2009年3回阪神6日目

開催一覧
2009/12/27 (日)
中山 阪神 中京
2009/12/26 (土)
中山 阪神 中京
2009/12/20 (日)
中山 阪神 中京
2009/12/19 (土)
中山 阪神 中京
2009/12/13 (日)
中山 阪神 中京
2009/12/12 (土)
中山 阪神 中京
2009/12/06 (日)
中山 阪神
2009/12/05 (土)
中山 阪神
2009/11/29 (日)
東京 京都
2009/11/28 (土)
東京 京都
2009/11/22 (日)
東京 京都 福島
2009/11/21 (土)
東京 京都 福島
2009/11/15 (日)
東京 京都 福島
2009/11/14 (土)
東京 京都 福島
2009/11/08 (日)
東京 京都 福島
2009/11/07 (土)
東京 京都 福島
2009/11/01 (日)
東京 京都 福島
2009/10/31 (土)
東京 京都 福島
2009/10/25 (日)
東京 京都 福島
2009/10/24 (土)
東京 京都 福島
2009/10/18 (日)
東京 京都
2009/10/17 (土)
東京 京都
2009/10/11 (日)
東京 京都
2009/10/10 (土)
東京 京都
2009/10/04 (日)
中山 阪神
2009/10/03 (土)
中山 阪神
2009/09/27 (日)
中山 阪神 新潟
2009/09/26 (土)
中山 阪神 新潟
2009/09/21 (月)
阪神 新潟
2009/09/20 (日)
中山 阪神
2009/09/19 (土)
中山 新潟
2009/09/13 (日)
中山 阪神 新潟
2009/09/12 (土)
中山 阪神 新潟
2009/09/06 (日)
新潟 小倉 札幌
2009/09/05 (土)
新潟 小倉 札幌
2009/08/30 (日)
新潟 小倉 札幌
2009/08/29 (土)
新潟 小倉 札幌
2009/08/23 (日)
新潟 小倉 札幌
2009/08/22 (土)
新潟 小倉 札幌
2009/08/16 (日)
新潟 小倉 札幌
2009/08/15 (土)
新潟 小倉 札幌
2009/08/09 (日)
新潟 小倉 札幌
2009/08/08 (土)
新潟 小倉 札幌
2009/08/02 (日)
新潟 小倉 札幌
2009/08/01 (土)
新潟 小倉 札幌
2009/07/26 (日)
新潟 小倉 札幌
2009/07/25 (土)
新潟 小倉 札幌
2009/07/19 (日)
新潟 小倉 札幌
2009/07/18 (土)
新潟 小倉 札幌
2009/07/12 (日)
福島 阪神 札幌
2009/07/11 (土)
福島 阪神 札幌
2009/07/05 (日)
福島 阪神 札幌
2009/07/04 (土)
福島 阪神 札幌
2009/06/28 (日)
福島 阪神 札幌
2009/06/27 (土)
福島 阪神 札幌
2009/06/21 (日)
福島 阪神 札幌
2009/06/20 (土)
福島 阪神 札幌
2009/06/14 (日)
東京 中京
2009/06/13 (土)
東京 中京
2009/06/07 (日)
東京 中京
2009/06/06 (土)
東京 中京
2009/05/31 (日)
東京 中京
2009/05/30 (土)
東京 中京
2009/05/24 (日)
東京 中京 新潟
2009/05/23 (土)
東京 中京 新潟
2009/05/17 (日)
東京 京都 新潟
2009/05/16 (土)
東京 京都 新潟
2009/05/10 (日)
東京 京都 新潟
2009/05/09 (土)
東京 京都 新潟
2009/05/03 (日)
東京 京都 新潟
2009/05/02 (土)
東京 京都 新潟
2009/04/26 (日)
東京 京都 福島
2009/04/25 (土)
東京 京都 福島
2009/04/19 (日)
中山 阪神 福島
2009/04/18 (土)
中山 阪神 福島
2009/04/12 (日)
中山 阪神 福島
2009/04/11 (土)
中山 阪神 福島
2009/04/05 (日)
中山 阪神
2009/04/04 (土)
