2009年2回阪神1日目

開催一覧
2009/12/27 (日)
中山 阪神 中京
2009/12/26 (土)
中山 阪神 中京
2009/12/20 (日)
中山 阪神 中京
2009/12/19 (土)
中山 阪神 中京
2009/12/13 (日)
中山 阪神 中京
2009/12/12 (土)
中山 阪神 中京
2009/12/06 (日)
中山 阪神
2009/12/05 (土)
中山 阪神
2009/11/29 (日)
東京 京都
2009/11/28 (土)
東京 京都
2009/11/22 (日)
東京 京都 福島
2009/11/21 (土)
東京 京都 福島
2009/11/15 (日)
東京 京都 福島
2009/11/14 (土)
東京 京都 福島
2009/11/08 (日)
東京 京都 福島
2009/11/07 (土)
東京 京都 福島
2009/11/01 (日)
東京 京都 福島
2009/10/31 (土)
東京 京都 福島
2009/10/25 (日)
東京 京都 福島
2009/10/24 (土)
東京 京都 福島
2009/10/18 (日)
東京 京都
2009/10/17 (土)
東京 京都
2009/10/11 (日)
東京 京都
2009/10/10 (土)
東京 京都
2009/10/04 (日)
中山 阪神
2009/10/03 (土)
中山 阪神
2009/09/27 (日)
中山 阪神 新潟
2009/09/26 (土)
中山 阪神 新潟
2009/09/21 (月)
阪神 新潟
2009/09/20 (日)
中山 阪神
2009/09/19 (土)
中山 新潟
2009/09/13 (日)
中山 阪神 新潟
2009/09/12 (土)
中山 阪神 新潟
2009/09/06 (日)
新潟 小倉 札幌
2009/09/05 (土)
新潟 小倉 札幌
2009/08/30 (日)
新潟 小倉 札幌
2009/08/29 (土)
新潟 小倉 札幌
2009/08/23 (日)
新潟 小倉 札幌
2009/08/22 (土)
新潟 小倉 札幌
2009/08/16 (日)
新潟 小倉 札幌
2009/08/15 (土)
新潟 小倉 札幌
2009/08/09 (日)
新潟 小倉 札幌
2009/08/08 (土)
新潟 小倉 札幌
2009/08/02 (日)
新潟 小倉 札幌
2009/08/01 (土)
新潟 小倉 札幌
2009/07/26 (日)
新潟 小倉 札幌
2009/07/25 (土)
新潟 小倉 札幌
2009/07/19 (日)
新潟 小倉 札幌
2009/07/18 (土)
新潟 小倉 札幌
2009/07/12 (日)
福島 阪神 札幌
2009/07/11 (土)
福島 阪神 札幌
2009/07/05 (日)
福島 阪神 札幌
2009/07/04 (土)
福島 阪神 札幌
2009/06/28 (日)
福島 阪神 札幌
2009/06/27 (土)
福島 阪神 札幌
2009/06/21 (日)
福島 阪神 札幌
2009/06/20 (土)
福島 阪神 札幌
2009/06/14 (日)
東京 中京
2009/06/13 (土)
東京 中京
2009/06/07 (日)
東京 中京
2009/06/06 (土)
東京 中京
2009/05/31 (日)
東京 中京
2009/05/30 (土)
東京 中京
2009/05/24 (日)
東京 中京 新潟
2009/05/23 (土)
東京 中京 新潟
2009/05/17 (日)
東京 京都 新潟
2009/05/16 (土)
東京 京都 新潟
2009/05/10 (日)
東京 京都 新潟
2009/05/09 (土)
東京 京都 新潟
2009/05/03 (日)
東京 京都 新潟
2009/05/02 (土)
東京 京都 新潟
2009/04/26 (日)
東京 京都 福島
2009/04/25 (土)
東京 京都 福島
2009/04/19 (日)
中山 阪神 福島
2009/04/18 (土)
中山 阪神 福島
2009/04/12 (日)
中山 阪神 福島
2009/04/11 (土)
中山 阪神 福島
2009/04/05 (日)
中山 阪神
2009/04/04 (土)
中山 阪神
2009/03/29 (日)
中山 阪神 中京
2009/03/28 (土)
中山 阪神 中京
2009/03/22 (日)
中山 阪神 中京
