2011年2回中山1日目

開催一覧
2011/12/25 (日)
中山 阪神 小倉
2011/12/24 (土)
中山 阪神 小倉
2011/12/18 (日)
中山 阪神 小倉
2011/12/17 (土)
中山 阪神 小倉
2011/12/11 (日)
中山 阪神 小倉
2011/12/10 (土)
中山 阪神 小倉
2011/12/04 (日)
中山 阪神 小倉
2011/12/03 (土)
中山 阪神 小倉
2011/11/27 (日)
東京 京都 小倉
2011/11/26 (土)
東京 京都 小倉
2011/11/20 (日)
東京 京都 新潟
2011/11/19 (土)
東京 京都 新潟
2011/11/13 (日)
東京 京都 新潟
2011/11/12 (土)
東京 京都 新潟
2011/11/06 (日)
東京 京都 新潟
2011/11/05 (土)
東京 京都 新潟
2011/10/30 (日)
東京 京都 新潟
2011/10/29 (土)
東京 京都 新潟
2011/10/23 (日)
東京 京都 新潟
2011/10/22 (土)
東京 京都 新潟
2011/10/16 (日)
東京 京都 新潟
2011/10/15 (土)
東京 京都 新潟
2011/10/10 (月)
東京
2011/10/09 (日)
東京 京都
2011/10/08 (土)
東京 京都
2011/10/02 (日)
中山 阪神 札幌
2011/10/01 (土)
中山 阪神 札幌
2011/09/25 (日)
中山 阪神 札幌
2011/09/24 (土)
中山 阪神 札幌
2011/09/19 (月)
阪神 札幌
2011/09/18 (日)
中山 阪神
2011/09/17 (土)
中山 札幌
2011/09/11 (日)
中山 阪神 札幌
2011/09/10 (土)
中山 阪神 札幌
2011/09/04 (日)
新潟 小倉 札幌
2011/09/03 (土)
新潟 小倉 札幌
2011/08/28 (日)
新潟 小倉 札幌
2011/08/27 (土)
新潟 小倉 札幌
2011/08/21 (日)
新潟 小倉 札幌
2011/08/20 (土)
新潟 小倉 札幌
2011/08/14 (日)
新潟 小倉 札幌
2011/08/13 (土)
新潟 小倉 札幌
2011/08/07 (日)
新潟 小倉 函館
2011/08/06 (土)
新潟 小倉 函館
2011/07/31 (日)
新潟 小倉 函館
2011/07/30 (土)
新潟 小倉 函館
2011/07/24 (日)
新潟 京都 函館
2011/07/23 (土)
新潟 京都 函館
2011/07/17 (日)
新潟 京都 函館
2011/07/16 (土)
新潟 京都 函館
2011/07/10 (日)
中山 京都 函館
2011/07/09 (土)
中山 京都 函館
2011/07/03 (日)
中山 京都 函館
2011/07/02 (土)
中山 京都 函館
2011/06/26 (日)
中山 阪神 函館
2011/06/25 (土)
中山 阪神 函館
2011/06/19 (日)
中山 阪神 函館
2011/06/18 (土)
中山 阪神 函館
2011/06/12 (日)
東京 阪神 新潟
2011/06/11 (土)
東京 阪神 新潟
2011/06/05 (日)
東京 阪神 新潟
2011/06/04 (土)
東京 阪神 新潟
2011/05/29 (日)
東京 京都 新潟
2011/05/28 (土)
東京 京都 新潟
2011/05/22 (日)
東京 京都 新潟
2011/05/21 (土)
東京 京都 新潟
2011/05/15 (日)
東京 京都 新潟
2011/05/14 (土)
東京 京都 新潟
2011/05/08 (日)
東京 京都 新潟
2011/05/07 (土)
東京 京都 新潟
2011/05/01 (日)
東京 京都 新潟
2011/04/30 (土)
東京 京都 新潟
2011/04/24 (日)
東京 京都 新潟
2011/04/23 (土)
東京 京都 新潟
2011/04/17 (日)
阪神 小倉
2011/04/16 (土)
阪神 小倉
2011/04/10 (日)
阪神 小倉
2011/04/09 (土)
阪神 小倉
2011/04/03 (日)
阪神 小倉
2011/04/02 (土)
阪神 小倉
2011/03/27 (日)
阪神 小倉
2011/03/26 (土)
阪神 小倉
2011/03/21 (月)
阪神
2011/03/20 (日)
阪神 小倉
2011/03/19 (土)
阪神 小倉
2011/03/06 (日)
中山 阪神 小倉
2011/03/05 (土)
中山 阪神 小倉
2011/02/27 (日)
中山 阪神 小倉
2011/02/26 (土)
中山 阪神 小倉
2011/02/20 (日)
東京 京都
2011/02/19 (土)
東京 京都
2011/02/14 (月)
小倉
2011/02/13 (日)
東京 京都 小倉
2011/02/12 (土)
東京 京都 小倉
2011/02/06 (日)
東京 京都 小倉
2011/02/05 (土)
東京 京都 小倉
2011/01/30 (日)
東京 京都 小倉
2011/01/29 (土)
東京 京都 小倉
2011/01/23 (日)
中山 京都 小倉
2011/01/22 (土)
中山 京都 小倉
2011/01/16 (日)
中山 京都
2011/01/15 (土)
中山 京都
2011/01/10 (月)
中山 京都
2011/01/09 (日)
中山 京都
2011/01/08 (土)
中山 京都
2011/01/05 (水)
中山 京都
  馬場コメント
先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土日共にマイナス0秒7だった。
1回開催がマイナス0秒8からマイナス0秒6で推移していたが、ほとんど変動がなかった。そうして1開催空いてAコースでスタートした先週も、時計の出方としてあまり変わらなかった。ですから高速馬場と言うほどではないが、そこそこ安定しているなということ。なお、土曜日は前めに位置した馬の上位入線が目についたが、日曜の後半はそうではなくなっていた。この開催は全てAコースが使用される。
先週の馬場差1800m対象の数値は土曜がプラスマイナスゼロ、日曜がプラス0秒6。1200m対象の数値は土曜がマイナス0秒2、日曜がプラス0秒3だった。
0秒5から0秒6日曜の方が掛かっている。これは風の影響が大きいと見たい。


