2009年2回東京7日目

開催一覧
2009/12/27 (日)
中山 阪神 中京
2009/12/26 (土)
中山 阪神 中京
2009/12/20 (日)
中山 阪神 中京
2009/12/19 (土)
中山 阪神 中京
2009/12/13 (日)
中山 阪神 中京
2009/12/12 (土)
中山 阪神 中京
2009/12/06 (日)
中山 阪神
2009/12/05 (土)
中山 阪神
2009/11/29 (日)
東京 京都
2009/11/28 (土)
東京 京都
2009/11/22 (日)
東京 京都 福島
2009/11/21 (土)
東京 京都 福島
2009/11/15 (日)
東京 京都 福島
2009/11/14 (土)
東京 京都 福島
2009/11/08 (日)
東京 京都 福島
2009/11/07 (土)
東京 京都 福島
2009/11/01 (日)
東京 京都 福島
2009/10/31 (土)
東京 京都 福島
2009/10/25 (日)
東京 京都 福島
2009/10/24 (土)
東京 京都 福島
2009/10/18 (日)
東京 京都
2009/10/17 (土)
東京 京都
2009/10/11 (日)
東京 京都
2009/10/10 (土)
東京 京都
2009/10/04 (日)
中山 阪神
2009/10/03 (土)
中山 阪神
2009/09/27 (日)
中山 阪神 新潟
2009/09/26 (土)
中山 阪神 新潟
2009/09/21 (月)
阪神 新潟
2009/09/20 (日)
中山 阪神
2009/09/19 (土)
中山 新潟
2009/09/13 (日)
中山 阪神 新潟
2009/09/12 (土)
中山 阪神 新潟
2009/09/06 (日)
新潟 小倉 札幌
2009/09/05 (土)
新潟 小倉 札幌
2009/08/30 (日)
新潟 小倉 札幌
2009/08/29 (土)
新潟 小倉 札幌
2009/08/23 (日)
新潟 小倉 札幌
2009/08/22 (土)
新潟 小倉 札幌
2009/08/16 (日)
新潟 小倉 札幌
2009/08/15 (土)
新潟 小倉 札幌
2009/08/09 (日)
新潟 小倉 札幌
2009/08/08 (土)
新潟 小倉 札幌
2009/08/02 (日)
新潟 小倉 札幌
2009/08/01 (土)
新潟 小倉 札幌
2009/07/26 (日)
新潟 小倉 札幌
2009/07/25 (土)
新潟 小倉 札幌
2009/07/19 (日)
新潟 小倉 札幌
2009/07/18 (土)
新潟 小倉 札幌
2009/07/12 (日)
福島 阪神 札幌
2009/07/11 (土)
福島 阪神 札幌
2009/07/05 (日)
福島 阪神 札幌
2009/07/04 (土)
福島 阪神 札幌
2009/06/28 (日)
福島 阪神 札幌
2009/06/27 (土)
福島 阪神 札幌
2009/06/21 (日)
福島 阪神 札幌
2009/06/20 (土)
福島 阪神 札幌
2009/06/14 (日)
東京 中京
2009/06/13 (土)
東京 中京
2009/06/07 (日)
東京 中京
2009/06/06 (土)
東京 中京
2009/05/31 (日)
東京 中京
2009/05/30 (土)
東京 中京
2009/05/24 (日)
東京 中京 新潟
2009/05/23 (土)
東京 中京 新潟
2009/05/17 (日)
東京 京都 新潟
2009/05/16 (土)
東京 京都 新潟
2009/05/10 (日)
東京 京都 新潟
2009/05/09 (土)
東京 京都 新潟
2009/05/03 (日)
東京 京都 新潟
2009/05/02 (土)
東京 京都 新潟
2009/04/26 (日)
東京 京都 福島
2009/04/25 (土)
東京 京都 福島
2009/04/19 (日)
中山 阪神 福島
2009/04/18 (土)
中山 阪神 福島
2009/04/12 (日)
中山 阪神 福島
2009/04/11 (土)
中山 阪神 福島
2009/04/05 (日)
中山 阪神
2009/04/04 (土)
中山 阪神
2009/03/29 (日)
中山 阪神 中京
2009/03/28 (土)
中山 阪神 中京
2009/03/22 (日)
中山 阪神 中京
2009/03/21 (土)
中山 阪神 中京
2009/03/15 (日)
中山 阪神 中京
2009/03/14 (土)
中山 阪神 中京
2009/03/08 (日)
中山 阪神
2009/03/07 (土)
中山 阪神
2009/03/01 (日)
中山 阪神 小倉
2009/02/28 (土)
中山 阪神 小倉
2009/02/22 (日)
東京 京都 小倉
2009/02/21 (土)
東京 京都 小倉
