2011年3回京都1日目

2011/12/25(日)
中山 阪神 小倉
2011/12/24(土)
中山 阪神 小倉
2011/12/18(日)
中山 阪神 小倉
2011/12/17(土)
中山 阪神 小倉
2011/12/11(日)
中山 阪神 小倉
2011/12/10(土)
中山 阪神 小倉
2011/12/04(日)
中山 阪神 小倉
2011/12/03(土)
中山 阪神 小倉
2011/11/27(日)
東京 京都 小倉
2011/11/26(土)
東京 京都 小倉
2011/11/20(日)
東京 京都 新潟
2011/11/19(土)
東京 京都 新潟
2011/11/13(日)
東京 京都 新潟
2011/11/12(土)
東京 京都 新潟
2011/11/06(日)
東京 京都 新潟
2011/11/05(土)
東京 京都 新潟
2011/10/30(日)
東京 京都 新潟
2011/10/29(土)
東京 京都 新潟
2011/10/23(日)
東京 京都 新潟
2011/10/22(土)
東京 京都 新潟
2011/10/16(日)
東京 京都 新潟
2011/10/15(土)
東京 京都 新潟
2011/10/10(月)
東京
2011/10/09(日)
東京 京都
2011/10/08(土)
東京 京都
2011/10/02(日)
中山 阪神 札幌
2011/10/01(土)
中山 阪神 札幌
2011/09/25(日)
中山 阪神 札幌
2011/09/24(土)
中山 阪神 札幌
2011/09/19(月)
阪神 札幌
2011/09/18(日)
中山 阪神
2011/09/17(土)
中山 札幌
2011/09/11(日)
中山 阪神 札幌
2011/09/10(土)
中山 阪神 札幌
2011/09/04(日)
新潟 小倉 札幌
2011/09/03(土)
新潟 小倉 札幌
2011/08/28(日)
新潟 小倉 札幌
2011/08/27(土)
新潟 小倉 札幌
2011/08/21(日)
新潟 小倉 札幌
2011/08/20(土)
新潟 小倉 札幌
2011/08/14(日)
新潟 小倉 札幌
2011/08/13(土)
新潟 小倉 札幌
2011/08/07(日)
新潟 小倉 函館
2011/08/06(土)
新潟 小倉 函館
2011/07/31(日)
新潟 小倉 函館
2011/07/30(土)
新潟 小倉 函館
2011/07/24(日)
新潟 京都 函館
2011/07/23(土)
新潟 京都 函館
2011/07/17(日)
新潟 京都 函館
2011/07/16(土)
新潟 京都 函館
2011/07/10(日)
中山 京都 函館
2011/07/09(土)
中山 京都 函館
2011/07/03(日)
中山 京都 函館
2011/07/02(土)
中山 京都 函館
2011/06/26(日)
中山 阪神 函館
2011/06/25(土)
中山 阪神 函館
2011/06/19(日)
中山 阪神 函館
2011/06/18(土)
中山 阪神 函館
2011/06/12(日)
東京 阪神 新潟
2011/06/11(土)
東京 阪神 新潟
2011/06/05(日)
東京 阪神 新潟
2011/06/04(土)
東京 阪神 新潟
2011/05/29(日)
東京 京都 新潟
2011/05/28(土)
東京 京都 新潟
2011/05/22(日)
東京 京都 新潟
2011/05/21(土)
東京 京都 新潟
2011/05/15(日)
東京 京都 新潟
2011/05/14(土)
東京 京都 新潟
2011/05/08(日)
東京 京都 新潟
2011/05/07(土)
東京 京都 新潟
2011/05/01(日)
東京 京都 新潟
2011/04/30(土)
東京 京都 新潟
2011/04/24(日)
東京 京都 新潟
2011/04/23(土)
東京 京都 新潟
2011/04/17(日)
阪神 小倉
2011/04/16(土)
阪神 小倉
2011/04/10(日)
阪神 小倉
2011/04/09(土)
阪神 小倉
2011/04/03(日)
阪神 小倉
2011/04/02(土)
阪神 小倉
2011/03/27(日)
阪神 小倉
2011/03/26(土)
阪神 小倉
2011/03/21(月)
阪神
2011/03/20(日)
阪神 小倉
2011/03/19(土)
阪神 小倉
2011/03/06(日)
中山 阪神 小倉
2011/03/05(土)
中山 阪神 小倉
2011/02/27(日)
中山 阪神 小倉
2011/02/26(土)
中山 阪神 小倉
2011/02/20(日)
東京 京都
2011/02/19(土)
東京 京都
2011/02/14(月)
小倉
2011/02/13(日)
東京 京都 小倉
2011/02/12(土)
東京 京都 小倉
2011/02/06(日)
東京 京都 小倉
2011/02/05(土)
東京 京都 小倉
2011/01/30(日)
東京 京都 小倉
2011/01/29(土)
東京 京都 小倉
2011/01/23(日)
中山 京都 小倉
2011/01/22(土)
中山 京都 小倉
2011/01/16(日)
中山 京都
2011/01/15(土)
中山 京都
2011/01/10(月)
中山 京都
2011/01/09(日)
中山 京都
2011/01/08(土)
中山 京都
2011/01/05(水)
中山 京都
馬場コメント
先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がプラスマイナスゼロからプラス1秒4へと変動、日曜がプラス0秒6からプラス0秒9、そしてプラス0秒7へと変動だった。まず土曜は、芝で最初のレースである3R時点で雨の影響を受け、開催初日としては時計の掛かるコンディションだった。その後雨が降り続いて、時計が掛かっていった。土曜日は後になるほど、時計が掛かると覚えていただければ良いが日曜日はちょっと複雑。と言うのは、土曜の後半よりは馬場は乾いて、プラス0秒6でスタートしたものの、7R時には雨が降ってそれまでより時計が掛かった。ただ、日曜の雨は長く続かず、9R以降は7R時よりも若干時計は出やすく、6Rまでに近いレベルに戻っているということ。土日とも逃げ馬の連対はなく、差し馬が届いていた。この辺りは雨の影響だろう。なお、今週は引き続きBコースが使用され、開幕3週目からCコースが使用される。
先週の馬場差1800m対象の数値は土曜がマイナス0秒7でスタートし、マイナス1秒7、マイナス1秒0、マイナス1秒4へと変動。日曜がマイナス1秒4からマイナス1秒6へと変動した。土曜は1R時点で既に雨の影響を受け、時計は出やすかった。雨が降り続き、6R・7R時はさらに脚抜きが良くなったが、10R時は雨足が強く、時計の出やすいレベルを通り越してしまった。しかし12R時は10R時に比べれば雨もマシになっていた。日曜はそもそも脚抜きの良い馬場だった。芝の7R時に雨が降って、8R・11R時は一層時計が出やすくなっていた。
なお、土曜は逃げ・先行馬の連対が無いというレースは1つもなかった。反面6Rを勝ったセイカプリコーン10Rで2着サウンドアクシスの様に外を回った差し馬も上位に来ていた。先行しないとダメという馬場コンディションではなかった。
馬場差一覧