  タイム分析
 2011/02/26 (土)  芝=-0.7  Aコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
5R T1600 ロイヤルクレスト    牡3 未勝利 1:35.3 -0.8 --- -0.2 --- C C
6R T2000 エチゴイチエ    牡3 新馬 2:06.4 +3.0 --- +2.2 --- SL B
9R T2200 サトノタイガー    牡3 水仙賞500 2:16.6 +1.2 --- +1.0 --- SL C
12R T1600 ハングリージャック    牡4 1000万下 1:34.8 +0.4 --- +0.7 --- D D
 2011/02/26 (土)  ダ=±0 / 1200m=-0.2
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R D1200 リーサムダイチ    牡3 未勝利 1:12.7 -0.2 --- ±0 --- C D
2R D1800 オクシペタルム    牝3 未勝利・牝 1:57.4 +1.8 --- +1.8 --- E E
3R D1800 ロイヤルパープル    牡3 新馬 1:57.9 +2.0 --- +2.0 --- E D
7R D1200 ダノンマイスター    牡5 500万下 1:11.7 -0.2 --- ±0 --- C C
8R D1800 パールシャドウ    牝5 1000万下・牝 1:53.6 +0.4 --- +0.4 --- D D
10R D1800 ダノンエリモトップ    牡5 上総S1600 1:51.8 -0.6 --- -0.6 --- B C
11R D1200 ティアップワイルド    牡5 千葉S 1:09.8 -0.3 --- -0.1 --- C E
中山2R 3歳未勝利・牝 タイムE
基準より1秒8遅い勝ちタイムだった。
中山3R 3歳新馬 タイムE
基準より2秒0遅い勝ちタイムだった。
中山6R 3歳新馬 注目
評判馬が出走する事で注目されていた。あと3週で現3歳世代の新馬戦は終了となる。そんな中で、ダイワメジャー・ダイワスカーレットの半弟で父がディープインパクトというピカソ、またメジロドーベルの子供でこれまた父がディープインパクトというメジロダイボサツ。これらを差し置いて1番人気になったのが、エチゴイチエ。
前半・中盤が遅く、補正しきれずにスローの扱いとする。
1着 エチゴイチエ 
流石にこれだけの支持を得る訳ですから、それだけの事はあるなという勝ちっぷりだった。好位から直線で先頭に並びかけると、抜け出してラストはもう抑えられる余裕があった。時計が遅いのは前半・中盤がかなりスローだったためで、今回の時計自体は低評価とはならない。速いペースになった際への対応がわからないので、次走即首位候補とは言えないが、ペースへの対応も含めて次走のレースぶりには注目したい。
中山9R 水仙賞 タイムSL
前半・中盤が遅く、補正しきれずにスローの扱いとする。
中山10R 上総S タイムB
基準より0秒6速い勝ちタイムだった。ダノンエリモトップがハナに立って直線に入る。その後リバプールサウンド・サイオン・キティが居て、サイオンが単独2番手に上がり、さらに差を詰めるが、ダノンエリモトップが抜かせずにハナ差で逃げ切った。そして内めを追い上げたバロンビスティーが3着。一方1番人気セイリオスは5着に終わった。
1着 ダノンエリモトップ 
一叩きしてマイナス12キロと体が引き締まった事に加えて、坂路でも51秒台で調教の動きも良くなっていた。レースでは単騎逃げ討てた事が大きい。ただ、この馬能力は秘めているが、もろさも同居しているタイプなのでオープンで好走するにはもうワンランク成長が必要かなと思う。
2着 サイオン 
これはもうコース巧者。3番手の内から直線だけ外に出す理想的な運びをしたが、結果勝ち馬がしぶとかったなと。今開催8日目に同じ条件があるので、上位候補であるが、ハンデ戦なので他馬とのハンデ差には注意が必要だと思う。
4着 ロンギングスター 
ロンギングスター・セイリオス。このクラスでは能力は足りる馬だが、これはもうどちらも中山と言うより、明らかに東京コースの方が良い。その時に狙いたい2頭だと思う。
5着 セイリオス 
ロンギングスター・セイリオス。このクラスでは能力は足りる馬だが、これはもうどちらも中山と言うより、明らかに東京コースの方が良い。その時に狙いたい2頭だと思う。
9着 ストロングバサラ 
久々に大きく崩れた。近走は人気に見合う走りができていない。今回は特に行きっぷりが良くなく、見せ場なしで終わってしまった。特定の原因はわからないが、次走も一気に人気を落とすことはないと思われるので、引き続き危険な人気馬になる可能性が高いんじゃないかなと思う。

  馬券Summary
土日の開きに注意
後ほど
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai