2011年1回京都5日目

2011/12/25(日)
中山 阪神 小倉
2011/12/24(土)
中山 阪神 小倉
2011/12/18(日)
中山 阪神 小倉
2011/12/17(土)
中山 阪神 小倉
2011/12/11(日)
中山 阪神 小倉
2011/12/10(土)
中山 阪神 小倉
2011/12/04(日)
中山 阪神 小倉
2011/12/03(土)
中山 阪神 小倉
2011/11/27(日)
東京 京都 小倉
2011/11/26(土)
東京 京都 小倉
2011/11/20(日)
東京 京都 新潟
2011/11/19(土)
東京 京都 新潟
2011/11/13(日)
東京 京都 新潟
2011/11/12(土)
東京 京都 新潟
2011/11/06(日)
東京 京都 新潟
2011/11/05(土)
東京 京都 新潟
2011/10/30(日)
東京 京都 新潟
2011/10/29(土)
東京 京都 新潟
2011/10/23(日)
東京 京都 新潟
2011/10/22(土)
東京 京都 新潟
2011/10/16(日)
東京 京都 新潟
2011/10/15(土)
東京 京都 新潟
2011/10/10(月)
東京
2011/10/09(日)
東京 京都
2011/10/08(土)
東京 京都
2011/10/02(日)
中山 阪神 札幌
2011/10/01(土)
中山 阪神 札幌
2011/09/25(日)
中山 阪神 札幌
2011/09/24(土)
中山 阪神 札幌
2011/09/19(月)
阪神 札幌
2011/09/18(日)
中山 阪神
2011/09/17(土)
中山 札幌
2011/09/11(日)
中山 阪神 札幌
2011/09/10(土)
中山 阪神 札幌
2011/09/04(日)
新潟 小倉 札幌
2011/09/03(土)
新潟 小倉 札幌
2011/08/28(日)
新潟 小倉 札幌
2011/08/27(土)
新潟 小倉 札幌
2011/08/21(日)
新潟 小倉 札幌
2011/08/20(土)
新潟 小倉 札幌
2011/08/14(日)
新潟 小倉 札幌
2011/08/13(土)
新潟 小倉 札幌
2011/08/07(日)
新潟 小倉 函館
2011/08/06(土)
新潟 小倉 函館
2011/07/31(日)
新潟 小倉 函館
2011/07/30(土)
新潟 小倉 函館
2011/07/24(日)
新潟 京都 函館
2011/07/23(土)
新潟 京都 函館
2011/07/17(日)
新潟 京都 函館
2011/07/16(土)
新潟 京都 函館
2011/07/10(日)
中山 京都 函館
2011/07/09(土)
中山 京都 函館
2011/07/03(日)
中山 京都 函館
2011/07/02(土)
中山 京都 函館
2011/06/26(日)
中山 阪神 函館
2011/06/25(土)
中山 阪神 函館
2011/06/19(日)
中山 阪神 函館
2011/06/18(土)
中山 阪神 函館
2011/06/12(日)
東京 阪神 新潟
2011/06/11(土)
東京 阪神 新潟
2011/06/05(日)
東京 阪神 新潟
2011/06/04(土)
東京 阪神 新潟
2011/05/29(日)
東京 京都 新潟
2011/05/28(土)
東京 京都 新潟
2011/05/22(日)
東京 京都 新潟
2011/05/21(土)
東京 京都 新潟
2011/05/15(日)
東京 京都 新潟
2011/05/14(土)
東京 京都 新潟
2011/05/08(日)
東京 京都 新潟
2011/05/07(土)
東京 京都 新潟
2011/05/01(日)
東京 京都 新潟
2011/04/30(土)
東京 京都 新潟
2011/04/24(日)
東京 京都 新潟
2011/04/23(土)
東京 京都 新潟
2011/04/17(日)
阪神 小倉
2011/04/16(土)
阪神 小倉
2011/04/10(日)
阪神 小倉
2011/04/09(土)
阪神 小倉
2011/04/03(日)
阪神 小倉
2011/04/02(土)
阪神 小倉
2011/03/27(日)
阪神 小倉
2011/03/26(土)
阪神 小倉
2011/03/21(月)
阪神
2011/03/20(日)
阪神 小倉
2011/03/19(土)
阪神 小倉
2011/03/06(日)
中山 阪神 小倉
2011/03/05(土)
中山 阪神 小倉
2011/02/27(日)
中山 阪神 小倉
2011/02/26(土)
中山 阪神 小倉
2011/02/20(日)
東京 京都
2011/02/19(土)
東京 京都
2011/02/14(月)
小倉
2011/02/13(日)
東京 京都 小倉
2011/02/12(土)
東京 京都 小倉
2011/02/06(日)
東京 京都 小倉
2011/02/05(土)
東京 京都 小倉
2011/01/30(日)
東京 京都 小倉
2011/01/29(土)
東京 京都 小倉
2011/01/23(日)
中山 京都 小倉
2011/01/22(土)
中山 京都 小倉
2011/01/16(日)
中山 京都
2011/01/15(土)
中山 京都
2011/01/10(月)
中山 京都
2011/01/09(日)
中山 京都
2011/01/08(土)
中山 京都
2011/01/05(水)
中山 京都
馬場コメント
先週の馬場差1800m対象の数値は、土曜がプラス1秒0、日曜がプラス1秒7だった。まずはここまで6日間の馬場差を振り返っておくと、ダートも開催が進むにつれ、時計が掛かって来ている。特に4日目以降は時計の掛かるコンディション。
中間降水量ゼロだったが、なおかつ凍結するおそれがある低い気温だったので、全く散水を行わず土曜の時点でかなり含水率が低かった。日曜はさらに乾燥が進んで、現地で見ていた方はよくわかると思うが、砂塵がもうもうと舞っている状態だった。土日で差はあるものの、両日ともパワーが要求される時計の掛かる馬場状態だった。
先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜日がプラス0秒3、日曜日がプラス0秒4だった。ここまで6日間の馬場差を振り返ると、初日・2日目は同じ数値だったものの、開催が進むにつれジワジワ時計が掛かっている。
馬場差は使うにつれて自然に時計が掛かってきているという状態だが、前半の4日間に比べると外も伸びる様にはなって来た。が、依然としてどちらかと言えば、内が有利。そのため内側に馬が殺到して前が詰まって…というシーンが結構あったような感じがする。今週も引き続きAコース使用なので、ローラー整備がなければもっと外も伸びる様になってくるはず。
馬場差一覧

