ったメモリアルイヤーを取り上げる。
1着 メモリアルイヤー 
8ヶ月ぶりの実戦で、プラス16キロ。馬体も若干太めに映った。レースでも出負けして、その後二の足が速くて一気に先頭を奪うと、余裕の手応えで最後押し切った。現状はスピードが勝ちすぎている分、距離が伸びると厳しいと思うが、こと1200m戦なら昇級でも通用のレベル。少なくともさらなる時計短縮は可能だと思う。
小倉11R 海の中道特別 注目
2位入線ながら13着に降着になったトップゾーンについて触れておきたい。
12着 トップゾーン 番組注目馬
レース内容は以前よりも格段に良化していた。3角から4角にかけて引っ張りきりの手応え。後は空いたスペースを突くだけだったが、馬自身が勝手に進路をどんどん作って上がっていく。結果直線で、他馬の進路を妨害したという事で降着になったが、レース運びの良さはここ最近には無い感じでしたし、次走今回と同じ長距離戦でも出走しても信頼だが、2000m前後の距離ならより信頼度は高いと判断した。注目馬。

  馬券Summary
メンバーは揃っているが…
後ほど
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai