2009年1回阪神8日目

開催一覧
2009/12/27 (日)
中山 阪神 中京
2009/12/26 (土)
中山 阪神 中京
2009/12/20 (日)
中山 阪神 中京
2009/12/19 (土)
中山 阪神 中京
2009/12/13 (日)
中山 阪神 中京
2009/12/12 (土)
中山 阪神 中京
2009/12/06 (日)
中山 阪神
2009/12/05 (土)
中山 阪神
2009/11/29 (日)
東京 京都
2009/11/28 (土)
東京 京都
2009/11/22 (日)
東京 京都 福島
2009/11/21 (土)
東京 京都 福島
2009/11/15 (日)
東京 京都 福島
2009/11/14 (土)
東京 京都 福島
2009/11/08 (日)
東京 京都 福島
2009/11/07 (土)
東京 京都 福島
2009/11/01 (日)
東京 京都 福島
2009/10/31 (土)
東京 京都 福島
2009/10/25 (日)
東京 京都 福島
2009/10/24 (土)
東京 京都 福島
2009/10/18 (日)
東京 京都
2009/10/17 (土)
東京 京都
2009/10/11 (日)
東京 京都
2009/10/10 (土)
東京 京都
2009/10/04 (日)
中山 阪神
2009/10/03 (土)
中山 阪神
2009/09/27 (日)
中山 阪神 新潟
2009/09/26 (土)
中山 阪神 新潟
2009/09/21 (月)
阪神 新潟
2009/09/20 (日)
中山 阪神
2009/09/19 (土)
中山 新潟
2009/09/13 (日)
中山 阪神 新潟
2009/09/12 (土)
中山 阪神 新潟
2009/09/06 (日)
新潟 小倉 札幌
2009/09/05 (土)
新潟 小倉 札幌
2009/08/30 (日)
新潟 小倉 札幌
2009/08/29 (土)
新潟 小倉 札幌
2009/08/23 (日)
新潟 小倉 札幌
2009/08/22 (土)
新潟 小倉 札幌
2009/08/16 (日)
新潟 小倉 札幌
2009/08/15 (土)
新潟 小倉 札幌
2009/08/09 (日)
新潟 小倉 札幌
2009/08/08 (土)
新潟 小倉 札幌
2009/08/02 (日)
新潟 小倉 札幌
2009/08/01 (土)
新潟 小倉 札幌
2009/07/26 (日)
新潟 小倉 札幌
2009/07/25 (土)
新潟 小倉 札幌
2009/07/19 (日)
新潟 小倉 札幌
2009/07/18 (土)
新潟 小倉 札幌
2009/07/12 (日)
福島 阪神 札幌
2009/07/11 (土)
福島 阪神 札幌
2009/07/05 (日)
福島 阪神 札幌
2009/07/04 (土)
福島 阪神 札幌
2009/06/28 (日)
福島 阪神 札幌
2009/06/27 (土)
福島 阪神 札幌
2009/06/21 (日)
福島 阪神 札幌
2009/06/20 (土)
福島 阪神 札幌
2009/06/14 (日)
東京 中京
2009/06/13 (土)
東京 中京
2009/06/07 (日)
東京 中京
2009/06/06 (土)
東京 中京
2009/05/31 (日)
東京 中京
2009/05/30 (土)
東京 中京
2009/05/24 (日)
東京 中京 新潟
2009/05/23 (土)
東京 中京 新潟
2009/05/17 (日)
東京 京都 新潟
2009/05/16 (土)
東京 京都 新潟
2009/05/10 (日)
東京 京都 新潟
2009/05/09 (土)
東京 京都 新潟
2009/05/03 (日)
東京 京都 新潟
2009/05/02 (土)
東京 京都 新潟
2009/04/26 (日)
東京 京都 福島
2009/04/25 (土)
東京 京都 福島
2009/04/19 (日)
中山 阪神 福島
2009/04/18 (土)
中山 阪神 福島
2009/04/12 (日)
中山 阪神 福島
2009/04/11 (土)
中山 阪神 福島
2009/04/05 (日)
中山 阪神
2009/04/04 (土)
中山 阪神
2009/03/29 (日)
中山 阪神 中京
2009/03/28 (土)
中山 阪神 中京
2009/03/22 (日)
中山 阪神 中京
2009/03/21 (土)
中山 阪神 中京
2009/03/15 (日)
中山 阪神 中京
2009/03/14 (土)
中山 阪神 中京
2009/03/08 (日)
中山 阪神
2009/03/07 (土)
中山 阪神
2009/03/01 (日)
中山 阪神 小倉
2009/02/28 (土)
中山 阪神 小倉
2009/02/22 (日)
東京 京都 小倉
2009/02/21 (土)
東京 京都 小倉
2009/02/15 (日)
東京 京都 小倉
2009/02/14 (土)
東京 京都 小倉
2009/02/08 (日)
東京 京都 小倉
2009/02/07 (土)
東京 京都 小倉
2009/02/01 (日)
東京 京都
2009/01/31 (土)
東京 京都
2009/01/25 (日)
中山 京都 中京
2009/01/24 (土)
中山 京都 中京
2009/01/18 (日)
中山 京都 中京
2009/01/17 (土)
中山 京都 中京
2009/01/11 (日)
中山 京都 中京
2009/01/10 (土)
中山 京都 中京
2009/01/05 (月)
中山 京都
2009/01/04 (日)
中山 京都
  馬場コメント
雨の影響を強く受けて、開催を通じてかなり時計のかかる馬場コンディションだった。今週から連続開催の後半に入って、開催は変わるが、今週ももう1週Aコースが使用される。2週目からBコースとなる。この辺りのコース設定は中山と同じ。
3週目と比べると、ちょっと草丈自体が短くなってる印象。加えて前3週よりも金曜からの降雨量が少なかった事もあって、土曜は時計の出方が今開催の中で最も速かった。と言っても馬場差はプラス1秒1ですから、掛かっている事には変わりなし。日曜は9R辺りから降り出した雨の影響で、1日を通して時計の出方が均一ではなかった。よって馬場差は変動とした。時間帯によって異なるので、完全タイム差やタイムランクを参照。脚質的にはスローのレースが少なかった事が影響したのか、3週目と同様差しタイプの活躍が目立った。週を追う毎に差し馬が台頭しているのが、この開催の大きな特徴。
ダートは水準から1秒以内に収まってはいる。ただ、雨の影響の有無によって掛かっている日もあれば、逆に脚抜きの良かった日もある。いずれにせよ、雨の影響を受けた日が多かった割には高速馬場にはなっていない。
土曜は1R・2Rが稍重、それ以降は良馬場となったが1日を通しての時計の出方は変わらなかった。時計の出方そのものは水準レベル。日曜は降雨の影響を多分に受けて、時計の出方は速くなった。よって馬場差はマイナス0秒9。こちらも馬場発表は変更されたが、1日を通した数値。脚質的にはこの開催を通して言えることだが、差しタイプの活躍が目に付いた。それも直線一気ではなくて、中団辺りからジワジワと脚を伸ばす差し馬の台頭が目立った。


  タイム分析
 2009/03/22 (日)  芝=変動  Aコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
6R T1400 ティアップゴールド    牡3 500万下 1:23.5 +1.2 --- -0.6 --- B E --
9R T1400 タマモナイスプレイ    牡4 須磨特別1000 1:23.2 +1.7 --- -0.1 --- C C --
10R T2000 イケトップガン    牡5 但馬SH1600 2:04.4 +4.9 --- +0.8 --- D C --
11R T3000 アサクサキングス    牡5 阪神大賞G2 3:13.2 +8.6 --- +0.8 --- D B --
 2009/03/22 (日)  ダ=-0.9
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
1R D1800 フィーリングトーン    牝3 未勝利・牝 1:55.4 +0.7 --- +1.3 --- E D --
2R D1200 シュンハレン    牡3 未勝利 1:13.5 +0.2 --- +0.8 --- E D --
3R D1400 エーシンビートロン    牡3 未勝利 1:24.6 -1.3 --- -0.6 --- B D --
5R D1800 ロードメダリスト    牡3 新馬 1:54.5 -0.5 --- +0.4 --- D D --
7R D1800 ワンダーアキュート    牡3 500万下 1:52.6 -1.2 --- -0.3 --- C D --
8R D1400 セレスコクオー    牡4 500万下 1:24.8 -0.1 --- +0.6 --- D D --
12R D1200 メガリス    牡5 1000万下 1:11.2 -0.5 --- +0.1 --- C D --

阪神1R 3歳未勝利・牝 タイムE
基準より1秒3遅い勝ちタイム。
1着 フィーリングトーン 
詰めの甘さをメンバー構成の手薄さで補った印象。昇級して即通用かとなると疑問。
阪神2R 3歳未勝利 タイムE
基準より0秒8遅い勝ちタイム。メンバーランクはEに近いDだった。5馬身千切って勝ったシュンハレンはともかく、2着以下の馬には低い評価を与えて良いなと思う。
阪神3R 3歳未勝利 タイムB
基準より0秒6速い勝ちタイムだった。外枠からハナに立ったエーシンビートロンが直線でも先頭をキープ。2番手のフサイチセブンが並びかけようとするが、エーシンビートロンのスピードは衰えない。結局前の2頭が後続との差を大きく広げて行く。そしてそのままエーシンビートロンが逃げ切った。離れた3着争いは接戦だったがティアップワイルド先着していた。
序盤からラップが速かったにも関わらず、前へ行った2頭が後続を9馬身千切ってワンツーフィニッシュでしたから、差し有利の阪神ダートの脚質傾向を考えれば、この2頭は強い競馬をしている。
1着 エーシンビートロン 
前走は4コーナー絶好の手応えで回ってきたにも関わらず、失速して2着に敗れたが今回は最後までしぶとかった。昇級しても上位争いは可能だと思う。
2着 フサイチセブン 番組注目馬
初戦こそ芝1600mで失速したが、今回はダート1400mで粘りが増した。次走もダート出走なら勝ち負け。注目馬。
阪神6R 3歳500万下 タイムB
基準より0秒6速い勝ちタイムだった。逃げていたミスティネールを始め、先行勢は一杯。好位に居たティアップゴールドが外から手応え良く抜け出して行く。同じく外からアルーリングムーンが伸びて、リーチコンセンサスを交わして2番手に浮上。内の馬は脚色で劣る。今年初戦となった2頭で決着を見たことになる。
原級で好走した実績のある馬が少なかったため、メンバーランクはEとした。序盤のラップがかなり速かった事もあって、終わってみれば馬場差を考慮すると速い時計での決着となった。
1着 ティアップゴールド 
今回が3ヶ月ぶりの実戦だったが、プラス4キロで体はキッチリと出来ていた。騎乗した池添騎手に言わせると、まだ子供っぽい面があるという事だが、それでも余裕を持って抜け出すのですから、潜在能力は高いと思う。折り合いのつくタイプなので、今後距離が伸びても対応できそう。昇級即通用するかとなると、何とも言えないが競馬を覚えて行けば上のクラスでもやれそう。
2着 アルーリングムーン 
4ヶ月ぶりの実戦だったが、アルーリングアクトの仔らしく仕上がりは速かった。今回は展開が向いたとは言え、外から伸びた脚は目立った。次走も要注意。
3着 リーチコンセンサス 
福永騎手の言葉を借りると、馬場を気にしていたとの事。それでも3着なら内容的には優秀ですし、次走良馬場でこの馬の真価を問いたい。
5着 エイシンフェアリー 
バテた馬が下がってきて、ポジションを下げざるを得ない場面があった。まともなら3着争いには加わっていたはずですから、惜しい内容だった。
阪神7R 3歳500万下 注目
前半の1000m通過が1分2秒7と決して速くはなかったが、割と上がりも最後バテ比べの様な消耗戦になった。前2頭が競り合うところ、ワンダーアキュートが直線4コーナーマクり気味に上がってきて、最後叩き合いの接戦の写真判定を制したという競馬だった。
