2009年3回中山6日目

開催一覧
2009/12/27 (日)
中山 阪神 中京
2009/12/26 (土)
中山 阪神 中京
2009/12/20 (日)
中山 阪神 中京
2009/12/19 (土)
中山 阪神 中京
2009/12/13 (日)
中山 阪神 中京
2009/12/12 (土)
中山 阪神 中京
2009/12/06 (日)
中山 阪神
2009/12/05 (土)
中山 阪神
2009/11/29 (日)
東京 京都
2009/11/28 (土)
東京 京都
2009/11/22 (日)
東京 京都 福島
2009/11/21 (土)
東京 京都 福島
2009/11/15 (日)
東京 京都 福島
2009/11/14 (土)
東京 京都 福島
2009/11/08 (日)
東京 京都 福島
2009/11/07 (土)
東京 京都 福島
2009/11/01 (日)
東京 京都 福島
2009/10/31 (土)
東京 京都 福島
2009/10/25 (日)
東京 京都 福島
2009/10/24 (土)
東京 京都 福島
2009/10/18 (日)
東京 京都
2009/10/17 (土)
東京 京都
2009/10/11 (日)
東京 京都
2009/10/10 (土)
東京 京都
2009/10/04 (日)
中山 阪神
2009/10/03 (土)
中山 阪神
2009/09/27 (日)
中山 阪神 新潟
2009/09/26 (土)
中山 阪神 新潟
2009/09/21 (月)
阪神 新潟
2009/09/20 (日)
中山 阪神
2009/09/19 (土)
中山 新潟
2009/09/13 (日)
中山 阪神 新潟
2009/09/12 (土)
中山 阪神 新潟
2009/09/06 (日)
新潟 小倉 札幌
2009/09/05 (土)
新潟 小倉 札幌
2009/08/30 (日)
新潟 小倉 札幌
2009/08/29 (土)
新潟 小倉 札幌
2009/08/23 (日)
新潟 小倉 札幌
2009/08/22 (土)
新潟 小倉 札幌
2009/08/16 (日)
新潟 小倉 札幌
2009/08/15 (土)
新潟 小倉 札幌
2009/08/09 (日)
新潟 小倉 札幌
2009/08/08 (土)
新潟 小倉 札幌
2009/08/02 (日)
新潟 小倉 札幌
2009/08/01 (土)
新潟 小倉 札幌
2009/07/26 (日)
新潟 小倉 札幌
2009/07/25 (土)
新潟 小倉 札幌
2009/07/19 (日)
新潟 小倉 札幌
2009/07/18 (土)
新潟 小倉 札幌
2009/07/12 (日)
福島 阪神 札幌
2009/07/11 (土)
福島 阪神 札幌
2009/07/05 (日)
福島 阪神 札幌
2009/07/04 (土)
福島 阪神 札幌
2009/06/28 (日)
福島 阪神 札幌
2009/06/27 (土)
福島 阪神 札幌
2009/06/21 (日)
福島 阪神 札幌
2009/06/20 (土)
福島 阪神 札幌
2009/06/14 (日)
東京 中京
2009/06/13 (土)
東京 中京
2009/06/07 (日)
東京 中京
2009/06/06 (土)
東京 中京
2009/05/31 (日)
東京 中京
2009/05/30 (土)
東京 中京
2009/05/24 (日)
東京 中京 新潟
2009/05/23 (土)
東京 中京 新潟
2009/05/17 (日)
東京 京都 新潟
2009/05/16 (土)
東京 京都 新潟
2009/05/10 (日)
東京 京都 新潟
2009/05/09 (土)
東京 京都 新潟
2009/05/03 (日)
東京 京都 新潟
2009/05/02 (土)
東京 京都 新潟
2009/04/26 (日)
東京 京都 福島
2009/04/25 (土)
東京 京都 福島
2009/04/19 (日)
中山 阪神 福島
2009/04/18 (土)
中山 阪神 福島
2009/04/12 (日)
中山 阪神 福島
2009/04/11 (土)
中山 阪神 福島
2009/04/05 (日)
中山 阪神
2009/04/04 (土)
中山 阪神
2009/03/29 (日)
中山 阪神 中京