中山 阪神
2009/03/29 (日)
中山 阪神 中京
2009/03/28 (土)
中山 阪神 中京
2009/03/22 (日)
中山 阪神 中京
2009/03/21 (土)
中山 阪神 中京
2009/03/15 (日)
中山 阪神 中京
2009/03/14 (土)
中山 阪神 中京
2009/03/08 (日)
中山 阪神
2009/03/07 (土)
中山 阪神
2009/03/01 (日)
中山 阪神 小倉
2009/02/28 (土)
中山 阪神 小倉
2009/02/22 (日)
東京 京都 小倉
2009/02/21 (土)
東京 京都 小倉
2009/02/15 (日)
東京 京都 小倉
2009/02/14 (土)
東京 京都 小倉
2009/02/08 (日)
東京 京都 小倉
2009/02/07 (土)
東京 京都 小倉
2009/02/01 (日)
東京 京都
2009/01/31 (土)
東京 京都
2009/01/25 (日)
中山 京都 中京
2009/01/24 (土)
中山 京都 中京
2009/01/18 (日)
中山 京都 中京
2009/01/17 (土)
中山 京都 中京
2009/01/11 (日)
中山 京都 中京
2009/01/10 (土)
中山 京都 中京
2009/01/05 (月)
中山 京都
2009/01/04 (日)
中山 京都
  馬場コメント
さかのぼって6日間の芝の馬場差。この内前半4日間を見ると、雨の影響を受けた2日目を除いて速い時計の出る馬場コンディション。そして先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜日がマイナス0秒3、日曜日がマイナス0秒8だった。
月曜日から木曜日まで毎日雨が降って、金曜の夜にも雨が降った。土曜はその影響が残っていた。同じように終日良馬場であっても、初日や2週目とは1秒近く違うので注意が必要。日曜日は完全に乾いてはいたが、使い込んで来た事もあって2週目よりは掛かっている。特に外回りは外を通った差し馬がよく伸びていた。先週からBコースだが、Aコース使用だった1週目・2週目より外が伸びる傾向になった。
さかのぼって6日間の馬場差。まず前半4日間を見ると総じて速い時計が出ているが、特に2日目は雨の影響で脚抜きが良くなっていた。そして先週の馬場差1800m対象の数値は土曜日がマイナス0秒7、日曜日がマイナス0秒5だった。
中間の雨の影響で土曜日は6Rまで稍重、10R以降は良馬場だったが、馬場差は終日同一とした。ただ雨の影響が残っていたとは言え、馬場差は初日そして3日目・4日目とほぼ同じ。つまり同じように雨の影響を受けたと言っても、高速レベルの2日目とは異なるコンディションだった。上位馬の脚質には特に目立った傾向はなかった。


  タイム分析
 2009/07/05 (日)  芝=-0.8  Bコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
4R T1200 シンメイフジ    牝2 新馬 1:11.5 +0.8 --- +1.3 --- E D --
6R T1600 ブライダルベール    牝3 未勝利 1:34.9 -0.6 --- -0.3 --- B C --
8R T2400 フォゲッタブル    牡3 生田特別500 2:27.0 -0.1 --- +0.3 --- C C --
10R T1600 クラウンプリンセス    牝5 米子SH 1:32.6 -0.2 --- +0.4 --- D D --
11R T1400 アスドゥクール    牝4 500万下 1:21.4 -0.6 --- ±0 --- C C --
 2009/07/05 (日)  ダ=-0.5
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
1R D1800 グローリーブリッジ    牝3 未勝利・牝 1:54.4 -0.1 --- +0.4 --- D D --
2R D1200 グレンチェック    牝3 未勝利 1:13.1 ±0 --- +0.3 --- D C --
