2009年2回京都6日目

開催一覧
2009/12/27 (日)
中山 阪神 中京
2009/12/26 (土)
中山 阪神 中京
2009/12/20 (日)
中山 阪神 中京
2009/12/19 (土)
中山 阪神 中京
2009/12/13 (日)
中山 阪神 中京
2009/12/12 (土)
中山 阪神 中京
2009/12/06 (日)
中山 阪神
2009/12/05 (土)
中山 阪神
2009/11/29 (日)
東京 京都
2009/11/28 (土)
東京 京都
2009/11/22 (日)
東京 京都 福島
2009/11/21 (土)
東京 京都 福島
2009/11/15 (日)
東京 京都 福島
2009/11/14 (土)
東京 京都 福島
2009/11/08 (日)
東京 京都 福島
2009/11/07 (土)
東京 京都 福島
2009/11/01 (日)
東京 京都 福島
2009/10/31 (土)
東京 京都 福島
2009/10/25 (日)
東京 京都 福島
2009/10/24 (土)
東京 京都 福島
2009/10/18 (日)
東京 京都
2009/10/17 (土)
東京 京都
2009/10/11 (日)
東京 京都
2009/10/10 (土)
東京 京都
2009/10/04 (日)
中山 阪神
2009/10/03 (土)
中山 阪神
2009/09/27 (日)
中山 阪神 新潟
2009/09/26 (土)
中山 阪神 新潟
2009/09/21 (月)
阪神 新潟
2009/09/20 (日)
中山 阪神
2009/09/19 (土)
中山 新潟
2009/09/13 (日)
中山 阪神 新潟
2009/09/12 (土)
中山 阪神 新潟
2009/09/06 (日)
新潟 小倉 札幌
2009/09/05 (土)
新潟 小倉 札幌
2009/08/30 (日)
新潟 小倉 札幌
2009/08/29 (土)
新潟 小倉 札幌
2009/08/23 (日)
新潟 小倉 札幌
2009/08/22 (土)
新潟 小倉 札幌
2009/08/16 (日)
新潟 小倉 札幌
2009/08/15 (土)
新潟 小倉 札幌
2009/08/09 (日)
新潟 小倉 札幌
2009/08/08 (土)
新潟 小倉 札幌
2009/08/02 (日)
新潟 小倉 札幌
2009/08/01 (土)
新潟 小倉 札幌
2009/07/26 (日)
新潟 小倉 札幌
2009/07/25 (土)
新潟 小倉 札幌
2009/07/19 (日)
新潟 小倉 札幌
2009/07/18 (土)
新潟 小倉 札幌
2009/07/12 (日)
福島 阪神 札幌
2009/07/11 (土)
福島 阪神 札幌
2009/07/05 (日)
福島 阪神 札幌
2009/07/04 (土)
福島 阪神 札幌
2009/06/28 (日)
福島 阪神 札幌
2009/06/27 (土)
福島 阪神 札幌
2009/06/21 (日)
福島 阪神 札幌
2009/06/20 (土)
福島 阪神 札幌
2009/06/14 (日)
東京 中京
2009/06/13 (土)
東京 中京
2009/06/07 (日)
東京 中京
2009/06/06 (土)
東京 中京
2009/05/31 (日)
東京 中京
2009/05/30 (土)
東京 中京
2009/05/24 (日)
東京 中京 新潟
2009/05/23 (土)
東京 中京 新潟
2009/05/17 (日)
東京 京都 新潟
2009/05/16 (土)
東京 京都 新潟
2009/05/10 (日)
東京 京都 新潟
2009/05/09 (土)
東京 京都 新潟
2009/05/03 (日)
東京 京都 新潟
2009/05/02 (土)
東京 京都 新潟
2009/04/26 (日)
東京 京都 福島
2009/04/25 (土)
東京 京都 福島
2009/04/19 (日)
中山 阪神 福島
2009/04/18 (土)
中山 阪神 福島
2009/04/12 (日)
中山 阪神 福島
2009/04/11 (土)
中山 阪神 福島
2009/04/05 (日)
中山 阪神
2009/04/04 (土)
中山 阪神
2009/03/29 (日)
中山 阪神 中京
2009/03/28 (土)
中山 阪神 中京
