2011年2回東京1日目

2011/12/25(日)
中山 阪神 小倉
2011/12/24(土)
中山 阪神 小倉
2011/12/18(日)
中山 阪神 小倉
2011/12/17(土)
中山 阪神 小倉
2011/12/11(日)
中山 阪神 小倉
2011/12/10(土)
中山 阪神 小倉
2011/12/04(日)
中山 阪神 小倉
2011/12/03(土)
中山 阪神 小倉
2011/11/27(日)
東京 京都 小倉
2011/11/26(土)
東京 京都 小倉
2011/11/20(日)
東京 京都 新潟
2011/11/19(土)
東京 京都 新潟
2011/11/13(日)
東京 京都 新潟
2011/11/12(土)
東京 京都 新潟
2011/11/06(日)
東京 京都 新潟
2011/11/05(土)
東京 京都 新潟
2011/10/30(日)
東京 京都 新潟
2011/10/29(土)
東京 京都 新潟
2011/10/23(日)
東京 京都 新潟
2011/10/22(土)
東京 京都 新潟
2011/10/16(日)
東京 京都 新潟
2011/10/15(土)
東京 京都 新潟
2011/10/10(月)
東京
2011/10/09(日)
東京 京都
2011/10/08(土)
東京 京都
2011/10/02(日)
中山 阪神 札幌
2011/10/01(土)
中山 阪神 札幌
2011/09/25(日)
中山 阪神 札幌
2011/09/24(土)
中山 阪神 札幌
2011/09/19(月)
阪神 札幌
2011/09/18(日)
中山 阪神
2011/09/17(土)
中山 札幌
2011/09/11(日)
中山 阪神 札幌
2011/09/10(土)
中山 阪神 札幌
2011/09/04(日)
新潟 小倉 札幌
2011/09/03(土)
新潟 小倉 札幌
2011/08/28(日)
新潟 小倉 札幌
2011/08/27(土)
新潟 小倉 札幌
2011/08/21(日)
新潟 小倉 札幌
2011/08/20(土)
新潟 小倉 札幌
2011/08/14(日)
新潟 小倉 札幌
2011/08/13(土)
新潟 小倉 札幌
2011/08/07(日)
新潟 小倉 函館
2011/08/06(土)
新潟 小倉 函館
2011/07/31(日)
新潟 小倉 函館
2011/07/30(土)
新潟 小倉 函館
2011/07/24(日)
新潟 京都 函館
2011/07/23(土)
新潟 京都 函館
2011/07/17(日)
新潟 京都 函館
2011/07/16(土)
新潟 京都 函館
2011/07/10(日)
中山 京都 函館
2011/07/09(土)
中山 京都 函館
2011/07/03(日)
中山 京都 函館
2011/07/02(土)
中山 京都 函館
2011/06/26(日)
中山 阪神 函館
2011/06/25(土)
中山 阪神 函館
2011/06/19(日)
中山 阪神 函館
2011/06/18(土)
中山 阪神 函館
2011/06/12(日)
東京 阪神 新潟
2011/06/11(土)
東京 阪神 新潟
2011/06/05(日)
東京 阪神 新潟
2011/06/04(土)
東京 阪神 新潟
2011/05/29(日)
東京 京都 新潟
2011/05/28(土)
東京 京都 新潟
2011/05/22(日)
東京 京都 新潟
2011/05/21(土)
東京 京都 新潟
2011/05/15(日)
東京 京都 新潟
2011/05/14(土)
東京 京都 新潟
2011/05/08(日)
東京 京都 新潟
2011/05/07(土)
東京 京都 新潟
2011/05/01(日)
東京 京都 新潟
2011/04/30(土)
東京 京都 新潟
