2011年2回京都3日目

2011/12/25(日)
中山 阪神 小倉
2011/12/24(土)
中山 阪神 小倉
2011/12/18(日)
中山 阪神 小倉
2011/12/17(土)
中山 阪神 小倉
2011/12/11(日)
中山 阪神 小倉
2011/12/10(土)
中山 阪神 小倉
2011/12/04(日)
中山 阪神 小倉
2011/12/03(土)
中山 阪神 小倉
2011/11/27(日)
東京 京都 小倉
2011/11/26(土)
東京 京都 小倉
2011/11/20(日)
東京 京都 新潟
2011/11/19(土)
東京 京都 新潟
2011/11/13(日)
東京 京都 新潟
2011/11/12(土)
東京 京都 新潟
2011/11/06(日)
東京 京都 新潟
2011/11/05(土)
東京 京都 新潟
2011/10/30(日)
東京 京都 新潟
2011/10/29(土)
東京 京都 新潟
2011/10/23(日)
東京 京都 新潟
2011/10/22(土)
東京 京都 新潟
2011/10/16(日)
東京 京都 新潟
2011/10/15(土)
東京 京都 新潟
2011/10/10(月)
東京
2011/10/09(日)
東京 京都
2011/10/08(土)
東京 京都
2011/10/02(日)
中山 阪神 札幌
2011/10/01(土)
中山 阪神 札幌
2011/09/25(日)
中山 阪神 札幌
2011/09/24(土)
中山 阪神 札幌
2011/09/19(月)
阪神 札幌
2011/09/18(日)
中山 阪神
2011/09/17(土)
中山 札幌
2011/09/11(日)
中山 阪神 札幌
2011/09/10(土)
中山 阪神 札幌
2011/09/04(日)
新潟 小倉 札幌
2011/09/03(土)
新潟 小倉 札幌
2011/08/28(日)
新潟 小倉 札幌
2011/08/27(土)
新潟 小倉 札幌
2011/08/21(日)
新潟 小倉 札幌
2011/08/20(土)
新潟 小倉 札幌
2011/08/14(日)
新潟 小倉 札幌
2011/08/13(土)
新潟 小倉 札幌
2011/08/07(日)
新潟 小倉 函館
2011/08/06(土)
新潟 小倉 函館
2011/07/31(日)
新潟 小倉 函館
2011/07/30(土)
新潟 小倉 函館
2011/07/24(日)
新潟 京都 函館
2011/07/23(土)
新潟 京都 函館
2011/07/17(日)
新潟 京都 函館
2011/07/16(土)
新潟 京都 函館
2011/07/10(日)
中山 京都 函館
2011/07/09(土)
中山 京都 函館
2011/07/03(日)
中山 京都 函館
2011/07/02(土)
中山 京都 函館
2011/06/26(日)
中山 阪神 函館
2011/06/25(土)
中山 阪神 函館
2011/06/19(日)
中山 阪神 函館
2011/06/18(土)
中山 阪神 函館
2011/06/12(日)
東京 阪神 新潟
2011/06/11(土)
東京 阪神 新潟
2011/06/05(日)
東京 阪神 新潟
2011/06/04(土)
東京 阪神 新潟
2011/05/29(日)
東京 京都 新潟
2011/05/28(土)
東京 京都 新潟
2011/05/22(日)
東京 京都 新潟
2011/05/21(土)
東京 京都 新潟
2011/05/15(日)
東京 京都 新潟
2011/05/14(土)
東京 京都 新潟
2011/05/08(日)
東京 京都 新潟
2011/05/07(土)
東京 京都 新潟
2011/05/01(日)
東京 京都 新潟
2011/04/30(土)
東京 京都 新潟
2011/04/24(日)
東京 京都 新潟
2011/04/23(土)
東京 京都 新潟
2011/04/17(日)
阪神 小倉
2011/04/16(土)
阪神 小倉
2011/04/10(日)
阪神 小倉
2011/04/09(土)
阪神 小倉
2011/04/03(日)
阪神 小倉
2011/04/02(土)
阪神 小倉
2011/03/27(日)
阪神 小倉
2011/03/26(土)
阪神 小倉
2011/03/21(月)
阪神
2011/03/20(日)
阪神 小倉
2011/03/19(土)
阪神 小倉
2011/03/06(日)
中山 阪神 小倉
2011/03/05(土)
中山 阪神 小倉
2011/02/27(日)
中山 阪神 小倉
2011/02/26(土)
中山 阪神 小倉
2011/02/20(日)
東京 京都
2011/02/19(土)
東京 京都
2011/02/14(月)
小倉
2011/02/13(日)
東京 京都 小倉
2011/02/12(土)
東京 京都 小倉
2011/02/06(日)
東京 京都 小倉
2011/02/05(土)
東京 京都 小倉
2011/01/30(日)
東京 京都 小倉
2011/01/29(土)
東京 京都 小倉
2011/01/23(日)
中山 京都 小倉
2011/01/22(土)
中山 京都 小倉
2011/01/16(日)
中山 京都
2011/01/15(土)
中山 京都
2011/01/10(月)
中山 京都
2011/01/09(日)
中山 京都
2011/01/08(土)
中山 京都
2011/01/05(水)
中山 京都
馬場コメント
先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土日共にマイナス0秒1だった。まずはここまで8日間の馬場差を振り返っておくと、前開催後半はプラスの馬場差だったが、この開催に入ってBコースに変わり、やや時計は出やすくなっている。
使い込まれても時計が掛かることはなく、先週は再びマイナスゾーンに入った。また、先週も外を通った馬の伸びは目立ったが、差し馬が有利だったという事はなかった。先行馬にしても4コーナーで内を空けて直線に入っていくという形もあった。結果的に日曜の7R以降は全て逃げ馬が連対している。
先週の馬場差1800m対象の数値は土日共にプラス0秒7だった。まずここまで8日間の馬場差を振り返っておくと、全てプラスの馬場差。前開催6日目はかなり時計が掛かっていた。先週は先々週に比べると水準に近づいたが、時計が掛かることに変わりはない。
馬場差一覧

