2011年3回東京1日目

2011/12/25(日)
中山 阪神 小倉
2011/12/24(土)
中山 阪神 小倉
2011/12/18(日)
中山 阪神 小倉
2011/12/17(土)
中山 阪神 小倉
2011/12/11(日)
中山 阪神 小倉
2011/12/10(土)
中山 阪神 小倉
2011/12/04(日)
中山 阪神 小倉
2011/12/03(土)
中山 阪神 小倉
2011/11/27(日)
東京 京都 小倉
2011/11/26(土)
東京 京都 小倉
2011/11/20(日)
東京 京都 新潟
2011/11/19(土)
東京 京都 新潟
2011/11/13(日)
東京 京都 新潟
2011/11/12(土)
東京 京都 新潟
2011/11/06(日)
東京 京都 新潟
2011/11/05(土)
東京 京都 新潟
2011/10/30(日)
東京 京都 新潟
2011/10/29(土)
東京 京都 新潟
2011/10/23(日)
東京 京都 新潟
2011/10/22(土)
東京 京都 新潟
2011/10/16(日)
東京 京都 新潟
2011/10/15(土)
東京 京都 新潟
2011/10/10(月)
東京
2011/10/09(日)
東京 京都
2011/10/08(土)
東京 京都
2011/10/02(日)
中山 阪神 札幌
2011/10/01(土)
中山 阪神 札幌
2011/09/25(日)
中山 阪神 札幌
2011/09/24(土)
中山 阪神 札幌
2011/09/19(月)
阪神 札幌
2011/09/18(日)
中山 阪神
2011/09/17(土)
中山 札幌
2011/09/11(日)
中山 阪神 札幌
2011/09/10(土)
中山 阪神 札幌
2011/09/04(日)
新潟 小倉 札幌
2011/09/03(土)
新潟 小倉 札幌
2011/08/28(日)
新潟 小倉 札幌
2011/08/27(土)
新潟 小倉 札幌
2011/08/21(日)
新潟 小倉 札幌
2011/08/20(土)
新潟 小倉 札幌
2011/08/14(日)
新潟 小倉 札幌
2011/08/13(土)
新潟 小倉 札幌
2011/08/07(日)
新潟 小倉 函館
2011/08/06(土)
新潟 小倉 函館
2011/07/31(日)
新潟 小倉 函館
2011/07/30(土)
新潟 小倉 函館
2011/07/24(日)
新潟 京都 函館
2011/07/23(土)
新潟 京都 函館
2011/07/17(日)
新潟 京都 函館
2011/07/16(土)
新潟 京都 函館
2011/07/10(日)
中山 京都 函館
2011/07/09(土)
中山 京都 函館
2011/07/03(日)
中山 京都 函館
2011/07/02(土)
中山 京都 函館
2011/06/26(日)
中山 阪神 函館
2011/06/25(土)
中山 阪神 函館
2011/06/19(日)
中山 阪神 函館
2011/06/18(土)
中山 阪神 函館
2011/06/12(日)
東京 阪神 新潟
2011/06/11(土)
東京 阪神 新潟
2011/06/05(日)
東京 阪神 新潟
2011/06/04(土)
東京 阪神 新潟
2011/05/29(日)
東京 京都 新潟
2011/05/28(土)
東京 京都 新潟
2011/05/22(日)
東京 京都 新潟
2011/05/21(土)
東京 京都 新潟
2011/05/15(日)
東京 京都 新潟
2011/05/14(土)
東京 京都 新潟
2011/05/08(日)
東京 京都 新潟
2011/05/07(土)
東京 京都 新潟
2011/05/01(日)
東京 京都 新潟
2011/04/30(土)
東京 京都 新潟
2011/04/24(日)
東京 京都 新潟
2011/04/23(土)
東京 京都 新潟
2011/04/17(日)
阪神 小倉
2011/04/16(土)
阪神 小倉
2011/04/10(日)
阪神 小倉
2011/04/09(土)
阪神 小倉
2011/04/03(日)
阪神 小倉
2011/04/02(土)
阪神 小倉
2011/03/27(日)
阪神 小倉
2011/03/26(土)
阪神 小倉
2011/03/21(月)
阪神
2011/03/20(日)
阪神 小倉
2011/03/19(土)
阪神 小倉
2011/03/06(日)
中山 阪神 小倉
2011/03/05(土)
中山 阪神 小倉
2011/02/27(日)
中山 阪神 小倉
2011/02/26(土)
中山 阪神 小倉
2011/02/20(日)
東京 京都
2011/02/19(土)
東京 京都
2011/02/14(月)
小倉
2011/02/13(日)
東京 京都 小倉
2011/02/12(土)
東京 京都 小倉
2011/02/06(日)
東京 京都 小倉
2011/02/05(土)
東京 京都 小倉
2011/01/30(日)
東京 京都 小倉
2011/01/29(土)
東京 京都 小倉
2011/01/23(日)
中山 京都 小倉
2011/01/22(土)
中山 京都 小倉
2011/01/16(日)
中山 京都
2011/01/15(土)
中山 京都
2011/01/10(月)
中山 京都
2011/01/09(日)
中山 京都
2011/01/08(土)
中山 京都
2011/01/05(水)
中山 京都
馬場コメント
先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がマイナス1秒4、日曜はマイナス1秒4からマイナス1秒2へと変動した。まずはここまで8日間の馬場差を振り返っておくと、雨の影響を受けた日もあるが、総じて速い時計の出やすいコンディション。特に前開催3週目から4週目、4週目から先週と開催が進む毎にむしろ時計が出やすくなっているというのが、大きな特徴。
日曜の終盤を除けば、東京は雨の影響を受けなかった事と芝を刈った事で時計はかなり出やすくなっていた。その日曜終盤、つまり11Rのオークスや12Rは雨の影響を受けた。という事で変動という事にした。脚質的には先行もしくは好位を追走している馬の活躍が目立った。レースによっては差し馬も台頭していたが、外から差すのはかなり厳しくて内を通った馬が有利だった。今週からはCコースに替わって、そのまま最終週までCコースが使用される。
先週の馬場差1600m対象の数値は土曜がプラス0秒4、日曜がプラス0秒2だった。まずここまで8日間の馬場差を振り返っておくと、雨の影響を受けた日はあってもマイナスの馬場差は無く、時計は掛かっている。また、土曜より日曜の方が時計が出やすくなる傾向が続いている。
先週のプラスの馬場差だった。確かに土曜より日曜の方が時計は出やすくなっているが、土日の差は前開催後半ほどに大きくはなくて、比較的水準寄りだった。なおダートについては、日曜の最後のレースが10R。この時点で雨は降っていたが、時計の出方には影響を及ぼさなかったと推測される。脚質的にはいつもの東京と同じで、前に行った馬が圧倒的に有利だった。よく新聞のコメント欄で東京の長い直線なら、この馬の末脚が活かせる的な話を目にするが、それは大きな間違いで、逆に東京は直線が長い分、スローペースになりやすくて末脚を活かせる可能性は低いと考えるべき。ですから、末脚を活かしたいなら流れが速くなる可能性の高い、小回りに使うべきだと個人的にはそう思う。
馬場差一覧

レース順表示

タイム分析 2011/05/21 (土)  芝=-1.4
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 補正 WL TL ML
3R T1400 ブルースター    牡3 未勝利 1:21.1 -2.0 --- -1.0 -1.0 110 A C
5R T1800 サマーチェリー    牝3 未勝利・牝 1:47.8 -1.1 --- +0.2 -1.3 98 C D
6R T1600 ナンヨーオウトー    牡3 未勝利 1:35.0 -0.8 --- ±0 -0.8 100 C D
9R T1400 レッドストラーダ    牡3 ガーベラ500 1:20.9 -1.5 --- -0.5 -1.0 105 B D
10R T2000 ポルカマズルカ    牝5 秩父特別1000 2:00.4 +0.3 --- +1.0 -0.7 90 S E
11R T1800 ダンツホウテイ    牡6 メイS 1:45.3 -0.3 --- +0.4 -0.7 96 D D

2011/05/21 (土)  ダ=+0.4
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 補正 WL TL ML
1R D1400 ホワイトアッシュ    牝3 未勝利・牝 1:27.3 +1.1 --- +0.7 +0.4 93 D E
2R D1600 レオジュピター    牡3 未勝利 1:40.6 +1.1 --- +0.5 +0.6 95 D C
7R D1600 ファストワーカー    牡3 500万下 1:38.8 +0.2 --- -0.4 +0.6 104 C C
8R D2100 アサクサマリンバ    牡4 500万下 2:13.3 +1.1 --- +0.6 +0.5 94 D D
12R D1600 アストレーション    牡5 1000万下 1:37.8 +0.6 --- +0.2 +0.4 98 C C

         

2R3歳未勝利
5着 ダノンフォレスト レース運びが一変したので、よしよしと見ていたが、4コーナーからは別の馬の様な頼りない反応となって、見せ場もなかった。素質馬は3戦以内に勝ち上がるものと言われたりするが、この競馬では次で何とかと言えない感じがする。かなり残念な結果。
 
3R3歳未勝利 タイムランクAのレース
基準より1秒0速い勝ちタイムだった。カネトシグレースが先手を取って2番手にオークヴィルが居た。その後ユキノアイオロスが続くが、内ラチ沿いを追走していたブルースターがその内を突いて伸びて来る。さらにブルースターが先行馬にも並んで行き、捕らえて抜け出して1着。オークヴィルが踏ん張って2着。そこから2馬身離れて、ユキノアイオロスが3着だった。
1着 ブルースター ここ2戦ダートに使われていたが、今回芝に替わって正にもうレースぶりが一変だった。この馬振り返れば、今回と同じ東京の芝1400mで3着と5着の実績がある。ただ、両レースともタイムランクはCで時計面の裏付けは全く無かっただけに、今回の走りは正直驚いた。結論を言えば、レース間隔が開いた事で出来が上向いて、秘めたる素質が開花したという事なんだろうが、まだ今回の走りだけでは流石に半信半疑ですし、次走馬券を買うかどうかは人気とのバランスを考えてからになる。
2着 オークヴィル これでデビューから4着・3着・2着と着実に上昇している。今回の走破時計も同じ日の3歳500万下のガーベラ賞の5着に相当しますから、しかも3着には2馬身差をつけている。未勝利脱出は時間の問題。注目馬。
9着 シルクオフィサー これは入れ込んでいましたし、その入れ込みの原因が恐らくマイナス20キロという馬体重だったと思う。出来が回復すればもっとやれる馬だと思う。
 
7R3歳500万下 タイムランクBのレース
基準より0秒4速い勝ちタイムだった。逃げていたファストワーカーに直線に入った辺りでは一旦後続が差を詰めて行くが、そこからファストワーカーがもう一伸びして突き放して行く。外からコスモバロンが内のカンタベリーダダを交わし、2番手に上がって来たものの、ファストワーカーは5馬身差をつけて1着。2着コスモバロンに続き、3着も外を伸びたリックムファサだった。
1着 ファストワーカー 前走未勝利戦をタイムランクAの時計で勝利した馬。今回は3ヶ月ぶりの実戦で、若干太く映ったが、競馬に行けばモノが違った。デビュー2戦はいずれも芝で2着を続けている馬ですから、単なるダート馬ではないと思いますし、体が引き締まって来れば、まだまだ上を目指せると思う。
 
9Rガーベラ賞 タイムランクBのレース
基準より0秒5速い勝ちタイムだった。逃げていたスマートオーシャンの外にチェリービスティー・ラフアウェイが並んで来るが、抜け出す程ではなくさらに外から伸びて来たレッドストラーダが一気に抜け出して1着。ハワイアンシュガーが外に出されてチェリービスティーを交わして2着入線となった。
土曜3Rの2着について、オークヴィルの走破時計はガーベラ賞の5着に相当と言ったが、このレースとて決して勝ち時計が遅い訳ではなくて、むしろ500万クラスにしては速い方の部類だった。
1着 レッドストラーダ 未勝利戦をタイムランクDの時計で勝利した馬だが、昇級戦の今回は時計を大幅に短縮した。現状折り合いに難があるので、道中のペースが速くなった方が競馬しやすそうですし、勝ちっぷりの良さからも昇級しても1400m戦なら有力。ただ、今後の番組を見るとしばらく適した条件が無い。ですから、マイル戦出走ならやや割り引いて考えたいと思う。
 
10R秩父特別 タイムランクSのレース
前半ないし中盤が遅く、補正しきれずスローの扱いとする。
 
ポイント
日曜の1?4レース
後ほど
期間限定セール
↑期間限定セール↑


ittai.net をGoogle検索
番組注目馬一覧
勝ち馬上位馬一覧
次走推奨馬一覧
次走危険馬一覧
レベルAレース一覧
レベルEレース一覧
芝OP一覧 ダOP一覧
札幌 馬場差
函館 馬場差
福島 馬場差
新潟 馬場差
東京 馬場差
中山 馬場差
中京 馬場差
京都 馬場差
阪神 馬場差
小倉 馬場差