2011年2回阪神2日目

2011/12/25(日)
中山 阪神 小倉
2011/12/24(土)
中山 阪神 小倉
2011/12/18(日)
中山 阪神 小倉
2011/12/17(土)
中山 阪神 小倉
2011/12/11(日)
中山 阪神 小倉
2011/12/10(土)
中山 阪神 小倉
2011/12/04(日)
中山 阪神 小倉
2011/12/03(土)
中山 阪神 小倉
2011/11/27(日)
東京 京都 小倉
2011/11/26(土)
東京 京都 小倉
2011/11/20(日)
東京 京都 新潟
2011/11/19(土)
東京 京都 新潟
2011/11/13(日)
東京 京都 新潟
2011/11/12(土)
東京 京都 新潟
2011/11/06(日)
東京 京都 新潟
2011/11/05(土)
東京 京都 新潟
2011/10/30(日)
東京 京都 新潟
2011/10/29(土)
東京 京都 新潟
2011/10/23(日)
東京 京都 新潟
2011/10/22(土)
東京 京都 新潟
2011/10/16(日)
東京 京都 新潟
2011/10/15(土)
東京 京都 新潟
2011/10/10(月)
東京
2011/10/09(日)
東京 京都
2011/10/08(土)
東京 京都
2011/10/02(日)
中山 阪神 札幌
2011/10/01(土)
中山 阪神 札幌
2011/09/25(日)
中山 阪神 札幌
2011/09/24(土)
中山 阪神 札幌
2011/09/19(月)
阪神 札幌
2011/09/18(日)
中山 阪神
2011/09/17(土)
中山 札幌
2011/09/11(日)
中山 阪神 札幌
2011/09/10(土)
中山 阪神 札幌
2011/09/04(日)
新潟 小倉 札幌
2011/09/03(土)
新潟 小倉 札幌
2011/08/28(日)
新潟 小倉 札幌
2011/08/27(土)
新潟 小倉 札幌
2011/08/21(日)
新潟 小倉 札幌
2011/08/20(土)
新潟 小倉 札幌
2011/08/14(日)
新潟 小倉 札幌
2011/08/13(土)
新潟 小倉 札幌
2011/08/07(日)
新潟 小倉 函館
2011/08/06(土)
新潟 小倉 函館
2011/07/31(日)
新潟 小倉 函館
2011/07/30(土)
新潟 小倉 函館
2011/07/24(日)
新潟 京都 函館
2011/07/23(土)
新潟 京都 函館
2011/07/17(日)
新潟 京都 函館
2011/07/16(土)
新潟 京都 函館
2011/07/10(日)
中山 京都 函館
2011/07/09(土)
中山 京都 函館
2011/07/03(日)
中山 京都 函館
2011/07/02(土)
中山 京都 函館
2011/06/26(日)
中山 阪神 函館
2011/06/25(土)
中山 阪神 函館
2011/06/19(日)
中山 阪神 函館
2011/06/18(土)
中山 阪神 函館
2011/06/12(日)
東京 阪神 新潟
2011/06/11(土)
東京 阪神 新潟
2011/06/05(日)
東京 阪神 新潟
2011/06/04(土)
東京 阪神 新潟
2011/05/29(日)
東京 京都 新潟
2011/05/28(土)
東京 京都 新潟
2011/05/22(日)
東京 京都 新潟
2011/05/21(土)
東京 京都 新潟
2011/05/15(日)
東京 京都 新潟
2011/05/14(土)
東京 京都 新潟
2011/05/08(日)
東京 京都 新潟
2011/05/07(土)
東京 京都 新潟
2011/05/01(日)
東京 京都 新潟
2011/04/30(土)
東京 京都 新潟
2011/04/24(日)
東京 京都 新潟
2011/04/23(土)
東京 京都 新潟
2011/04/17(日)
阪神 小倉
2011/04/16(土)
阪神 小倉
2011/04/10(日)
阪神 小倉
2011/04/09(土)
阪神 小倉
2011/04/03(日)
阪神 小倉
2011/04/02(土)
阪神 小倉
2011/03/27(日)
阪神 小倉
2011/03/26(土)
阪神 小倉
2011/03/21(月)
阪神
2011/03/20(日)
阪神 小倉
2011/03/19(土)
阪神 小倉
2011/03/06(日)
中山 阪神 小倉
2011/03/05(土)
中山 阪神 小倉
2011/02/27(日)
中山 阪神 小倉
2011/02/26(土)
中山 阪神 小倉
2011/02/20(日)
東京 京都
2011/02/19(土)
東京 京都
2011/02/14(月)
小倉
2011/02/13(日)
東京 京都 小倉
2011/02/12(土)
東京 京都 小倉
2011/02/06(日)
東京 京都 小倉
2011/02/05(土)
東京 京都 小倉
2011/01/30(日)
東京 京都 小倉
2011/01/29(土)
東京 京都 小倉
2011/01/23(日)
中山 京都 小倉
2011/01/22(土)
中山 京都 小倉
2011/01/16(日)
中山 京都
2011/01/15(土)
中山 京都
2011/01/10(月)
中山 京都
2011/01/09(日)
中山 京都
2011/01/08(土)
中山 京都
2011/01/05(水)
中山 京都
馬場コメント
先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜日がマイナス0秒7、日曜日がマイナス0秒6だった。連続開催ですので、まずは1回開催を含めた馬場差を振り返っておこう。先々週の阪神は3日間開催でしたので、9日間を振り返る。基本的にはまずまず速い時計の出るコンディションだが、代替5日目つまり21日月曜日は雨の影響で時計が掛かった。また前の開催2週目は開幕週に比べ、やや時計が掛かっていた。
時計の出方は良馬場で行われた先々週の土日と大きく変わらずで、まずまず速い時計の出やすい馬場状態だった。脚質的には土曜に行われた2重賞、スプリングSとフラワーカップこそ差し馬同士で決まったが、それ以外のレースはおおむね、先行馬が有利だった。見た目にも馬場の内が傷んで来ているが、雨が降らない限りは問題ないかなというレベル。ちなみに今週からはBコースが使用される。
先週の馬場差1800m対象の数値は土日ともにプラス0秒5だった。まず9日間の馬場差を振り返っておくと、雨の影響を受けた21日月曜日の代替5日目を除けば、全てプラスの馬場差。ただ、前開催3日目と比較すると、その後は水準に近づいている。
同じく良馬場で行われた、先々週土曜と大きく変わらなかった。馬場差は土日ともプラス秒5。いずれにしろ、乾いた馬場なら時計の掛かるコンディション。脚質的には先行馬が有利。差し馬同士で決まったレースは1鞍もなかった。差し馬が来たとしても、先行馬が1着で差し馬が2着というパターンが多かったですから、今週も良馬場なら同じような傾向が続くと思われる。
馬場差一覧

レース順表示

タイム分析 2011/03/27 (日)  芝=-0.6
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 補正 WL TL ML
4R T1600 ダイワベルベ    牡3 未勝利 1:36.7 +1.0 --- +1.5 -0.5 85 E C
6R T1800 エリンコート    牝3 500万下・牝 1:47.3 -0.5 --- ±0 -0.5 100 C C
8R T1800 アドマイヤテンバ    牝4 1000万下・牝 1:46.6 ±0 --- +0.5 -0.5 95 D C
9R T1200 エーシンウェズン    牡4 四国新H1000 1:08.9 ±0 --- +0.4 -0.4 96 D D
11R T1200 キンシャサノキセキ    牡8 高松宮記G1 1:07.9 ±0 --- +0.4 -0.4 96 D C
12R T1800 レッドデイヴィス    セ3 毎日杯G3 1:47.1 ±0 --- -0.5 +0.5 105 B C

2011/03/27 (日)  ダ=+0.5
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 補正 WL TL ML
1R D1800 プリンセスキナウ    牝3 未勝利・牝 1:57.5 +2.8 --- +2.3 +0.5 77 E D
2R D1400 トーセンターボ    牡3 未勝利 1:26.3 +0.1 --- -0.3 +0.4 103 B C
3R D1800 ヤマニンティグル    牡3 未勝利 1:56.5 +1.8 --- +1.3 +0.5 87 E C
5R D1400 サウンドボルケーノ    牡3 500万下 1:25.5 +0.1 --- -0.3 +0.4 103 B C
7R D1800 ルグランヴォヤージ    牡4 500万下 1:54.0 +0.9 --- +0.4 +0.5 96 D C
10R D1800 サンライズモール    牡4 梅田S1600 1:52.6 +1.1 --- +0.6 +0.5 94 D D

         

1R3歳未勝利・牝 タイムランクEのレース
基準より2秒3遅い勝ちタイムだった。
 
2R3歳未勝利 タイムランクBのレース
基準より0秒3速い勝ちタイムだった。序盤ハナに居たウォーターリッパーを早めにトーセンターボが交わして先頭に立って行った。その外サトノモンスターが並んで行こうとはするが、トーセンターボが踏ん張って抜かせずに押し切った。むしろサトノモンスターがベルモントメッシに並ばれて接戦となり、ゴールではベルモントメッシがハナ差で先着、2着入線となった。
1着 トーセンターボ この馬去年の夏の函館でデビューした馬なので、よく覚えている。当時はパドックで馬っ気を出すなど、精神面幼かったが、今回は落ち着きがあって馬体の張りも上々だった。競馬でも早め早めの形で勝った。前々で競馬ができる様になった今なら、昇級しても印はつけるべきだと思う。
 
3R3歳未勝利 タイムランクEのレース
基準より1秒3遅い勝ちタイムだった。
 
4R3歳未勝利 タイムランクEのレース
基準より1秒5遅い勝ちタイムだった。
 
5R3歳500万下 タイムランクBのレース
基準より0秒3速い勝ちタイムだった。最低人気のスマートオーシャンが飛ばして、直線入り口でも後続にリードを保っていたが、サウンドボルケーノが接近して交わして行く。そこからさらに差を広げて1着。さらにコスモケンジも追い上げ、ゴール前で2番手に上がった。とは言え、スマートオーシャンも踏ん張ってゴールデンアタック・マリブスターらに交わさせず3着を確保している。
1着 サウンドボルケーノ 1月の未勝利戦をタイムランクBの時計で勝って、前走もBランクのレースで3着だった馬。ただ、頭の高い走り方をする馬なので、今回の様に砂を被らない形がベストだと思う。次走昇級でも自分の形に持ち込めれば、通用するかなという感じがする。
 
9R四国新聞杯 注目レース・馬
勝ったエーシンウェズンを取り上げる。
1着 エーシンウェズン 1番人気に応えての勝利だった。結構4コーナーでは前が壁になりそうな雰囲気もあったが、脚が残っていた分狭いスペースを自らこじ開ける様な感じで伸びて来た。着差はわずか3/4馬身だが、それ以上に強く感じさせる内容だった。昇級しても1200m・1400m出走なら通用。ちなみにエーシンウェズンが2着だった前走時の勝ち馬、スプリングサンダーだが、これは昇級してすぐ1600万下勝っている。その辺りも評価の対象になる。
 
10R梅田S 注目レース・馬
勝ったサンライズモールを取り上げる。
1着 サンライズモール 4ヶ月半ぶりの実戦でプラス12キロ。数字ほどではなかったが、ちょっと重かったかなと。それでも直線向くと後続を全く寄せつかなかった。最終的には3馬身差の楽勝だった。スッと好位につけられるセンスの良さがあって、追われてからも力強いですから、まさしくダート巧者のソレですし、オープン昇級でも通用のレベル。
 
11R高松宮記念 ヘッドライナーがハナに立って、ダッシャーゴーゴー2番手という展開だった。4角回る頃にはダッシャーゴーゴーが先頭に立っている。そのまま押し切るかなと思ったが、キンシャサノキセキが直後まで来てましたから、馬体を並べたところでは脚色はキンシャサノキセキの方が上だった。サンカルロ・アーバニティが狭いところを通ってよく伸びてきて2・3着という形になった。
1着 キンシャサノキセキ この馬引っかかっても伸びてくるというのが一つの売りではないが、特徴だったが、今回は引っかからなかった。そんなにめちゃくちゃ速いペースではなかったのに、引っかからずに折り合いをつけてしかも良い位置につけたら、この馬元々力ある馬ですから、これぐらいのパフォーマンスはできて当然だと思う。長い年月にわたって活躍してきた馬で、見てても割とデビュー当時はキャシャなイメージだったが、どんどんどんどん筋肉量が豊富になって、以前引っかかる面があったがそれも結果は最後高松宮記念で折り合いもつく様になった。このまま引退するという話が出ていますので、最後の最後に完璧なレースを見せて引退という事なので、恐らく種牡馬になるのだろうが種牡馬としての価値も高いと思う。このスピードの持続力みたいなものを後生に伝えてもらいたい。
==U.リスポリ騎手==
本当に何を言って良いかわからないぐらい、信じられないというのが今の素直な気持ちです。日本に初めて来てまずG2を勝ち、また続いてG2を勝って今回のG1初騎乗という中で勝てたという事も信じられないことですし、とにかく何て言って良いか言葉が見つからないくらい信じられないというその一言につきる。今の日本の中のスプリント界の中でナンバーワンと言ってホント正しいと思うくらい強い馬です。ペーストかレースの展開にもよるとは思うが、競馬をやっていく中でこの馬の特徴として、例えばステッキを使うと嫌がるとかそういう部分があったので、最後の直線はステッキを使わずに押すだけで頑張ってくれという思いで、押し続けた。本当に強い馬だと思いますし、そういう風に管理されて来た堀先生の力があったからこそ、こういう状況・こういうコンディションが出来たと思う。そういう事にも感謝したい。オーナーの吉田様にも感謝したいと思っている。ありがとうございました。3ヶ月間、今日まで来てファンの声援いろんな方々の応援というのを凄く感じた。凄くハッピーな気分で3ヶ月間過ごすことができた。来年も必ず戻ってきますので、そのときは応援をよろしくお願いします。
2着 サンカルロ 中京でもしこの高松宮記念が行われていたら、結構厳しかったと思う。小回りコースでコーナーキツイところで、スッと前に行ける馬じゃないので。阪神で行われた事自体は良かったが、ちょっと落馬故障した馬のアオりを食らって不利を受ける場面があったので、ラストは33秒3の推定の上がりで伸びてきている事を考えれば、勝ちに等しい内容だと思う。この馬も息の長い活躍をしている馬で、まだまだ成長が望めると思う。
3着 アーバニティ 若干不利らしきところを受けた。ただ、その不利を受けた後ポツンと1頭で走れる場面があったので、そこから最後も狭い所を突いた。成績だけを見るとここでも何ら見劣る馬ではなかった。ただ、好走・凡走がハッキリしているタイプなので、人気にならなかった。終わってみてから人気の盲点だったなという事に気づかされた。人気を落とせば今後も走ってくる可能性は十分あると思う。
4着 ビービーガルダン 復活気配。この馬もちょっと不利を受けたが、そこから盛り返して伸びて来た。今までと無いパターンで走ったというのは評価して良いと思いますし、まだまだ衰える年齢でもないなというイメージ。
10着 ジョーカプチーノ まともに不利を受けて、やっぱりそこでキンシャサノキセキのすぐ後ろぐらいついて行ければ良かったが、一息で走ってしまうタイプの馬なので、一回不利を受けたらそこから立て直してもう一回伸びるという事はちょっと難しいタイプの馬だと思う。それで1200mが良いという事で、ここに挑んできている馬という事を考えるとあの不利は大きかったなと、力負けではない。
==藤岡康太騎手==
ゲートの中で落ち着きがあり、今日は良いスタートが切れた。ただ、3コーナーで不利を受けた時に引っ張り、ブレーキがかかりましたからね。あそこで急に手応えが無くなって…。
11着 ダッシャーゴーゴー 競馬的には強い。自ら早め先頭に立って、押し切り体制に行って最後止まった。確かに他馬の進路妨害をしたという事だが、馬自身は力を発揮していると思う。この馬もまだキャリア浅いので、これから成長していく馬だと思う。
 
12R毎日杯 タイムランクBのレース
上位人気の内レッドデイヴィスが先行馬の内からトーセンレーヴが外から上がって来た。1000m通過1分0秒4という事で、先週行われた芝1800mの重賞の中で一番ラップが遅かった。好位のインでジッと脚を溜めたレッドデイヴィスが抜け出して、コティリオンがスペース空いてからは良い伸びを見せてトーセンレーヴも追いすがるが、ちょっとレッドデイヴィスに及ばなかった。
基準より0秒5速い勝ちタイムだった。
1着 レッドデイヴィス セン馬という事でクラシックに出走できないので、今後も裏路線を進んでいく形にはなると思うが、この馬ホント強い。やっぱりシンザン記念組が結構好走しているというのがあるが、強いメンバー相手に強い競馬をしてきた馬が、やっぱりクラシック候補と呼ばれるここに入っても強い競馬をしたと。セン馬とちょっと気性が悪いからセン馬になったという見方もできるが、この馬自身ホントレースセンスが良いですし、むしろ自在性があって競馬の競走馬らしいセンスを持ち合わせた馬だと思うので、今後もどんどん活躍していくんじゃないかなと思う。
==浜中俊騎手==
距離が伸びてどうかと思っていたが、スムーズに折り合いがついたし競馬が上手ですね。直線で抜け出してから、フワフワしていたし、着差以上に余裕があった。前走でも強さを感じたが、今日でまた能力の高さを確認できた。
2着 コティリオン 強い競馬している。道中も結構引っかかってましたし、直線向いてもいつ前が空くかなと思ったら、途中でスッと外に出せるスペースができて、そこから伸びて来た。先ほども言ったが、1分0秒4という1000m通過であんまり速くなかった事を考えると追い込みタイプで差してきたのはこの馬だけ。敗れはしたが評価して良い2着。
3着 トーセンレーヴ 見た目以上に行きたがってたのかなという感じがする。レッドデイヴィスに力勝負を挑んで突き放されたので、確かにトーセンレーヴ自体も強い馬だが、現時点でのセンスの良さとか底力的な意味ではレッドデイヴィスの方がちょっと上なのかなという印象を今回のレースで持った。
4着 エチゴイチエ まだキャリア浅いが、道中引っかかって直線でああいうパターンになると大失速してもおかしくない様な感じだったが、そこからもう一回ゴール前差を詰めたので、将来性十分だと思う。キャリアを積めば良いと思う。
12着 ボレアス 注目馬だったが、初芝が重賞挑戦で、3回中山が中止になった事で1800mの伏竜Sが無くなった。やはりそれが痛かった様に思う。
 
ポイント
メンバーランク低下。でも…
後ほど
50%OFFセール
↑50%OFFセール↑


ittai.net をGoogle検索
番組注目馬一覧
勝ち馬上位馬一覧
次走推奨馬一覧
次走危険馬一覧
レベルAレース一覧
レベルEレース一覧
芝OP一覧 ダOP一覧
札幌 馬場差
函館 馬場差
福島 馬場差
新潟 馬場差
東京 馬場差
中山 馬場差
中京 馬場差
京都 馬場差
阪神 馬場差
小倉 馬場差