2009/03/21 (土)
中山 阪神 中京
2009/03/15 (日)
中山 阪神 中京
2009/03/14 (土)
中山 阪神 中京
2009/03/08 (日)
中山 阪神
2009/03/07 (土)
中山 阪神
2009/03/01 (日)
中山 阪神 小倉
2009/02/28 (土)
中山 阪神 小倉
2009/02/22 (日)
東京 京都 小倉
2009/02/21 (土)
東京 京都 小倉
2009/02/15 (日)
東京 京都 小倉
2009/02/14 (土)
東京 京都 小倉
2009/02/08 (日)
東京 京都 小倉
2009/02/07 (土)
東京 京都 小倉
2009/02/01 (日)
東京 京都
2009/01/31 (土)
東京 京都
2009/01/25 (日)
中山 京都 中京
2009/01/24 (土)
中山 京都 中京
2009/01/18 (日)
中山 京都 中京
2009/01/17 (土)
中山 京都 中京
2009/01/11 (日)
中山 京都 中京
2009/01/10 (土)
中山 京都 中京
2009/01/05 (月)
中山 京都
2009/01/04 (日)
中山 京都
  馬場コメント
阪神も連続開催の後半に入った。先週は1回開催と同じAコース使用で、本来なら時計が掛かってくるところだが、ここまで5週で最も速い時計の出るコンディションだった。速いと言っても水準よりは掛かっているのだが、1回開催が雨の影響を受けた中で行われていたのに対し、先週は今年の阪神で初めてと言って良いほど雨の影響がなかったため。なお、今週から3週はBコースが使用される。
雨の影響がなかった上、芝を刈った事、ローラーによる整備が行われた事も前半4週より時計が出やすくなった要因と見る。ただし、土曜日に逃げ馬の連対が多いのは、緩やかな流れのレースが多かった事も影響しているのだろう。
1回開催は雨の影響を受け、週によって時計の出方が異なった。また同じ週でも土日で時計の出方がかなり異なる場合は、雨の影響を受けた度合いによるもの。しかし、先週は雨の影響がなく、土日とも同じ時計の出方でほぼ水準レベルだった。また、連対馬を見ると、中団・後方から差してきて来た馬もいるので、先行しないと勝負にならないという訳ではない。ただ、全体として見れば、前めに位置した馬の粘り懲り込みが目に付いた。


  タイム分析
 2009/03/28 (土)  芝=+0.1  Aコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
5R T2200 マイファーストラヴ    牝3 未勝利 2:16.3 +0.4 --- -0.4 --- B C --
6R T1200 シシャモチャン    牝3 500万下 1:09.5 ±0 --- -0.1 --- C D --
8R T1600 ショウナンラノビア    牝6 仲春特別1000 1:35.3 +1.3 --- +0.9 --- SL D --
10R T1800 アイアンルック    牡3 毎日杯G3 1:48.0 +0.9 --- ±0 --- C C --
11R T2000 クィーンスプマンテ    牝5 1000万下・牝 2:03.3 +3.1 --- +2.2 --- SL D --
 2009/03/28 (土)  ダ=-0.1
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
1R D1200 マルサンメイン    牝3 未勝利・牝 1:13.7 +0.4 --- +0.5 --- D E --
2R D1400 バンドゥロンシャン    牡3 未勝利 1:25.4 -0.5 --- -0.4 --- B C --
3R D1800 オウケンマジック    牡3 未勝利 1:54.7 ±0 --- -0.2 --- C C --
4R D1200 クリノオンビート    牡3 未勝利 1:13.0 -0.3 --- -0.2 --- C C --
7R D1800 スズカルビー    牝4 500万下・牝 1:54.4 +1.3 --- +1.4 --- E E --
9R D1400 エリモハルカ    牝5 陽春SH1600 1:24.3 +0.8 --- +0.9 --- E D --
12R D1200 テイエムクレナイ    牝4 500万下 1:12.5 +0.2 --- +0.3 --- D C --