レース順表示

タイム分析 2011/02/05 (土)  芝=-0.1
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 補正 WL TL ML
5R T2200 ソルデマーヨ    牡3 未勝利 2:16.2 +0.6 --- -0.3 +0.9 103 C C
6R T1600 ダノンフェニックス    牡3 新馬 1:35.9 +0.1 --- -0.1 +0.2 101 C C
9R T1600 マルセリーナ    牝3 エルフィ 1:34.4 -0.1 --- ±0 -0.1 100 C C
10R T1400 サワノパンサー    牡5 斑鳩S1600 1:21.2 +0.4 --- +0.5 -0.1 95 D B

2011/02/05 (土)  ダ=+0.7
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 補正 WL TL ML
1R D1200 シゲルシュサ    牝3 未勝利・牝 1:14.2 +1.2 --- +0.7 +0.5 93 E E
2R D1800 エンリル    牡3 未勝利 1:59.8 +5.5 --- +3.8 +1.7 62 E D
3R D1400 テーオーブユウデン    牡3 未勝利 1:26.1 +0.2 --- -0.3 +0.5 103 B C
4R D1800 アドマイヤケルソ    牡3 新馬 1:57.0 +2.4 --- +0.8 +1.6 92 D D
7R D1200 ナムラカイシュウ    牡5 500万下 1:12.1 +0.2 --- -0.3 +0.5 103 B C
8R D1900 ヴィーヴァギブソン    牡4 500万下 2:01.8 +2.6 --- +1.6 +1.0 84 E E
11R D1400 アーリーロブスト    牡5 すばるS 1:23.4 +1.0 --- +0.5 +0.5 95 D E
12R D1200 リッカアリュール    牡5 1000万下 1:11.5 +0.2 --- -0.3 +0.5 103 B C

         

1R3歳未勝利・牝 タイムランクEのレース
基準より0秒7遅い勝ちタイムだった。
 
2R3歳未勝利 タイムランクEのレース
基準より3秒8遅い勝ちタイムだった。
 
3R3歳未勝利 タイムランクBのレース
基準より0秒3速い勝ちタイムだった。ウィキマジックが先手を取ってその後6枠2頭テーオーブユウデン・アスターヒューモアが続いて直線に入った。後続は追い上げて来る事ができず、前に行った馬の争いとなる。先頭のウィキマジックにテーオーブユウデンが並んで行き、交わして1着。ウィキマジックが2番手で粘り、3馬身離れてアスターヒューモアが3着だった。
先頭と2番手が入れ替わるだけの単調なレースだったが、馬場差を考慮するとタイムは優秀。
1着 テーオーブユウデン デビューから2戦続けて2着だったが、初戦はタイムランクEで2戦目がBだった様に叩き良化型。休み明けの前走から10キロ絞れての出走で、行きっぷりも良くなり当面の強敵と見られていた逃げ馬をきっちりと捕らえた。距離はこのぐらいの方が良さそう。先行力はありますから、昇級してもメンバー次第ではそれなりにやれそう。
2着 ウィキマジック 掛かり気味に行ってゴール前甘くなってしまったデビュー戦、これを見て距離短縮ならさらにと思っていたが、まずは思惑通り1400mに出走してきてくれた。今回は楽にハナに立って折り合いもついていたので、力は出し切ったと見ている。相手が悪かっただけで、引き続き上位候補。注目馬。
 
