2011年1回阪神4日目

2011/12/25(日)
中山 阪神 小倉
2011/12/24(土)
中山 阪神 小倉
2011/12/18(日)
中山 阪神 小倉
2011/12/17(土)
中山 阪神 小倉
2011/12/11(日)
中山 阪神 小倉
2011/12/10(土)
中山 阪神 小倉
2011/12/04(日)
中山 阪神 小倉
2011/12/03(土)
中山 阪神 小倉
2011/11/27(日)
東京 京都 小倉
2011/11/26(土)
東京 京都 小倉
2011/11/20(日)
東京 京都 新潟
2011/11/19(土)
東京 京都 新潟
2011/11/13(日)
東京 京都 新潟
2011/11/12(土)
東京 京都 新潟
2011/11/06(日)
東京 京都 新潟
2011/11/05(土)
東京 京都 新潟
2011/10/30(日)
東京 京都 新潟
2011/10/29(土)
東京 京都 新潟
2011/10/23(日)
東京 京都 新潟
2011/10/22(土)
東京 京都 新潟
2011/10/16(日)
東京 京都 新潟
2011/10/15(土)
東京 京都 新潟
2011/10/10(月)
東京
2011/10/09(日)
東京 京都
2011/10/08(土)
東京 京都
2011/10/02(日)
中山 阪神 札幌
2011/10/01(土)
中山 阪神 札幌
2011/09/25(日)
中山 阪神 札幌
2011/09/24(土)
中山 阪神 札幌
2011/09/19(月)
阪神 札幌
2011/09/18(日)
中山 阪神
2011/09/17(土)
中山 札幌
2011/09/11(日)
中山 阪神 札幌
2011/09/10(土)
中山 阪神 札幌
2011/09/04(日)
新潟 小倉 札幌
2011/09/03(土)
新潟 小倉 札幌
2011/08/28(日)
新潟 小倉 札幌
2011/08/27(土)
新潟 小倉 札幌
2011/08/21(日)
新潟 小倉 札幌
2011/08/20(土)
新潟 小倉 札幌
2011/08/14(日)
新潟 小倉 札幌
2011/08/13(土)
新潟 小倉 札幌
2011/08/07(日)
新潟 小倉 函館
2011/08/06(土)
新潟 小倉 函館
2011/07/31(日)
新潟 小倉 函館
2011/07/30(土)
新潟 小倉 函館
2011/07/24(日)
新潟 京都 函館
2011/07/23(土)
新潟 京都 函館
2011/07/17(日)
新潟 京都 函館
2011/07/16(土)
新潟 京都 函館
2011/07/10(日)
中山 京都 函館
2011/07/09(土)
中山 京都 函館
2011/07/03(日)
中山 京都 函館
2011/07/02(土)
中山 京都 函館
2011/06/26(日)
中山 阪神 函館
2011/06/25(土)
中山 阪神 函館
2011/06/19(日)
中山 阪神 函館
2011/06/18(土)
中山 阪神 函館
2011/06/12(日)
東京 阪神 新潟
2011/06/11(土)
東京 阪神 新潟
2011/06/05(日)
東京 阪神 新潟
2011/06/04(土)
東京 阪神 新潟
2011/05/29(日)
東京 京都 新潟
2011/05/28(土)
東京 京都 新潟
2011/05/22(日)
東京 京都 新潟
2011/05/21(土)
東京 京都 新潟
2011/05/15(日)
東京 京都 新潟
2011/05/14(土)
東京 京都 新潟
2011/05/08(日)
東京 京都 新潟
2011/05/07(土)
東京 京都 新潟
2011/05/01(日)
東京 京都 新潟
2011/04/30(土)
東京 京都 新潟
2011/04/24(日)
東京 京都 新潟
2011/04/23(土)
東京 京都 新潟
2011/04/17(日)
阪神 小倉
2011/04/16(土)
阪神 小倉
2011/04/10(日)
阪神 小倉
2011/04/09(土)
阪神 小倉
2011/04/03(日)
阪神 小倉
2011/04/02(土)
阪神 小倉
2011/03/27(日)
阪神 小倉
2011/03/26(土)
阪神 小倉
2011/03/21(月)
阪神
2011/03/20(日)
阪神 小倉
2011/03/19(土)
阪神 小倉
2011/03/06(日)
中山 阪神 小倉
2011/03/05(土)
中山 阪神 小倉
2011/02/27(日)
中山 阪神 小倉
2011/02/26(土)
中山 阪神 小倉
2011/02/20(日)
東京 京都
2011/02/19(土)
東京 京都
2011/02/14(月)
小倉
2011/02/13(日)
東京 京都 小倉
2011/02/12(土)
東京 京都 小倉
2011/02/06(日)
東京 京都 小倉
2011/02/05(土)
東京 京都 小倉
2011/01/30(日)
東京 京都 小倉
2011/01/29(土)
東京 京都 小倉
2011/01/23(日)
中山 京都 小倉
2011/01/22(土)
中山 京都 小倉
2011/01/16(日)
中山 京都
2011/01/15(土)
中山 京都
2011/01/10(月)
中山 京都
2011/01/09(日)
中山 京都
2011/01/08(土)
中山 京都
2011/01/05(水)
中山 京都
馬場コメント
先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土日ともマイナス0秒3だった。開幕週のマイナス0秒6から先週はやや時計が掛かって、水準レベルに近づいた。週前半に雨が降ったので、その影響が残ったんじゃないかなと思われる。
傾向はあまり変わっていなくて、結局逃げ・差し混在という脚質傾向自体は大きくは変わっていない。
先週の馬場差1800m対象の数値は土曜日がプラス0秒9、日曜日がプラス0秒5だった。開幕週に続き、先週土曜も時計が掛かっていた。日曜日にしてもプラスの馬場差ではあるが、それまでの3日間よりは時計が出やすくなった。
土日の差の明確な理由が思いつかないが、とりあえず日曜に時計が出やすくなっていたのは確かなので、今後時計の比較をする際には覚えておく必要がある。脚質的には開幕週よりも先行馬が幅を効かせていた。とは言っても日曜12Rの様に道中15番手・16番手の馬がワンツーを決めたレースもあったので、何が何でも先行有利とは言い切れず、ペースが速くなると差しが届く馬場だと見て良いと思う。
馬場差一覧

