アダルト 期間限定セール(毎週作品更新)

2011年3回東京2日目

2011/12/25(日)
中山 阪神 小倉
2011/12/24(土)
中山 阪神 小倉
2011/12/18(日)
中山 阪神 小倉
2011/12/17(土)
中山 阪神 小倉
2011/12/11(日)
中山 阪神 小倉
2011/12/10(土)
中山 阪神 小倉
2011/12/04(日)
中山 阪神 小倉
2011/12/03(土)
中山 阪神 小倉
2011/11/27(日)
東京 京都 小倉
2011/11/26(土)
東京 京都 小倉
2011/11/20(日)
東京 京都 新潟
2011/11/19(土)
東京 京都 新潟
2011/11/13(日)
東京 京都 新潟
2011/11/12(土)
東京 京都 新潟
2011/11/06(日)
東京 京都 新潟
2011/11/05(土)
東京 京都 新潟
2011/10/30(日)
東京 京都 新潟
2011/10/29(土)
東京 京都 新潟
2011/10/23(日)
東京 京都 新潟
2011/10/22(土)
東京 京都 新潟
2011/10/16(日)
東京 京都 新潟
2011/10/15(土)
東京 京都 新潟
2011/10/10(月)
東京
2011/10/09(日)
東京 京都
2011/10/08(土)
東京 京都
2011/10/02(日)
中山 阪神 札幌
2011/10/01(土)
中山 阪神 札幌
2011/09/25(日)
中山 阪神 札幌
2011/09/24(土)
中山 阪神 札幌
2011/09/19(月)
阪神 札幌
2011/09/18(日)
中山 阪神
2011/09/17(土)
中山 札幌
2011/09/11(日)
中山 阪神 札幌
2011/09/10(土)
中山 阪神 札幌
2011/09/04(日)
新潟 小倉 札幌
2011/09/03(土)
新潟 小倉 札幌
2011/08/28(日)
新潟 小倉 札幌
2011/08/27(土)
新潟 小倉 札幌
2011/08/21(日)
新潟 小倉 札幌
2011/08/20(土)
新潟 小倉 札幌
2011/08/14(日)
新潟 小倉 札幌
2011/08/13(土)
新潟 小倉 札幌
2011/08/07(日)
新潟 小倉 函館
2011/08/06(土)
新潟 小倉 函館
2011/07/31(日)
新潟 小倉 函館
2011/07/30(土)
新潟 小倉 函館
2011/07/24(日)
新潟 京都 函館
2011/07/23(土)
新潟 京都 函館
2011/07/17(日)
新潟 京都 函館
2011/07/16(土)
新潟 京都 函館
2011/07/10(日)
中山 京都 函館
2011/07/09(土)
中山 京都 函館
2011/07/03(日)
中山 京都 函館
2011/07/02(土)
中山 京都 函館
2011/06/26(日)
中山 阪神 函館
2011/06/25(土)
中山 阪神 函館
2011/06/19(日)
中山 阪神 函館
2011/06/18(土)
中山 阪神 函館
2011/06/12(日)
東京 阪神 新潟
2011/06/11(土)
東京 阪神 新潟
2011/06/05(日)
東京 阪神 新潟
2011/06/04(土)
東京 阪神 新潟
2011/05/29(日)
東京 京都 新潟
2011/05/28(土)
東京 京都 新潟
2011/05/22(日)
東京 京都 新潟
2011/05/21(土)
東京 京都 新潟
2011/05/15(日)
東京 京都 新潟
2011/05/14(土)
東京 京都 新潟
2011/05/08(日)
東京 京都 新潟
2011/05/07(土)
東京 京都 新潟
2011/05/01(日)
東京 京都 新潟
2011/04/30(土)
東京 京都 新潟
2011/04/24(日)
東京 京都 新潟
2011/04/23(土)
東京 京都 新潟
2011/04/17(日)
阪神 小倉
2011/04/16(土)
阪神 小倉
2011/04/10(日)
阪神 小倉
2011/04/09(土)
阪神 小倉
2011/04/03(日)
阪神 小倉
2011/04/02(土)
阪神 小倉
2011/03/27(日)
阪神 小倉
2011/03/26(土)
阪神 小倉
2011/03/21(月)
阪神
2011/03/20(日)
阪神 小倉
2011/03/19(土)
阪神 小倉
2011/03/06(日)
中山 阪神 小倉
2011/03/05(土)
中山 阪神 小倉
2011/02/27(日)
中山 阪神 小倉
2011/02/26(土)
中山 阪神 小倉
2011/02/20(日)
東京 京都
2011/02/19(土)
東京 京都
2011/02/14(月)
小倉
2011/02/13(日)
東京 京都 小倉
2011/02/12(土)
東京 京都 小倉
2011/02/06(日)
東京 京都 小倉
2011/02/05(土)
東京 京都 小倉
2011/01/30(日)
東京 京都 小倉
2011/01/29(土)
東京 京都 小倉
2011/01/23(日)
中山 京都 小倉
2011/01/22(土)
中山 京都 小倉
2011/01/16(日)
中山 京都
2011/01/15(土)
中山 京都
2011/01/10(月)
中山 京都
2011/01/09(日)
中山 京都
2011/01/08(土)
中山 京都
2011/01/05(水)
中山 京都
馬場コメント
先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がマイナス1秒4、日曜はマイナス1秒4からマイナス1秒2へと変動した。まずはここまで8日間の馬場差を振り返っておくと、雨の影響を受けた日もあるが、総じて速い時計の出やすいコンディション。特に前開催3週目から4週目、4週目から先週と開催が進む毎にむしろ時計が出やすくなっているというのが、大きな特徴。
日曜の終盤を除けば、東京は雨の影響を受けなかった事と芝を刈った事で時計はかなり出やすくなっていた。その日曜終盤、つまり11Rのオークスや12Rは雨の影響を受けた。という事で変動という事にした。脚質的には先行もしくは好位を追走している馬の活躍が目立った。レースによっては差し馬も台頭していたが、外から差すのはかなり厳しくて内を通った馬が有利だった。今週からはCコースに替わって、そのまま最終週までCコースが使用される。
先週の馬場差1600m対象の数値は土曜がプラス0秒4、日曜がプラス0秒2だった。まずここまで8日間の馬場差を振り返っておくと、雨の影響を受けた日はあってもマイナスの馬場差は無く、時計は掛かっている。また、土曜より日曜の方が時計が出やすくなる傾向が続いている。
先週のプラスの馬場差だった。確かに土曜より日曜の方が時計は出やすくなっているが、土日の差は前開催後半ほどに大きくはなくて、比較的水準寄りだった。なおダートについては、日曜の最後のレースが10R。この時点で雨は降っていたが、時計の出方には影響を及ぼさなかったと推測される。脚質的にはいつもの東京と同じで、前に行った馬が圧倒的に有利だった。よく新聞のコメント欄で東京の長い直線なら、この馬の末脚が活かせる的な話を目にするが、それは大きな間違いで、逆に東京は直線が長い分、スローペースになりやすくて末脚を活かせる可能性は低いと考えるべき。ですから、末脚を活かしたいなら流れが速くなる可能性の高い、小回りに使うべきだと個人的にはそう思う。
馬場差一覧

レース順表示

タイム分析 2011/05/22 (日)  芝=-1.4 → -1.2
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 補正 WL TL ML
5R T2000 プレミアムテースト    牡3 未勝利 2:00.3 -1.9 --- -0.8 -1.1 108 B C
7R T1400 ショウナンダンク    牡5 500万下 1:21.5 -0.7 --- +0.3 -1.0 97 D C
8R T1800 サクセスシルエット    牝3 カーネー500 1:50.1 +2.0 --- +2.2 -0.2 78 S E
9R T1400 トーホウカイザー    牡6 由比ヶ浜1000 1:21.4 -0.3 --- +0.7 -1.0 93 D C
11R T2400 エリンコート    牝3 優駿牝馬G1 2:25.7 -0.7 --- +0.4 -1.1 96 D C
12R T1400 スペシャルハート    牡6 のぞみH1600 1:20.7 -0.5 --- -0.2 -0.3 102 C C

2011/05/22 (日)  ダ=+0.2
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 補正 WL TL ML
1R D1600 アプレレクール    牝3 未勝利・牝 1:38.6 -0.9 --- -1.1 +0.2 111 A E
2R D1300 ダイゴロー    牡3 未勝利 1:19.7 +0.1 --- -0.1 +0.2 101 C D
3R D1600 リンガスクリフ    牡3 未勝利 1:38.2 -1.3 --- -1.5 +0.2 115 A D
4R D1400 アポロスカイナイト    牡3 未勝利 1:26.3 +0.1 --- -0.1 +0.2 101 C C
6R D1400 インディーズゲーム    牡3 500万下 1:25.6 +0.2 --- ±0 +0.2 100 C C
10R D1600 ヒラボクワイルド    牡5 薫風S1600 1:37.6 +1.2 --- +1.0 +0.2 90 E B

         

1R3歳未勝利・牝 タイムランクAのレース
基準より1秒1速い勝ちタイムだった。逃げていたアソルータに直線に入って2番手のアプレレクールが並んで行く。その外からヒシマドンナ・ジャマイカラーも押し上げて行く。さらに外からルイーズが追い込んでの叩き合いだが、先に抜け出したアプレレクールが抜かせる事なく1着。さらにジャマイカラーが内で粘っているアソルータを交わして2着となった。
1着 アプレレクール デビューから芝・ダートを問わずとにかく堅実だがあと一押し足りなかった馬。それが今回は突然の変身ですから、2番手追走から余裕の手応えで抜け出した。現状はダートでしかも広いコースが合っている印象。メンバーランクEのレースでも、勝ち馬だけは強さが目立ちましたし、次走も東京ダートの1600m戦出走なら警戒が必要。
2着 ジャマイカラー 走破時計は優秀ですから、次走も牝馬限定出走なら有力。
3着 アソルータ 走破時計は優秀ですから、次走も牝馬限定出走なら有力。
 
3R3歳未勝利 タイムランクAのレース
基準より1秒5速い勝ちタイムだった。道中は2番手を進んでいたリンガスクリフが抑えきれない手応えで逃げていたケイオーワールドに並んで行き、直線では抜け出して行く。その外からワンダースピンドルも上がっては来るが、勢いが違った。リンガスクリフがどんどん差を広げて10馬身差をつけての勝利。2着にワンダースピンドル、さらに2馬身半離れてオリジンと続いた。
同じくタイムランクがAだった日曜1Rよりもさらに0秒4速い勝ち時計だった。
1着 リンガスクリフ 2着に10馬身差の圧勝ですから、前走もタイムランクAのレースでアタマ差の2着だった馬ですから、当然の結果とは言える。このまま順調に行くと、クラス編成前の東京5日目、あるいは8日目のダート1600m戦出走が有力じゃないかなという感じがする。ですから、ここらに出てくれば引き続き勝ち負け。先ほど取り上げたアプレレクールが同じレースに出走してくる様なら、リンガスクリフの方を上位に取りたいと思う。
 
5R3歳未勝利 タイムランクBのレース
基準より0秒8速い勝ちタイムだった。レースを引っ張っていたゴッドツヨシ・シルクグラサージュに後続が接近して行く。マイネルリシェス・エーブフウジンが叩き合いつつ、内の2頭を交わして行き、さらに外からプレミアムテーストが並んで行く。3頭の争いはプレミアムテーストに軍配が上がった。その後僅差にエーブフウジン・マイネルリシェスと続いている。
1着 プレミアムテースト 序盤ちょっと行きたがっていたが、すぐに折り合いがついて好位を追走できた。直線向いて追い出すとゴール寸前で前を捕らえた。今回のレースぶりを見ていると長く良い脚を使える分、中山よりも広い東京の方がレースはしやすそう。昇級しても通用のレベル。
2着 エーブフウジン 内枠を味方につけたが、先行策から最後までしぶとく抵抗していますから、両馬とも脚質に幅が出てきた印象ですし次走も圏内だと思う。
3着 マイネルリシェス 内枠を味方につけたが、先行策から最後までしぶとく抵抗していますから、両馬とも脚質に幅が出てきた印象ですし次走も圏内だと思う。
 
8R3歳500万下・牝 タイムランクSのレース
前半ないし中盤が遅く、補正しきれずスローの扱いとする。
 
10R薫風S タイムランクEのレース
基準より1秒0遅い勝ちタイムだった。レース中盤のラップが遅い分、勝ち時計は平凡になったが、メンバーランクはBですから、出走馬のレベルそのものは高かった。
1着 ヒラボクワイルド 発馬が一息で、序盤も行きっぷり良くなかったが、加速がついてからは手応えが楽だった。現状は左回りの1600mあるいは1700mが合っている印象で、しかもまだ使い込まれている馬ではないですから、伸びしろも十分にありますし、オープン昇級でも注意が必要。
2着 アドマイヤロイヤル この馬馬群の中からほんとよく伸びて来た。早速クラスへの目処が立った。とは言え、しばらく待てばクラスが下がる。ですから1000万出走でも準OP出走でも有力。注目馬。
3着 セイリオス この馬も次開催にはクラスが下がる。ただ、この馬は明らかに東京向きですし、クラス編成前に使って来ると思われるが引き続き上位争いになる。
4着 ロンギングスター これは逃げる競馬で失速したが、やはり現状は好位で控える競馬がベストかなという印象。ちなみにこの馬も次開催からクラスが下がる。
 
