2011年1回中山3日目

2011/12/25(日)
中山 阪神 小倉
2011/12/24(土)
中山 阪神 小倉
2011/12/18(日)
中山 阪神 小倉
2011/12/17(土)
中山 阪神 小倉
2011/12/11(日)
中山 阪神 小倉
2011/12/10(土)
中山 阪神 小倉
2011/12/04(日)
中山 阪神 小倉
2011/12/03(土)
中山 阪神 小倉
2011/11/27(日)
東京 京都 小倉
2011/11/26(土)
東京 京都 小倉
2011/11/20(日)
東京 京都 新潟
2011/11/19(土)
東京 京都 新潟
2011/11/13(日)
東京 京都 新潟
2011/11/12(土)
東京 京都 新潟
2011/11/06(日)
東京 京都 新潟
2011/11/05(土)
東京 京都 新潟
2011/10/30(日)
東京 京都 新潟
2011/10/29(土)
東京 京都 新潟
2011/10/23(日)
東京 京都 新潟
2011/10/22(土)
東京 京都 新潟
2011/10/16(日)
東京 京都 新潟
2011/10/15(土)
東京 京都 新潟
2011/10/10(月)
東京
2011/10/09(日)
東京 京都
2011/10/08(土)
東京 京都
2011/10/02(日)
中山 阪神 札幌
2011/10/01(土)
中山 阪神 札幌
2011/09/25(日)
中山 阪神 札幌
2011/09/24(土)
中山 阪神 札幌
2011/09/19(月)
阪神 札幌
2011/09/18(日)
中山 阪神
2011/09/17(土)
中山 札幌
2011/09/11(日)
中山 阪神 札幌
2011/09/10(土)
中山 阪神 札幌
2011/09/04(日)
新潟 小倉 札幌
2011/09/03(土)
新潟 小倉 札幌
2011/08/28(日)
新潟 小倉 札幌
2011/08/27(土)
新潟 小倉 札幌
2011/08/21(日)
新潟 小倉 札幌
2011/08/20(土)
新潟 小倉 札幌
2011/08/14(日)
新潟 小倉 札幌
2011/08/13(土)
新潟 小倉 札幌
2011/08/07(日)
新潟 小倉 函館
2011/08/06(土)
新潟 小倉 函館
2011/07/31(日)
新潟 小倉 函館
2011/07/30(土)
新潟 小倉 函館
2011/07/24(日)
新潟 京都 函館
2011/07/23(土)
新潟 京都 函館
2011/07/17(日)
新潟 京都 函館
2011/07/16(土)
新潟 京都 函館
2011/07/10(日)
中山 京都 函館
2011/07/09(土)
中山 京都 函館
2011/07/03(日)
中山 京都 函館
2011/07/02(土)
中山 京都 函館
2011/06/26(日)
中山 阪神 函館
2011/06/25(土)
中山 阪神 函館
2011/06/19(日)
中山 阪神 函館
2011/06/18(土)
中山 阪神 函館
2011/06/12(日)
東京 阪神 新潟
2011/06/11(土)
東京 阪神 新潟
2011/06/05(日)
東京 阪神 新潟
2011/06/04(土)
東京 阪神 新潟
2011/05/29(日)
東京 京都 新潟
2011/05/28(土)
東京 京都 新潟
2011/05/22(日)
東京 京都 新潟
2011/05/21(土)
東京 京都 新潟
2011/05/15(日)
東京 京都 新潟
2011/05/14(土)
東京 京都 新潟
2011/05/08(日)
東京 京都 新潟
2011/05/07(土)
東京 京都 新潟
2011/05/01(日)
東京 京都 新潟
2011/04/30(土)
東京 京都 新潟
2011/04/24(日)
東京 京都 新潟
2011/04/23(土)
東京 京都 新潟
2011/04/17(日)
阪神 小倉
2011/04/16(土)
阪神 小倉
2011/04/10(日)
阪神 小倉
2011/04/09(土)
阪神 小倉
2011/04/03(日)
阪神 小倉
2011/04/02(土)
阪神 小倉
2011/03/27(日)
阪神 小倉
2011/03/26(土)
阪神 小倉
2011/03/21(月)
阪神
2011/03/20(日)
阪神 小倉
2011/03/19(土)
阪神 小倉
2011/03/06(日)
中山 阪神 小倉
2011/03/05(土)
中山 阪神 小倉
2011/02/27(日)
中山 阪神 小倉
2011/02/26(土)
中山 阪神 小倉
2011/02/20(日)
東京 京都
2011/02/19(土)
東京 京都
2011/02/14(月)
小倉
2011/02/13(日)
東京 京都 小倉
2011/02/12(土)
東京 京都 小倉
2011/02/06(日)
東京 京都 小倉
2011/02/05(土)
東京 京都 小倉
2011/01/30(日)
東京 京都 小倉
2011/01/29(土)
東京 京都 小倉
2011/01/23(日)
中山 京都 小倉
2011/01/22(土)
中山 京都 小倉
2011/01/16(日)
中山 京都
2011/01/15(土)
中山 京都
2011/01/10(月)
中山 京都
2011/01/09(日)
中山 京都
2011/01/08(土)
中山 京都
2011/01/05(水)
中山 京都
馬場コメント
ここまでの芝の馬場差2000m対象の数値は、初日から3日目まではマイナス0秒8、4日目がマイナス0秒7だった。実質的には連続開催ですので、昨年暮れの5回開催5日目から8日間の馬場差を振り返っておくと、冬場ながら速い時計が出やすいコンディションが続いている。
昨年暮れの開催は全てAコースで、年が明けて開催が替わってCコースが使用された。昨年暮れの段階で馬場が荒れていた訳ではないので、Cコースに移った事で劇的に時計の出方が変わったという事ではないが、それでも昨年最終週よりもマイナス方向に動いた。スローが多かった事もあるが、昨年暮れの開催と同様に外を回った差し馬は届きにくかった。この開催は全てCコースを使用する。
先週の馬場差1800m対象の数値は初日がプラス0秒2、2日目がプラス0秒1、3日目がマイナス0秒1、4日目がプラス1秒2。1200m対象の数値は初日・2日目がプラスマイナスゼロ、3日目がマイナス0秒1、4日目がプラス0秒3だった。まずはここまで8日間の馬場差を振り返っておく。1800mは暮れの6日目、そしてこの開催4日目で時計が掛かっている。特に4日目はかなり掛かっていた。他の日は水準前後だが、それでも開催日によってやや時計の出方は違う。1200mは暮れの開催5日目はまずまず時計の出やすいコンディションだったが、その後水準前後で推移している。1800mほどではないが、1200mでも4日目は掛かっていた。
中間に雨の影響などはなくて、ほぼ水準の馬場でスタートした。そして4日目の1800mが極端に大きなプラスの馬場差になった件だが、まず強い北風が吹いていて、その風の影響で含水率が一気に下がって、乾燥が進んだ。さらに中山、北風だと最後の直線が向かい風になるが、直線で向かい風だったのは、芝もダートも1200mもみんな一緒だが、ダートの方が向かい風であおられるとよりバテ方がすごくなるという事で、馬場差が大きくなってしまった。そしてダートの1200mの方だが、こちらは、最後の直線は1回しか通らない。逆に1800mは最初スタート直後と最後の直線と2回通るので、向かい風の影響が大きいという事で、こういう数字になった。そして1200mも1800mほどではないが、初日から3日目までよりは4日目の時計が掛かっていた。
4日目だけが他と傾向が違うという訳ではないが、特に4日目は前残りが目立った。それもしかも前が止まっているが、後ろも伸びてこない状況で、上がりが掛かっているが前残りというレースが多かった。
馬場差一覧

レース順表示

タイム分析 2011/01/09 (日)  芝=-0.8
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 補正 WL TL ML
5R T1800 サトノアポロ    牡3 未勝利 1:48.5 -1.5 --- -0.8 -0.7 108 B B
6R T1600 テキサスルビー    牝3 新馬 1:37.6 +1.1 --- +1.0 +0.1 90 S C
10R T2500 ヤングアットハート    牡4 迎春S1600 2:33.8 ±0 --- +0.3 -0.3 97 C D
12R T1600 サクラネクスト    牡7 1000万下 1:33.6 -0.8 --- -0.2 -0.6 102 C C

2011/01/09 (日)  ダ=-0.1 1200m=-0.1
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 補正 WL TL ML
1R D1200 トーセンミネルバ    牝3 未勝利・牝 1:13.1 +0.1 --- +0.2 -0.1 98 C C
2R D1800 サトノオーランド    牡3 未勝利 1:58.2 +2.5 --- +1.6 +0.9 84 E C
3R D1200 アタッキングゾーン    牡3 500万下 1:12.8 +0.5 --- +0.6 -0.1 94 D C
7R D1800 ネオレボルーション    セ5 500万下 1:53.8 -0.2 --- -0.1 -0.1 101 C C
8R D1200 ラヴリードリーム    牝5 500万下 1:11.6 -0.3 --- -0.2 -0.1 102 C D
9R D1800 ヒラボクビジン    牝4 初茜賞1000 1:53.1 -0.1 --- ±0 -0.1 100 C D
11R D1200 ティアップワイルド    牡5 ジャニュH 1:09.8 -0.3 --- -0.2 -0.1 102 C E

         

2R3歳未勝利 タイムランクEのレース
基準より1秒6遅い勝ちタイムだった。
ラスト400mが12秒3-12秒5だった。Sにしようかちょっと迷った。
1着 サトノオーランド この上がりタイムで目一杯の競馬という感じではなかった。勝ち馬に関しては完全タイム差プラス1秒6と言うほど低レベルではないと思う。
 
5R3歳未勝利 タイムランクBのレース
基準より0秒8速い勝ちタイムだった。最内からマイネルグラードが先手を取って、直線半ばまでは踏ん張っていたが、後続が接近してくる。その中で勢いが目立ったのが、外へ出されたサトノアポロ。グングンと外から伸びて来て、内の馬を一気に交わして抜け出し1着。その後ジャック、シルクオフィサーと続いた。あと0秒1速ければタイムランクAだが、勝ったサトノアポロ・2着のジャックを素直に評価して良いのか?となるとちょっと疑問がある。と言うのも流れがキツくて、そのため差しが決まったという面があるから。最初の出だしが12秒3のあとに残り200mまでずーっと11秒6から12秒1という平均的に速いラップが刻まれてラスト200mが12秒5。先行した馬には非常に厳しい息の入らない流れだった。という事で、正攻法から3着のシルクオフィサー、逃げて4着のマイネルグラードにむしろ注目したい一戦。この2頭でもまだ完全タイム差はマイナス。
3着 シルクオフィサー 前走は出遅れてスローペースを後方から行って3着。そして今回はハイペースを先行して3着ですから、どんな競馬になっても崩れないという点で信頼できるが、この馬ずっと1番人気ですから次走も恐らく1番人気だろう。
4着 マイネルグラード シルクオフィサーの次走の予想される人気を考慮して、マイネルグラードの方を注目馬とする。この馬前走も同じ中山芝1800mだったが、そのときも逃げて2着だったが、その前走よりも1000m通過が今回2秒も速かった。ということで、馬が感じる苦しさは相当なものだったと思う。注目馬。
6着 キングダムキング レース間隔がちょっと空いていた割にちょっと調教が少なかった。さらに流れが速いのに向正面で行きたがって、そのまま抑えている内に位置取りを下げてしまい、4コーナーでは前が詰まり気味で外へ出し、直線で追い出すと内へヨレて一旦追えなくなるなど、終始まるまる一周チグハグな競馬だったと思う。それで大きくは負けていないですから、やはり能力はあるはず。ただし、今回6着で優先出走権はなくなってしまったので、間を空けずに芝の未勝利戦に出走するのはちょっと難しそう。
 
6R3歳新馬 タイムランクSのレース
前半が遅く、補正しきれずにスローの扱いとする。
 
7R4歳上500万下 注目レース・馬
このレース、ユウキハングリーが出走していたのでそういう場合だいたいハイペースになるが、それにしても1000m通過60秒4というのは速い。しかも勝ったネオレボルーションはこのハイペースの中3コーナーではすでに先頭に立っていた。そしてラスト600mが実に13秒0-13秒3-14秒5というモノだが、これは前半のペースを考えれば仕方ない。実際これだけ上がりが掛かりながら、完全タイム差はマイナス0秒1。
1着 ネオレボルーション このラップ通りに大きくバテていたかと言うと、そうとも言えない。この馬前半抑えると反抗する、直線でステッキを入れると反抗する、ついでに先頭に立つと気を抜くという非常に難しい馬で、それが3勝していて2着が11回という成績に表れているが、そういう馬ですから昇級しても相手なりに走れそう。
2着 タイフーンルビー 今回が初のダートだった。芝でもハイペースの先行が売りだったので、最後の決め手比べになると芝よりも最後バテあいになるダートの方が合うというのは納得。(私の考えでは)2走ボケしやすい血統だと思うので、次走注目馬とはしないが近いうちにダートで500万は勝てそう。
10着 ユウキハングリー 厳しい競馬になった。注目が必要。少しでもペースを落とした逃げに持ち込めれば一変がある。
 
ポイント
格上挑戦とその後
後ほど
マックスエー30%OFF
↑マックスエー30%OFF↑


ittai.net をGoogle検索
番組注目馬一覧
勝ち馬上位馬一覧
次走推奨馬一覧
次走危険馬一覧
レベルAレース一覧
レベルEレース一覧
芝OP一覧 ダOP一覧
札幌 馬場差
函館 馬場差
福島 馬場差
新潟 馬場差
東京 馬場差
中山 馬場差
中京 馬場差
京都 馬場差
阪神 馬場差
小倉 馬場差