レース順表示

タイム分析 2011/01/15 (土)  芝=+0.3
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 補正 WL TL ML
5R T1800 ダノンシャーク    牡3 未勝利 1:49.5 +0.7 --- -0.7 +1.4 107 B B
6R T1600 ナムラカメーリア    牝3 新馬・牝 1:36.6 +0.8 --- +0.6 +0.2 94 D D
9R T2000 ナリタシャトル    牡6 逢坂山H1000 2:01.5 +1.7 --- +0.6 +1.1 94 D C
10R T1600 クレバートウショウ    牡5 石清水S1600 1:35.4 +2.1 --- +1.1 +1.0 89 S C

2011/01/15 (土)  ダ=+1.0
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 補正 WL TL ML
1R D1800 ベストリガーズ    牡3 未勝利 1:55.1 +0.8 --- -0.2 +1.0 102 C D
2R D1200 ゴールデンオブジェ    牡3 未勝利 1:14.2 +1.2 --- +0.5 +0.7 95 D D
3R D1800 タガノリベラノ    牝3 新馬 1:55.6 +1.0 --- -0.9 +1.9 109 A D
4R D1200 クィーンオブライフ    牝3 500万下 1:13.8 +1.5 --- +0.8 +0.7 92 E C
7R D1400 ナリタシルエット    牝4 500万下・牝 1:25.3 +0.8 --- ±0 +0.8 100 C C
11R D1400 ダノンカモン    牡5 大和S 1:24.0 +1.6 --- +0.8 +0.8 92 E D
12R D1800 シャア    牡5 1000万下 1:53.2 +1.4 --- -0.2 +1.6 102 C C

         