2011/04/24(日)
東京 京都 新潟
2011/04/23(土)
東京 京都 新潟
2011/04/17(日)
阪神 小倉
2011/04/16(土)
阪神 小倉
2011/04/10(日)
阪神 小倉
2011/04/09(土)
阪神 小倉
2011/04/03(日)
阪神 小倉
2011/04/02(土)
阪神 小倉
2011/03/27(日)
阪神 小倉
2011/03/26(土)
阪神 小倉
2011/03/21(月)
阪神
2011/03/20(日)
阪神 小倉
2011/03/19(土)
阪神 小倉
2011/03/06(日)
中山 阪神 小倉
2011/03/05(土)
中山 阪神 小倉
2011/02/27(日)
中山 阪神 小倉
2011/02/26(土)
中山 阪神 小倉
2011/02/20(日)
東京 京都
2011/02/19(土)
東京 京都
2011/02/14(月)
小倉
2011/02/13(日)
東京 京都 小倉
2011/02/12(土)
東京 京都 小倉
2011/02/06(日)
東京 京都 小倉
2011/02/05(土)
東京 京都 小倉
2011/01/30(日)
東京 京都 小倉
2011/01/29(土)
東京 京都 小倉
2011/01/23(日)
中山 京都 小倉
2011/01/22(土)
中山 京都 小倉
2011/01/16(日)
中山 京都
2011/01/15(土)
中山 京都
2011/01/10(月)
中山 京都
2011/01/09(日)
中山 京都
2011/01/08(土)
中山 京都
2011/01/05(水)
中山 京都
馬場コメント
先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がプラス1秒0からプラス2秒0へと変動、日曜がプラス0秒8からプラス0秒3へと変動した。
土曜は芝の最初のレースである5R時点でかなり時計の掛かるコンディションだった。その後も雨が降り続き、一層時計が掛かっていった。また、強い南風の影響を受けていく状況でもあった。あとはメンバー構成上だが、先行タイプが手薄なレースが多く、内枠と経済コースを活かした連対馬が目についた。日曜は逆に後になるほど馬場は乾いて、マイナスゾーンにまではならなかったとは言え、時計は出やすくなった。最終的には良馬場に回復。これでインコースが先に乾いて来るというパターンにもなったと思う。さらに馬場情報の記述から推察すると、洋芝の発育が良く、発表では草丈14cmから18cmと長い。これを外めを中心に養生したという事ですから、冬場に使用したDコース部分の方が比較的タフになっている設定になっている可能性もある。よって日曜も、インコースを捌いてきた馬が圧倒的に有利だった。今週・来週は引き続きAコースが使用され、4週目からはBコースに替わる。
先週の馬場差1600m対象の数値は土曜がマイナス1秒3からプラス0秒1へと変動、日曜がマイナス0秒5からプラスマイナスゼロへと変動した。
時間帯による馬場差の違いに注意。土曜は水分を増す一方の状況だった。8Rから12Rまでの時間の開きも大きく、1600m換算の馬場差で例えると、実に1秒1も遅くなっていた事になる。つまり、脚抜きの良いコンディションを通り越してしまっていた。もちろん芝の方で取り上げた風の影響もあったと推測している。日曜日もマイナスの馬場差から水準方向へと変動した訳だが、こちらは馬場が乾いて行ってのものだった。また、土曜ほど大きな動きではなかった。連対馬の脚質に極端な偏りは見られなかったが、好位勢が馬券の組み立て上中心になることは明白だと思う。それ故にと言うべきか、日曜に追い込んで連対した2頭。5Rで1着のオメガスカイツリー、12Rで2着のエアウルフの末脚というのはかなりインパクトを受けたのではないだろうか。
馬場差一覧

レース順表示

タイム分析 2011/04/23 (土)  芝=+1.0 → +2.0
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 補正 WL TL ML
5R T1800 サクセスシルエット    牝3 未勝利・牝 1:51.4 +2.5 --- +0.6 +1.9 94 D C
6R T1600 オマワリサン    牡3 未勝利 1:36.5 +0.7 --- -0.2 +0.9 102 C C
7R T1400 カゼノグッドボーイ    牡5 1000万下 1:22.9 +1.2 --- +0.3 +0.9 97 D C
9R T2300 ショウナンバーズ    牡3 新緑賞500 2:23.0 +1.7 --- -0.3 +2.0 103 C B
10R T1400 インプレスウィナー    牡4 フリーウ1600 1:22.9 +1.7 --- +0.4 +1.3 96 D C
11R T2000 バウンシーチューン    牝3 フローラG2 2:03.3 +2.8 --- +0.8 +2.0 92 D D

2011/04/23 (土)  ダ=-1.3 → +0.1
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 補正 WL TL ML
1R D1400 ニシノオウガイ    牡3 未勝利 1:25.6 -0.6 --- +0.5 -1.1 95 D D
2R D1600 カフェキングアイ    牡3 未勝利 1:38.7 -0.8 --- +0.5 -1.3 95 D E
3R D1400 インディーズゲーム    牡3 未勝利 1:24.4 -1.8 --- -0.7 -1.1 107 B D
8R D1600 リアルディール    牡5 500万下 1:36.5 -1.5 --- -0.5 -1.0 105 B C
12R D2100 メジロティモン    牡6 1000万下 2:12.2 +0.9 --- +0.8 +0.1 92 D D

         

1R3歳未勝利
1着 ニシノオウガイ トーセンパピヨンとは逆にここで一皮むけてきた印象の4馬身差圧勝。昇級後もランク以上の意識はしておきたい。
3着 トーセンパピヨン 難なく2番手につけたが、最後の直線手前を替えてくれず、所謂垂れてしまった3着。前走に続いて積極策を取ってパフォーマンスが落ちているという点は懸念材料。敗因は休み明けやダート云々ではなくて、捌きがやや硬い点にあるのかなぁという気がしている。
 
3R3歳未勝利 タイムランクBのレース
基準より0秒7速い勝ちタイムだった。逃げていたアナハイムシチーにフレンチミシルが並びかけて先頭を伺うが、その外からインディーズゲームが先行2頭を交わして抜け出して行く。その後エフティシュタルク・アポロスカイナイトが押し上げて来る。ただ、インディーズゲームは差を広げて5馬身差の1着。2番手争いはアポロスカイナイトがエフティシュタルクを交わし、先着となった。
なお、2着以下は完全タイム差がプラスになる。
1着 インディーズゲーム パドックではチャカついていて、いかにも初戦という雰囲気だった。目立った調教過程ではなかったのも、こういう気性を考慮したのかもしれない。そしてゲートもポコンと出遅れましたし、しかしそこからの二の脚が抜群だった。馬場差を考慮してもハイペースだったが、これを楽に追走。直線で抜け出してからは物見して遊びながらの5馬身差。強いの一語だったと思う。まだ骨格だけの幼い体型にも見えましたし、今後の伸びしろはかなりだろう。昇級即通用の扱い。
 
5R3歳未勝利・牝 注目レース・馬
1着のサクセスシルエットについて。
1着 サクセスシルエット この馬休む前が直線でごちゃつく不運続きだった。今回リフレッシュ効果と改めての広いコースという事で、鬱憤を晴らしてくれた。他のレースと見比べてもラスト200mの落ち込みが少なく、正に鮮やかな勝利と言える。テンションが上がらないような使い方をして行ければ、牝馬限定の500万戦でも要注意という馬だろう。勝ち損ねていただけですから、今回は内枠からの恵まれなどと軽く見ない方が良いだろう。
 