5R D1800 ツルマルネオ    セ3 未勝利 1:54.1 -0.4 --- -0.2 --- C D --
7R D2000 ツルガオカランナー    牡4 500万下 2:06.7 +0.2 --- +0.8 --- D B --
9R D1400 ショウサンウルル    牝3 皆生特別1000 1:23.7 -0.5 --- -0.1 --- C C --
12R D1200 ミスターレンチ    牡3 500万下 1:12.4 +0.1 --- +0.4 --- D B --

阪神4R 2歳新馬 タイムE
基準より1秒3遅い勝ちタイムだった。
阪神6R 3歳未勝利 タイムB
基準より0秒3速い勝ちタイムだった。序盤から逃げていたジャグラーキングが直線に入っても先頭をキープしている。外を回った1番人気パラディーゾは伸びてはいるものの、抜け出す程の勢いはない。その外からブライダルベールが追い込んで、目立つ脚色で先団に接近。内のジャグラーキングも交わして抜け出した。そしてジャグラーキングが2着に粘り、パラディーゾが3着だった。
1着 ブライダルベール 
新馬戦こそ3着だったが、その後はふるわずここ2戦は9着。そのため今回は11番人気だったが、逃げた馬が2着に残る展開を1頭だけ別次元の切れ味で追い込んで突き抜けた。9着続きだった時は馬体重が372キロ・370キロ。約3ヶ月空けた今回は18キロ増えて388キロ。これまで3着となった時は380キロ台でしたから、馬体を戻したのが最大の好走要因だろう。小さな馬なので、斤量が1キロでも軽くなったのも良かったと思う。それにしてもビックリするほどの一辺倒、ビックリするほどの切れ味で昇級戦となる次走はちょっと逆に疑ってしまう。
2着 ジャグラーキング 
初ブリンカーでデビュー以来初めての逃げだった。好スタートから押して先手を取って全く絡まれるところがなかった。また同じ競馬ができれば良いが、このパターンで一変するという事は恐らく揉まれる競馬は良くない。こちらも半信半疑。
3着 パラディーゾ 番組注目馬
これがデビュー2戦目。デビュー戦は道中安全運転という乗り方だったが、今回は正攻法。逃げ馬を捕らえきれなかったし、ブライダルベールのすさまじい切れ味の前では霞んでしまったが、よく伸びている。レースぶりが良化しているので、次走は期待できる。少しちょっと頭が高いので、平坦コースの方が良いとも思う。注目馬。
阪神9R 皆生特別 注目
オープンからの降級馬も居たが、3歳馬が1着・2着だった。好スタートから逃げたはネヴァシャトルで、アオり気味のスタートでも2番手につけたショウサンウルルがこれを交わしにかかる。やはりアオり気味のスタートから徐々に押し上げて4コーナーで3番手まで上がって来たワールドワイドが迫ってくるが、ハナ差だけ残してショウサンウルルが勝ちきった。ネヴァシャトルが粘って3着だった。
3歳春にはダート短距離のオープンが組まれていないので、ダート短距離に適正のある3歳2勝馬は春の間は適したレースがなく、そのため夏の1000万下ではいきなり通用しやすい。斤量が軽いという事も短距離では効果がある。このレースがどうこうという事はなくて、夏の1000万下ダート短距離では3歳馬は狙える場合が多いという事。来年以降も使えるので覚えておきたい。

  馬券Summary
武豊の取捨が鍵
宝塚記念が終わると、安藤勝己・岩田両騎手が札幌へ行ってしまい、阪神では武豊騎手に人気馬が集中する。先週の成績は17回騎乗して4勝2着2回3着1回だったが、1番人気・2番人気での4着以下が5回あった。つまり4着以下の10回中半分の5回は1番人気・2番人気だったという事。実は昨年も同じ様な結果だった。昨年の3回阪神3週目、武豊騎手は18回騎乗して5勝2着1回3着2回。そして4着以下10回中6回は1番人気・2番人気だった。今週は阪神で重賞のプロキオンSがあるので、騎手の顔ぶれは先週と異なってくるはずだが、安藤勝己騎手と岩田騎手が不在の時の武豊騎手の扱いにはくれぐれも注意が必要という事。ただでさえ、人気馬に多く乗る事になる上に騎手が武豊騎手なので、さらに人気になってしまうが、人気馬の半分ぐらいは馬券の圏外に消えてしまうという事。
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai
since 2001.06.26