2011年1回阪神2日目

開催一覧
2011/12/25 (日)
中山 阪神 小倉
2011/12/24 (土)
中山 阪神 小倉
2011/12/18 (日)
中山 阪神 小倉
2011/12/17 (土)
中山 阪神 小倉
2011/12/11 (日)
中山 阪神 小倉
2011/12/10 (土)
中山 阪神 小倉
2011/12/04 (日)
中山 阪神 小倉
2011/12/03 (土)
中山 阪神 小倉
2011/11/27 (日)
東京 京都 小倉
2011/11/26 (土)
東京 京都 小倉
2011/11/20 (日)
東京 京都 新潟
2011/11/19 (土)
東京 京都 新潟
2011/11/13 (日)
東京 京都 新潟
2011/11/12 (土)
東京 京都 新潟
2011/11/06 (日)
東京 京都 新潟
2011/11/05 (土)
東京 京都 新潟
2011/10/30 (日)
東京 京都 新潟
2011/10/29 (土)
東京 京都 新潟
2011/10/23 (日)
東京 京都 新潟
2011/10/22 (土)
東京 京都 新潟
2011/10/16 (日)
東京 京都 新潟
2011/10/15 (土)
東京 京都 新潟
2011/10/10 (月)
東京
2011/10/09 (日)
東京 京都
2011/10/08 (土)
東京 京都
2011/10/02 (日)
中山 阪神 札幌
2011/10/01 (土)
中山 阪神 札幌
2011/09/25 (日)
中山 阪神 札幌
2011/09/24 (土)
中山 阪神 札幌
2011/09/19 (月)
阪神 札幌
2011/09/18 (日)
中山 阪神
2011/09/17 (土)
中山 札幌
2011/09/11 (日)
中山 阪神 札幌
2011/09/10 (土)
中山 阪神 札幌
2011/09/04 (日)
新潟 小倉 札幌
2011/09/03 (土)
新潟 小倉 札幌
2011/08/28 (日)
新潟 小倉 札幌
2011/08/27 (土)
新潟 小倉 札幌
2011/08/21 (日)
新潟 小倉 札幌
2011/08/20 (土)
新潟 小倉 札幌
2011/08/14 (日)
新潟 小倉 札幌
2011/08/13 (土)
新潟 小倉 札幌
2011/08/07 (日)
新潟 小倉 函館
2011/08/06 (土)
新潟 小倉 函館
2011/07/31 (日)
新潟 小倉 函館
2011/07/30 (土)
新潟 小倉 函館
2011/07/24 (日)
新潟 京都 函館
2011/07/23 (土)
新潟 京都 函館
2011/07/17 (日)
新潟 京都 函館
2011/07/16 (土)
新潟 京都 函館
2011/07/10 (日)
中山 京都 函館
2011/07/09 (土)
中山 京都 函館
2011/07/03 (日)
中山 京都 函館
2011/07/02 (土)
中山 京都 函館
2011/06/26 (日)
中山 阪神 函館
2011/06/25 (土)
中山 阪神 函館
2011/06/19 (日)
中山 阪神 函館
2011/06/18 (土)
中山 阪神 函館
2011/06/12 (日)
東京 阪神 新潟
2011/06/11 (土)
東京 阪神 新潟
2011/06/05 (日)
東京 阪神 新潟
2011/06/04 (土)
東京 阪神 新潟
2011/05/29 (日)
東京 京都 新潟
2011/05/28 (土)
東京 京都 新潟
2011/05/22 (日)
東京 京都 新潟
2011/05/21 (土)
東京 京都 新潟
2011/05/15 (日)
東京 京都 新潟
2011/05/14 (土)
東京 京都 新潟
2011/05/08 (日)
東京 京都 新潟
2011/05/07 (土)
東京 京都 新潟
2011/05/01 (日)
東京 京都 新潟
2011/04/30 (土)
東京 京都 新潟
2011/04/24 (日)
東京 京都 新潟
2011/04/23 (土)
東京 京都 新潟
2011/04/17 (日)
阪神 小倉
2011/04/16 (土)
阪神 小倉
2011/04/10 (日)
阪神 小倉
2011/04/09 (土)
阪神 小倉
2011/04/03 (日)
阪神 小倉
2011/04/02 (土)
阪神 小倉
2011/03/27 (日)
阪神 小倉
2011/03/26 (土)
阪神 小倉
2011/03/21 (月)
阪神
2011/03/20 (日)
阪神 小倉
2011/03/19 (土)
阪神 小倉
2011/03/06 (日)
中山 阪神 小倉
2011/03/05 (土)
中山 阪神 小倉
2011/02/27 (日)
中山 阪神 小倉
2011/02/26 (土)
中山 阪神 小倉
2011/02/20 (日)
東京 京都
2011/02/19 (土)
東京 京都
2011/02/14 (月)
小倉