3R3歳新馬 タイムランクAのレース
基準より0秒9速い勝ちタイムだった。アウリーストームが先頭に立ち、緩やかなペースで逃げていた。直線でウィキマジックがそれに並びかけ、叩き合っている前の2頭にランスブレイク・タガノリベラノが接近していく。ゴールが近づいてタガノリベラノがまずウィキマジックを交わし、さらにアウリーストームに並んで行った、最後はタガノリベラノが先着していた。
このレース、ペース補正がマイナス0秒9というスローペースで完全タイム差はマイナス0秒9というスローペースだった。
1着 タガノリベラノ 少し離れた4番手からこのスローを差しきっているので評価できる。
2着 アウリーストーム 逃げて2着。ちょっと微妙。少なくともタイムランクAのレースで小差だったというだけの理由で飛びつくのは危険。
3着 ウィキマジック 2番手追走から3着。ちょっと微妙。少なくともタイムランクAのレースで小差だったというだけの理由で飛びつくのは危険。
 
4R3歳500万下 タイムランクEのレース
基準より0秒8遅い勝ちタイムだった。
 
5R3歳未勝利 タイムランクBのレース
基準より0秒7速い勝ちタイムだった。序盤2番手に居たアドマイヤカーリンが早めにヴァレノーヴァを交わして先頭。直線ダノンシャークがその外に並んで来て、2頭の首位争いとなった。ダノンシャークが交わしたものの、アドマイヤカーリンが食い下がって再び並ぶが、結果は外のダノンシャークがクビ差で競り勝って1着。やや離れた3着が内めのジェントルマンだった。
1着 ダノンシャーク ダノンシャークの最近の2走は京都の内回り1600mで、2走前は内で包まれて仕掛けが遅れて2着。前走は逆に外を回って追い上げたが、前を捕らえきれずという2着だった。外回り1800mの今回はペースが上がった坂の下りで一気に前に並び、内回りとの合流地点では先頭に立つというレースで押し切った。今のところ器用さとか瞬時の反応というのが要求されるコースよりは、外回りが合っている。阪神の外回りの新馬戦でリベルタスとクビ差の接戦をやっているぐらいですから、適したコースなら昇級しても好勝負だと思う。
2着 アドマイヤカーリン これで4走連続の2着だが、その内3回がタイムランクAかBでなおかつ勝ち馬と同タイム。今回も交わされてから食い下がって、最後には差を詰めけけていた。この馬が勝つのに必要なのはあとは運だけだと思う。少なくとも次走の連軸としての信頼度はかなり高い。注目馬。
 
9R逢坂山特別 注目レース・馬
5着だったメイショウジンムについて取り上げる。
5着 メイショウジンム これまた非常にわかりやすいイン詰まりだが、ゴールの手前100m辺りから進路がなくて、結局引っ張ったままのゴールになってしまった。約2ヶ月ぶりで、少し体に余裕があって動きも硬かった前回とは違って今回は体も絞れて動きも良化していた。という事で良い脚を見せたが、今回は8番人気でしたから次走もそうは人気にならないはず。また、次走が2回京都なら外から差せる馬場になっているはずで、そうであれば今回の様に内にこだわって前が詰まる心配もない。今回のタイムランクはDなので、強くオススメはできないが、穴馬として大いに注目。
 
10R石清水S タイムランクSのレース
前半が遅く、補正しきれずスローの扱いとする。
 
11R大和S タイムランクEのレース
基準より0秒8遅い勝ちタイムだった。
1着 ダノンカモン 今回の時計はかなり遅いが、この馬は以前よりマシになったとは言え、内枠で揉まれる競馬が苦手。今回は4コーナーで手応えが良くなかったのは、周りを囲まれていたためだと思われる。その分勝ちタイムは遅くなっているが、外に出してからの伸びは目立った。この馬にとってのベストの条件と言うのは、広い東京コースのなおかつ出来れば外枠という条件なので、フェブラリーSで外枠を引ける様なら注目できると思う。
 
12R4歳上1000万下
1着 シャア 良くも悪くもスーパー相手なりという馬ですから、昇級しても上位候補。
 
ポイント
やはり正統後継馬
後ほど
30%OFF セール
↑30%OFF セール↑


ittai.net をGoogle検索
番組注目馬一覧
勝ち馬上位馬一覧
次走推奨馬一覧
次走危険馬一覧
レベルAレース一覧
レベルEレース一覧
芝OP一覧 ダOP一覧
札幌 馬場差
函館 馬場差
福島 馬場差
新潟 馬場差
東京 馬場差
中山 馬場差
中京 馬場差
京都 馬場差
阪神 馬場差
小倉 馬場差