2009/03/28 (土)
中山 阪神 中京
2009/03/22 (日)
中山 阪神 中京
2009/03/21 (土)
中山 阪神 中京
2009/03/15 (日)
中山 阪神 中京
2009/03/14 (土)
中山 阪神 中京
2009/03/08 (日)
中山 阪神
2009/03/07 (土)
中山 阪神
2009/03/01 (日)
中山 阪神 小倉
2009/02/28 (土)
中山 阪神 小倉
2009/02/22 (日)
東京 京都 小倉
2009/02/21 (土)
東京 京都 小倉
2009/02/15 (日)
東京 京都 小倉
2009/02/14 (土)
東京 京都 小倉
2009/02/08 (日)
東京 京都 小倉
2009/02/07 (土)
東京 京都 小倉
2009/02/01 (日)
東京 京都
2009/01/31 (土)
東京 京都
2009/01/25 (日)
中山 京都 中京
2009/01/24 (土)
中山 京都 中京
2009/01/18 (日)
中山 京都 中京
2009/01/17 (土)
中山 京都 中京
2009/01/11 (日)
中山 京都 中京
2009/01/10 (土)
中山 京都 中京
2009/01/05 (月)
中山 京都
2009/01/04 (日)
中山 京都
  馬場コメント
前開催の3週目までは雨の影響でかなり時計の掛かる日があったが、4週目以降は全て良馬場発表で行われていて、全てマイナスの馬場差。連続開催の後半だけに高速馬場というレベルではないが、前半とは時計の出方が全く違っている。
1600m以上の距離では逃げ・先行馬の連対がない訳ではないが、これは淀みのないペースで流れたレースが多かった事も影響している。コース取りについては、特に偏りはなかった。1200mの2鞍では逃げ・先行同士の決着だが、こちらは逆に比較的落ち着いたペースによる前残りと見て良いだろう。
この開催に入ると雨の影響をあまり受けず、大きなバラつきはない。ただ、1800m戦は安定しているという訳でもなく、週によって時計の出方が異なる。2日目はやや時計がかかり、3日目はやや時計の出やすいレベルだった。
同じ馬場差という事で土日を通して眺めると、ある程度は前々の馬が頑張るが、メンバーやペースによっては追い込み勢の台頭も可能だったというコンディション。


  タイム分析
 2009/04/12 (日)  芝=-0.7  Bコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
5R T2000 ヘディングマキ    牡3 未勝利 2:02.9 -0.2 --- +0.5 --- D D --
9R T1200 マチカネコロモガワ    牡3 桜草特別500 1:08.9 -0.5 --- -0.1 --- C D --
10R T1600 ユキノハリケーン    牡5 隅田川特1000 1:33.8 -0.6 --- ±0 --- C C --
11R T1200 アポロフェニックス    牡4 春雷S 1:08.2 +0.2 --- +0.6 --- D D --
 2009/04/12 (日)  ダ=±0 / 1200m=-0.4
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
1R D1200 モルフェキセキ    牝3 未勝利・牝 1:13.2 +0.3 --- +0.7 --- E D --
2R D1800 ドリームハッチ    牡3 未勝利 1:57.0 +1.4 --- +0.8 --- D C --
3R D1200 レグルスハート    牡3 未勝利 1:13.3 +0.4 --- +0.8 --- E C --
6R D1200 サルバドールアスカ    牡3 500万下 1:11.5 -0.7 --- -0.3 --- B C --
7R D1800 トーセンインプレス    牡4 500万下 1:55.3 +1.3 --- +1.3 --- E D --
8R D1200 トーセンクロス    牡5 500万下 1:11.2 -0.7 --- -0.3 --- B C --
12R D1800 ブリリアントタイム    牡5 1000万下 1:53.1 -0.1 --- -0.1 --- C D --

中山1R 3歳未勝利・牝 タイムE
基準より0秒7遅い勝ちタイムだった。
6着 スイートヴァランス 
経験馬相手の初出走だった。出遅れるロスが響いたが、直線で砂をかぶらない外へ持ち出すと上々の伸び脚だった。次走も牝馬限定戦なら連対級の注意が必要。
中山3R 3歳未勝利 タイムE
基準より0秒8遅い勝ちタイムだった。
中山5R 3歳未勝利 注目
勝ったヘディングマキに注目。一目瞭然で能力が抜けていた。
1着 ヘディングマキ 
淡々とした流れの好位から大事に真ん中を回ってきて、正に馬の能力を信頼したレース運びをした。残り200m辺りまで追い出しを我慢して、きっちりギアが上がると坂上はほぼ馬なり。軽い競馬で恵まれた部分も多いが、余力十分の3馬身1/2差という事で、見ての通りだった。
デビュー戦は出遅れて5着ながらメンバー最速の上がりをマークしていた。前走の芝2200mではハイペースを先行して、タイムランクBの決着の2着。まだ底を見せていない。姉のウェンブリーが500万下の常連止まりだったが、馬格も違いますし、走る度にスケール感というものが出て来た様な気がする。個人的な好みも入るが、長い目で追いかけたい存在。
中山6R 3歳500万下 タイムB
基準より0秒3速い勝ちタイムだった。そこそこのハイペースから決め手勝負。上位5頭はしっかり伸び、6着以下は離されていた。
1着 サルバドールアスカ 
短距離ダートでの差しは定着した感のあるサルバドールアスカだが、逆に昇級した後の融通性というイメージが沸かない。
中山7R 4歳上500万下 タイムE
基準より1秒3遅い勝ちタイムだった。
中山8R 4歳上500万下 タイムB
基準より0秒3速い勝ちタイムだった。4コーナー、逃げていたマルターズクラシカを競り落とす様にトーセンクロスが並んで抜け出して行く。その後に居たスコルピオンキッスも上がって、トーセンクロスを追いかけるが、トーセンクロスは勢いを持続しており、差は詰まっていかない。スコルピオンキッスと後続との差はさらに広がっていき、能力差がハッキリと出た1戦となった。
土曜8Rを勝ったスペシャルハートの前々走、そしてこのレースの勝ち馬トーセンクロスの前走は同じ2月15日の東京ダート1300mだった。この他にもトーセンセイント・スコルピオンキッス・アプローズヒーローが先週の駅馬で連対している。先々週はソシアルグレイシーも2着ですから、金脈レースとして一気にスパークした感じ。逆に出尽くした感じもあるが、改めて見ておきたい。
1・2着のトーセンクロス・スコルピオンキッス以外にも条件さえ整えば連対可能な馬が複数居て、全体に見直しておきたいレース。逆に言えば、必要以上に千切れすぎた気もするので、極端に評価を落とさない方が良いと思う。
1着 トーセンクロス 
東京で凡走した時は最内枠だった。まだ揉まれた時に不安を残しますので、昇級即通用として飛びつきたい気持ちを抑える事にした。ただし、短期放牧を挟むなど陣営が手の内に入れた調整で臨めたのは何より。今後も要注目。
2着 スコルピオンキッス 
前2戦で勝ち馬に先着しており、悲観する要素はない。1200mがベスト。
中山12R 4歳上1000万下 注目
勝ったブリリアントタイムに振れておく。
1着 ブリリアントタイム 
以前は手前を変えなかったりと乗り難しい面もあった様だが、速い流れで溜めが効く様になり、ここ3戦・4戦というのは中身の濃い競馬ばかり。という事は、昇級しても折り合いやすいペースになる可能性があるという事。いよいよ軌道に乗ってきた感じが強い。今回は展開の利も大きかったが、この力強い決め手に注目している。

  馬券Summary
バラける着差
元々中山ダートは下のクラスだと大味な競馬が多いものだが、先週は古馬500万下でも上位がバラバラになったり、あるいは芝での着差が大きく開くレースがあった。道悪など特殊な状況下なら不当に差が開くケースがありがちだが、それなりに公平な馬場コンディションでバラける訳ですから、今後の力関係というのは整理しやすくなるはず。ただし、全て額面通りに受け取って良い訳ではなく、レースによってはニュアンスを変えて注意を促したつもりですから改めて吟味していただきたいと思う。
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai
since 2001.06.26