阪神2R 3歳未勝利 タイムB
基準より0秒4速い勝ちタイムだった。ダノンフィーバーが先頭に立って、直線へ入っていく。その外トーコータカシ・ヤマニンライラは並ぶところまで行かず、やや一杯。その外に出されたバンドゥロンシャンがダノンフィーバーに迫って行き、交わして1着。しかしダノンフィーバーも粘って、3着エースダイヤに3馬身半差をつけていた。
1着 バンドゥロンシャン 
着差は1馬身だったが、好位へつけての完勝だった。ダートで4勝しているアグネスマクシマムの全弟だけに、やはりここ2走ダートで安定したレースぶりだった。ちなみに音無厩舎はこのバンドゥロンシャンを含め、土曜日に3勝。やはり上位に名を連ねてきた。
2着 ダノンフィーバー 番組注目馬
やや感覚を開けて12キロ増ながら、回復分も含まれており太くはなかった。初めてのダートながら、戸惑うこともなく先頭に立ってレースを引っ張り、よく粘っている。平均してスピードを維持して行くタイプで、ダートの方が合っている。注目馬。
阪神5R 3歳未勝利 タイムB
基準より0秒4速い勝ちタイムだった。内枠から逃げたトパンガが直線に入っても、先頭をキープ。一方7枠14番の1番人気ミッキースポットは失速し、変わってその内からマイファーストラヴが進出して来る。このマイファーストラヴが唯一トパンガに迫っていき、交わして1着。トパンガも粘って2着。3着テイエムハリアーに2馬身半差をつけていた。
1着 マイファーストラヴ 
内をロスなく立ち回ったとは言え、牡馬相手の勝利は評価できる。同じ松本厩舎のメトロシュタインの全妹だけに、距離が伸びて真価を発揮したのだろう。
2着 トパンガ 
前走の中京戦で注目馬となっていた。その前走は4着とは言え、評価できる内容だった。今回は先頭に立って、中盤でペースを落としたことも粘った要因だが、3着テイエムハリアーに2馬身半差をつけている。未勝利クラスなら上位の力量がある。
9着 ミッキースポット 
1番人気、直線失速して9着。キツいペースではなかっただけに案外な内容だったが、2000mでは2走共2着。これに対し、200mが距離が伸びると2走共に着外。やはり距離が敗因かもしない。
阪神7R 4歳上500万下・牝 タイムE
基準より1秒4遅い勝ちタイム。
阪神8R 仲春特別 タイムSL
ゆったりした流れでスローの扱いとする。
阪神9R 陽春S タイムE
基準より0秒9遅い勝ちタイム。
阪神10R 毎日杯 
スタート、2番人気のアプレザンレーヴにロスがあった。パドックから入れ込んでいたが、ゲートの中でもうるさかった。ミッキーパンプキンがやや掛かり気味に久々の逃げを打って、中盤緩んで直線勝負になった。直線1ハロンまでは内を回った先行馬同士の決着かと思わせた。追い出しを遅らせたゴールデンチケットが一端躍り出たところに大外からアイアンルック。追えば追うほどというほどの豪脚を駆使して一蹴した。さらにはアプレザンレーヴも最後は良く伸びてゴール寸前で3着に上がった。
1着 アイアンルック 
アーリントンカップのうっぷんを晴らす快勝だった。2ハロン・1ハロンと距離を伸ばして来ているが、その決め手という部分には全くかげりがない。馬っぷりからしても2000mまで全く問題ないんじゃないかと。ただ、今回は少しトップギアに入るまでに時間がかかった印象があったので、この後の皐月賞でどうか?というところはあるが、広い東京のNHKマイルカップに出走であれば、当然本命候補。
3着 アプレザンレーヴ 
マイナス6キロで細くも映りましたし、やはりパドックからテンションが高すぎた。直線もフラフラしながらの分、ちょっと並ぶところまで行かなかったが、走ることはわかっているので、完成度というところは今後の課題だろう。
阪神11R 4歳上1000万下・牝 タイムSL
ゆったりした流れでスローの扱いとする。

  馬券Summary
一変の馬場
芝は1回開催と時計の出方が一変していた。プラスの馬場差とは言え、1回開催で最も速かったのは7日目のプラス1秒1ですから、それと比較しても1秒速いという事になる。冒頭の説明にもあった様に、天候・馬場の整備が大きな要因。今週も整備の内容についてはJRAのHPでチェックしたいところ。また、今週からコース設定が変わるので、雨の影響がなければ先週の数値から大きく掛かる事はないと見ている。
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai
since 2001.06.26