6R3歳未勝利 注目レース・馬
ここは5着ヒールゼアハーツに注目。
5着 ヒールゼアハーツ レース映像を見る限りは食い足りない着差に見えるだろうが、上位馬の中では明らかに外を回らされたというロスがあった。ただ、それだけで推奨なの?と言われるかもしれないので、別の根拠を考えていくと、1つには同じ厩舎の古馬500万あるいは古馬1000万の素質馬と併せ馬をしても互角以上の動きができるという点。今回は休養明けで太め残りだった事を考えると、次走こそが狙い目という事になる。さらに考慮したいのは、ハーツクライ産駒の特徴。1つが距離延長に強い事、そして2つ目が軽い凡走からの変わり身が鮮やかなタイプが多いという事。ギュスターヴクライという馬が未勝利戦で6着から1着。それからライトレールという馬が、同じく未勝利戦で9着から1着。こちらはランクも高かった。こういった戦績を残しているのがハーツクライ産駒という事で、これは狙う価値ありという番組注目馬に取り上げる。注目馬。
 
8R4歳上500万下 タイムランクBのレース
基準より0秒5速い勝ちタイムだった。ユウキハングリーが今回も道中後続を引き離していたが、直線に入って差が詰まってくる。そしてリアルディールが先頭に立って、差を広げていき1着。その後内ラチ沿いからトゥザサミットが伸びて2着。大外を追い込んだリンガスアクターが3着となった。
おなじみの個性派ユウキハングリーのハイペース逃げがもたらした好時計で、コース適性と軽いダート適性というのを浮き彫りにするかの様な決着。リアルディール以下は完全タイム差がプラスになる。
1着 リアルディール これで3勝全てがダートの重か不良。状態も良く、とにかく後藤騎手が自信満々の競馬をしたと思う。多少は展開次第になるタイプだが、1000万でも実績は十分。好調が長く続くタイプでもありますので、引き続き注目。
2着 トゥザサミット これで馬券圏内は3回目だが、全て馬体重が2桁減った時という面白い傾向がある。流れが今回ハマったにしても、一応の地力は感じさせる内容だった。
4着 トーホウペガサス 気持ち長いマイル戦でよく抵抗していた4着トーホウペガサスも評価は落とせない。
7着 ユースフル 3番人気7着凡走のユースフルだが、改めて乗り難しさは露呈したなというところあるが、ここ2戦は水分を含んだダートだったので、改めて乾いたダートならという見直しはしておきたい。
 
11RフローラS 逃げていたカトルズリップスに後続が接近して来た。翌日の皐月賞でも逃げた後藤ジョッキーだが、こちらのレースはややハイペースだった。雨と風の影響もあって、何かとタフさを求められる競馬。大半の馬は脚が上がらなくなるのも当然で、上位着順もゴール寸前で二転三転。内々から思い切って外へ持ち出したバウンシーチューンがジワジワ前を捕らえて、際どく差しきっていた。
1着 バウンシーチューン 正月のパドック中継で触れたこともあるが、ノーザンテーストの4×3というクロスを持つ、正にメイドイン社台の牝馬。当初は気が小さいと言われていたが、初勝利が遅かった分、逆にいろいろ学習できていたのではないだろうか。本番でも大穴候補の1頭ではある。
2着 マイネソルシエール 内枠と道悪適性だが、おばあさんのマイネマジックがスイートピーSで2着、そしてオークス5着という戦績を残している。距離はOKなんだろう。
3着 ピュアブリーゼ 追い出しを我慢しても脚が続かなかった。血統に見合うほどの体力がついていないのだろうか、道悪は減点という結果。
13着 ダンスファンタジア おっかなビックリ手前を替えているなぁという感じで、渋った馬場で気持ちがしぼんでしまっていたかなという印象だった。
 
ポイント
メインを勝つ騎手
後ほど
プレステージ30%OFF
↑プレステージ30%OFF↑


ittai.net をGoogle検索
番組注目馬一覧
勝ち馬上位馬一覧
次走推奨馬一覧
次走危険馬一覧
レベルAレース一覧
レベルEレース一覧
芝OP一覧 ダOP一覧
札幌 馬場差
函館 馬場差
福島 馬場差
新潟 馬場差
東京 馬場差
中山 馬場差
中京 馬場差
京都 馬場差
阪神 馬場差
小倉 馬場差