2011年1回新潟9日目

2011/12/25(日)
中山 阪神 小倉
2011/12/24(土)
中山 阪神 小倉
2011/12/18(日)
中山 阪神 小倉
2011/12/17(土)
中山 阪神 小倉
2011/12/11(日)
中山 阪神 小倉
2011/12/10(土)
中山 阪神 小倉
2011/12/04(日)
中山 阪神 小倉
2011/12/03(土)
中山 阪神 小倉
2011/11/27(日)
東京 京都 小倉
2011/11/26(土)
東京 京都 小倉
2011/11/20(日)
東京 京都 新潟
2011/11/19(土)
東京 京都 新潟
2011/11/13(日)
東京 京都 新潟
2011/11/12(土)
東京 京都 新潟
2011/11/06(日)
東京 京都 新潟
2011/11/05(土)
東京 京都 新潟
2011/10/30(日)
東京 京都 新潟
2011/10/29(土)
東京 京都 新潟
2011/10/23(日)
東京 京都 新潟
2011/10/22(土)
東京 京都 新潟
2011/10/16(日)
東京 京都 新潟
2011/10/15(土)
東京 京都 新潟
2011/10/10(月)
東京
2011/10/09(日)
東京 京都
2011/10/08(土)
東京 京都
2011/10/02(日)
中山 阪神 札幌
2011/10/01(土)
中山 阪神 札幌
2011/09/25(日)
中山 阪神 札幌
2011/09/24(土)
中山 阪神 札幌
2011/09/19(月)
阪神 札幌
2011/09/18(日)
中山 阪神
2011/09/17(土)
中山 札幌
2011/09/11(日)
中山 阪神 札幌
2011/09/10(土)
中山 阪神 札幌
2011/09/04(日)
新潟 小倉 札幌
2011/09/03(土)
新潟 小倉 札幌
2011/08/28(日)
新潟 小倉 札幌
2011/08/27(土)
新潟 小倉 札幌
2011/08/21(日)
新潟 小倉 札幌
2011/08/20(土)
新潟 小倉 札幌
2011/08/14(日)
新潟 小倉 札幌
2011/08/13(土)
新潟 小倉 札幌
2011/08/07(日)
新潟 小倉 函館
2011/08/06(土)
新潟 小倉 函館
2011/07/31(日)
新潟 小倉 函館
2011/07/30(土)
新潟 小倉 函館
2011/07/24(日)
新潟 京都 函館
2011/07/23(土)
新潟 京都 函館
2011/07/17(日)
新潟 京都 函館
2011/07/16(土)
新潟 京都 函館
2011/07/10(日)
中山 京都 函館
2011/07/09(土)
中山 京都 函館
2011/07/03(日)
中山 京都 函館
2011/07/02(土)
中山 京都 函館
2011/06/26(日)
中山 阪神 函館
2011/06/25(土)
中山 阪神 函館
2011/06/19(日)
中山 阪神 函館
2011/06/18(土)
中山 阪神 函館
2011/06/12(日)
東京 阪神 新潟
2011/06/11(土)
東京 阪神 新潟
2011/06/05(日)
東京 阪神 新潟
2011/06/04(土)
東京 阪神 新潟
2011/05/29(日)
東京 京都 新潟
2011/05/28(土)
東京 京都 新潟
2011/05/22(日)
東京 京都 新潟
2011/05/21(土)
東京 京都 新潟
2011/05/15(日)
東京 京都 新潟
2011/05/14(土)
東京 京都 新潟
2011/05/08(日)
東京 京都 新潟
2011/05/07(土)
東京 京都 新潟
2011/05/01(日)
東京 京都 新潟
2011/04/30(土)
東京 京都 新潟
2011/04/24(日)
東京 京都 新潟
2011/04/23(土)
東京 京都 新潟
2011/04/17(日)
阪神 小倉
2011/04/16(土)
阪神 小倉
2011/04/10(日)
阪神 小倉
2011/04/09(土)
阪神 小倉
2011/04/03(日)
阪神 小倉
2011/04/02(土)
阪神 小倉
2011/03/27(日)
阪神 小倉
2011/03/26(土)
阪神 小倉
2011/03/21(月)
阪神
2011/03/20(日)
阪神 小倉
2011/03/19(土)
阪神 小倉
2011/03/06(日)
中山 阪神 小倉
2011/03/05(土)
中山 阪神 小倉
2011/02/27(日)
中山 阪神 小倉
2011/02/26(土)
中山 阪神 小倉
2011/02/20(日)
東京 京都
2011/02/19(土)
東京 京都
2011/02/14(月)
小倉
2011/02/13(日)
東京 京都 小倉
2011/02/12(土)
東京 京都 小倉
2011/02/06(日)
東京 京都 小倉
2011/02/05(土)
東京 京都 小倉
2011/01/30(日)
東京 京都 小倉
2011/01/29(土)
東京 京都 小倉
2011/01/23(日)
中山 京都 小倉
2011/01/22(土)
中山 京都 小倉
2011/01/16(日)
中山 京都
2011/01/15(土)
中山 京都
2011/01/10(月)
中山 京都
2011/01/09(日)
中山 京都
2011/01/08(土)
中山 京都
2011/01/05(水)
中山 京都
馬場コメント
先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がマイナス0秒1、日曜がプラス1秒5。直線1000m対象の数値は土曜がプラス0秒1、日曜がプラス0秒4だった。まずはここまでの芝の馬場差を振り返っておくと、雨や風の影響で総じて時計の掛かる開催だった。特に直線1000mは向かい風となり、かなり時計が掛かった日もある。また、7日目については1200mも中距離と時計の出方が比例せず、別個に表示している。
土曜は雨の影響が無くて、直線1000mも含めて水準レベルだった。ただ、日曜は直線1000mを除けば雨の影響でかなり時計が掛かった。なお新潟は連続開催で、今週からは2回開催がスタートする。ただし、2回新潟はトータル3週の開催で、2週目・3週目は全レースダートで行われる。つまり、芝のレースは今週だけという事なので、先週と同じくBコースが使用されての競馬になる。
先週の馬場差1800m対象の数値は土曜がプラス0秒2、日曜がマイナス1秒6からマイナス0秒5へと変動。1200m対象の数値は土曜がマイナス0秒2、日曜がマイナス1秒5→マイナス0秒8へと変動した。まずここまでの馬場差を振り返っておくと、ダートも雨や風の影響で時計の出方が異なる。特に新潟については、いくら水を含んで本来なら脚抜きの良い馬場であっても、風の影響で時計が掛かっていたという日がある。また、3週目以降は1800mと1200mで時計の出方が比例せず、分けて馬場差を表示している。
先週については、時計の出方に関わるほど風の影響は無かったはずだが、それでも1800mと1200mで時計の出方が比例しなかった。そして日曜は1800mも1200mも雨の影響で、前半の方がより時計が出やすくなっていた。
馬場差一覧

レース順表示

タイム分析 2011/05/21 (土)  芝=-0.1 / 直線=+0.1
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 補正 WL TL ML
2R T1200 サクラライジング    牡3 未勝利 1:10.1 +0.4 --- +0.5 -0.1 95 D C
5R T2000 グッドカフェ    牡3 未勝利 2:01.9 -0.2 --- -0.1 -0.1 101 C C
6R T1600 シードダイレクト    牡3 未勝利・若 1:35.6 +0.7 --- +0.5 +0.2 95 D D
8R T1800 シャイニーブレーヴ    牡4 500万下 1:47.9 +1.4 --- +0.6 +0.8 94 D C
10R T2400 マイネルメダリスト    牡3 早苗賞500 2:29.1 +2.1 --- +1.6 +0.5 84 E D
11R T2000 アドマイヤコスモス    牡4 赤倉特別1000 1:58.8 -0.5 --- -0.7 +0.2 107 B C
12R T1000 サアドウゾ    牝5 飛翔特別500 0:55.7 +0.4 --- +0.3 +0.1 97 D D

2011/05/21 (土)  ダ=+0.2 1200m=-0.2
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 補正 WL TL ML
1R D1800 ツィンクルブーケ    牝3 未勝利・牝 1:56.5 +2.2 --- +2.0 +0.2 80 E E
3R D1800 ケイジーウィンザー    牡3 未勝利 1:54.8 +0.5 --- +0.3 +0.2 97 C D
4R D1200 ナリタキャッツアイ    牡3 未勝利 1:12.9 +0.1 --- +0.3 -0.2 97 D C
7R D1800 メイショウラグーナ    牝4 500万下・牝 1:53.3 +0.5 --- ±0 +0.5 100 C E
9R D1200 ビッグヒーロー    牡4 500万下 1:11.2 -0.7 --- -0.5 -0.2 105 B C

         

1R3歳未勝利・牝 タイムランクEのレース
基準より2秒0遅い勝ちタイムだった。
 
9R4歳500万下 タイムランクBのレース
基準より0秒5速い勝ちタイムだった。スイレンが先頭で直線に入って行く。2番手のコスモパイレットは並んで行く程の勢いは無く、その外へと出されたビッグヒーロー・ウルスラグナが伸びて来る。そしてビッグヒーローが抜け出して1着。スイレンが粘って2着。3着がウルスラグナで後続は離されていた。
1着 ビッグヒーロー 休み明け2戦は共に出遅れたものの、最後は目立つ伸びを見せていた馬。今回はスタートの名手中館騎手に変わった事で、普通に出て好位につけられた分、レースがしやすかった。未勝利を勝った時は逃げ切りだったが、良い意味でのズブさが出てきたので、昇級しても▲ぐらいはつけたいところ。
2着 スイレン 外のフリークヒロインが行く気を見せたので、1枠という事もあって引くに引けない形になった。この日の馬場で2ハロン目の10秒6は速いですし、逃げるまでにかなり脚を使わされた割には、最後までよく頑張ったと言える。同型との兼ね合いもあるので、組み合わせ、所謂脚質的な組み合わせ次第では引き続き上位候補。
3着 ウルスラグナ 体質的に順調に使い込めない。デビュー勝ちの後中央では凡走を繰り返していたが、久々の好走となった。そもそもそのデビュー戦は経験馬相手にBランクでの好内容でしたから、このレースが復調のきっかけになるかもしれませんし、あくまで順調に使えるという事が大前提という馬。
5着 コスモパイレット 3ヶ月間隔が空いたが、万全の仕上がりだった。平坦左回りの1200mとベストと言える条件でスムーズなレース運びだった割には不甲斐ないレースだった。過去の実績から能力あるのは間違いないが、ちょっとアテにしづらい面があるのかなという印象。
 
10R早苗賞 タイムランクEのレース
基準より1秒6遅い勝ちタイムだった。
 
11R赤倉特別 タイムランクBのレース
基準より0秒7速い勝ちタイムだった。テイエムシバスキーが先手を取って今回は独り旅に持ち込み、直線でも粘っている。ただ、外からアドマイヤコスモスが伸び、内のテイエムシバスキーを交わして抜け出して行く。さらに差を広げて1着。交わされ、離されたもののテイエムシバスキーも踏ん張って2着。離れた3着争いは接戦、グッドバニヤンが先着していた。
1着 アドマイヤコスモス この馬前回500万を勝った際、強調して番組注目馬に挙がっていた馬。期待通りの勝ちっぷりで、昇級戦ながら余力十分に押し上げて、直線で抜け出した。外から地力でねじ伏せる様なレースぶりは、いかにも外回りとは言え、小回りが即割り引きとは思えない感じだった。ちなみにアドマイヤマックス産駒として今回芝2000mの勝利が芝・ダート合わせて最長距離になった。父が橋田厩舎に居て高松宮記念を制したのは、改めて説明するまでも無いとして母のアドマイヤラピスも橋田厩舎所属で長距離で活躍した馬。ですから、決め手があってそれを持続させる事ができているのは、両親の良いところを受け継いでいるからだと思われる。注目馬。
2着 テイエムシバスキー これは相手が悪かった。ようやくと言った感じで、今回単騎の逃げに持ち込んで粘ってはいるが、この形に持ち込めば元々変わってもおかしくない馬ですし、この馬自身は小回りの方がスピードを活かせるとしても、同型との兼ね合いがいつもポイントになる。その点外回りの方が競馬はしやすいですし、展開次第で引き続き好走も、逆に大敗もあり得る馬だと思う。
 
ポイント
平穏のち波乱
後ほど
VR30%OFF
↑VR30%OFF↑


ittai.net をGoogle検索
番組注目馬一覧
勝ち馬上位馬一覧
次走推奨馬一覧
次走危険馬一覧
レベルAレース一覧
レベルEレース一覧
芝OP一覧 ダOP一覧
札幌 馬場差
函館 馬場差
福島 馬場差
新潟 馬場差
東京 馬場差
中山 馬場差
中京 馬場差
京都 馬場差
阪神 馬場差
小倉 馬場差