レース順表示

タイム分析 2011/03/06 (日)  芝=-0.3
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 補正 WL TL ML
5R T1600 サトノフォワード    牝3 新馬 1:36.3 +0.3 --- +0.2 +0.1 98 C C
8R T1400 スプリングサンダー    牝4 1000万下 1:21.2 -0.3 --- -0.1 -0.2 101 C D
9R T1800 トーセンレーヴ    牡3 アルメリ500 1:49.2 +1.4 --- +0.3 +1.1 97 C C
11R T1800 ダンツホウテイ    牡6 大阪城SH 1:45.7 +0.5 --- +0.8 -0.3 92 D E

2011/03/06 (日)  ダ=+0.5
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 補正 WL TL ML
1R D1800 キンショーオーロラ    牝3 未勝利・牝 1:55.1 +0.4 --- -0.5 +0.9 105 B C
2R D1200 メイショウサリマン    牡3 未勝利 1:13.7 +0.4 --- +0.1 +0.3 99 C D
3R D1800 タマモブラウン    牡3 未勝利 1:55.8 +1.1 --- +0.1 +1.0 99 C D
4R D1400 パワフルキリシマ    牡3 未勝利 1:26.4 +0.2 --- -0.2 +0.4 102 C C
6R D1200 ミヤジメーテル    牝3 500万下・牝 1:13.0 +0.4 --- +0.1 +0.3 99 C D
7R D1800 フォルテ    牡6 500万下 1:54.4 +1.3 --- +0.8 +0.5 92 D C
10R D2000 ワンダーアキュート    牡5 仁川S 2:03.7 -0.1 --- -0.7 +0.6 107 B C
12R D1800 エナージバイオ    牡6 1000万下 1:53.0 +0.7 --- +0.2 +0.5 98 C C

         

1R3歳未勝利・牝 タイムランクEのレース
基準より0秒5速い勝ちタイムだった。キンショーオーロラが先手を取って、2番手グループにはライヴマジック、その外ブラックアテナが並んで行く。しかし、直線キンショーオーロラが後続を突き放し、差をグングンと広げて行く。その後ブラックアテナが単独2番手に上がって来たが、7馬身をつけられていた。そして3着にマイネマグノリアが続いている。
1着 キンショーオーロラ これは驚きだった。前走地方交流で2着に負けていた馬なので、そのこともあって人気は全然無かったが、レースでは鮮やかな逃げ切り勝ちだった。ハナに立つと折り合いがつきやすいみたい。単純に時計だけならクラスが上がっても通用するレベルだが、控えて同じ競馬ができるかとなるとちょっと未知数なので昇級即信頼とまでには至らないと見る。
2着 ブラックアテナ 普通の未勝利戦なら勝っている競馬。次走がタイムランクC程度のレースなら勝ち負けになる。
 
5R3歳新馬 注目レース・馬
出走馬の実力差にちょっとバラつきがあったので、メンバーランクはCとしたが、上位馬の走りは目立ったのでここで取り上げておきたいと思う。
1着 サトノフォワード 調教段階から動きの良さが目立っていた。レースでは、コーナーで外に逃げる面を見せながらも直線に向くと真っ直ぐ伸びて快勝だった。近親にスプリンターズSを勝ったスリープレスナイトがいる血統だが、この馬自身は距離がもっと伸びた方が良さそうなイメージ。次走昇級でも上位争いになると思う。
2着 メイショウヨウドウ これはまだ余裕のある体つきでしたから、レースに行くとそれでもセンスの良さを見せて頑張った。今以上テンションが上がらなければ、次走も有力。
3着 スズカファルコン 次馬券を買いたい1頭。上がり3ハロンは推定で33秒7ですから、直線は他が止まって見えるぐらい伸びていた。今回13番人気での好走。ですから、次走も極端に人気にはならないと思うので、絶好の狙い目。注目馬。
15着 スマッシュスマイル 2番人気に支持されたが、15着と惨敗だった。騎乗した武豊騎手に聞くと、周りを気にしてブレーキをかけながら走っていたとのことなので、フットワーク自体は軽くて凄く良い馬なので今回の走りだけで見限らない方が良いと思う。
 
9Rアルメリア賞 注目レース・馬
1・2着馬の走りが目立ったので、取り上げておく。
1着 トーセンレーヴ これは改めて説明するまでもないが、ブエナビスタの半弟。ヒバラから太ももにかけての線が薄くて成長の余地を残す体つきだが、それでも競馬に行くと序盤は多少掛かっていたが、すぐに折り合いがついて推定33秒3の末脚で圧勝だった。デビュー戦で僅差で勝った後に、昇級戦で離して勝つというのはクラッシック戦線に乗ってくる馬の典型。今後も注目したいと思う。
2着 ステラロッサ こちらはトーセンレーヴより一回り大きい。すごくボリューム感のある体つき。こちらはトーセンレーヴとは逆に緩い体つきをした馬。それでも加速がついてからの伸びは鋭くて、上がり600mの推定タイムは勝ち馬と同じ33秒3。次走も自己条件出走なら勝ち負けになる。注目馬。
 
10R仁川S タイムランクBのレース
基準より0秒7速い勝ちタイムだった。好位に居たワンダーアキュートが押し上げ、前に居たオメガファルコン・カジノドライヴを交わし、抜け出して差を広げて行く。その後テスタマッタが居るがやや一杯。外からタガノジンガロが交わし、2番手に上がった。そしてワンダーアキュートとの差をやや詰めては行くが、並ぶところまでには行かなかった。
1着 ワンダーアキュート この馬調教段階から和田騎手が教え込んだ甲斐があって、レースでも手前の替え方がスムーズだった。まだ勝負所の反応の悪さに課題は残すが、馬自身は着実に上昇カーブを描いていますから、次走重賞出走でも上位争いになる。
2着 タガノジンガロ プラス10キロでちょっと太く映った。その分と前半の芝が影響したのか、序盤の行きっぷりがあまり良くなかった。とは言ってもオープンで十分に戦える力は示した。
3着 テスタマッタ これは久々の実戦だった。しかもゲートで待たされた分、発馬が一息で、道中も引っかかっていた。それでも大きく崩れなかったのは、この馬の能力の証明だと思う。
9着 カジノドライヴ 結論を言えば、誰が見てもわかる様に休み明けが堪えたという事だと思うが、3コーナーでグンと加速していく脚には凄く見所ありましたし、この馬もともとキャンターが凄いコトコトしていて、あまり良い脚捌きの馬じゃないが、今回はすごい返し馬でも柔らかみが目立ったので、次走は変わってくる。
 
ポイント
注目馬、昇級上位候補馬、多し
注目馬・注目馬以外の勝ち馬で次走上位候補とできる馬以外でもブラックアテナ・サトノパイレーツ・カラフルデイズ・ナミダガキラリ・エーシンイオマンテ・アドマイヤカーリン・サクラアルディードらも有力なので、馬名だけでも覚えておくように。
SOD30%OFF
↑SOD30%OFF↑


ittai.net をGoogle検索
番組注目馬一覧
勝ち馬上位馬一覧
次走推奨馬一覧
次走危険馬一覧
レベルAレース一覧
レベルEレース一覧
芝OP一覧 ダOP一覧
札幌 馬場差
函館 馬場差
福島 馬場差
新潟 馬場差
東京 馬場差
中山 馬場差
中京 馬場差
京都 馬場差
阪神 馬場差
小倉 馬場差