11Rオークス 大外のピュアブリーゼがレースを引っ張って行った。主張した事によって、割と楽にハナに立って、その後は淡々とした流れになった。しかも直前に雨が降ってきた事もあって、なかなか瞬発力勝負で挑む馬には厳しい馬場になって、結果ピュアブリーゼがしぶとくゴール寸前まで粘った所をちょっと馬体を併せる形で、エリンコートが伸びて外からホエールキャプチャ、3頭の叩き合いになった。
1着 エリンコート この馬去年の函館でデビューした馬。当時はエーシンジャッカルの3着という事で、あの時点で生で馬を見ていたが、オークスを勝てるとはまさか…という感じはした。ただ、やっぱりその後の成長が著しくて、今回も内にモタれながら勝ったという事で逆にそんな状態でも勝てるというのは能力の証明だと思いますし、まだまだのびしろ十分の馬で、デュランダル産駒だが体型的に明らかにデュランダルじゃないなといった母系が強く出た様な体型をしているので、今後短いところでも十分対応できる馬だと思いますし、距離の融通性はかなり幅広いんじゃないなと思う。ですから、決してまぐれとかではなくて本当に実力をつけて勝っての勝利なので、今後楽しみな1頭だと思う。
==後藤騎手==
エリンコートがスタンドの光(ライト)にビックリして内にササったので、それどころじゃなかった。無我夢中でそれを真っ直ぐ走らせる事だけに必至だった。G1を勝った中でもここまで頭の中が真っ白になるというのは初めてだった。
2着 ピュアブリーゼ 外枠から躊躇無くハナを奪って、最後まで抵抗したがわずかに敗れた。フットワーク的にかなり1歩1歩力強いタイプですし、こういう力の要る馬場になった事はこの馬にとってはプラスだったと思う。逃げなくても競馬できるタイプですから、今後の成長次第では秋の逆転も十分考えられる1頭だと思う。
3着 ホエールキャプチャ これはスタートでちょっと後手を踏んだのが痛かったが、その後池添騎手がすぐ修正して馬場の内の方にスッと寄せて行った。その判断が良かった事が最後の叩き合いに加われたと思いますし、負けたこと自体は残念な事だが、馬自身はよく走っている。鞍上も非常に出遅れたなりの対応としては良かったと思うので、最後競り負けたが、内容的には評価して良いレースだったと思う。
4着 マルセリーナ スタート出てちょっと行きたがって、結局行きたがるのを抑えるのにポジションを下げて後ろの位置になった。直線伸びて来たが、結果届かずという事で、桜花賞の時は4コーナーで外に出そうとしたが、外に出すスペースが無くて内突いて馬群の真ん中から抜けて来たが、今回外に出す形になってしかもちょっと切れ味を殺される馬場でしたから、今回の走りだけで距離がダメとは決めつけられないが、終わってみればだがやっぱりここでどんな状況でも勝ちきれるほど力は抜けていなかった。今後に向けては折り合い面とかいろんな部分をクリアしていかないと厳しいかなという感じはする。
==安藤勝己騎手==
敗因が馬場なのか距離なのかよくわからない。良い感じで直線に向けたし、最後も脚を使っているんだが、一瞬で終わってしまった。最後は同じ脚色になってしまいましたね。
5着 スピードリッパー これは4コーナー回った時は来そうな感じだった。そこで勝ち馬にぶつけられる様な形になって、そこからまたもう一回盛り返すという競馬なので、まともなら3頭の上位争いの中に加わっていたんじゃないかなという感じがするので、ちょっと勿体ない競馬だった。
 
ポイント
日曜の1?4レース
後ほど
30%OFFセール
↑30%OFFセール↑


ittai.net をGoogle検索
番組注目馬一覧
勝ち馬上位馬一覧
次走推奨馬一覧
次走危険馬一覧
レベルAレース一覧
レベルEレース一覧
芝OP一覧 ダOP一覧
札幌 馬場差
函館 馬場差
福島 馬場差
新潟 馬場差
東京 馬場差
中山 馬場差
中京 馬場差
京都 馬場差
阪神 馬場差
小倉 馬場差