2009/03/22 (日)
中山 阪神 中京
2009/03/21 (土)
中山 阪神 中京
2009/03/15 (日)
中山 阪神 中京
2009/03/14 (土)
中山 阪神 中京
2009/03/08 (日)
中山 阪神
2009/03/07 (土)
中山 阪神
2009/03/01 (日)
中山 阪神 小倉
2009/02/28 (土)
中山 阪神 小倉
2009/02/22 (日)
東京 京都 小倉
2009/02/21 (土)
東京 京都 小倉
2009/02/15 (日)
東京 京都 小倉
2009/02/14 (土)
東京 京都 小倉
2009/02/08 (日)
東京 京都 小倉
2009/02/07 (土)
東京 京都 小倉
2009/02/01 (日)
東京 京都
2009/01/31 (土)
東京 京都
2009/01/25 (日)
中山 京都 中京
2009/01/24 (土)
中山 京都 中京
2009/01/18 (日)
中山 京都 中京
2009/01/17 (土)
中山 京都 中京
2009/01/11 (日)
中山 京都 中京
2009/01/10 (土)
中山 京都 中京
2009/01/05 (月)
中山 京都
2009/01/04 (日)
中山 京都
  馬場コメント
この開催の1週目、そして先週は雨の影響を受けて大きく時計を要していた。2週目は雨の影響を受けなかったが、時計の出方は鈍かった。
金曜夜の雨の影響から、土曜は重馬場発表だった。開催が進んでインコースの荒れが顕著のようで、馬場の中から外を進出してくる馬の台頭が目立った。日曜は稍重スタートから後半に良馬場まで回復したが、数値は1日を通したもので、時計の出方は相変わらず水準よりもかなり鈍かった。最終週もCコースが使用される。
4Rまで:-1秒5
7R以降:-1秒1
1週目は雨の影響から水準よりもかなり時計の速いコンディション。逆に良馬場発表の2週目は時計を要したが、先週は再び雨の影響を受けて、時計の出方が早まった。
土曜は雨の影響が大きく、速い時計の出やすいコンディション。ただ、昼を挟んで午後は乾いてきており、4Rまでと7R以降の時計の出方が異なることから、変動とした。日曜はさらに乾いてきたが、それでも水準よりはかなり速かった。ただし日曜日も馬場発表が途中で変更されたが、こちらは1日を通した数値。なお、土日を通して逃げ・先行馬の前残りが多かった。


  タイム分析
 2009/02/15 (日)  芝=+1.5  Cコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
5R T1400 ヒシロイヤル    牡3 未勝利 1:23.8 +1.1 --- ±0 --- C D --
9R T2400 シャイニーブラウン    牡4 琵琶湖H1000 2:27.9 +1.8 --- -0.6 --- B D --
10R T1800 タガノエルシコ    牡4 飛鳥S1600 1:49.2 +3.2 --- +1.8 --- E C --
11R T1800 リーチザクラウン    牡3 きさらぎG3 1:48.9 +1.5 --- -0.5 --- B C --
 2009/02/15 (日)  ダ=-0.7
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
1R D1800 クリスザドール    牝3 未勝利・牝 1:53.8 -0.5 --- -0.5 --- B D --
2R D1800 シゲルダイセン    牡3 未勝利 1:54.7 +0.4 --- +0.2 --- C D --
3R D1200 グリッターアイス    牝3 未勝利 1:12.6 -0.4 --- +0.1 --- C E --
6R D1200 グロッキーバルボア    牡3 新馬 1:12.7 -0.5 --- ±0 --- C C --
7R D1400 ケイアイガーベラ    牝3 500万下・牝 1:25.3 +0.2 --- +0.7 --- D D --
8R D1200 ストーリーテリング    牝4 500万下・牝 1:11.5 -0.4 --- +0.1 --- C D --
12R D1800 プロフェッショナル    牡4 1000万下 1:51.0 -0.8 --- -0.1 --- C D --