2011/02/13 (日)
東京 京都 小倉
2011/02/12 (土)
東京 京都 小倉
2011/02/06 (日)
東京 京都 小倉
2011/02/05 (土)
東京 京都 小倉
2011/01/30 (日)
東京 京都 小倉
2011/01/29 (土)
東京 京都 小倉
2011/01/23 (日)
中山 京都 小倉
2011/01/22 (土)
中山 京都 小倉
2011/01/16 (日)
中山 京都
2011/01/15 (土)
中山 京都
2011/01/10 (月)
中山 京都
2011/01/09 (日)
中山 京都
2011/01/08 (土)
中山 京都
2011/01/05 (水)
中山 京都
  馬場コメント
先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土日共にマイナス0秒6だった。
開幕週という事もあって、まずまず時計の出やすいコンディションだったが、同じAコース良馬場で行われた前回の阪神開催、すなわち去年の12月の開催の開幕週は土曜がマイナス1秒0で日曜がマイナス1秒2だった。それを思うと極端に時計が速いわけではない。脚質的には逃げ・差し混在で目立った傾向はなかった。ただ、前にも話した通り、阪神の芝は開幕週だからと言って先行有利ではないのが、大きな特徴。それは今回もそうだった。開幕週イコール先行有利という認識はもう捨てた方が良いと思う。なおこの開催は全てAコースが使用される。
先週の馬場差1800m対象の数値は土日ともにプラス1秒0だった。
パサパサで時計の掛かるコンディション。前回の阪神開催が良馬場の場合、マイナス0秒3からプラス0秒1の間で推移していた事を思うと、極端に時計が掛かっている。一言で言えば力の要る馬場ということになる。ただ脚質的には特に目立った傾向はなくて、ペースが速くなった際にはきっちりと差し馬も届いていた。


  タイム分析
 2011/02/27 (日)  芝=-0.6  Aコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
3R T1800 カレンミロティック    牡3 未勝利 1:48.6 ±0 --- -0.2 --- C C
5R T1800 ハブルバブル    牝3 新馬・牝 1:48.0 -0.9 --- -1.1 --- A C
9R T2200 ロッカヴェラーノ    牡3 すみれS 2:15.0 +0.9 --- +0.9 --- SL D
11R T1400 サンカルロ    牡5 阪急杯G3 1:20.1 -0.4 --- ±0 --- C C
 2011/02/27 (日)  ダ=+1.0
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R D1200 ナガラダンディ    牡3 未勝利 1:14.4 +1.1 --- +0.4 --- D D
2R D1800 メイショウクロオビ    牡3 未勝利 1:56.0 +1.3 --- +0.3 --- C D
6R D1400 キモンレッド    牝3 500万下 1:25.9 +0.5 --- -0.3 --- B D
7R D1800 スペシャルロード    牡4 500万下 1:54.6 +1.5 --- +0.5 --- D D
8R D1200 ピサノプレミアム    牡5 500万下 1:12.9 +0.6 --- -0.1 --- C E
10R D1200 レディルージュ    牝5 なにわS1600 1:11.9 +0.8 --- +0.1 --- C D
12R D1400 オオトリオウジャ    牡5 1000万下 1:24.5 +0.3 --- -0.5 --- B D

阪神5R 3歳新馬・牝 タイムA
基準より1秒1速い勝ちタイムだった。シシリアンブリーズが先手を取ったが、直線内回りと合流していく辺りから、外から並んで行く。特に最も外のハブルバブルの手応えが良く、内の馬を交わして抜け出す。その後ペルレンケッテは粘るシシリアンブリーズを交わせず3着。ハブルバブルは2着に5馬身差をつけてデビュー戦で勝ち上がった。
中盤のペースが落ちついたにも関わらず、上がりの速さでタイムランクをAまで押し上げましたから、レースのラストから2ハロン目を10秒9という高速で駆けている点も見逃せない。
1着 ハブルバブル 
週をおう毎に調教の動きが良くなって、実際レース当日も太め感なくスッキリと仕上がっていた。そのレースでは好位マークから直線で一気に抜け出した。上がりは推定で34秒1、次に速い馬が35秒3ですからそれを考えると1頭だけ次元が違っていたと見るべき。昇級しても当然勝ち負けになる。
実はこの1・2着馬というのはいずれも、先々週のマイル戦で除外になった馬。そのマイル戦がなんと1分37秒2という勝ち時計で、タイムランクDだったレースでなので机上の計算では、先々週に使っていたとしてもワンツーフィニッシュを決めていたということになる。