2009/02/15 (日)
東京 京都 小倉
2009/02/14 (土)
東京 京都 小倉
2009/02/08 (日)
東京 京都 小倉
2009/02/07 (土)
東京 京都 小倉
2009/02/01 (日)
東京 京都
2009/01/31 (土)
東京 京都
2009/01/25 (日)
中山 京都 中京
2009/01/24 (土)
中山 京都 中京
2009/01/18 (日)
中山 京都 中京
2009/01/17 (土)
中山 京都 中京
2009/01/11 (日)
中山 京都 中京
2009/01/10 (土)
中山 京都 中京
2009/01/05 (月)
中山 京都
2009/01/04 (日)
中山 京都
  馬場コメント
1週目は雨の影響でかなり時計が掛かったが、3日目以降6日目までは速い時計が出るレベルで安定していた。
先週から仮柵設置のBコースに変わったが特に傾向の変化はなかった。余談だが、現在のBコースはコース改修前のA2コースに当たり、旧コースのBコース、いわゆるクラシックコースとは違う。ちなみに現在ダービーはCコース、かつてのBコースで行われている。先週は中間に降雨がなくて土曜の時計の出方は3週目と同じだった。その後日曜の早朝まで雨が降ったことで日曜日は土曜日と比べて2000m対象の数値で0秒5掛かる馬場となった。発表は土日共に良馬場ですので、この違いはよく記憶しておく必要がある。
1週目は雨の影響で2日目前半までは脚抜きが良く、速い時計の出る馬場。2週目・3週目については5日目を除けばマイナス0秒4ないしはマイナス0秒5で安定していた。そして先週1600mの対象の数値は土曜日がマイナス0秒4で、日曜日はマイナス0秒7。日曜日はやや時計が出やすくなった。
先週中間雨が全く降らなかったので、土曜日は6日目と同じ。すなわち今開催の標準の馬場だった。前残りが目立った様な印象だが、何か特徴があったという訳ではなくごく普通のダート戦の脚質傾向。その後日曜早朝まで雨が降り、その影響で日曜日は良馬場発表でも少し脚抜きが良く、土曜より速い時計が出る状態になった。芝と同じ様に発表は土日共終日良馬場ですから、土曜と日曜で時計の出方が違った事には注意が必要。


  タイム分析
 2009/05/16 (土)  芝=-0.7  Bコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
5R T1800 ヒシセンチュリー    牡3 未勝利 1:48.8 -0.1 --- +0.5 --- D D --
6R T1600 ダノンヒデキ    牡3 500万下 1:34.8 -0.3 --- +0.3 --- D B --
9R T2000 カルカソンヌ    牡3 夏木立賞500 1:59.7 -1.6 --- -0.9 --- A B --
10R T1600 ツーピース    牡4 六社特H1000 1:33.4 -0.8 --- -0.2 --- C C --
11R T1400 スズカコーズウェイ    牡5 京王杯スG2 1:20.6 -0.1 --- +0.4 --- D C --
 2009/05/16 (土)  ダ=-0.4
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
1R D1400 ローブドヴルール    牝3 未勝利・牝 1:25.9 -0.3 --- +0.1 --- C D --
2R D1600 トウショウデザート    牡3 未勝利 1:39.2 -0.3 --- +0.1 --- C B --
3R D1400 ワーズワース    牡3 未勝利 1:25.7 -0.5 --- -0.1 --- C C --
7R D1600 サニーラブカフェ    牝5 500万下・牝 1:38.5 +0.5 --- +0.9 --- E D --
8R D2100 フェイクスパ    牡4 500万下 2:13.8 +1.6 --- +1.5 --- E D --
12R D1300 スピードアタック    牡4 1000万下 1:17.6 -0.3 --- ±0 --- C D --

東京2R 3歳未勝利 注目
2着だったクラブトゥギャザーを取り上げる。メンバーランクをBとした様に粒ぞろいのレースだったが、残り200mを切った辺りから前馬の脚が止まってしまってる様な競馬になって、タイムランクCになってしまった。それでもその2着のクラブトゥギャザーには注目。
2着 クラブトゥギャザー 番組注目馬
というのは今回およそ3ヶ月ぶりで最後に止まってしまったが、高レベルレースでずっと好走してきた馬。今の未勝利クラスでは力は上なので、次は勝ち上がれると見た。注目馬。
東京7R 4歳上500万下・牝 タイムE
基準より0秒9遅い勝ちタイムだった。
東京8R 4歳上500万下 タイムE
基準より1秒5遅い勝ちタイムだった。
東京9R 夏木立賞 タイムA
基準より0秒9速い勝ちタイムだった。ミヤビリュウオーが先頭に立って、中盤でもさほどペースをゆるめずに逃げていた。直線は外へ広がっての追い比べ。特に大外のシングンレジェンド・カルカソンヌの伸びが目立ち、内の馬を交わしていく。ややリードしていたシングンレジェンドにゴール前でカルカソンヌが並んで行き、アタマ差とわずかながら抜け出して1着となった。
前半の1000mが59秒4で後半の1000mが60秒3。速い時計が記録されやすいラップだが、優秀なタイム。
1着 カルカソンヌ 
スローの上がり勝負というのが非常に苦手。レースの上がりが34秒6だったアザレア賞では7着止まりだったが、今回レース上がり35秒8で長い直線で損宇分に末脚を発揮した。追って追ってさらにもう一回最後伸びる辺りに非常にスタミナがあるなぁと感じさせる。ちなみに2着だったフリージア賞というレースがあるが、このレースも前半1000mは59秒3、後半1000mは61秒2だった。この馬の取捨に関しては今後もペースの読みというのが重要になってくる。もちろん距離は伸びた方が良いが、長距離で流れがあまりにも遅いと辛いという事。
2着 シングンレジェンド 
最近他馬を気にする様な面が出てきたという事だったが、広い東京コースで外へ出してしまえば問題ない。注文がつく様なので、次走も全面的に信頼とはちょっと行かないと思う。
3着 ロードパンサー 
2着から3馬身半離されたが、厳しいペースを先行したものですから、価値があると思う。
8着 ガンズオブナバロン 
たぶんマイラーだと思う。2000mのハイペースではちょっと厳しかったという事。
東京11R 京王杯SC 
マヤノツルギが逃げていたが、直線に入って横一線の叩き合いとなった。400m辺りでトウショウカレッジがコースを探しながら外へ出して行くが、あまりスムーズではない。そして逃げたマヤノツルギの内にボストンオーが入るが、その内側にまた1頭分スペースがあって、そこをファリダットが抜けてくる。これはもう一瞬勝ったなという感じだったが、脚が長続きしないというか外から2頭に差されてしまう。
1着 スズカコーズウェイ 
勝ちきれない馬が揃っていて、何に本命をつけても3着になりそうだったという感じで、しかも何回も対戦しているというマンネリ化した組み合わせだった。準OP勝ったばかりの新鮮な馬が勝つというのは、終わってみればああそうか…と思った。ただ、失礼ながらそれ以上の感想が浮かばない。このメンバーだとあぁ勝つのかぁっと後になって納得したが、例えば次安田記念どうかと言われても、足りないんじゃないの?と思う。
==後藤浩輝騎手==
最後は混戦になりましたが、伸び脚は負けない自信がありました。前走でまたがった武豊騎手から聞いていた通り、癖がなくて乗りやすい馬ですね。直線はこの馬の強さを信じて後ろは気にせずに追った。まだまだ伸びしろがある馬だから、この後もっと強い相手と戦っても、楽しみですよ。
2着 トウショウカレッジ 
最内から外へ出して、スムーズではなくて先にスズカコーズウェイが抜けてから後を追う形になってしまった。東京の1400mから1600mでは確実に伸びて来るが、多少のロスがあるのは後ろから行く馬の宿命。ただ、今回はちょっと枠順もついてなかったという感じ。
3着 ファリダット 
最内から抜群の手応えで抜けてきた時に、やられたと思った。ただ、本当に良い脚が長続きしない馬で、直線が長いコースではどう乗っても甘くなってしまうという事。京都や阪神の内回りでないと狙えない。
7着 スマイルジャック 
東京で4着以下になったのは初めてだが、新潟大賞典のオースミグラスワンに続いてマイラーズカップの上位馬がまた1番人気を裏切ってしまった。マイラーズカップのレベルが低かったという事はないが、超スローからもの凄く速い上がりの競馬だった。その後の1400mですから、ペースが2秒近く速くなってしまって、後ろに置かれてしまった。で、対応できずに終わってしまったという印象。
==田中勝春騎手==
3コーナーで挟まれて下がってしまったのが痛い。そこまでは丁度良い位置につけられていたんですけどね。終いは伸びているだけに、勿体なかったですね。

  馬券Summary
3歳500万下が粒ぞろい
土曜6RはタイムランクDだが、メンバーランクはBとした。そして土曜9RはタイムランクAでメンバーランクB。日曜8RはタイムランクB。先週の東京は3歳500万下に注目すべきレースが揃っていた。今の時期に500万下に居る3歳馬はクラシックに間に合わなかったという事だが、夏になって古馬と対戦するようになった時、この3つのレースに出走して上位にいた様な馬は非常に注目したい。尚かつ現在の勝ち上がりシステムだと、夏に降級してくる4歳馬のレベルが以前より高くない。ですので、3歳馬がいきなり通用する事も多いですからますます注目。
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai
since 2001.06.26