京都1R 3歳未勝利・牝 タイムB
基準より0秒5速い勝ちタイムだった。ただし、牝馬限定戦でメンバーランクはEに近いD。この日の馬場コンディションが合っていたとも言え、この時計は鵜呑みにはできない。
京都10R 飛鳥S タイムE
11Rのきさらぎ賞と比べて、前半のペースが大差なく、その割には上がりは平凡だった。
1着 タガノエルシコ 
マッハジュウクンが離して逃げて3着に粘る展開。1着タガノエルシコ、2着ホワイトピルグリムはかなりスローな位置から差し込んだ事になり、時計が遅いからと言って評価は下げられない。前走日経新春杯でも上位に入線していますし、オープンでも通用。
2着 ホワイトピルグリム 
マッハジュウクンが離して逃げて3着に粘る展開。1着タガノエルシコ、2着ホワイトピルグリムはかなりスローな位置から差し込んだ事になり、時計が遅いからと言って評価は下げられない。前走日経新春杯でも上位に入線していますし、条件一つで準OPは勝てる存在。
京都11R きさらぎ賞 
1着 リーチザクラウン 
位置取りが注目されたが、結局ハナに立つ競馬。他の馬が控えてもしかたないと思う。でもフワッと逃げて、他馬を引きつけての逃げということで、直線は馬場の良い外めに持ち出して、2着以下を引き離していく。楽な手応えのまま、ゴール前は流しての圧勝だった。
結果逃げる形になったが、折り合いが付いて十分に脚を溜められた。ラジオたんぱ杯から距離が1ハロン短縮した事が大きいとは言え、そのラジオたんぱ杯の前半5ハロンが59秒9、今回が61秒7と息をつけた事によって、余力を残して上がり3ハロンは35秒0。上がりの速さでタイムランクをBまで引き上げている。この競馬ができれば2000mでも十分こなせるのではないだろうか。あとは馬体が減ってきているという事と、テンションの高さ、皐月賞は直行が良いのではないだろうか。
==武豊騎手==
控える競馬も考えていたが、速いですし、自然と先頭に立っていた。改めてこの馬の強さを感じたので、クラシックに向けて楽しみ。
2着 リクエストソング 
ごちゃつく馬群を避けて、あえて後方から進めてバラけた内目を通ってきた後藤騎手の好判断。賞金加算に成功した。今回は相手が一枚上だった。ただ、自在な競馬ができるタイプですし、素軽さ・勝負強さもあるので、大きな所でも目が離せない存在。
==後藤騎手==
馬群が固まってごちゃついていたので、それに巻き込まれない様、リズム良く走らせる事を心がけた。今日は予想外の展開になったけど、それでも直線はしっかり伸びてくれた。勝ち馬はずっと楽に行っていたし、アレを捕らえるのはちょっと厳しかった。でも、レベルアップが見込める馬。これからクラシックレースに向けてまだまだ良くなってくると思う。
3着 エンブリオ 
4着ベストメンバー・5着キタサンガイセンがある程度勝ちに行く競馬をしている時に、脚を溜めていた。適当に時計掛かる競馬という事も良い方に出て3着に入ったが、内容から言うと4着・5着馬の方が上かなという感じがする。
4着 ベストメンバー 
リーチザクラウンを目標に、ある程度勝ちに行く競馬をしている。外外と回って、なし崩しに脚を使わされた印象がある。寒竹賞の様なハイペースの競馬で脚を溜められたら、まだ見限れないところがある。
5着 キタサンガイセン 
リーチザクラウンを目標に、ある程度勝ちに行く競馬をしている。

  馬券Summary
関東・関西の逆転現象
この時期の東京は1開催しかない関係から、東京狙いの関西馬が数多く登場してくる。また、東京を1度使っておこうという3歳有力馬の遠征も多い。これらの関係と、第3場で小倉が開催されている事も加わって、どうも本場である京都開催でのメンバーランクが低くなりがち。ちなみに先週のメンバーランクBは土曜5R1鞍だけ。東京でメンバーランクBが3鞍あった事を考えると、京都は通常より低めと言って良いだろう。逆に考えれば、関東馬は東京で出走させるよりも、与しやすいということ。実際関東馬の上位入線が目に付いた。土曜4R2着のマルサライガー、そして7Rはカラベルラティーナ、マルターズマゼルのワンツー。9Rの寒桜賞はスパラートが勝ち、3着・4着・5着も関東馬。さらにアルデバランSは2着・3着・4着が関東馬だった。逆転現象もこの時期だからこそ、信憑性を帯びてくる。
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai
since 2001.06.26