レース順表示

タイム分析 2011/04/23 (土)  芝=±0 → +1.4
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 補正 WL TL ML
3R T2200 フェアープライド    牡3 未勝利 2:17.5 +2.1 --- +1.2 +0.9 88 S D
5R T1600 メイショウヤタロウ    牡3 未勝利 1:34.8 -0.5 --- -0.7 +0.2 107 B D
8R T2400 クレスコグランド    牡3 ムーニー500 2:29.2 +1.7 --- ±0 +1.7 100 C C
9R T2000 アスカトップレディ    牝4 シドニー1000 2:02.0 +2.2 --- +0.7 +1.5 93 D D
11R T1200 パドトロワ    牡4 オーストH 1:09.2 +1.3 --- +0.5 +0.8 95 D D

2011/04/23 (土)  ダ=-0.7 → -1.7
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 補正 WL TL ML
1R D1800 マーベラスバロン    牡3 未勝利 1:54.1 ±0 --- +0.7 -0.7 93 D D
2R D1400 アースワンキセキ    牡3 未勝利 1:25.2 -0.5 --- ±0 -0.5 100 C D
6R D1400 セイカプリコーン    牡3 500万下 1:23.3 -1.6 --- -0.3 -1.3 103 B C
7R D1800 オースミマリオン    牡4 500万下 1:50.6 -2.0 --- -0.3 -1.7 103 C D
10R D1200 エアティアーモ    牝4 メルボル1600 1:10.4 -0.3 --- +0.4 -0.7 96 D C
12R D1800 キャプテンマジン    牡6 1000万下 1:50.5 -1.3 --- +0.1 -1.4 99 C D

         

3R3歳未勝利 タイムランクSのレース
前半・中盤が遅く、補正しきれずスローの扱いとする。
 
5R3歳未勝利 タイムランクBのレース
基準より0秒7速い勝ちタイムだった。ダノンフェアリーが早めに動いて逃げていたトウカイギアーを交わし、先頭に立って行く。ただ、メイショウヤタロウが並んで抜け出して行った。人気馬2頭の決着かと思いきや、初出走のサトノユリアが猛然と追い込み、ダノンフェアリーを交わしていく。ただ、メイショウヤタロウは並ばせる事無くそのまま押し切った。
1着 メイショウヤタロウ ここまで2着が3回、3着が2回と全て馬券圏内には入っていた。未勝利クラスなら能力上位であることは言うまでもなく、勝ち運が無かっただけ。前走に続いて外枠に入ったが、今回は前に居るダノンフェアリーをマークしての順当勝ち。
2着 サトノユリア 2着サトノユリアの様にゴール前突っ込んで来たケースと言うのは流れが向いた的に捕らえがちだが、この馬自身今回がデビュー戦で出脚が良くなかった。その辺の差し引きという事は考慮したい。使われての良化がありそう。
3着 ダノンフェアリー 昨年10月以来の実戦だった。早めに動いて目標にされながらもバテてはいない。こちらも次走はさらなる前進が見込める。
 
6R3歳500万下 タイムランクBのレース
基準より0秒3速い勝ちタイムだった。1番人気のサダムグランジュテに2番人気アマノレインジャーが並んで直線に入って行った。人気両馬の叩き合いはアマノレインジャーが勢いで勝って一旦抜け出すが、外からセイカプリコーンが追い込み抜け出して1着。アマノレインジャーが2着。そしてゴール前、内を伸びて来たウォータールルドが3着だった。
1着 セイカプリコーン 1枠でスタートが今ひとつという最悪の状況から腹をくくっての後方待機。3コーナー・4コーナーでは大外を進出して行って、直線は1頭桁違いの伸びで差しきった。脚抜きが良かった事を差し引いてもダート適性の高さは間違いないでしょう。ただあの切れ味を見てしまうと、距離は長くない方が良さそう。
2着 アマノレインジャー ダートの自己条件に戻って巻き返して来た。未勝利をAランクで勝ったのは伊達ではなかった。今回は勝ち馬の決め手にしてやられた事になるが、次走も適鞍に出走なら勝ち負け。注目馬。
3着 ウォータールルド 勝ち馬ほどではないが、こちらも2番枠で出負け気味だった。同じ後方からでも勝ち馬が外を回ったのに対して、こちらは内にこだわったレースだった。そのため、4コーナーでは前が壁になって、不利を受け、苦しいレースとなったが、諦めずに狭い内からよく盛り返して来た。放牧で立ち直った事と、適距離に戻したのが功を奏した形。次走も適条件なら圏内。
 
ポイント
変動、変動、また変動
後ほど
50%OFFセール
↑50%OFFセール↑


ittai.net をGoogle検索
番組注目馬一覧
勝ち馬上位馬一覧
次走推奨馬一覧
次走危険馬一覧
レベルAレース一覧
レベルEレース一覧
芝OP一覧 ダOP一覧
札幌 馬場差
函館 馬場差
福島 馬場差
新潟 馬場差
東京 馬場差
中山 馬場差
中京 馬場差
京都 馬場差
阪神 馬場差
小倉 馬場差