2011年1回京都1日目

2011/12/25(日)
中山 阪神 小倉
2011/12/24(土)
中山 阪神 小倉
2011/12/18(日)
中山 阪神 小倉
2011/12/17(土)
中山 阪神 小倉
2011/12/11(日)
中山 阪神 小倉
2011/12/10(土)
中山 阪神 小倉
2011/12/04(日)
中山 阪神 小倉
2011/12/03(土)
中山 阪神 小倉
2011/11/27(日)
東京 京都 小倉
2011/11/26(土)
東京 京都 小倉
2011/11/20(日)
東京 京都 新潟
2011/11/19(土)
東京 京都 新潟
2011/11/13(日)
東京 京都 新潟
2011/11/12(土)
東京 京都 新潟
2011/11/06(日)
東京 京都 新潟
2011/11/05(土)
東京 京都 新潟
2011/10/30(日)
東京 京都 新潟
2011/10/29(土)
東京 京都 新潟
2011/10/23(日)
東京 京都 新潟
2011/10/22(土)
東京 京都 新潟
2011/10/16(日)
東京 京都 新潟
2011/10/15(土)
東京 京都 新潟
2011/10/10(月)
東京
2011/10/09(日)
東京 京都
2011/10/08(土)
東京 京都
2011/10/02(日)
中山 阪神 札幌
2011/10/01(土)
中山 阪神 札幌
2011/09/25(日)
中山 阪神 札幌
2011/09/24(土)
中山 阪神 札幌
2011/09/19(月)
阪神 札幌
2011/09/18(日)
中山 阪神
2011/09/17(土)
中山 札幌
2011/09/11(日)
中山 阪神 札幌
2011/09/10(土)
中山 阪神 札幌
2011/09/04(日)
新潟 小倉 札幌
2011/09/03(土)
新潟 小倉 札幌
2011/08/28(日)
新潟 小倉 札幌
2011/08/27(土)
新潟 小倉 札幌
2011/08/21(日)
新潟 小倉 札幌
2011/08/20(土)
新潟 小倉 札幌
2011/08/14(日)
新潟 小倉 札幌
2011/08/13(土)
新潟 小倉 札幌
2011/08/07(日)
新潟 小倉 函館
2011/08/06(土)
新潟 小倉 函館
2011/07/31(日)
新潟 小倉 函館
2011/07/30(土)
新潟 小倉 函館
2011/07/24(日)
新潟 京都 函館
2011/07/23(土)
新潟 京都 函館
2011/07/17(日)
新潟 京都 函館
2011/07/16(土)
新潟 京都 函館
2011/07/10(日)
中山 京都 函館
2011/07/09(土)
中山 京都 函館
2011/07/03(日)
中山 京都 函館
2011/07/02(土)
中山 京都 函館
2011/06/26(日)
中山 阪神 函館
2011/06/25(土)
中山 阪神 函館
2011/06/19(日)
中山 阪神 函館
2011/06/18(土)
中山 阪神 函館
2011/06/12(日)
東京 阪神 新潟
2011/06/11(土)
東京 阪神 新潟
2011/06/05(日)
東京 阪神 新潟
2011/06/04(土)
東京 阪神 新潟
2011/05/29(日)
東京 京都 新潟
2011/05/28(土)
東京 京都 新潟
2011/05/22(日)
東京 京都 新潟
2011/05/21(土)
東京 京都 新潟
2011/05/15(日)
東京 京都 新潟
2011/05/14(土)
東京 京都 新潟
2011/05/08(日)
東京 京都 新潟
2011/05/07(土)
東京 京都 新潟
2011/05/01(日)
東京 京都 新潟
2011/04/30(土)
東京 京都 新潟
2011/04/24(日)
東京 京都 新潟
2011/04/23(土)
東京 京都 新潟
2011/04/17(日)
阪神 小倉
2011/04/16(土)
阪神 小倉
2011/04/10(日)
阪神 小倉
2011/04/09(土)
阪神 小倉
2011/04/03(日)
阪神 小倉
2011/04/02(土)
阪神 小倉
2011/03/27(日)
阪神 小倉
2011/03/26(土)
阪神 小倉
2011/03/21(月)
阪神
2011/03/20(日)
阪神 小倉
2011/03/19(土)
阪神 小倉
2011/03/06(日)
中山 阪神 小倉
2011/03/05(土)
中山 阪神 小倉
2011/02/27(日)
中山 阪神 小倉
2011/02/26(土)
中山 阪神 小倉
2011/02/20(日)
東京 京都
2011/02/19(土)
東京 京都
2011/02/14(月)
小倉
2011/02/13(日)
東京 京都 小倉
2011/02/12(土)
東京 京都 小倉
2011/02/06(日)
東京 京都 小倉
2011/02/05(土)
東京 京都 小倉
2011/01/30(日)
東京 京都 小倉
2011/01/29(土)
東京 京都 小倉
2011/01/23(日)
中山 京都 小倉
2011/01/22(土)
中山 京都 小倉
2011/01/16(日)
中山 京都
2011/01/15(土)
中山 京都
2011/01/10(月)
中山 京都
2011/01/09(日)
中山 京都
2011/01/08(土)
中山 京都
2011/01/05(水)
中山 京都
馬場コメント
ここまで芝の馬場差2000m対象の数値は初日・2日目がマイナス0秒3、3日目がマイナス0秒2、4日目がプラス0秒2だった。
昔の話だが、昨年の秋5回京都が全てAコースで続く6回京都は前半2週がBコース、後半2週がCコースだった。そして今開催はAコースですから、内側の芝がまるまる1開催の間保護されていたことになる。それでも馬場差は昨年最後の開催、つまり6回京都8日目と同じで仮柵を外したから高速馬場になったという訳ではないが、特に初日は徹底的に内が有利で前残りが目立った。2日目・3日目・4日目と日が経つにつれて徐々に外からの差しもそこそこ届くようになったが、全体としては4日間とも内を通る馬が有利だった。馬場差は2日目から3日目にかけて少しプラス方向に動いて、4日目はその馬場差はそのものがプラス領域に入った。レースが行われるにつれて、プラス方向に動いたという事だが、4日目にプラス領域にまで入ったのは風の影響もある。この後も1回京都はAコース使用。徐々に外差しにシフトして行く可能性も少しだが、ある。また4日目は風の影響もあったので、今週は雨の影響などがなければ馬場差がマイナス方向に動くかもしれない。
先週の馬場差1800m対象の数値は初日がマイナス0秒2、2日目がプラスマイナスゼロ、3日目がプラス0秒2、4日目がプラス0秒8だった。開催が進むほどに時計は掛かって行き、特に4日目はそれまでの3日間よりも掛かってきた。
初日から3日目まではほぼ水準レベルの馬場差だが、雨が降らずどんどん砂が乾いて行ったので、それに連れて少しずつプラス方向に動いたということ。そして4日目は大きくプラス方向に動いたが、馬場の乾燥が著しく進んだことに加えて、風の影響もあった。下級条件ではおおむね前残り。全体の時計が掛かったり、上級条件でペースが速くなったりすると差し馬が台頭するという、いつもの普段通りの京都ダートの傾向だった。
馬場差一覧

レース順表示

タイム分析 2011/01/05 (水)  芝=-0.3
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 補正 WL TL ML
5R T1800 リキサンマックス    牡3 未勝利 1:49.5 +0.7 --- +0.3 +0.4 97 C C
6R T2000 アドマイヤパーシア    牡3 新馬 2:05.8 +3.3 --- +2.2 +1.1 78 S D
10R T3000 コスモメドウ    牡4 万葉SH 3:08.5 +3.1 --- +2.8 +0.3 72 S D
11R T1600 シルポート    牡6 京都金杯HG3 1:33.4 +0.7 --- +0.6 +0.1 94 D C
12R T1400 サワノパンサー    牡5 1000万下 1:22.4 +1.1 --- +1.0 +0.1 90 S D

2011/01/05 (水)  ダ=-0.2
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 補正 WL TL ML
1R D1200 スズノオオタカ    牡3 未勝利 1:12.7 -0.3 --- -0.2 -0.1 102 C D
2R D1800 テイエムドンマイ    牡3 未勝利 1:53.7 -0.6 --- -0.7 +0.1 107 B D
3R D1400 ホッコーガンバ    牡3 500万下 1:24.8 -0.3 --- -0.1 -0.2 101 C C
4R D1800 サダルメリク    牡4 500万下 1:54.8 +2.2 --- +2.0 +0.2 80 E E
7R D1200 テイクエイム    牡4 500万下 1:12.1 +0.2 --- +0.3 -0.1 97 D D
8R D1800 ヒラボクキング    牡4 1000万下 1:51.5 -0.3 --- -0.1 -0.2 101 C B
9R D1800 ピースキーパー    牡6 初夢S1600 1:51.4 +0.4 --- +0.6 -0.2 94 D C

         

2R3歳未勝利 タイムランクBのレース
基準より0秒7速い勝ちタイムだった。デビュー3走目にして初めてのダートとなったテイエムドンマイが先手を取って、直線でも勢いは衰えない。むしろそれを追いかけていたカネトシリープインらは一杯となって差が広がって行った。結果テイエムドンマイが独走体制に入る。そしてバテた先行勢を交わして外から上がったウォーターデュークが2着となった。
1着 テイエムドンマイ 外枠だった事もあって、最初少し仕掛けて先手を取ったが、途中からマイペースに持ち込んで最後の直線は独走だった。持ったままの圧勝という訳ではないが、最後は流していた。芝でもデビュー戦がタイムランクBの0秒3差の2着だったという事だが、プリサイスエンド産駒でなおかつMr. Prospectorの4×3という血統。ダートで本領発揮という所。同じだけ走れば500万でも通用する。注目馬。
2着 ウォーターデューク 10馬身差、時計で言うと1秒6も離れた2着だが、完全タイム差はプラス0秒9で仮にこれが勝ちタイムだとすると、タイムランクはE。この着差ですから、着順だけで人気になることはないと思うが、もし万が一着順だけで人気になる様なら疑った方が良いと思う。
 
4R4歳上500万下 タイムランクEのレース
基準より2秒0遅い勝ちタイムだった。
 
6R3歳新馬 タイムランクSのレース
前半ないし中盤が遅く、補正しきれずにスローの扱いとする。
 
10R万葉S タイムランクSのレース
前半ないし中盤が遅く、補正しきれずにスローの扱いとする。
 
11R京都金杯 内枠からやはりシルポートガ先手を取った。前3頭はバラバラバラという感じの縦一列で、その後ろは固まっていたが、実は前半800mは47秒4、後半800mが46秒0とスローだった。しかも内にグリーンベルトがある馬場で、残り200m辺りからゴールまで何も変わらず、そのままの順番でゴールしますというレースでちょっと淡泊なレースだった。
1着 シルポート コーナーが2回の1600m・1800mで逃げればしぶとい馬。しかも今回は内が有利の馬場で、しかも内枠しかもスローの単騎逃げですから、当然の逃げ切りだった。
==小牧太騎手==
直線では後続に詰め寄られて「頼む」と祈りながら乗っていた。この馬では年末をファイナルSで締めて、年明けから縁起の良い金杯を勝てたのだから、最高の気持ちです。今日は前回より調子が良さそうに感じたから上手く仕上げてくれたスタッフに感謝したい。
2着 ガルボ 昨年のシンザン記念を勝っているが、その時も内が有利の馬場で内枠で、しかもスローの先行だったが、今回も同じようなシチュエーションだった。ただし、富士Sでも流れに恵まれたとは言え3着があって、この馬先行するのでいつでも恵まれる可能性がある。
3着 ライブコンサート 昨年の京都金杯を勝っているが、そのときはハイペースを差したものだった。逆に今年はスローを先行流れ込み。レース内容は違うが、京都1600mがベストなのは確か。
4着 リーチザクラウン 一瞬伸びかかって止まった。58キロの影響がありそうだが、この馬折り合える様になってから逆に迫力が薄れてしまった感じがする。
==武豊騎手==
何とか折り合いをつけられたけど、スタートが良くなくて前半で欲しかった位置を取れなかったのは堪えた。それでも前回の阪神カップに続いて、控えて差す競馬ができたのは収穫。この2走を契機にこれから常識にかかってくれれば…。
 
12R4歳上1000万下 タイムランクSのレース
前半ないし中盤が遅く、補正しきれずにスローの扱いとする。
 
ポイント
芝は内有利
外を通った馬
1/8(土)京都11R新春S:4着・ボーダレスワールド、5着・セイウンワキタツ
1/10(月)京都11R淀短距離S:4着コパノオーシャンズ
イメージビデオ30%OFF
↑イメージビデオ30%OFF↑


ittai.net をGoogle検索
番組注目馬一覧
勝ち馬上位馬一覧
次走推奨馬一覧
次走危険馬一覧
レベルAレース一覧
レベルEレース一覧
芝OP一覧 ダOP一覧
札幌 馬場差
函館 馬場差
福島 馬場差
新潟 馬場差
東京 馬場差
中山 馬場差
中京 馬場差
京都 馬場差
阪神 馬場差
小倉 馬場差