2着 シシリアンブリーズ 
これはホントマイペースで逃げましたし、最後までよく粘っているが、今回相手が悪かった。センスのある馬だけに次走も有力だと思う。
実はこの1・2着馬というのはいずれも、先々週のマイル戦で除外になった馬。そのマイル戦がなんと1分37秒2という勝ち時計で、タイムランクDだったレースでなので机上の計算では、先々週に使っていたとしてもワンツーフィニッシュを決めていたということになる。
阪神6R 3歳500万下 タイムB
基準より0秒3速い勝ちタイムだった。直線入り口では4頭が並んでその中から外の6枠ギンザアキレスが抜け出しかけるが、突き放す程の勢いがない。そして、中を割ってキモンレッドが伸び、先頭に立っていく。さらに7枠2頭がギンザアキレスの内・外から進出。外のアルゴリズムがキモンレッドに迫るが、交わすことはできなかった。
1着 キモンレッド 
この馬前走で、先週のアーリントンCを制したノーザンリバーの2着をしていた馬。スタートが良くなって来た事で、レースぶりに安定感が出てきた。今回も馬と馬の間をしぶとく割って来ましたから、勝負根性は目立つ。昇級しても勝ち負けと言いたいところだが、オープン昇級では流石にダートの猛者達が揃いますから、時計が速いからと言って流石にいきなり信頼とまでは行かないと思う。
2着 アルゴリズム 番組注目馬
休み明け2走目距離短縮でレース内容が一変した。集中力途切れやすいタイプだが、短距離なら途切れない感じなので、次走も1400m戦出走なら信頼度は高いと思う。注目馬。
12着 ゴールデンアタック 
これは強引に馬群に突っ込んで、他馬の妨害をして降着になったが、そこまでの手応えは良かったので、今回の敗戦だけで見限るべき馬ではないと思う。
阪神9R すみれS タイムSL
前半・中盤が遅く、補正しきれずスローの扱いとする。
阪神11R 阪急杯 
コスモセンサーが先手を取って直線。ペース自体はそんなに速くなかった。直線も馬群が密集する様な形になって、最後は内・外離れて追い比べになったが、やっぱりこういう開幕週の馬場ですから、内を通った馬が有利ということで、サンカルロが外枠だったが上手く立ち回って、楽に抜け出す競馬になった。
1着 サンカルロ 
今回買うにはそこそこ人気になっていましたから、スプリンターズSで買って勝負した馬だったが、ダッシャーゴーゴーに不利を受けて降着になったという非常に相性の悪い馬だが、馬自身は何ら関係なく非常に力をつけていると思う。やはり1200m・1400m問わず確実に差して来ますし、あとは本番と言うか高松宮記念に向けてはスタートがポイントだろう。やっぱり今回もスタートがちょっと悪かった分、位置取りがちょっと後ろになっているので、スタートさえ決まれば次回も良い勝負になるかなと思う。
==吉田豊騎手==
次のために是が非でもここで賞金を加算しておきたかった。良い感じで運べたし、やっとこの馬の力を出せて良かった。
2着 ガルボ 
直線で前が開くのにちょっと時間が掛かった。その間にサンカルロにスパッと抜け出されてしまったので、そこで開いていれば勝っていたとまでは言わないが、1馬身以内の接戦にはなっていたなと思うので、いずれにせよ好位で脚を溜めて伸ばすような形を習得して来ていますから、安定感が出てきたなというのが印象。
3着 フラガラッハ 
これは折り合いに専念して後方からの競馬になったが、相当長く良い脚を使ってますし、直線のキレは目を見張るものがありましたから、サンカルロの強さだけが目立ったレースだが、フラガラッハも同様に良い競馬をしていると思いますし、距離マイルに伸びた方が競馬しやすいかなという印象。
5着 ワンカラット 
これはプラス26キロ。数字ほどは太くなかったが、やはり体つきに余裕があったという事で、もともとちょっと脚捌きが硬い馬なので、その辺りが今後ケアしていく事がポイントになると思うが、体さえ絞れてくれば巻き返しの可能性は十分にあると思う。
阪神12R 4歳上1000万下 タイムB
逃げていたシリコンフォレストにメイショウヤワラ・ハクバドウジが並びかけて叩き合っていたが、この先行馬の外から後方を追走していたオオトリオオジャが追い込み抜け出した。併せる様にその内からリュシオルが伸び、メイショウヤワラらを交わす。ただ、オオトリオオジャには並ぶ事ができなかった。
1着 オオトリオオジャ 
この馬ちょっと喉なりの兆候のある馬。その分時折おやっと思わせる凡走をすることあるが、馬体の作りは条件クラスに居る馬ではなくて、実際喉が大丈夫だった時には強い競馬をしている。今後もいつ走るかと言ったらわかりにくいが、個人的には人気になったら見送って、人気がないときは買うべき馬だろうという解釈。少なくとも準OPで能力は通用する馬であることは確か。
2着 リュシオル 
短距離ならレースぶりがスムーズ。ですから、次走も1400m戦出走なら有力。

  馬券Summary
時計のかかる馬場
後ほど
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai