ヒメカノ ダウンロード販売

2011年3回阪神2日目

2011/12/25(日)
中山 阪神 小倉
2011/12/24(土)
中山 阪神 小倉
2011/12/18(日)
中山 阪神 小倉
2011/12/17(土)
中山 阪神 小倉
2011/12/11(日)
中山 阪神 小倉
2011/12/10(土)
中山 阪神 小倉
2011/12/04(日)
中山 阪神 小倉
2011/12/03(土)
中山 阪神 小倉
2011/11/27(日)
東京 京都 小倉
2011/11/26(土)
東京 京都 小倉
2011/11/20(日)
東京 京都 新潟
2011/11/19(土)
東京 京都 新潟
2011/11/13(日)
東京 京都 新潟
2011/11/12(土)
東京 京都 新潟
2011/11/06(日)
東京 京都 新潟
2011/11/05(土)
東京 京都 新潟
2011/10/30(日)
東京 京都 新潟
2011/10/29(土)
東京 京都 新潟
2011/10/23(日)
東京 京都 新潟
2011/10/22(土)
東京 京都 新潟
2011/10/16(日)
東京 京都 新潟
2011/10/15(土)
東京 京都 新潟
2011/10/10(月)
東京
2011/10/09(日)
東京 京都
2011/10/08(土)
東京 京都
2011/10/02(日)
中山 阪神 札幌
2011/10/01(土)
中山 阪神 札幌
2011/09/25(日)
中山 阪神 札幌
2011/09/24(土)
中山 阪神 札幌
2011/09/19(月)
阪神 札幌
2011/09/18(日)
中山 阪神
2011/09/17(土)
中山 札幌
2011/09/11(日)
中山 阪神 札幌
2011/09/10(土)
中山 阪神 札幌
2011/09/04(日)
新潟 小倉 札幌
2011/09/03(土)
新潟 小倉 札幌
2011/08/28(日)
新潟 小倉 札幌
2011/08/27(土)
新潟 小倉 札幌
2011/08/21(日)
新潟 小倉 札幌
2011/08/20(土)
新潟 小倉 札幌
2011/08/14(日)
新潟 小倉 札幌
2011/08/13(土)
新潟 小倉 札幌
2011/08/07(日)
新潟 小倉 函館
2011/08/06(土)
新潟 小倉 函館
2011/07/31(日)
新潟 小倉 函館
2011/07/30(土)
新潟 小倉 函館
2011/07/24(日)
新潟 京都 函館
2011/07/23(土)
新潟 京都 函館
2011/07/17(日)
新潟 京都 函館
2011/07/16(土)
新潟 京都 函館
2011/07/10(日)
中山 京都 函館
2011/07/09(土)
中山 京都 函館
2011/07/03(日)
中山 京都 函館
2011/07/02(土)
中山 京都 函館
2011/06/26(日)
中山 阪神 函館
2011/06/25(土)
中山 阪神 函館
2011/06/19(日)
中山 阪神 函館
2011/06/18(土)
中山 阪神 函館
2011/06/12(日)
東京 阪神 新潟
2011/06/11(土)
東京 阪神 新潟
2011/06/05(日)
東京 阪神 新潟
2011/06/04(土)
東京 阪神 新潟
2011/05/29(日)
東京 京都 新潟
2011/05/28(土)
東京 京都 新潟
2011/05/22(日)
東京 京都 新潟
2011/05/21(土)
東京 京都 新潟
2011/05/15(日)
東京 京都 新潟
2011/05/14(土)
東京 京都 新潟
2011/05/08(日)
東京 京都 新潟
2011/05/07(土)
東京 京都 新潟
2011/05/01(日)
東京 京都 新潟
2011/04/30(土)
東京 京都 新潟
2011/04/24(日)
東京 京都 新潟
2011/04/23(土)
東京 京都 新潟
2011/04/17(日)
阪神 小倉
2011/04/16(土)
阪神 小倉
2011/04/10(日)
阪神 小倉
2011/04/09(土)
阪神 小倉
2011/04/03(日)
阪神 小倉
2011/04/02(土)
阪神 小倉
2011/03/27(日)
阪神 小倉
2011/03/26(土)
阪神 小倉
2011/03/21(月)
阪神
2011/03/20(日)
阪神 小倉
2011/03/19(土)
阪神 小倉
2011/03/06(日)
中山 阪神 小倉
2011/03/05(土)
中山 阪神 小倉
2011/02/27(日)
中山 阪神 小倉
2011/02/26(土)
中山 阪神 小倉
2011/02/20(日)
東京 京都
2011/02/19(土)
東京 京都
2011/02/14(月)
小倉
2011/02/13(日)
東京 京都 小倉
2011/02/12(土)
東京 京都 小倉
2011/02/06(日)
東京 京都 小倉
2011/02/05(土)
東京 京都 小倉
2011/01/30(日)
東京 京都 小倉
2011/01/29(土)
東京 京都 小倉
2011/01/23(日)
中山 京都 小倉
2011/01/22(土)
中山 京都 小倉
2011/01/16(日)
中山 京都
2011/01/15(土)
中山 京都
2011/01/10(月)
中山 京都
2011/01/09(日)
中山 京都
2011/01/08(土)
中山 京都
2011/01/05(水)
中山 京都
馬場コメント
先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土日ともマイナス1秒6だった。
やはり夏場に近い季節の開幕週ですから、芝質は良好で非常に時計の出やすいコンディションだった。ただ、開幕週だからと言って先行馬が有利かと言えば、決してそうではなくて、むしろ差し馬が幅を利かせていた。実際差し馬同士の決着になるレースも多かった。今週もう1週Aコースが使用されて、4回開催の2週はBコースが使用される。
先週の馬場差1800m対象の数値は土日ともにマイナス0秒6だった。
良馬場だが比較的時計の出やすいコンディションだった。脚質的には先行・差しまんべんなく来ていましたし、少なくとも昨今のダートのトレンドである前残り傾向ではなかった。
馬場差一覧

レース順表示

タイム分析 2011/06/05 (日)  芝=-1.6
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 補正 WL TL ML
3R T1200 タイヨウパフューム    牝3 未勝利 1:09.9 -0.1 --- +0.9 -1.0 91 E D
5R T1800 タガノエベンヌ    牝3 未勝利・牝 1:46.4 -2.0 --- -1.4 -0.6 114 A C
8R T1800 テキーラ    牡6 500万下 1:45.8 -1.5 --- -0.5 -1.0 105 B C
9R T1200 ラインアンジュ    牝3 あじさい1000 1:08.5 -0.6 --- +0.4 -1.0 96 D D
11R T2000 トップゾーン    牡5 垂水SH1600 2:00.8 +1.3 --- +2.0 -0.7 80 S C

2011/06/05 (日)  ダ=-0.6
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 補正 WL TL ML
1R D1200 エーシンホーマー    牡3 未勝利 1:12.6 -0.5 --- -0.1 -0.4 101 C E
2R D1800 クークーダダ    牡3 未勝利 1:55.1 +0.6 --- +1.2 -0.6 88 E E
6R D1200 カリスマサンスカイ    牡3 500万下 1:11.7 -0.7 --- -0.3 -0.4 103 B D
7R D1800 トウカイファミリー    牝5 500万下・牝 1:53.4 +0.3 --- +0.9 -0.6 91 E E
10R D1200 トーセンクロス    牡7 安芸S1600 1:11.5 +0.4 --- +0.8 -0.4 92 E C
12R D1400 マイプラーナ    牝5 1000万下 1:23.7 -0.5 --- ±0 -0.5 100 C C

         

2R3歳未勝利 タイムランクEのレース
基準より1秒2遅い勝ちタイムだった。
 
3R3歳未勝利 タイムランクEのレース
基準より0秒9遅い勝ちタイムだった。
 
5R3歳未勝利・牝 タイムランクAのレース
基準より1秒4速い勝ちタイムだった。タガノエベンヌが先頭で直線、2番手にヴェルデライト、その内にはレイテッド外からはショウナンマハが上がって来る。ただし、タガノエベンヌは後続に並ばせる事なく逃げ切った。2番手争いは接戦になり、真ん中のヴェルデライトが内・外に競り勝って先着を果たした。
このレースは所謂行った行ったで決着した。もっと言うなら3着も道中3番手の馬なので、行った行った行ったの決着だったレース。
少なくとも上位4頭の実力は僅差なので、次走2・3・4着馬が同じレースに出てきた場合は、最も人気のない馬を買おうかなと思う。
1着 タガノエベンヌ ゲートが開いた瞬間に他馬より半馬身くらい出てましたから、結果スムーズにハナに立ってそのまま押し切った。現状は逃げた方が良さそうですし、昇級しても同様の運びができれば通用する。
2着 ヴェルデライト チークピーシーズを着用してから堅実に駆けている。次走も圏内。
3着 レイテッド この馬は競り負けたが、先行力がありますし最後までしぶとい。この馬も次走引き続き有力。
4着 ショウナンマハ 上位馬が内を通ったのに対して、この馬外を回る形でしたから、結局伸びきれそうで伸びきれなかった。ただ、通ったコースを考えれば負けはしたが、強い競馬をしている。注目馬。2・3着馬が同じレースにならない事を祈りたい。
 
6R3歳500万下 タイムランクBのレース
基準より0秒3速い勝ちタイムだった。キクノキアラが最内枠から先頭に立つが、その直後ウエストハーバー・タイセイマグナム・ホーマンルッツが迫ってくる。さらに外からカリスマサンスカイが追い上げ、内の各馬を交わして一気に突き抜けて1着。2番手争いは接戦となり、内のウエストハーバーが外のホーマンルッツにアタマ差競り勝っていた。
1着 カリスマサンスカイ 時計の遅い決着でも取りこぼす反面、高速決着の時でも好走できる馬。実際未勝利を勝った際はタイムランクBで、4走前もタイムランクAのレースで2着している。今回は流れが向いたが、抜け出すときの脚は速かったですし、4馬身差の圧勝だった。1000万昇級古馬相手でも印は打つべき馬だろう。
 
7R4歳上500万下・牝 タイムランクEのレース
基準より0秒9遅い勝ちタイムだった。
 
8R4歳上500万下 タイムランクBのレース
基準より0秒5速い勝ちタイムだった。道中マイネアロマとジュヴェビアンが競り合いつつ進んで行くが、直線に入ってジュヴェビアンが単独先頭。その外からテキーラが押し上げて来る。そして抜け出して行き、差を広げて1着。さらにエルプレジデンテが追い込んで内のジュヴェビアンを交わし、ハナ差で先着した。
1着 テキーラ 前走タイムランクAのレースで0秒9差の3着だった馬。本来高速決着では限界のある馬だが、今回はいつもより前で競馬をした分、時計を短縮する事ができた。引き続き中団辺りで競馬ができる様なら、昇級しても相手なりに戦えそうなイメージ。
 
9RあじさいS
1着 ラインアンジュ 前回でもこの番組でも取り上げた馬で、ラストの2ハロンのラップが非常に速いという事で、次も良いだろうという事で取り上げたが、今回は流石に最後に坂のある阪神ですから、ラストのラップが加速するラップでのゴールインではないが、ホント川田騎手も自信を持って乗れるぐらい、ずっと後方待機してても直線でスッと外に出せば、非常に切れ味を長く持続できるタイプ。長く良い脚を使う馬というのはしぶとかったりするが、この馬切れる脚を長く使えるので、短距離適性は非常に高いと思いますし、この馬は先ほども昇級しても通用すると取り上げたが、それぐらいのレベルにある。今後古馬と闘うが、十分勝負になる馬だと思う。
 
10R安芸S タイムランクEのレース
基準より0秒8遅い勝ちタイムだった。
 
11R垂水S 注目レース・馬
内周りの2000mでしかもスローペースで、結論から言えば前に行った馬しか勝負にならなかったレース。道中1・2番手で運んだ勝ち馬トップゾーン、2着のトモロポケットはともかく4コーナー8番手から追い上げたダノンスパシーバのレースぶりは優秀。
前半・中盤が遅く補正しきれずにスローの扱いとする。
3着 ダノンスパシーバ 実質最も強い競馬をしていると思う。注目馬。
9着 バアゼルリバー 後方待機。展開不向きだった事に加えて、直線は割って入るスペースが無かったですから、こちらは参考外。
 
ポイント
開幕週は前残り?
阪神の開幕週の芝は所謂前残りではないという事は何度も言ってきた。当然この開催の開幕週である先週も同様の傾向が出た。特に前開催で使い込まれていましたから、その場合その傾向がより顕著で、今回2開催続いた春の開催の流れを引き継いでいる。ただ、このまま差しが今週以上に届くかと言えば、そうではなくて同じ様な傾向が延々と続くのが今のトレンド。それは先ほど説明した東京開催も同じ。馬場傾向は読み過ぎると危険だが、今の阪神は少なくとも差し馬が不利になる馬場ではないという事なので、その点は理解しておいてもらいたい。
ディープス30%OFF
↑ディープス30%OFF↑


ittai.net をGoogle検索
番組注目馬一覧
勝ち馬上位馬一覧
次走推奨馬一覧
次走危険馬一覧
レベルAレース一覧
レベルEレース一覧
芝OP一覧 ダOP一覧
札幌 馬場差
函館 馬場差
福島 馬場差
新潟 馬場差
東京 馬場差
中山 馬場差
中京 馬場差
京都 馬場差
阪神 馬場差
小倉 馬場差