2011年1回新潟1日目

2011/12/25(日)
中山 阪神 小倉
2011/12/24(土)
中山 阪神 小倉
2011/12/18(日)
中山 阪神 小倉
2011/12/17(土)
中山 阪神 小倉
2011/12/11(日)
中山 阪神 小倉
2011/12/10(土)
中山 阪神 小倉
2011/12/04(日)
中山 阪神 小倉
2011/12/03(土)
中山 阪神 小倉
2011/11/27(日)
東京 京都 小倉
2011/11/26(土)
東京 京都 小倉
2011/11/20(日)
東京 京都 新潟
2011/11/19(土)
東京 京都 新潟
2011/11/13(日)
東京 京都 新潟
2011/11/12(土)
東京 京都 新潟
2011/11/06(日)
東京 京都 新潟
2011/11/05(土)
東京 京都 新潟
2011/10/30(日)
東京 京都 新潟
2011/10/29(土)
東京 京都 新潟
2011/10/23(日)
東京 京都 新潟
2011/10/22(土)
東京 京都 新潟
2011/10/16(日)
東京 京都 新潟
2011/10/15(土)
東京 京都 新潟
2011/10/10(月)
東京
2011/10/09(日)
東京 京都
2011/10/08(土)
東京 京都
2011/10/02(日)
中山 阪神 札幌
2011/10/01(土)
中山 阪神 札幌
2011/09/25(日)
中山 阪神 札幌
2011/09/24(土)
中山 阪神 札幌
2011/09/19(月)
阪神 札幌
2011/09/18(日)
中山 阪神
2011/09/17(土)
中山 札幌
2011/09/11(日)
中山 阪神 札幌
2011/09/10(土)
中山 阪神 札幌
2011/09/04(日)
新潟 小倉 札幌
2011/09/03(土)
新潟 小倉 札幌
2011/08/28(日)
新潟 小倉 札幌
2011/08/27(土)
新潟 小倉 札幌
2011/08/21(日)
新潟 小倉 札幌
2011/08/20(土)
新潟 小倉 札幌
2011/08/14(日)
新潟 小倉 札幌
2011/08/13(土)
新潟 小倉 札幌
2011/08/07(日)
新潟 小倉 函館
2011/08/06(土)
新潟 小倉 函館
2011/07/31(日)
新潟 小倉 函館
2011/07/30(土)
新潟 小倉 函館
2011/07/24(日)
新潟 京都 函館
2011/07/23(土)
新潟 京都 函館
2011/07/17(日)
新潟 京都 函館
2011/07/16(土)
新潟 京都 函館
2011/07/10(日)
中山 京都 函館
2011/07/09(土)
中山 京都 函館
2011/07/03(日)
中山 京都 函館
2011/07/02(土)
中山 京都 函館
2011/06/26(日)
中山 阪神 函館
2011/06/25(土)
中山 阪神 函館
2011/06/19(日)
中山 阪神 函館
2011/06/18(土)
中山 阪神 函館
2011/06/12(日)
東京 阪神 新潟
2011/06/11(土)
東京 阪神 新潟
2011/06/05(日)
東京 阪神 新潟
2011/06/04(土)
東京 阪神 新潟
2011/05/29(日)
東京 京都 新潟
2011/05/28(土)
東京 京都 新潟
2011/05/22(日)
東京 京都 新潟
2011/05/21(土)
東京 京都 新潟
2011/05/15(日)
東京 京都 新潟
2011/05/14(土)
東京 京都 新潟
2011/05/08(日)
東京 京都 新潟
2011/05/07(土)
東京 京都 新潟
2011/05/01(日)
東京 京都 新潟
2011/04/30(土)
東京 京都 新潟
2011/04/24(日)
東京 京都 新潟
2011/04/23(土)
東京 京都 新潟
2011/04/17(日)
阪神 小倉
2011/04/16(土)
阪神 小倉
2011/04/10(日)
阪神 小倉
2011/04/09(土)
阪神 小倉
2011/04/03(日)
阪神 小倉
2011/04/02(土)
阪神 小倉
2011/03/27(日)
阪神 小倉
2011/03/26(土)
阪神 小倉
2011/03/21(月)
阪神
2011/03/20(日)
阪神 小倉
2011/03/19(土)
阪神 小倉
2011/03/06(日)
中山 阪神 小倉
2011/03/05(土)
中山 阪神 小倉
2011/02/27(日)
中山 阪神 小倉
2011/02/26(土)
中山 阪神 小倉
2011/02/20(日)
東京 京都
2011/02/19(土)
東京 京都
2011/02/14(月)
小倉
2011/02/13(日)
東京 京都 小倉
2011/02/12(土)
東京 京都 小倉
2011/02/06(日)
東京 京都 小倉
2011/02/05(土)
東京 京都 小倉
2011/01/30(日)
東京 京都 小倉
2011/01/29(土)
東京 京都 小倉
2011/01/23(日)
中山 京都 小倉
2011/01/22(土)
中山 京都 小倉
2011/01/16(日)
中山 京都
2011/01/15(土)
中山 京都
2011/01/10(月)
中山 京都
2011/01/09(日)
中山 京都
2011/01/08(土)
中山 京都
2011/01/05(水)
中山 京都
馬場コメント
先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がプラス0秒1、日曜がプラス0秒7。直線1000m対象の数値は土曜がプラスマイナスゼロ、日曜がプラス0秒3だった。土曜は雨の中レースが行われたが、馬場差は1日を通した数値。そして日曜は天候が回復したが、むしろ日曜の方が時計が掛かっていた点に注意。JRAホームページの馬場情報に野芝の成長については例年より鈍い状況と書かれているが、見た目にも色味の薄い芝でスタートしている。土曜は小雨の降る中でレースが行われた。ただし、レース上がりを見ると極端に渋いコンディションとは思えず、10秒台のラップがザラに混ざっていた。決め手勝負で差し馬が活躍という比率ではあるが、4コーナーのコース取りなどはおおむねインが有利だった。1週前倒しの5週開催となって、全てBコースが使用される。開幕週は芝のレースを土日4鞍ずつに抑えていた点が番組上の特徴だろう。今週以降は1日につき7鞍から8鞍芝のレースが行われる予定ですから、週を追う毎の傾向の変化は出てきそう。
先週の馬場差1800m対象の数値は土曜がプラス0秒1、日曜がマイナス1秒5からマイナス1秒0へと変動した。日曜の馬場差は徐々に時計が掛かるように動いていたが、分けるとすれば1Rから4R、次に6Rと8R、そして10Rと12Rの3グループになる。いずれにしても高速馬場と呼べるレベルの数値。雨が降っていた土曜よりも日曜の方が時計の出やすいコンディションになっていた。連対脚質は強調するものがなく、新潟のオーソドックスと言うべきか、キツめのコーナーで息を入れられる逃げ・先行馬勢がよく絡んでいた。
馬場差一覧

レース順表示

タイム分析 2011/04/23 (土)  芝=+0.1 / 直線=±0
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 補正 WL TL ML
5R T1000 アスターヒューモア    牝3 未勝利 0:56.1 +0.2 --- +0.2 ±0 98 C D
8R T1600 ストロングロビン    牡5 500万下 1:34.5 +0.6 --- ±0 +0.6 100 C C
10R T1200 バクシンカーリー    牝4 飯豊特別1000 1:08.4 -0.2 --- -0.3 +0.1 103 B D
11R T1800 フミノイマージン    牝5 福島牝馬G3 1:45.4 +1.0 --- +0.3 +0.7 97 C D

2011/04/23 (土)  ダ=+0.1
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 補正 WL TL ML
1R D1200 ファインロマンス    牝3 未勝利 1:13.5 +0.7 --- +0.6 +0.1 94 D D
2R D1800 ディアアプローズ    牝3 未勝利・牝 1:57.0 +2.7 --- +2.6 +0.1 74 E E
3R D1200 テオブロマ    牡3 未勝利 1:13.6 +0.8 --- +0.7 +0.1 93 E E
4R D1800 ロードエフォール    牡3 未勝利 1:55.4 +1.1 --- +1.0 +0.1 90 E E
6R D1800 シルクエスティーム    牡3 未勝利 1:56.2 +1.9 --- +1.8 +0.1 82 E E
7R D1200 エーシンハダル    牡4 500万下 1:12.0 +0.1 --- ±0 +0.1 100 C E
9R D1800 トップオブカハラ    牡4 500万下 1:53.4 +0.6 --- +0.5 +0.1 95 D D
12R D1800 タクティクス    セ5 咲花特別500 1:53.4 +0.6 --- +0.5 +0.1 95 D D

         

2R3歳未勝利・牝 タイムランクEのレース
基準より2秒6遅い勝ちタイムだった。
 
3R3歳未勝利 タイムランクEのレース
基準より0秒7遅い勝ちタイムだった。
 
4R3歳未勝利 タイムランクEのレース
基準より1秒0遅い勝ちタイムだった。
 
6R3歳未勝利 タイムランクEのレース
基準より1秒8遅い勝ちタイムだった。
 
8R4歳上500万下
4着 アスカクリチャン 札幌開催時に挙げた馬で、今回は久々となった。能力ある馬ですから、人気になっていたがびどう(?)という蹄の病気もあって、今回は厳しいと思っていた。ラストに一伸びを欠いたのも、納得だがこの様子だと走る馬との印象も持った。次走ももちろん上位候補だが、元々が堅実タイプ。所謂ガラリ一変というイメージでは扱えない。
 
10R飯豊特別 タイムランクBのレース
基準より0秒3速い勝ちタイムだった。ヤマニングルノイユが内枠から逃げて行った。ただ、大外枠から2番手に上がったバクシンカーリーがヤマニングルノイユに並んで行き、抜け出してさらに差を広げて1着。2番手争いは接戦となり、ナイアード、その内からはシセイハヤテ外からはレオプライムが追い込んで来たが、シセイハヤテが先着だった。
2着以下は完全タイム差プラスという評価。
1着 バクシンカーリー この馬は疲れが溜まりやすいタイプという事で、今回も中6週とレース間隔を空けて体調を整えてきた。これ以上は無いぐらいの綺麗な勝ち方。木幡騎手3勝というコンビの相性もあると思う。この勝利までは過去の時計的な勝ち鞍も妥当と見て良いが、その反面、えっコレで勝っちゃうの?という逞しいイメージをいだけない事も事実。どのクラスも勝つまで4戦か5戦かかっている戦績ですから、昇級後もまずはクラス慣れを待つ方が賢明と見ている。
5着 ヤマニングルノイユ 今回が初めての左回りだった点が影響したかもしれない。ラスト150mぐらいから甘くなったが、抜群のスタートセンスと淡々とマイペースに持ち込める姿というのは、流石と思わせた。
 
11R福島牝馬S 直線では新潟らしく、外に広がっての攻防となった。超のつくスローにありがちな光景。
阪神で行われた中山牝馬Sの上位馬同士で決着した。直結しやすい阪神と新潟というコースの関連性と当時のメンバーランクCというのが、ココへの参考レースの中では目を引いていたという点で番組的には納得ずくめと言えなくもない。
1着 フミノイマージン 内々を捌いて勝ったフミノイマージンは、こうした緩急の大きい流れが合っていると思う。男馬相手でもと思わせる、今回は力強い勝ち方だった。
2着 コスモネモシン 上手く目標にされてしまったが、バリバリの持続力型ではありませんから、これでも大健闘と見ている。
3着 ソウルフルヴォイス 直線で一瞬馬群に置かれてしまった。肝心な所でスッと反応できない馬でして、負け方としては決して褒められないという状況が続いている。
7着 スマートシルエット まだ完調手前。こちらはハッキリ先行した方が良いのではないだろうか。
 
ポイント
ポンと勝てる厩舎
後ほど
SOD30%OFF
↑SOD30%OFF↑


ittai.net をGoogle検索
番組注目馬一覧
勝ち馬上位馬一覧
次走推奨馬一覧
次走危険馬一覧
レベルAレース一覧
レベルEレース一覧
芝OP一覧 ダOP一覧
札幌 馬場差
函館 馬場差
福島 馬場差
新潟 馬場差
東京 馬場差
中山 馬場差
中京 馬場差
京都 馬場差
阪神 馬場差
小倉 馬場差