1着 ワンダーアキュート 
待機策からジワジワとポジションを上げていく競馬が良かった様で、集中力が時事した。昇級して即通用となると厳しいと思うが、徐々に力をつけてきているのは確か。
2着 ナリタカービン 番組注目馬
3着以下を7馬身以上離した。展開を考えればよく粘っている。次走は有力。注目馬。
8着 ナムラカイシュウ 
序盤ちょっと仕掛けたら引っかかってしまった。個人的にはもう少し短い距離の方が良いと思いますし、負けはしたが次走1400m辺りに出走して来れば、注意が必要な1頭だと思う。
阪神11R 阪神大賞典 
テイエムプリキュアが大逃げをうって、直線後続が接近していく。結構なハイペースで逃げたので、3000m戦にしては流れが速かった。映像もスローモーションじゃないかなというぐらい、かなりオープンのレースとしては上がりが掛かっていて、最終的にはアサクサキングスと内からヒカルカザブエの2頭の叩き合いになったが、わずかにアサクサキングスが競り落として外からナムラクレセントが3着だった。
1着 アサクサキングス 
この馬、本質的には道悪は上手じゃないと思う。トビが大きいですし、できれば良馬場で走らせたいタイプだと思うが、今回じゃぁ何故勝てたかと言うと、やはり持久力戦のスタミナ比べになったから。ですから、馬場の道悪上手い下手より、どちらかと言うと持久力が問われたレースで、最後力でねじ伏せる様な形になりましたから、今の阪神はタイム分析でも再三話している様に、本質的に結構時計の掛かる馬場。次、天皇賞で京都がどんな馬場になるかというのは、まだ現段階ではハッキリはしないが、そういう馬場になったら十分太刀打ちできると思いますし、むしろそういう馬場を望んでる形になると思う。ただ、馬自身は反応が随分と良くなって今充実期を迎えているので、次の天皇賞、仮に力の要る馬場じゃなくて、時計の速い馬場になっても十分対応できると思う。
==四位騎手==
かなり馬場状態が悪くて、内も外も同じ感じだったから、道中は内をロスなく回って、終い勝負に賭けた。抜け出して1頭になったらフワッとして2着の馬に差し替えされそうになったけど、最後はよく凌いでくれた。こういう馬場は得意ではないけれど、結果を出してくれましたし、良い形で本番に向かえます。
2着 ヒカルカザブエ 
まだトモが甘くて、本格化一歩手前という雰囲気の歩き方とかしているが、それでも競馬に行くと道悪こなして僅差の2着ですから、ホントジャングルポケット産駒らしく、ジワジワ力をつけている感じで、次走も注目の1頭だと思う。
3着 ナムラクレセント 
パドックでは少しテンション高かったが、すぐにレースに行くと折り合いがついてスムーズに運べた。この馬も割と切れ味とかもあるタイプなので、こういう馬場が得意とは言えないと思うが、よく走っていると思いますし、長めの距離でも中距離でも対応できるタイプだと思う。
4着 スクリーンヒーロー 
今回参考外。やはり馬場に影響されたと考えるのが普通ですし、次走以降巻き返してくる可能性は十分ある。
7着 オウケンブルースリ 
今回参考外。やはり馬場に影響されたと考えるのが普通ですし、次走以降巻き返してくる可能性は十分ある。
==内田博幸騎手==
まだ腰がパンとしていないから、こんな馬場は余計に堪えた。これを使って変わってくるでしょう。

  馬券Summary
続・スローペースの競馬が少なかった
先々週に引き続いて、先週もスローペースの競馬が少なかった。その1つの要因として考えられるのは、各ジョッキーが道悪イコール前残りという意識で競馬をしているから。とは言ってもこの番組で再三話している通り、今の阪神は芝はともかく、ダートは開幕週から差しが有利な馬場。そんな状況下で道悪を意識して各ジョッキーが早めに動くものですから、より差し有利の傾向に拍車がかかっている。という訳で、私がジョッキーなら今週からは後方に控えて展開が向くのをこう待ってみる。
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai
since 2001.06.26