5R3歳未勝利 注目レース・馬
前半スローペースで進んでいたが、後半はペースアップした。後続は追い上げて行く。ヒールゼアハーツの外にソルデマーヨ・アストリンジャー、大外がアドマイヤカーリン。一方内を突いてくるのはカレンミロティック。この叩き合いからソルデマーヨが抜け出して1着。その後アドマイヤカーリンが内の2頭に先着していた。
1着 ソルデマーヨ 出遅れて大外を回した前走とは違って、好位でスムーズな競馬ができた。この形になれば順当勝ちと、その一言だと思う。
2着 アドマイヤカーリン 4コーナーで手応えは悪くなったが、最後までバテずに伸びて来た。これも次走も引き続き連軸としての信頼度は高いと思う。
3着 アストリンジャー アドマイヤカーリンから0秒1差と内容は上向いてきている。
4着 カレンミロティック アドマイヤカーリンから0秒1差と内容は上向いてきている。内を突いて追い上げた点を評価したい。
 
7R4歳上500万下 タイムランクBのレース
基準より0秒3速い勝ちタイムだった。逃げていたレコメンドにプリサイストップ・ナムラカイシュウが4コーナーで並んで行った。直線に入って手応え十分にナムラカイシュウが抜け出して行く。その後ピサノプレミアムが追い上げ、ナムラカイシュウに迫って行くが、3/4馬身届かずの2着。さらにそこから離れた3着がプリサイストップだった。
1着 ナムラカイシュウ なんと言っても今回はうまく折り合えた事が勝因だろう。短距離路線に方向転換したのはとりあえずは正解と言えそう。普通はクラスが上がるとペースも上がって、さらに折り合いはつけやすいという事になるが、この馬の場合はまだ気性的に全幅の信頼がおけない。昇級してのすぐ上位候補という扱いはできない。
 
8R4歳上500万下 タイムランクEのレース
基準より1秒6遅い勝ちタイムだった。
 
9RエルフィンS 注目レース・馬
今年はほとんど1勝馬とあって、オープンとしてのメンバーランクはCだが、新馬戦の勝ちっぷりが目立った馬、それから良血馬・重賞好走馬が出走し、桜花賞の前哨戦としては見逃せない1戦となった。
結論として桜花賞戦線という意味での期待値は「ここは着順通り」という見解にしたい。
1着 マルセリーナ 前走G3シンザン記念ではなだめつつの追走だったが、今回ゆとりが出て安全策の外外という感じだった。今にして思えば、競馬を教えながらの重賞好走だったのかなというぐらいで、長い目で見ての期待の高さが伺える。非常に柔らかいフットワークで、持続力があり距離の融通性も高いと見ている。
2着 ノーブルジュエリー 大物感たっぷりだったデビュー戦に比べるとやや淡泊な負け方だった。もう少し軽い芝向きか、あるいは今回2ヶ月空いた影響もあるかもしれない。レース巧者であることは間違いなく、評価はあまり下げない方が良いと思う。
3着 グルヴェイグ これは外に持ち出せなかったが、一応の伸びは見せた。現時点でのキャリアの差でもあると思う。
 
12R4歳上1000万下 タイムランクBのレース
基準より0秒3速い勝ちタイムだった。リッカアリュールが内枠から先手を取ってそのまま直線に入った。内からヒシアカデミーが2番手に上がって来るが、リッカアリュールはリードを保って逃げ切った。その後の2着争いは接戦となり、内ラチ沿いのベストオブミー、外フィールドシャインも追い上げて来たが、ヒシアカデミーが踏ん張って抜かせずに先着していた。
1着 リッカアリュール 戦前は先行激化が予想されていたが、リッカアリュールがすんなり逃げられたのは意外だった。前走Bランクで逃げ切った際に、逃げられる事が条件と解説した様に、今回も自分の形に持ち込めた。となれば、近走原級での好走馬がほとんど居なかったこの組み合わせなら勝って当然とも言える。ただし、1600万まで上がるとここ2戦の様に簡単にはいかない可能性が高いと思う。
 
ポイント
スローペースに関連して
後ほど
マックスエー30%OFF
↑マックスエー30%OFF↑


ittai.net をGoogle検索
番組注目馬一覧
勝ち馬上位馬一覧
次走推奨馬一覧
次走危険馬一覧
レベルAレース一覧
レベルEレース一覧
芝OP一覧 ダOP一覧
札幌 馬場差
函館 馬場差
福島 馬場差
新潟 馬場差
東京 馬場差
中山 馬場差
中京 馬場差
京都 馬場差
阪神 馬場差
小倉 馬場差