2011年1回新潟6日目

2011/12/25(日)
中山 阪神 小倉
2011/12/24(土)
中山 阪神 小倉
2011/12/18(日)
中山 阪神 小倉
2011/12/17(土)
中山 阪神 小倉
2011/12/11(日)
中山 阪神 小倉
2011/12/10(土)
中山 阪神 小倉
2011/12/04(日)
中山 阪神 小倉
2011/12/03(土)
中山 阪神 小倉
2011/11/27(日)
東京 京都 小倉
2011/11/26(土)
東京 京都 小倉
2011/11/20(日)
東京 京都 新潟
2011/11/19(土)
東京 京都 新潟
2011/11/13(日)
東京 京都 新潟
2011/11/12(土)
東京 京都 新潟
2011/11/06(日)
東京 京都 新潟
2011/11/05(土)
東京 京都 新潟
2011/10/30(日)
東京 京都 新潟
2011/10/29(土)
東京 京都 新潟
2011/10/23(日)
東京 京都 新潟
2011/10/22(土)
東京 京都 新潟
2011/10/16(日)
東京 京都 新潟
2011/10/15(土)
東京 京都 新潟
2011/10/10(月)
東京
2011/10/09(日)
東京 京都
2011/10/08(土)
東京 京都
2011/10/02(日)
中山 阪神 札幌
2011/10/01(土)
中山 阪神 札幌
2011/09/25(日)
中山 阪神 札幌
2011/09/24(土)
中山 阪神 札幌
2011/09/19(月)
阪神 札幌
2011/09/18(日)
中山 阪神
2011/09/17(土)
中山 札幌
2011/09/11(日)
中山 阪神 札幌
2011/09/10(土)
中山 阪神 札幌
2011/09/04(日)
新潟 小倉 札幌
2011/09/03(土)
新潟 小倉 札幌
2011/08/28(日)
新潟 小倉 札幌
2011/08/27(土)
新潟 小倉 札幌
2011/08/21(日)
新潟 小倉 札幌
2011/08/20(土)
新潟 小倉 札幌
2011/08/14(日)
新潟 小倉 札幌
2011/08/13(土)
新潟 小倉 札幌
2011/08/07(日)
新潟 小倉 函館
2011/08/06(土)
新潟 小倉 函館
2011/07/31(日)
新潟 小倉 函館
2011/07/30(土)
新潟 小倉 函館
2011/07/24(日)
新潟 京都 函館
2011/07/23(土)
新潟 京都 函館
2011/07/17(日)
新潟 京都 函館
2011/07/16(土)
新潟 京都 函館
2011/07/10(日)
中山 京都 函館
2011/07/09(土)
中山 京都 函館
2011/07/03(日)
中山 京都 函館
2011/07/02(土)
中山 京都 函館
2011/06/26(日)
中山 阪神 函館
2011/06/25(土)
中山 阪神 函館
2011/06/19(日)
中山 阪神 函館
2011/06/18(土)
中山 阪神 函館
2011/06/12(日)
東京 阪神 新潟
2011/06/11(土)
東京 阪神 新潟
2011/06/05(日)
東京 阪神 新潟
2011/06/04(土)
東京 阪神 新潟
2011/05/29(日)
東京 京都 新潟
2011/05/28(土)
東京 京都 新潟
2011/05/22(日)
東京 京都 新潟
2011/05/21(土)
東京 京都 新潟
2011/05/15(日)
東京 京都 新潟
2011/05/14(土)
東京 京都 新潟
2011/05/08(日)
東京 京都 新潟
2011/05/07(土)
東京 京都 新潟
2011/05/01(日)
東京 京都 新潟
2011/04/30(土)
東京 京都 新潟
2011/04/24(日)
東京 京都 新潟
2011/04/23(土)
東京 京都 新潟
2011/04/17(日)
阪神 小倉
2011/04/16(土)
阪神 小倉
2011/04/10(日)
阪神 小倉
2011/04/09(土)
阪神 小倉
2011/04/03(日)
阪神 小倉
2011/04/02(土)
阪神 小倉
2011/03/27(日)
阪神 小倉
2011/03/26(土)
阪神 小倉
2011/03/21(月)
阪神
2011/03/20(日)
阪神 小倉
2011/03/19(土)
阪神 小倉
2011/03/06(日)
中山 阪神 小倉
2011/03/05(土)
中山 阪神 小倉
2011/02/27(日)
中山 阪神 小倉
2011/02/26(土)
中山 阪神 小倉
2011/02/20(日)
東京 京都
2011/02/19(土)
東京 京都
2011/02/14(月)
小倉
2011/02/13(日)
東京 京都 小倉
2011/02/12(土)
東京 京都 小倉
2011/02/06(日)
東京 京都 小倉
2011/02/05(土)
東京 京都 小倉
2011/01/30(日)
東京 京都 小倉
2011/01/29(土)
東京 京都 小倉
2011/01/23(日)
中山 京都 小倉
2011/01/22(土)
中山 京都 小倉
2011/01/16(日)
中山 京都
2011/01/15(土)
中山 京都
2011/01/10(月)
中山 京都
2011/01/09(日)
中山 京都
2011/01/08(土)
中山 京都
2011/01/05(水)
中山 京都
馬場コメント
先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がマイナス0秒4、日曜がプラス0秒2。直線1000m対象の数値は土曜がプラスマイナスゼロ、日曜がプラス1秒0だった。まずはここまで6日間の芝の馬場差を振り返っておくと、雨や風の影響によりプラスの馬場差となる日がほとんどだった。特に2日目は掛かっている。ただ、先週土曜だけはマイナスの馬場差で、一方日曜の直線1000mは時計が掛かっていた。
馬場情報で発表される野芝の草丈が週を追う毎に長くなっている。見た目には定積が目について来たが、馬場の消耗を相殺するかの様に、芝の成育期を向かえることが出来たのだろうか、土曜はマイナスの馬場差だった。とは言え、日曜は風の影響を受けて馬場差は再びプラスゾーンへ推移。日曜は土曜に比べて明らかにレース上がりを要し、ラスト200mの落ち込みが目についた。日曜では特に直線1000mは向かい風となり、かなり時計が掛かる事になった。あと、土日を合わせの連対馬・脚質傾向だが、2週目よりも逃げ・先行馬の占有率は落ちており、インコースの2・3頭分ぐらいはやや伸び負けする様なレースが目についた。なお1回新潟は5週の開催で、最終週までこのままBコースが使用される。
先週の馬場差1800m対象の数値は土曜がプラス0秒6、日曜がプラス1秒2。1200m対象の数値は土曜がマイナス0秒3、日曜がマイナス0秒1だった。ここまで6日間の馬場差を振り返っておくと、雨や風の影響により、週によってあるいは同じ週でも土日で時計の出方が異なる。時計の比較をする際にはくれぐれも馬場差を考慮してください。
1800mと1200mで風の影響が違った。数値を見ればわかるかと思うが、1800mの方が強く風の影響を受け、時計が掛かっている。特に日曜の1800mは掛かった。この様に馬場差の違いは大きいが、それぞれの開催日で逃げ馬が3勝ずつ計6勝を挙げている。ダートのレース数が16鞍あった開幕週よりも多かったというのは、大きな特徴だと思う。
馬場差一覧

レース順表示

タイム分析 2011/05/08 (日)  芝=+0.2 / 直線=+1.0
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 補正 WL TL ML
2R T1400 スイートシャルマン    牝3 未勝利・牝 1:23.7 +1.2 --- +1.1 +0.1 89 E E
4R T1200 タイキガラハッド    牡3 未勝利 1:10.8 +1.1 --- +1.0 +0.1 90 E C
5R T1800 ケイアイアレス    牡3 未勝利 1:49.4 +1.7 --- +1.1 +0.6 89 S D
6R T1200 タニノスバル    牝5 500万下・牝 1:09.8 +0.8 --- +0.7 +0.1 93 E C
8R T2000 ゴールドケー    牝5 500万下・牝 2:01.2 +1.2 --- +0.4 +0.8 96 D D
11R T2000 セイクリッドバレー    牡5 新潟大賞HG3 1:58.4 +0.5 --- +0.3 +0.2 97 C D
12R T1000 グリューネワルト    牝4 飛竜特別500 0:57.2 +1.9 --- +0.9 +1.0 91 E D

2011/05/08 (日)  ダ=+1.2 1200m=-0.1
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 補正 WL TL ML
1R D1200 パライバトルマリン    牡3 未勝利・若 1:12.7 -0.1 --- ±0 -0.1 100 C D
3R D1800 トシザツンツン    牡3 未勝利 1:57.4 +3.1 --- +1.9 +1.2 81 E D
7R D1800 リアルアヴェニュー    牡4 500万下 1:54.2 +1.4 --- +0.2 +1.2 98 C D
9R D1200 ガリレオシチー    牡5 500万下 1:11.8 -0.1 --- ±0 -0.1 100 C E
10R D1800 タマモブラウン    牡3 わらび賞500 1:54.9 +1.5 --- +0.3 +1.2 97 C C

         

2R3歳未勝利・牝 タイムランクEのレース
基準より1秒1遅い勝ちタイムだった。
 
3R3歳未勝利 タイムランクEのレース
基準より1秒9遅い勝ちタイムだった。
 
4R3歳未勝利 タイムランクEのレース
基準より1秒0遅い勝ちタイムだった。
 
5R3歳未勝利 タイムランクSのレース
前半・中盤が遅く、補正しきれずにスローの扱いとする。
 
6R4歳上500万下・牝 タイムランクEのレース
基準より0秒7遅い勝ちタイムだった。
 
7R4歳上500万下 注目レース・馬
勝ったリアルアヴェニューを取り上げる。
1着 リアルアヴェニュー 外枠から二の脚でヒューッとかぶせ気味にハナを叩いて、2コーナーで一息入れた後はもう馬の気に任せて平均的なラップを刻み、直線で一瞬並ばれるが、あっさり差し替えしての大楽勝だった。直線向かい風の中でこれだけ前向きに走れる精神力とスタミナは流石だと思う。2月の東京戦でかなりのハイペースを経験した事が良いきっかけになったかもしれない。昇級後も注目。
ちなみにだが、その2月の東京戦をハイペース、かなりのハイペースでタイムランクBの逃げ切り勝ちを修めたのがダノンエクスプレス。その馬が昇級後は1000万で12着・11着と、どういうことだ?という感じがするが、これをきっかけに考えて、またどこかで一仕事してもらいたいなぁとダノンエクスプレスにも期待している。
 
11R新潟大賞典 最内からシャドウゲイトが先手を取ったが、直後後続が接近して行った。淡々とした平均緩めに持ち込んだとは言え、シャドウゲイト残り200mまで先頭を守ったのは流石と思わせたが、1着馬・2着馬が通ったコースの方が、最後の伸びが違う様。際どい競り合いはお互いに苦しそうだが、内めを捌いて来た丸山騎手セイクリッドバレーに軍配が上がった。
結局は新潟コースの勝ち鞍がある馬が1・2・3着という事。この路線の勢力図云々の話ではないが、その中で4着馬ヤングアットハートが4歳で唯一しぶとく食い込んで来たということ。これで夏競馬の世代間対決と言うか、そういった意味でも興味は持てそうな感じだった。
1着 セイクリッドバレー もろもろの計算を踏まえると、勝ち馬セイクリッドバレーには昨年2着とほぼ同じ時計的価値を与えられる。今後も得意な条件なら稼いでくれそう。3コーナーで一瞬外をマクるマッハヴェロシティに釣られそうになったが、丸山騎手の対応が落ち着いていた。
==丸山騎手==
この馬に騎乗していた三浦騎手には乗りやすいと聞いていたので、自信を持ってレースに臨んだ。本当はもっと前に行きたかったが、今日は周りも速かったので、あの位置取りで良かったと思う。直線では上手く前が開いてそこを通って抜けて来られた。左回りを得意としている馬ですし、これを機にもっと活躍して欲しいですね。僕自身も初重賞勝ち、これまで良い馬に乗せてもらいながら、勝てませんでしたが、結果を出せてうれしいです。
 
12R飛竜特別 タイムランクEのレース
基準より0秒9遅い勝ちタイムだった。
 
ポイント
日曜のダートは…
後ほど
プレステージ30%OFF
↑プレステージ30%OFF↑


ittai.net をGoogle検索
番組注目馬一覧
勝ち馬上位馬一覧
次走推奨馬一覧
次走危険馬一覧
レベルAレース一覧
レベルEレース一覧
芝OP一覧 ダOP一覧
札幌 馬場差
函館 馬場差
福島 馬場差
新潟 馬場差
東京 馬場差
中山 馬場差
中京 馬場差
京都 馬場差
阪神 馬場差
小倉 馬場差